アグリー・クリスマス・セーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雪景色、ツリーを赤や緑で編みこんだ悪趣味なセーター

アグリー・クリスマス・セーター: Ugly Christmas Sweater)とは、セーターの一種、もしくはジョークグッズで、クリスマスに特有の柄を過剰なまでに編み込んだ「悪趣味」さを逆に楽しもうとするものである[1]。悪趣味であればあるほどよく[2]ウォール・ストリート・ジャーナルは2010年に「いま最もホットなファッション」と評している[3][4]

他に「アグリーセーター」、「ダサいセーター」[5]、「駄セーター」などとも呼ばれる。

起源[編集]

手編みのプレゼントは欧米人にとって子供時代の恐怖体験の一つである。
クリスマスシーズンには悪趣味な柄が蔓延する。

欧米では、たいていの人間が「おばあちゃんからのクリスマスプレゼント」として、着るのが恥ずかしい悪趣味な手編みのセーターをもらった経験がある[6][7]。それはたいてい、雪だるまトナカイクリスマスリースクリスマスツリーをでかでかと、または大量に編みこんであり、クリスマスらしい赤や緑の派手な色をしていて[6][1]、欧米人にとって子供時代の嫌な思い出のひとつになっている[8]。こうしたアグリー・クリスマス・セーターは少なくとも19世紀から存在した[1]

アグリー・クリスマス・セーターは1990年代から2000年代にかけて、ジョークギフトとしてクリスマスの人気アイテムの一つになった[9]ニューヨーク・タイムズインデペンデントによれば、1980年代のイギリスBBCの子供向けチャンネル(CBBC)で人気パペット「ゴードン・ザ・ゴーファー」(Gordon the Gopher[注 1])のクリスマス特番で歌手のアンディ・ウィリアムスがアグリー・クリスマス・セーターを着用して登場したのが、人気に火がついたきっかけである[9][8]。また、TIMEやオンライン辞書のUrban Dictionaryでは、コメディアンのビル・コスビーがコメディ番組のコスビー・ショーで1980年代から着ていた派手なセーターがトレンドのルーツだとしている[1][2]

アグリー・クリスマス・セーターは、2001年の人気映画『ブリジット・ジョーンズの日記』の中で、コリン・ファースがお母さんにもらったトナカイ柄のセーターを着るエピソードで再び注目を集めた[6][9][7][10][1]。2010年代にかけて、その悪趣味さがかえって「ダサかわいい」ものとして人気となってゆき[6][9]セレブたちも愛好するようになった[11]。通販大手のアマゾンでは、アグリー・クリスマス・セーターの売上が1年で6倍に伸び[11]Googleでは「アグリー・クリスマス・セーター」の検索が3割増えた[3]

流行[編集]

在沖海兵隊らによるアグリーセーターコンテスト(2014年 キャンプ・ハンセン

イギリスでは、セーブ・ザ・チルドレンの一環として、「クリスマス・ジャンパー・デイ(Christmas Jumper Day)」というチャリティー運動が興った[12]。これは特定の日にアグリー・クリスマス・セーター(クリスマス・ジャンパー)を一斉に着て、子供のために皆が最低1ポンドを寄付するというものである[12][10]

一方アメリカでは、2011年に12月12日を「アグリー・クリスマス・セーターの日」と定め、多くのファッションブランドがアグリー・クリスマス・セーターを売り出している[6]。アグリー・クリスマス・セーターは、悪趣味であればあるほど高価で[6]、参加者が全員アグリー・クリスマス・セーターを着て集まるパーティーやコンテストが全米で開かれる[13][6]。2011年に出版された『アグリー・クリスマス・セーター・ブック[14]』(Ugly Christmas Sweater Party Book)では、こうしたパーティーは2001年頃から行われていたとされる[1]。これに対し、カナダでは2002年にバンクーバーで開催されたアグリー・クリスマス・セーター・パーティーが起源だと抗議している[2]

10月末のハロウィンの仮装はもっぱら子供のためのものだが、12月のアグリー・クリスマス・セーターは大人向きのイベントである[8]ブルーミングデールズのような高級デパートからH&Mのような低価格ショップまでがアグリー・クリスマス・セーターを取り揃え、アバクロンビー&フィッチラルフ・ローレンのような高級ブランドが悪趣味さを争っている[6][3]。ヴィンテージものも登場し[15]スラッシュメタルバンドのスレイヤーでさえ、アグリー・クリスマス・セーターを売り出している[16]。ウォール・ストリート・ジャーナルはアグリー・クリスマス・セーターが服飾業界のリテール部門に大きなビジネスチャンスを創出しているとしている[2]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ゴーファー(gopher)はネズミの一種でホリネズミのこと。ゴードン・ザ・ゴーファーは「ネズミのゴードン」というような意味。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f TIME TIME Newsfeed 2011年12月22日付 A Brief History of the Ugly Christmas Sweater2014年12月29日閲覧。
  2. ^ a b c d About.com Famous Invention History The Ugly Christmas Sweater2014年12月29日閲覧。
  3. ^ a b c ウォール・ストリート・ジャーナル THe Wall Street Joural 2010年12月20日付 Sweaters: Frightful Or Festive?2014年12月29日閲覧。
  4. ^ TIME TIME Newsfeed 2010年12月22日付 The Rise of the Ugly Christmas Sweater2014年12月29日閲覧。
  5. ^ AFP通信 人気を呼んで恒例行事に? 第2回「ダサいセーター世界選手権」 仏 2018年12月3日 アルビ/フランス発--2018年12月22日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h 北海道新聞 2014年12月29日付(生活面)「DJナオミのNY通信 派手すぎるセーター大ブーム」
  7. ^ a b テレグラフ The Telegraph 2012年12月13日付 How Christmas jumpers came in from the cold2014年12月29日閲覧。
  8. ^ a b c ニューヨーク・タイムズ 2012年12月14日付 Bad Taste, All in Fun2014年12月29日閲覧。
  9. ^ a b c d インデペンデント The Independent 2012年12月16日付 Bring Modern: Christmas jumpers2014年12月29日閲覧。
  10. ^ a b ザ・ガーディアン 2012年12月14日 Show us your Christmas jumper – for Save the Children2014年12月29日閲覧。
  11. ^ a b デイリー・ミラー The big Christmas jumper comeback2014年12月29日閲覧。
  12. ^ a b デイリー・ミラー Cheryl Cole and Richard Branson lead the way on Christmas Jumper Day2014年12月29日閲覧。
  13. ^ FOX13 Ugly Christmas Sweater Contest2014年12月29日閲覧。
  14. ^ Ugly Christmas Sweater Party Book2014年12月29日閲覧。
  15. ^ THE WORLD’S LARGEST SELECTION OF VINTAGE UGLY CHRISTMAS SWEATERS2014年12月29日閲覧。
  16. ^ ニュー・ミュージカル・エクスプレス 2012年11月21日付 Slayer's new merch includes ugly Christmas jumper2014年12月29日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]