ブームスラング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブームスラング
Dispholidus typus.jpg
ブームスラング Dispholidus typus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: ナミヘビ科 Colubridae
: ブームスラング属 Dispholidus
: ブームスラング D. typus
学名
Dispholidus typus
和名
ブームスラング[1]
英名
Boomslang

ブームスラング学名Dispholidus typus)は、ナミヘビ科ブームスラング属に分類されるヘビ有毒特定動物。本種のみでブームスラング属を形成する。

分布[編集]

サハラ砂漠を除くアフリカ大陸

形態[編集]

全長100-180cm。体形は細長い。

目は非常に大型で前方にあり、吻端は尖る。そのため両眼視ができ、獲物との距離を正確に測ることができる。

オスは体色に変異が大きい。メスは緑褐色や茶色、焦げ茶色と地味。幼蛇は灰色や灰褐色。

[編集]

ヤマカガシなどと同じ後牙類でナミヘビ科ではあるが、ナミヘビ科しては珍しく、その種類で最も強力な出血毒の上に神経毒を持っており、ある意味コブラを上回る程の猛毒を持っている。その毒は耐性がない限りほとんどの生物にとって致命的なもので、人が咬まれて死亡した例も少なくない。1957年には著名な爬虫類学者、アメリカカール・シュミット参照)が本種に咬まれて死亡している。シュミットは本種に咬まれた際の中毒症状を亡くなるまで仔細に記録し、それが後牙類に咬まれた症状の記録として重要となった。 毒の成分はクサリヘビと同じような、出血毒であり、血液凝固が妨げられるため、皮下出血吐き気、だるさ、頭痛などが起こる。また、コブラと同じような神経毒も含まれているため、痺れや麻痺を起こすこともある。但し、毒の回りは非常に遅く、腫れ痛みもほとんどない。 そのため、咬まれて猛毒が回っているのだと気づかずに症状が進行し、手遅れになって咬まれた場所が壊死状態になったり、最悪の場合死に至ることも少なくない。現在では、現地の病院などに抗血清が用意されているので、本種に咬まれたらすぐに病院へ行くこと。

但し、コブラガラガラヘビのような猛毒を持つヘビはほとんどの種類が敵対的だが、本種は大人しい性格であるため、こちら側が挑発させない限り向こう側から襲い掛かってくることは基本的にない。現地で本種を見つけても、必ずそっとしておくこと。

生態[編集]

名前の由来はアフリカーンス語オランダ語で『木のヘビ』の意で、その名のとおり完全な樹上性のヘビである。

食性は動物食でカメレオンや樹上性のトカゲカエルなどで、まれにネズミを襲うこともある。基本的に獲物に対して何度も噛みついて毒を流し、その毒で殺害した後に捕食する。

繁殖形態は卵生で、1回に10~15個、稀に25個の卵を産む。

脚注[編集]

  1. ^ 「ブームスラン」と表記されていることもある

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • クリス・マティソン 『ヘビ大図鑑』、緑書房、2004年、110-111、158頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類』、小学館、2004年、122頁。

外部リンク[編集]