北條誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北条誠から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
1954年

北條 誠(ほうじょう まこと、1918年1月5日 - 1976年11月18日)は、日本の小説家劇作家

東京生まれ。1935年府立第一中学校卒。1940年早稲田大学国文科卒。出征ののち、1943年東亜交通公社勤務。川端康成に師事し、1940年『埴輪と鏡』で芥川賞候補。戦後、鎌倉文庫に入社、編集をおこなう。1946年『寒菊』『一年』で野間文芸奨励賞受賞。1953年『白扇』で直木賞候補。ラジオ、舞台、テレビの脚本を書き、『向う三軒両隣り』(1947-1954)がヒットした。1963年最初の大河ドラマ花の生涯』の脚本も担当した。ほか少女小説、恋愛小説を多数書いた。1971年の都知事選では秦野章後援会副会長。川端康成が自殺した際、メモには北條の電話番号が書いてあったという。翻訳家北條元子は娘。その夫は馬術選手の法華津寛

著書[編集]

  • 春服 竹村書房 1940
  • 紫の帯 湊書房 1945
  • 昔の人 前田出版社 1946
  • 明日の愛情 丹頂書房 1946
  • わが家の平和 好日書房 1947
  • 愛別 鹿水館 1947
  • 舞扇 三島書房 1947(三島文庫)
  • 薄衣 三島書房 1947
  • 蛍草 少女小説 梧桐書院 1948
  • 哀しき花束 偕成社 1948
  • 愛情の地図 文芸書肆 1948
  • 愛の流れ フレンドブック社 1948
  • アパートの道徳 報文社 1948
  • 女優 筑紫書房 1948
  • 幻影 大日本雄弁会講談社 1948(新鋭文学選書)
  • 花日記 その1、2 尾崎書房 1949
  • 孤独の花 偕成社 1949
  • また逢ふ日まで 偕成社 1949
  • 曲芸 鎌倉文庫 1949
  • 母子鳥 ポプラ社 1950
  • 友情の翼 ポプラ社 1950
  • ショパン ピアノの詩人 偕成社 1950(偉人物語文庫)
  • 新しい女性の手紙 あかね書房 1950
  • ゲーリック 打撃王 ポプラ社 1951
  • すみれ日記 少女小説 あかね書房 1951
  • 忘れな草日記 あかね書房 1951
  • 哀しき虹 ポプラ社 1951
  • 涙の讃美歌 ポプラ社 1951
  • 乙女椿 ポプラ社 1951
  • 夢の花園 ポプラ社 1952
  • 羽ばたく天使 偕成社 1952
  • はるかなる歌 ポプラ社 1953
  • 君を待つ宵 豊文社 1953 のち春陽文庫
  • 手紙の書き方 要書房 1953(実用新書)
  • 美しい文章の書き方 安藤静雄共編 鷺ノ宮書房 1953
  • 花を吹く風 文芸図書出版社 1953 のち春陽文庫
  • 家族あわせ 毎日新聞社 1953 のち春陽文庫
  • 芥川龍之介 永遠の芸術家 ポプラ社 1953
  • 母よぶ瞳 ポプラ社 1954
  • 希望の青空 ポプラ社 1954
  • 涙の甲子園 ポプラ社 1954 のちフォア文庫
  • 幸は山のかなたに ポプラ社 1954
  • 夕映えの丘 ポプラ社 1954
  • 風薫る庭 豊文社 1954
  • 涙の花形 東京文芸社 1954 のち春陽文庫
  • 君と行く途 豊文社 1954 のち春陽文庫
  • 化粧の街 東方社 1954 のち春陽文庫
  • 愛の小径 山田書店 1954 のち春陽文庫
  • 花の季節 東京文芸社 1954 のち春陽文庫
  • 夜いくたび 東方社 1954 のち春陽文庫
  • ビキニ夫人とヘップバーン娘 東京文芸社 1954
  • 青春舞台 山田書店 1954
  • オルゴールの唄 和同出版社 1954
  • 緑はるかに ポプラ社 1955
  • 夢のみずうみ ポプラ社 1955
  • 花ごよみ 河出書房 1955(ロビン・ブックス)
  • 櫓太鼓 山田書店 1955
  • 哀愁日記 河出新書 1955 のち春陽文庫
  • 巷の妖精 和同出版社 1955 のち春陽文庫
  • 火の舞 山田書店 1955
  • かりそめの唇 東方社 1955 のち春陽文庫
  • この世の花 1-3 東京文芸社 1955-1956 のち春陽文庫
  • クラブとハート 東京文芸社 1955(人気作家小説全集 第9 現代小説篇)
  • やがて青空 東方社 1955(東方新書) のち春陽文庫
  • 若旦那 恋は曲者 豊文社 1955
  • 牡丹刷毛 和同出版社 1955
  • 巷ははる風 東方社 1955
  • 白い灯台 和同出版社 1955 のち春陽文庫
  • 愛情賭博 鱒書房 1955(コバルト新書)
  • 蛮茶物語 東京文芸社 1955
  • 聖しこの夜 ポプラ社 1956
  • 角帽三羽烏 東京文芸社 1956
  • 文章を書く人の為に 安藤静雄共著 鷺ノ宮書房 1956
  • 緑なる人 東京文芸社 1956 のち春陽文庫
  • 愛情の波紋 東方社 1956(東方新書) のち春陽文庫
  • めぐり逢うとき 東方社 1956
  • 気まぐれ会議 東方社 1956
  • ただひとりの人 平凡出版 1956(平凡映画小説シリーズ) のち春陽文庫
  • あすの花びら 東方社 1956 のち春陽文庫
  • 白扇 東方社 1956(東方新書)
  • もう夜が明ける 東方社 1956 のち春陽文庫
  • 家庭教師と女生徒 東方社 1956
  • 雲は梢に 東方社 1956(東方新書)
  • 愛の花束 ポプラ社 1957(少女小説文庫)
  • 美しき涙 ポプラ社 1957(少女小説文庫)
  • 夢の花びら ポプラ社 1957(少女小説文庫)
  • 江戸屋本店 東方社 1957
  • 青い口笛 東方社 1957 のち春陽文庫
  • わが恋やまず 桃源社 1957 のち春陽文庫
  • 風はバラ色 1-3 東方社 1957-1958
  • 雨の扇 東方社 1957
  • 白いエプロン 東方社 1957
  • 私は炎 桃源社 1957
  • 七色の風 ポプラ社 1958(少女小説文庫)
  • 春の手品師 東方社 1958
  • 花のうたげ 桃源社 1958 のち春陽文庫
  • 花は嘆かず 平凡出版 1958 のち春陽文庫
  • 華やかな氷河 第1-6部 東方社 1958-1959
  • 月若くして 講談社 1958 のち春陽文庫
  • わが恋よ翼あれ 平凡出版 1958 のち春陽文庫
  • 風吹かば吹け 桃源社 1958 のち春陽文庫
  • 愛の手紙 これだけは身につけよう(編)集英社 1958
  • あなたが一番好き 川津書店 1958
  • 蝕まれた花 川津書店 1959 のち春陽文庫
  • 風の中の花 川津書店 1959
  • 青い梢 東方社 1959
  • 雨の街路樹 浪速書房 1959
  • この空の下に 桃源社 1959 のち春陽文庫
  • 風の中の男 東方社 1959 のち春陽文庫
  • 勝負 東方社 1959
  • 朝つゆの道 ポプラ社 1960(少女小説名作全集)
  • 青い口紅 浪速書店 1960-1961
  • 美しきものは 東方社 1960
  • ここに青春 東方社 1960 のち春陽文庫
  • 紅い喪章 桃源社 1960 のち春陽文庫
  • つんころ大助 1 講談社 1961
  • 母の呼ぶ声 ポプラ社 1961(少女小説名作全集)
  • 夜光虫 東方社 1961
  • 奔流 桃源社 1961 のち春陽文庫
  • はるかなる旅 東方社 1961
  • 霧は果てなく 桃源社 1961 のち春陽文庫
  • 片側通行 東方社 1962 のち春陽文庫
  • 二つの橋 桃源社 1962(ポピュラー・ブックス)
  • 花がいっぱい 桃源社 1962
  • 遥かなる人 春陽文庫 1964
  • 女の雨季 桃源社 1964
  • 朝の化粧 桃源社 1964
  • 古城今昔 秋田書店 1965
  • 緑の青春 春陽文庫 1965
  • 虹の設計 第1-3部 日本放送出版協会 1965-1966
  • 川端康成心の遍歴 二見書房 1969
  • 銀座ママの請求書 評論新社 1971(カメノコ・ブックス)
  • 名城のからくり 日本交通公社 1971(ベルブックス)
  • 皇城の人びと 秋元書房 1973
  • 川端康成-文学の舞台 平凡社 1973(歴史と文学の旅)
  • アカシヤの唄 浪曼 1973
  • 愛の終わるとき PHP研究所 1974
  • 野菊と口笛 鷹書房 1975
  • さよなら逆転ホームラン 金の星社 1987(フォア文庫)

再話[編集]

外部リンク[編集]