金華山リス村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金華山リス村
Mt.Kinka Squirrel Village.jpg
施設情報
専門分野 タイワンリス
管理運営 岐阜観光索道株式会社
面積 330m2
頭数 約100頭
開園 1965年(昭和40年)8月13日
所在地 岐阜県岐阜市金華山山頂
位置 北緯35度25分55.56秒 東経136度46分48.03秒 / 北緯35.4321000度 東経136.7800083度 / 35.4321000; 136.7800083座標: 北緯35度25分55.56秒 東経136度46分48.03秒 / 北緯35.4321000度 東経136.7800083度 / 35.4321000; 136.7800083
公式サイト http://www.kinkazan.co.jp/0000.htm
テンプレートを表示

金華山リス村(きんかざんリスむら)は、岐阜県岐阜市金華山山頂にあるタイワンリス動物園である。

金華山ロープウェー「山頂駅」から岐阜城へ向かう途中にある施設で、ロープウェーと同じ岐阜観光索道株式会社が管理運営を行っている。約100のオープンゲージの中に革手袋を着けて入り、調教されたタイワンリスに間近で餌を与えることができる。1965年昭和40年)に開業した同施設が日本で最初のリス園。

尚、金華山にいるリスは、ここから逃げ出し野生化したものではなく、1936年(昭和11年)に岐阜公園で行われた「躍進日本大博覧会」の会場から逃げ出したものである。その野生化したリスを捕まえ、調教したのがこのリス村のリスである。

施設概要[編集]

  • 面積:330m2(約100坪)
  • 構造:オープンゲージ
  • リスの数:約100頭
  • 元々は、岐阜城の「硝煙庫」の曲輪跡である。石垣や礎石、柱穴などの遺溝があったかもしれないが発掘調査もされていない。工事により破壊されてしまっている可能性が高い。

営業[編集]

岐阜市の金華山リス村の動物園では、
タイワンリスが飼育展示されている。
  • 入村料:200円(4歳以上)
  • 営業時間:9時30分〜16時30分(入村は16時15分まで)
  • 休業日:無休

アクセス[編集]

  • JR岐阜駅から岐阜バス長良方面行きに乗車(約12分)。「岐阜公園歴史博物館前」下車。徒歩3分の金華山ロープウェイ「山麓駅」から金華山ロープウェイに乗車(約4分)。「山頂駅」下車し徒歩すぐ。

外部リンク[編集]