リンカルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リンカルス
Rinkhals2.jpg
リンカルス Hemachatus haemachatus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Spuamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: コブラ科 Elapidae
: リンカルス属 Haemachatus
: リンカルス H. haemachatus
学名
Hemachatus haemachatus
Bonnaterre, 1790
和名
リンカルス
英名
Rinkhals

リンカルス(学名:Hemachatus haemachatus)は、爬虫綱有鱗目コブラ科リンカルス属に属する有毒ヘビ。本種一種のみでリンカルス属を形成する。特定動物。別名のリンガルスドクハキコブラドクフキコブラのうち、日本ではドクハキコブラ[1][2][3][4][5]やドクフキコブラ[6][7][8]の名でよく知られる。

分布[編集]

南アフリカレソトトランスカイスワジランドジンバブエモザンビーク国境周辺

形態[編集]

全長90-110cm。体色は黒色で、腹面の首の部分に1つまたは2つの明るい横縞が入る。全体に縞模様の入る個体もいる。 フードコブラ属の種とは異なり、鱗が激しく隆起(キール)しているのが特徴である。

[編集]

主には神経毒で、細胞毒も含まれる。 咬まれるとその細胞毒の作用で、咬症部位を中心とした皮膚の広範囲な壊死を生じることがある。 毒は他のコブラ科の種に比べると粘り気が少なくサラサラしている。

生態[編集]

身を隠すのに適した草原地帯を好んで生息するが、湿地帯などにも多く見られる。 危険を感じるとフードを広げて立ちあがり、噴気音をあげて威嚇する。 本種は非常に巧みな擬死行動をとることでも有名である。

食性は動物食で、主にヒキガエルを食べるが、小型爬虫類、小型両生類、小型哺乳類等も食べる。

繁殖形態はアフリカのコブラには珍しく卵胎生で、1回に20-35匹、多い時には65匹もの子ヘビを産む。

防御行動として吐く毒は敵の眼を狙って2.5メートルから3メートル弱にまで飛び、眼に入ると激痛を感じるだけでなく、最悪の場合は失明に至ることもある。

出典[編集]

関連項目[編集]