米川明彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

米川 明彦(よねかわ あきひこ、1955年1月23日[1] - )は、日本日本語学者、神学者、梅花女子大学教授

人物[編集]

三重県出身。1985年大阪大学大学院文学研究科博士課程修了、「手話言語の記述的研究」で学術博士を取得。1982年文学部助手となり、1985年梅花女子大学講師1987年助教授1994年教授。1998年「日本語‐手話辞典」で新村出賞受賞。

手話俗語の研究が専門。茨木キリスト福音教会教師。茨木市人権センター評議員。新村出記念財団評議員。専門は俗語・聖書・手話研究。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『手話言語の記述的研究』明治書院 1984
  • 『新語と流行語』南雲堂 (叢書・ことばの世界) 1989 
  • 『役に立つ話しことば辞典』Jeff Garrison訳 講談社インターナショナル
  • 『現代若者ことば考』丸善ライブラリー 1996
  • 『若者ことば辞典』東京堂出版 1997
  • 『読んでニンマリ男と女の流行語』小学館ジェイブックス 1998
  • 『若者語を科学する』明治書院 1998
  • 『礼拝とは 神の御業への応答』新生宣教団 1998
  • 『使徒信条と主の祈り』新生宣教団 2000
  • 『手話ということば もう一つの日本の言語』PHP新書 2002
  • 『これも日本語!あれもニホン語?』日本放送出版協会 2006
  • 『集団語の研究』上巻 東京堂出版 2009
  • 『ことば観察にゅうもん』福音館書店(たくさんのふしぎ傑作集) 2010
  • 『俗語発掘記 消えたことば辞典』講談社選書メチエ 2016
  • 『俗語入門 俗語はおもしろい!』朝倉書店 2017
  • 『ことばが消えたワケ 時代を読み解く俗語の世界』朝倉書店 2018

編著[編集]

  • 『女子大生からみた老人語辞典』(編)文理閣 1995
  • 『集団語辞典』(編)東京堂出版 2000
  • 『業界用語辞典』(編)東京堂出版 2001
  • 『明治・大正・昭和の新語・流行語辞典』(編著)三省堂 2002
  • 『毎日携帯して覚えたいテーマ別暗唱聖句100』(編著)新生宣教団 2002
  • 『日本俗語大辞典』(編)東京堂出版 2003

共編著[編集]

  • 『日本語慣用句辞典』大谷伊都子共編 東京堂出版 2005
  • 『NHKみんなの手話 2005』井崎哲也共著 日本放送出版協会 2005

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』