ナンベイウシガエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナンベイウシガエル
ナンベイウシガエル
ナンベイウシガエル
Leptodactylus pentadactylus
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 無尾目 Anura
亜目 : カエル亜目 Neobatrachia
: ユビナガガエル科 Leptodactylidae
亜科 : ユビナガガエル亜科 Leptodactylinae
: ユビナガガエル属 Leptodactylus
: ナンベイウシガエル
L. pentadactylus
学名
Leptodactylus pentadactylus
(Laurenti, 1768)[2]
シノニム

Rana pentadactylus Laurenti, 1768[2]

和名
ナンベイウシガエル
英名
Smokey jungle frog[3]

ナンベイウシガエルLeptodactylus pentadactylus)は、無尾目ユビナガガエル科ユビナガガエル属に分類されるカエル。

分布[編集]

エクアドルコロンビアスリナムペルー仏領ギアナボリビア[1]

形態[編集]

体長12.5 - 18cm(オス14 - 16.9cm、メス12.5 - 18.1cm)。オスよりもメスの方が大型になる。体色は赤や褐色で、背面に暗色の横縞が入る。吻端から側頭部にかけて黒い斑紋が入る。

幼生は全長6cm。繁殖期になるとオスは前肢が太くなり第1指に黒い疣(婚姻瘤)、胸部に左右に1つずつ棘状の突起が現れる。

生態[編集]

熱帯雨林の林床に生息する。跳躍力は強い。

食性は動物食で、昆虫節足動物、両生類、小型爬虫類、小型哺乳類などを食べる

繁殖形態は卵生。水辺の地面に穴を掘り、1回に1000個ほどの卵を泡に包んで産む。

人間との関係[編集]

生息地では食用とされることもある。

ペットとしても飼育されることもあり、日本にも輸入されている。以前は高価で輸送環境の悪さから状態を崩した個体が多かったが、近年は輸送状態も改善され価格も落ち着いてきている。日本では鳥羽水族館が初めて本種の飼育下繁殖に成功した。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Heyer, R., Azevedo-Ramos, C., Coloma, L.A. & Ron, S.R. 2008. Leptodactylus pentadactylus. The IUCN Red List of Threatened Species 2008: e.T57154A11593184. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2008.RLTS.T57154A11593184.en. Downloaded on 24 April 2017.
  2. ^ a b Leptodactylus pentadactylus. Frost, Darrel R. 2017. Amphibian Species of the World: an Online Reference. Version 6.0 (Date of access). Electronic Database accessible at http://research.amnh.org/herpetology/amphibia/index.html. American Museum of Natural History, New York, USA. (Accessed: 04/24/2017)
  3. ^ Kellie Whittaker, Peera Chantasirivisal, AmphibiaWeb 2008 Leptodactylus pentadactylus: Smoky Jungle Frog <http://amphibiaweb.org/species/3353> University of California, Berkeley, CA, USA. Accessed Apr 24, 2017.
  • 池田純 「ナンベイウシガエル」『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』千石正一監修 長坂拓也編著、ピーシーズ、2002年、244頁。
  • 松井正文 「ナンベイウシガエル」『小学館の図鑑NEO 両生類・はちゅう類』、小学館2004年、17頁。
  • 海老沼剛 「ナンベイウシガエル」『爬虫・両生類ビジュアルガイド カエル2 南北アメリカ大陸と周辺の島々のカエル』、誠文堂新光社2006年、104頁。

関連項目[編集]