タマリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
タマリン属
Tamarin portrait 2 edit3
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 霊長目(サル目) Primates
亜目 : 直鼻猿亜目 Haplorhini
下目 : 真猿下目 Simiiformes
小目 : 広鼻小目 Platyrrhini
: オマキザル科 Cebidae
: 'タマリン属 Saguinus
学名
Saguinus
Hoffmannsegg, 1807

タマリンとは、霊長目サル目)のの1つ。中南米に棲息するサルのグループである広鼻猿類オマキザル科キヌザル科マーモセット亜科キヌザル亜科)に属する。

生息域[編集]

タマリンは中央アメリカ南部から南アメリカコロンビア北西部、アマゾン盆地ギアナ地方に分布している。

特徴[編集]

外見は種によって異なり、全身が黒い体毛で覆われている種から黒、茶、白などの模様を形成している種まで存在する。顔に顎髭様の体毛が生えるのが多くの種での特徴である。体長は13から30 cm (尾を入れると25 - 44 cm)、体重は220 - 900 g程度である。タマリンがマーモセットと異なるのは、下犬歯が明らかに切歯より長い点である。飼育下での寿命は18年程度である。

生態と繁殖[編集]

タマリンは昼行性熱帯雨林の樹上にて生息する。樹上では、素早く行動することができる。40頭ほどの多家族からなる群を形成することもあるが、通常は、3−9頭ほどであることが多い。

雑食性であり、果物やそのほかの植物クモ昆虫、小型の脊椎動物などを食べる。類人猿以外の霊長類としては、食料の分配行動が確認される種として知られる(更科功 『絶滅の人類史』 NHK出版 2018年 p.74)。

妊娠期間は140日程度であり、双子を産むことが多い。メスばかりではなく、成熟したオスや、未成熟な個体も養育に参加する。生後約1か月頃から固形物を食べ始め、完全に離乳するには2 - 3か月である。成熟には2年かかる。タマリンはほぼ例外なく、一雌多雄制をとる。

分類[編集]