シュウダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シュウダ
Elaphe carinata in Soochow University 20070428.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: ナミヘビ科 Colubridae
: ナメラ属 Elaphe
: シュウダ E. carinata
学名
Elaphe carinata
(Günther, 1864)
和名
シュウダ
英名
Keeled rat snake

シュウダ(臭蛇、学名Elaphe carinata)は、ナミヘビ科ナメラ属に分類されるヘビ

分布[編集]

  • E. c. carinata チュウゴクシュウダ

中国南部、台湾日本尖閣諸島

絶滅危惧IB類 (EN)環境省レッドリスト

Status jenv EN.png
  • E. c. yonaguniensis ヨナグニシュウダ

日本(与那国島固有亜種

絶滅危惧IB類 (EN)環境省レッドリスト

Status jenv EN.png

形態[編集]

全長は120-250cm。オスよりもメスのほうが大きくなる。

瞳孔は縦に長い楕円形。鱗には筋状の盛り上がり(キール)が入る。種小名carinataは「脊梁のある」の意で、このキールに由来すると思われ英名と同義。

幼蛇は体色が淡褐色で、黒い4本の縦縞と上半身に黒い横縞が入る。

日本に生息するアオダイショウと同属で、アオダイショウも悪臭を放つことがあることから、本種とアオダイショウは非常に縁の近い、おそらくごく最近になって同じ祖先から分化したヘビではないかと推察される。

  • E. c. carinata チュウゴクシュウダ

全長120-250cm。体色は暗褐色で、上半身に黄色や白の斑点が入る。

  • E. c. yonaguniensis ヨナグニシュウダ

全長130-200cm。体色は淡褐色で、斜めに列になった胴体の鱗の数(体列鱗数)は25枚。成蛇でも下半身に縦縞が残る。

亜種[編集]

  • Elaphe carinata carinata (Günther, 1864) チュウゴクシュウダ
  • Elaphe carinata yonaguniensis Takara, 1962 ヨナグニシュウダ

生態[編集]

平地から低山地森林草原水辺農耕地に住む。地上でも樹上でも活動し、人家付近にも出没する。危険を感じると噴気音や体を膨らませての威嚇のほか、総排泄孔から悪臭のする分泌物を出し、これが和名のシュウダ(臭蛇)の由来となっている。チュウゴクシュウダ、ヨナグニシュウダは総じて荒い性格をしている。

食性は動物食で、ネズミ小鳥トカゲカエルなど、魚類以外の小型脊椎動物すべてが対象になる。

繁殖形態は卵生で、基亜種は7月に産卵する。

参考文献[編集]

  • 『爬虫類・両生類800図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、107、324頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類』、小学館、2004年、121頁。
  • 山田和久 『爬虫・両生類ビジュアルガイド ヘビ』、誠文堂新光社、2005年、84頁。

関連項目[編集]