ブンチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブンチョウ
ブンチョウ
ブンチョウ Lonchura oryzivora
保全状況評価[1][2]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: カエデチョウ科 Estrildidae
: キンパラ属 Lonchura
: ブンチョウ L. oryzivora
学名
Lonchura oryzivora (Linnaeus, 1758)[1][3]
和名
ブンチョウ[3][4][5]
英名
Java sparrow[1][3][4]

Areale Padda oryzivora.JPG

ブンチョウ (Lonchura oryzivora) は、鳥綱スズメ目カエデチョウ科キンパラ属に分類される鳥類。

分布[編集]

原産はインドネシアジャワ島バリ島[1]アメリカ合衆国ハワイ州およびプエルトリコ)、スリランカフィジーフィリピンブルネイマレーシアメキシコなどの世界各地に移入・定着[1]日本では大阪府東京都兵庫県福岡県で定着した例がある[3]

形態[編集]

全長17センチメートル[4]。額や後頸・喉は黒く、頬は白い[4]。体上面や胸部の羽衣は青灰色、腹部や体側面の羽衣は薄いピンク色[4]。尾羽は黒い[4][5]

嘴の色彩はピンク色[4][5]

幼鳥は灰褐色で、顔が淡褐色[4]。嘴の色彩は灰黒色で、基部は薄いピンク色[4]。オスは上嘴の基部が盛り上がる[5]

生態[編集]

標高1,500メートル以下にある草原や開けた低木林などに生息し、農耕地周辺や民家の庭でも見られる[4]ペアや小規模な群れを形成して生活するが、大規模な群れを形成する事もある[4]

主に草本種子を食べるが、果実、小型昆虫なども食べる[4]

繁殖様式は卵生。樹上に枯草などを組み合わせた球状の巣を作り、5 - 7個の卵を産む[5]。抱卵期間は17 - 18日[5]。雛は孵化してから約20日で巣立つ[5]

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもあり、日本でも生産・繁殖および輸入されている。鳥籠や庭籠で飼育される[6]。水浴びを好むため水容器を設置し、水は汚れやすいため不衛生にならないように毎日取り替える[6]。餌としてアワキビヒエなどの穀物、青菜、ボレイ粉、配合飼料などを与える[6]。孵化後5 - 18日で雛を親鳥から離しヘラやスポイトなどで給餌して育てた個体は人馴れし、訓練すれば手に乗せることも可能である(手乗り文鳥)[5][6]。1997年に、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約附属書IIに掲載されている[2]。一方で遺棄や脱走により移入・定着している地域もある[4]

日本[編集]

日本には江戸時代初期から輸入されていたとされる[6]。一例として本朝食鑑には、既に飼育下繁殖にも成功していたという記述がある[7]。飼育下で様々な品種(サクラブンチョウ、シロブンチョウ(ハクブンチョウ)など)が作出されている[4][5][6]。江戸時代の浮世絵には文鳥を描いているものもある。

日本では愛知県弥富市が「文鳥のまち」として知られている。弥富市の文鳥飼育は、江戸時代に名古屋の武家屋敷に奉公に出た女性が桜文鳥を譲り受けたことから始まったとされ、明治時代には弥富市で真っ白な白文鳥が生まれ、日本全国に広がった[8][9][10]

10月24日は「手に幸せ」で「文鳥の日」とされ、江戸時代から愛玩鳥として親しまれてきた文鳥をPRする日である[11]

愛知県の文鳥生産(抜粋)[12]
年次 飼養戸数 飼養つがい 生産量(親) 生産量(手のり)
1975年(昭和50年) 210 55,000 90,000 370,000
1985年(昭和60年) 120 16,500 30,000 100,000
1998年(平成10年) 21 4,785 7,656 30,624
2008年(平成20年) 8 1,235 490 2,963
2010年(平成22年) 3 760 41 1,335
2014年(平成26年) 4 1,269 220 1,360
2015年(平成27年) 5 865 236 1,609
2016年(平成28年) 4 953 220 1,800
2017年(平成29年) 2 750 0 1,430
2020年(令和2年) 3 937 0 1,874

品種[編集]

  • サクラブンチョウ - ナミブンチョウ(通常個体)とシロブンチョウを掛け合わせた品種[5]。ナミブンチョウに類似するが全体的に白い斑紋が入る[5]
  • シロブンチョウ - 全身が白い[5]

このほか、羽の色が薄茶色(シナモン)、シルバー[13] などの品種も存在。

画像[編集]

日本文化と文鳥[編集]

日本では江戸時代から文鳥は愛玩鳥として親しまれてきた[15]。江戸時代の浮世絵師の歌川広重は文鳥を題材にした浮世絵を多数描いている。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e BirdLife International. 2018. Lonchura oryzivora. The IUCN Red List of Threatened Species 2018: e.T22719912A131809903. doi:10.2305/IUCN.UK.2018-2.RLTS.T22719912A131809903.en. Downloaded on 24 July 2021.
  2. ^ a b UNEP (2021). Lonchura oryzivora. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. [Accessed 24/07/2021]
  3. ^ a b c d 日本鳥学会「ブンチョウ」『日本鳥類目録 改訂第7版』日本鳥学会(目録編集委員会)編、日本鳥学会、2012年、402頁
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 嶋田哲郎 「ブンチョウ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ8 太平洋、インド洋』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社、2001年、233頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 中村登流監修 『原色ワイド図鑑4 鳥』、学習研究社、1984年、14、197、202、220頁。
  6. ^ a b c d e f 矢島唸監修 「ブンチョウ」『原色ワイド図鑑11 飼育I(陸生動物)』、学習研究社、1984年、142頁。
  7. ^ 磯野直秀 「明治前動物渡来年表」『慶應義塾大学日吉紀要 自然科学』41号、慶應義塾大学日吉紀要委員会、2007年、35 - 66頁。
  8. ^ 弥富の文鳥について”. 弥富市公式サイト. 2021年7月27日閲覧。
  9. ^ 文鳥 - 弥富市特産”. 愛知県農林水産部農業経営課普及・営農グループ. 2021年8月29日閲覧。
  10. ^ 愛大's EYE「知ってる?やとみの文鳥」”. 弥富市公式サイト. 2021年8月29日閲覧。
  11. ^ デジタル大辞泉プラス「文鳥の日」の解説”. 株式会社VOYAGE MARKETING. 2021年7月25日閲覧。
  12. ^ 愛知県 畜産課 あいちの畜産(統計資料編)5.小家畜3.文鳥
  13. ^ 人に懐きやすい小鳥の種類と懐いてもらうポイントについて - 中央動物専門学校
  14. ^ 幸せな文鳥の育て方』伊藤 美代子、大泉書店、2015年9月、36,37頁。ISBN 978-4-278-03913-9OCLC 921179800
  15. ^ デジタル大辞泉プラス「文鳥の日」の解説”. 株式会社VOYAGE MARKETING. 2021年7月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]