ガチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨーロッパ系種ガチョウ(エムデン種)の成鳥
シナガチョウの成鳥
ガチョウの親子

ガチョウ(鵞鳥、鵝鳥、: goose)は、カモ目カモ科ガン亜科の鳥。の仲間。家禽。仏名はワ(oie)。白い姿はアヒルに似ているが互いに別の種。

概要[編集]

野生の(ガン・かり)を飼いならして家禽化したもので、家禽としてはニワトリに並ぶ歴史を有しており、古代エジプトにおいてすでに家禽化されていた記録がある。ガンと姿形は似ているが、体は大きく太っており、飛ぶ力はほとんどない。

粗食に耐えながらも短期間で成長し、肉質が優れ、良質な羽毛を備える。肉は食用に、また日本ではあまり食用に供されることはないが、世界的には卵も広く食用とされる。羽毛は羽根布団ダウンジャケットバドミントンのシャトル、鵞ペンなどに用いられるが、羽毛の利用はどちらかといえば副次的なものである。

その一方で警戒心が非常に強く、見知らぬ人間や他の動物を見かけると金管楽器を鳴らしたような大声で鳴き騒ぎ、対象を追いまわし首を伸ばしてくちばしで攻撃を仕掛けることから、古来より番犬代わりとなることが知られていた。現代ではバランタイン社の醸造所を警護するスコッチ・ウォッチが有名。

鵞鳥(がちょう)の「鵞」(我+鳥)の字にあるは鳴き声(ガーガー)から来ているとする説がある。又、ガチョウは、日本全国の、一部の小学校飼育小屋でも飼われている。

品種[編集]

現在飼養されているガチョウはハイイロガンを原種とするヨーロッパ系種と、サカツラガンを原種とする中国系のシナガチョウに大別される。シナガチョウは上くちばしの付け根に瘤のような隆起が見られ、この特徴によりヨーロッパ系種と区別することができる。

またヨーロッパ系種はフランスで品種改良が重ねられたツールーズ種と、オランダドイツで品種改良が重ねられたエムデン種に大別される。特にツールーズ種は肉用としてよりも、肝臓を肥大化させたフォアグラで有名である。ヨーロッパ系種はヨーロッパとアメリカで、シナガチョウはアジア、アフリカ地域で広く一般に飼われている。

フィクション[編集]

人間に飼われてきた歴史が長いだけに、世界各国の昔話や伝説、神話に頻繁に主役、脇役として登場する。中でも特にイギリスマザーグースは有名である。イソップ寓話ガチョウと黄金の卵や、グリム童話黄金のがちょうDie goldene Gans)の話も広く一般に知られている。

また一方で創作物や小説にも重要な役を担って登場する。アンデルセンの創作童話マッチ売りの少女では、少女がマッチの炎越しに見る幻影の一つに、ご馳走としてのガチョウのローストがある。

アーサー・コナン・ドイルシャーロック・ホームズシリーズ青い紅玉にガチョウにはないはずの(餌袋と訳される)食道素嚢(そのう)(英語: Crop)がある設定になっており、ドイルがなぜそうしたのか議論になっている。

セルマ・ラーゲルレーヴ作の童話、『ニルスのふしぎな旅』では、雁の群れに「お前、飛べないだろう」とバカにされたガチョウのモルテンが、空を飛び、トムテスウェーデンでの妖精ノームの一種)により小人にされた主人公ニルスとともに、その雁の群れと渡りを行う。

薬効[編集]

脂肪を精油したものを、白鵞膏と呼ぶ。白鵞膏は、皮膚を保湿し、腫れ物やしこりを散らす作用があり、主に手足の荒れ、化膿性の腫れ物、でき物の治療に用いる。また、古代エジプトでは、発熱と咳のある患者に、豚の脂肪、小麦、ガチョウの脂を混ぜて夜露にさらしたものを4日間食させた[1]

派生語[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 森井 啓二 『ホメオパシー マテリアメディカ大全1(Abel-Agar)』 エンタプライズ、2008年7月27日、288,291頁。ISBN 978-4-87291-188-6 
執筆の途中です この項目「ガチョウ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類