ダサい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダサいとは、「恰好悪い」「野暮ったい」「垢抜けない」などといった意味を持つ俗語である[1][2]1970年代前半から関東地方不良少年女子高生の間で盛んに用いられ、1970年代後半には若者語として定着した[1][2]

造語の誕生と波及[編集]

この俗語について、1978年版『現代用語の基礎知識』では暴走族を発信源とした言葉とした上で、不良同士が互いのツッパリ具合を品定めする際に用いられたしている[3]。なお、1978年版『現代用語』ではツッパルについては本来、「自分を実力以上にアピールさせようとする」といった意味を持ち、それが高じて「自分を『(周囲から)見られている』状態に置いて、一つのモノのように意識する」といった意味を持ったとしている[3]。1978年版の『現代用語』、コラムニストの泉麻人の著書には次のように記されている。

全身グラフィティー・ファッションでキメているのに靴だけがアイビーだったりする場合、「見てみろヨ、アイッツーダサイナァー(原文ママ)」というふうになる。 — 『現代用語の基礎知識 1978[3]
彼らはやたらと道端でツバを吐き、その当時(七○年代初頭)から、ダサイ、マブイ、ハクイ、といった隠語を遣っていた。 — 泉麻人『僕がはじめてグループデートをした日』[1]

ただし「ツッパル」という俗語自体は流行のみを賛美するものではなく、時流に逆らい流行遅れのファッションを貫くことも「ツッパリ」の一種、あるいは自己パロディ化の一環と見なされた[3]

一方、東京家政学院大学教授の内田宗一は、『平凡パンチ』1975年4月28日号や『週刊平凡』1976年3月11日号において女子高生の生態を紹介した記事の中でこの俗語が取り上げられたことを理由に女子高生を発信源とした俗語としている[2]。その上で、彼女らの間で使われた内輪用語が周囲に浸透し、1970年代後半には若者語として定着したものと推測している[2]

昨今の三大流行語である"ダサイ" "シブイ" "ツッパル"は文字通りツッパル者以外のマジメ系女子高生内部にも深く浸透し、こんなコがと思う女高生でも、電車内で、「あのコ、ダサイわネ」とやっている。 — 『平凡パンチ』1975年4月28日号[4]

ただし、『平凡パンチ』ではこの俗語を「『ダサい』はご存じ"イモ・田舎者"の意」と地方出身者を揶揄する言葉として紹介し、『週刊平凡』では「カッコ悪い、最悪の意味」と紹介している[4]。なお、中高年齢層の間での浸透はかなり遅れ、『朝日新聞』のコラム「天声人語」での紹介は1983年12月2日のこととなった[4]

類義語としては「いも」「いも臭い」「いもっぽい」「ださださ」「へこい」「へぼい」「ポテトチック」などがあった[1]。同時期には「今風の」「流行に乗った」といった本造語とは対極的な意味合いを持つ「ナウい」や「いまい」という造語があったが[5][6]、その多くは廃れて死語となった[2]

こうした言葉が関東地方で広まった背景には、人々が持つ「見栄っ張り」の要素がある[7]。他者からいかに「おもろいヤツ」と見なされるかが最上の美徳となる関西人に対して、関東人は他者から「かっこいい」「○○さんさすがです」などと賞賛されることを最上の美徳としている[7]。周囲と同調する傾向の強い関東地方の人々は[7]東京から配信される「都会的」「洗練された」とされる情報に追随し、そうした価値観を反映した人間像を演じることで、都会から配信される文化を自分たちが支えているのだと認識していた[7]。一方で関東人は「かっこいい」とは対極にある「ダサい」と評されることを極度に恐れるあまり、東京を通勤圏とする地方出身者を嘲笑の対象と見なし、彼らを揶揄することで自らの存在意義を確認していたという[7]。そうした中、1980年代にタレントのタモリ埼玉県民を嘲笑する意味で「ダサい」と「埼玉」を掛け合わせた「ダ埼玉」という俗語を流行らせたが[1]、同時期には千葉県民を揶揄の対象とした「ド千葉」、茨城県と千葉県を掛け合わせた「ちばらぎ」などの俗語があった[8]

語源[編集]

語源については諸説あり、西日本で用いられる「どんくさい」が転じたとする説[2]田舎という単語を「だしゃ」と読み、形容詞化して「だしゃい」と読んだものが転じたとする説[2]、「無駄臭い」が転じたとする説[2]、少年漫画において用いられた台詞が一般的に浸透したとする説[2]、「だって埼玉だから」と蔑視した言葉が簡略化されて「ダサい」になったとする説などがある[2]。ただし、前出の内田宗一は、「いずれの語源説にしても、客観的な裏づけを行っていくことは、資料の面においてかなり困難である。残念ながら、詳細は不明とせざるを得ないのが現状です」としている[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 米川 2003、340頁
  2. ^ a b c d e f g h i j k 「日本語あれこれ事典」『日本語学』2002年11月臨時増刊号、明治書院、103・109頁。
  3. ^ a b c d 現代用語の基礎知識 1978自由国民社、1978年、32-33頁。
  4. ^ a b c 米川明彦『明治・大正・昭和の新語・流行語辞典』三省堂、2002年、313頁。ISBN 4-385-36066-9
  5. ^ 米川 2003、62頁
  6. ^ 米川 2003、450-451頁
  7. ^ a b c d e 日本博学倶楽部『徹底比較!関東人と関西人: 性格から衣食住の好みまで』PHP研究所、2005年、65-67頁。ISBN 4-569-66373-7
  8. ^ 『現代用語の基礎知識 1985』自由国民社、1985年、1091頁。

参考文献[編集]