週刊平凡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
週刊平凡
Weekly Heibon 1959-5-14.jpg
創刊・5月14日号(第1巻第1号、1959年)表紙。
ジャンル 週刊誌(連載小説・連載漫画・芸能記事)
読者対象 一般
刊行頻度 週刊誌
発売国 日本の旗 日本
言語 日本の旗 日本語
出版社 平凡出版マガジンハウス
刊行期間 第1期:1959年5月14日(第1巻第1号) - 1983年6月30日/7月7日(第25巻第23号)
第2期:1983年7月14日(第25巻第24号) - 1984年2月16日/23日(第26巻第6号)
第3期:1984年3月16日(第26巻第7号) - 1987年10月6日(第29巻第36号)

週刊平凡』(しゅうかんへいぼん)は、かつて存在した日本の週刊誌である[1][2][3]。編集・発行平凡出版[1]、のち社名変更してマガジンハウス[2][3]1959年5月14日創刊[1]1987年10月6日休刊[3]。マガジンハウス編集・発行の一時期、『週刊Heibon』(しゅうかんへいぼん)と誌名変更した時期があった[2]

略歴[編集]

  • 1959年昭和34年) - 同年5月14日発行の「第1巻第1号」をもって創刊する(第1期)[1]
  • 1983年(昭和58年) - 同年6月30日7月7日発行の合併号(第25巻第23号)をもって『週刊平凡』(第1期)最終とし[1]、翌週の同年7月14日発行の「第25巻第24号」から誌名を『週刊Heibon』に変更する(第2期)[2]。同社の社名変更は正式には同年10月1日付。
  • 1984年(昭和59年) - 同年2月16日・23日発行の合併号(第26巻第6号)をもって『週刊Heibon』最終とし[2]、翌週の同年3月16日発行の「第26巻第7号」から誌名を『週刊平凡』に変更する(第3期)[3]
  • 1987年(昭和62年) - 同年10月6日発行の「第29巻第36号」をもって休刊、同誌の歴史を閉じた[3]

創刊号の目次[編集]

以下は、1959年(昭和34年)5月14日発行の「第1巻第1号」の目次である[4]

  • 「これが長嶋だ」、長嶋茂雄、p.3-11
  • 「皇太子ご夫妻奈良の休日 特集1〝君…〟と呼ばれる美智子さま」、皇太子明仁親王美智子妃、p.12-16
  • 「愛馬とご対面の皇太子」、皇太子明仁親王、p.12-16
  • 「傑作漫画」、p.17.
  • 「おしゃべり ジャーナル おしゃれ論」、小島正雄三島由紀夫、p.18-21
  • 『ぼくはヤジ馬』その1、北条誠、p.22
  • 「三平のスイマセン時評」、林家三平、p.23
  • 『それを吿げる日』、沢野久雄土井栄、p.24-27
  • 「ハイティーン・パトロール」、p.28-29
  • 「結婚への第三の道 特集2 職場には相手はいなかった」、p.30-33
  • 「スタアの喫茶室」、p.34-35
  • 「傑作漫画」、p.35
  • 「タイム」、p.36-41
  • 「ミュージック・コーナー」、p.42
  • 「ウイクリーフアッション チヤオ!」、p.43-45
  • 「清宮さま15日に納采の儀」、清宮貴子内親王、p.46-47
  • 「CC日本に上陸」、p.48
  • 「宝塚に入つたタイ国のお嬢さん」、p.48-49
  • 「今週のうんせい予言」、p.59
  • 「試写室」、p.60-63
  • 「傑作漫画」、p.63
  • 「今週のビデオテープ」、p.64-65
  • 『グッドナイト』、中野実田代光、p.66-69
  • 『おんなの子』、吉行淳之介、p.70
  • 『文なし豪遊』、檀一雄、p.70
  • 『むんむんする女の愛欲』、十返肇、p.71
  • 『好きだから似あう』、水野正夫、p.71
  • 「あなたのハートのページ」、p.72-73
  • 「ドクトル・ユリの診察室」、p.74-75
  • 「ジョークボックス」、p.76
  • 「くらしのセンス」、p.77-80
  • 「傑作漫画」、p.80
  • 男たちシリーズ『けだもの』、平林たい子宮永岳彦、p.81-87
  • 「ダイアモンド・スタアクイズ」、p.88-93
  • 「横綱ふるさとに帰る」、p.94-97
  • ニューススナップ『菅原謙二の婚約』、菅原謙二、p.98

最終号の目次[編集]

以下は、1987年(昭和62年)10月6日発行の「第29巻第36号」の目次である[5]

  • 「高橋圭三・団令子28年ぶりの対面」、高橋圭三団令子、p.3-6.
  • 「渡哲也=96時間密着 明日に向かって…」、渡哲也、p.7-13.
  • 「石原裕次郎・三枝さん秘蔵写真初公開!『至純の愛』」、石原裕次郎北原三枝、p.14-30.
  • 「五木ひろし・都はるみ対談」、五木ひろし都はるみ、p.31-38.
  • 「本誌特撮写真で綴る芸能界28年 素顔の芸能史」、p.39-70.
  • 「本誌トップ記事に見る芸能事件史」、p.71-87.
  • 「レコード大賞28曲集」、p.88-102.
  • 「あの感激をもういちど! 本誌を彩った思い出の花嫁たち」、p.103-126.
  • 「数字で見る週刊平凡ほりかえ史」、p.127-133.
  • 「本誌の記事で結ばれたカップルたち」、p.134-140.
  • 「あの日あの人肉声の復刻版」、p.141-151.
  • 「有名人109人の惜別の辞 週刊平凡よ さようなら」、p.152-190.
  • 「なつかしの人気タレント勢揃い お好みスタア画報」、p.191-206.
  • 「歌謡界の女王、40年の軌跡 ひばりの歌が聞こえる」、美空ひばり、p.207-222.
  • 「この新しい息吹 未来に幸あれ!」、p.223-.

おもな漫画家[編集]

おもな小説家[編集]

おもな編集者・記者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 週刊平凡 平凡出版株式会社国立国会図書館、2012年10月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e 週刊Heibon マガジンハウス、国立国会図書館、2012年10月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e 週刊平凡 マガジンハウス、国立国会図書館、2012年10月29日閲覧。
  4. ^ 週刊平凡 1(1)、国立国会図書館、2012年10月29日閲覧。
  5. ^ 週刊平凡 29(36)、国立国会図書館、2012年10月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「華やかに煙って、まわりは星ばかりだった - 『週刊平凡』『平凡パンチ』そして『an・an』へ」、木滑良久室謙二、『思想の科学』1990年12月号(通巻472号)所収、思想の科学社、1990年12月、p.67-74.
  • 『日本の大女優&週刊平凡の時代』、マガジンハウス、1999年5月 ISBN 483878211X
  • 「戦後史この一枚 番外編 『週刊平凡』であけましておめでとう - 全盛時代の『週刊平凡』新年号にはスターが勢ぞろい」、『WiLL』通巻25号所収、ワック・マガジンズ、2007年1月
  • 「戦後史この一枚 番外編 『週刊平凡』であけましておめでとう(2) - お正月の雑誌グラビアは豪華絢爛」、『WiLL』通巻26号所収、ワック・マガジンズ、2007年2月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]