ヒメニオイガメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒメニオイガメ
スジクビヒメニオイガメ
スジクビヒメニオイガメ
Sternotherus minor peltifer
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: カメ目 Testudines
亜目 : 潜頸亜目 Cryptodira
上科 : ドロガメ上科 Kinosternoidea
: ドロガメ科 Kinosternidae
亜科 : ドロガメ亜科 Kinosterninae
: ニオイガメ属 Sternotherus
: ヒメニオイガメ S. minor
学名
Sternotherus minor (Agassiz, 1857)
シノニム

Goniochelys minor Agassiz, 1857 Kinosternon minor Iverson, 1989

和名
ヒメニオイガメ
英名
Loggerhead musk turtle

ヒメニオイガメSternotherus minor)は、動物界脊索動物門爬虫綱カメ目ドロガメ科ニオイガメ属に分類されるカメ。

分布[編集]

  • S. m. minor オオアタマヒメニオイガメ

アメリカ合衆国[1]ジョージア州フロリダ州北部)[2][3]

  • S. m. peltifer スジクビヒメニオイガメ

アメリカ合衆国(アラバマ州、ジョージア州北西部、テネシー州東部、ミシシッピ州[3]

形態[編集]

最大甲長13.5センチメートル[3]。種小名minorは「より小さい」の意。椎甲板肋甲板の後部が、後方にある甲板の前部と重なる[3]背甲の色彩は薄橙色や褐色、黄褐色、暗褐色などで、暗褐色や黒の斑点や筋模様が入る[3]腹甲には喉甲板がある[3]。腹甲の色彩はピンク色、薄黄色、黄褐色[3]

下顎の先端にのみ髭状突起がある[2][3]

  • S. m. minor オオアタマヒメニオイガメ

最大亜種。背甲はドーム状に盛り上がり、上から見ると細長い楕円形[3]。頭部は大型で、さらに英名(Loggerhead=馬鹿頭)の通り頭部が巨大化する個体が多い[1][3]。頭部には斑点もしくは大型の斑紋が入る個体が多い[3]。頸部に縦縞が入らない[3]。幼体は椎甲板と肋甲板にキールがあり[1][2]、成長しても椎甲板のキールが残る[3]。孵化直後の幼体は腹甲の色彩がピンクがかった白[3]

  • S. m. peltifer スジクビヒメニオイガメ

最大甲長12センチメートル[3]。背甲はややドーム状に盛り上がるか扁平で、上から見ると幅広い楕円形[3]。頭部はやや小型で、通常は頭部が巨大化しない[3]。頭部には斑点もしくは虫食い状の斑紋が入る個体が多い[3]。頸部に縦縞が入る[1][3]。幼体は椎甲板にのみキールがあるが[1]、成長に伴い消失する[3]。孵化直後の幼体は腹甲の色彩が黄橙色[3]

分類[編集]

亜種スジクビヒメニオイガメと分布が連続的で分布域の境目では中間型の個体が見られることから、ヒラタニオイガメを亜種とする説もあった[3]。しかし形態や酵素タンパク質電気泳動による分子生物学的解析からまれに雑種を形成(分布は連続的だが、分布域の境目に瀑線<>があり自然下では交雑が起きにくい)するものの中間型の多くは別種に類似した個体とされ別種とする説が有力[3]

亜種間では形態や生態の差異が大きいため亜種を別種とする説もあるが、分布域の境目では亜種間雑種と思われる中間型の個体が見られることなどから独立種としての分割を認めない説が有力[3]

  • Sternotherus minor minor (Agassiz, 1857) オオアタマヒメニオイガメ Common loggerhead musk turtle
  • Sternotherus minor peltifer Smith & Glass, 1947 スジクビヒメニオイガメ Stripe-necked loggerhead musk turtle

生態[編集]

河川河跡湖湾処湿原などに生息する[3]。基亜種は主に底質が泥や砂、腐食質の止水域や流れの緩やかな流水域を、亜種スジクビヒメニオイガメは主に底質が岩で流れの速い流水域を好む[3]。属内でも比較的流水域に生息する傾向が強い。夏季に高温になると深場の泥中に潜る[3]。12-翌2月の冬季は水中(基亜種は主に水底の堆積物内、亜種スジクビヒメニオイガメは主に岩の割れ目)、フロリダ州中部の個体群は周年活動する[3]

食性は動物食傾向の強い雑食で、昆虫節足動物甲殻類貝類、動物の死骸、果実、水生植物、藻類などを食べる[3]。基亜種は成長に伴い貝類食傾向が強くなる[3]。飼育下では共食いや他種のカメを捕食した例があり、野生下でも共食いを行う可能性がある[3]

繁殖形態は卵生。春季から秋季にかけて(特に秋季)、水中で交尾を行う[3]。4-7月に水辺の倒木の下や木の根元などに浅い穴を掘り、1回に1-5個の卵を年に2-5回に分けて産む[3]。オスは甲長5.5-6センチメートル(生後3-9年)、メスは甲長8センチメートル(生後5-9年)で性成熟する[3]

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることがあり、日本にも輸入されている。基亜種の流通量が多く、亜種スジクビヒメニオイガメの流通は少ない[1][3]。亜種スジクビヒメニオイガメがヒラタニオイガメと混同されて流通することもある[3]。性質が荒く協調性に欠け、特にオスはオス同士で激しく争ったりメスや幼体を攻撃するため基本的には単独で飼育する[3]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド 水棲ガメ1 アメリカ大陸のミズガメ』、誠文堂新光社2005年、94-95頁。
  2. ^ a b c 千石正一監修 長坂拓也編著 『爬虫類・両生類800種図鑑』、ピーシーズ、2002年、173頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak 安川雄一郎 「北米のドロガメ科1 ニオイガメの仲間」『クリーパー』第9号、クリーパー社、2001年、20-23、42-43頁。

関連項目[編集]