幼児虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
幼児虐殺

幼児虐殺ようじぎゃくさつ)は新約聖書の『マタイによる福音書』2章16節~18節にあらわれるエピソードで、新しい王(イエス・キリストのこと)がベツレヘム(ベトレヘム)に生まれたと聞いて怯えたユダヤの支配者ヘロデ大王がベツレヘムで2歳以下の男児を全て殺害させたとされる出来事。

キリスト教[編集]

キリスト教では伝統的にこの幼児たちをイエスのために命を落とした最初の殉教者致命者)であるとみなしてきた。伝統的教会では彼らを聖人とし、カトリック教会では「幼子殉教者」(おさなごじゅんきょうしゃ)、正教会に属する日本ハリストス正教会では「聖嬰児」(せいえいじ)と呼ぶ。カトリックでの記念日は12月28日、正教会での記憶日は12月29日

マタイ福音書によれば、ヘロデ大王は星を見て救い主の誕生を知り、拝もうとやってきた東方の三博士たちから「新しい王」の話を聞いた。王は自分の地位を脅かされることを恐れ、いっそ殺してしまおうと考えた。そこでベツレヘムで2歳以下のすべての男子を殺害するよう命じ、実行させた。これはエレミヤ書31章15節にある「ラマで声が聞こえる。すすり泣きとうめき声が……」という預言の成就であるとマタイ福音書は書く。イエスの両親ヨセフマリアはお告げでこの危機を知り、エジプトに逃れたためイエスの殺害を免れた。

批判的見解[編集]

フラウィウス・ヨセフスなどの一般の歴史家の記述はおろか、他の福音書にすらこの幼児虐殺のエピソードは記されていない為、マタイ福音書の記述は事実ではなく、イエスの生涯を旧約聖書の預言の実現として描こうとするマタイの意図によって創作されたエピソードであるとする説もある。

たとえ事実であったとしても当時のベツレヘムは本当の寒村であったため、ごく小さな規模の事件であったと考えられる。ある学者は、当時のベツレヘムの人口はせいぜい300人程度、聖書学者レイモンド・ブラウンは1,000人程度であったと推定する。これらの説に従うなら、実際に殺された幼児の数はどんなに多く見積もっても20~30人程度であったのではないかと推測される。もともと、当時の専制君主はこれを超える規模の非道な虐殺行為をしばしば行っていたため、ヨセフスや他の歴史家からもわざわざ記録するほどの事件とは見なされなかったと解釈することもできる。

キリスト教伝承において、この幼子殉教者たちの数はしばしば誇大化して扱われた。正教会の伝承では14,000人とし、シリア教会での聖人伝には64,000人と記されていた。現代の研究者はこのような数字は過度の誇張であると考えている。

芸術作品[編集]

幼児虐殺は、幼児に対する暴力というショッキングなテーマながら、ジョット・ディ・ボンドーネなど多くの芸術家たちの画題となってきた。たとえばルーベンスは一度ならず『幼児虐殺』の絵を描いているが、その中の一枚は2002年、ケネス・トムソンによって4950万ポンドで落札され、史上もっとも高額で取引された絵の一つであるとされている。

音楽ではイギリス中世の『コヴェントリー・キャロル』がこの件を歌っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]