佐藤六朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤 六朗
本名 佐藤 六郎
生誕 1929
日本の旗福島県郡山市
職業 漫画家
ジャンル 4コマ漫画一コマ漫画
代表作 『イッポン男子』、『動物記』
テンプレートを表示

佐藤 六朗(さとう ろくろう、1929年 - )は、福島県郡山市[1]出身の日本漫画家。本名は佐藤 六郎。

来歴・人物[編集]

福島県立安積高等学校を卒業し上京、1950年、芝浦工業専門学校(現、芝浦工業大学[1]卒業。

薬品会社に就職するが会社が倒産。郡山市にもどり実家のうなぎ屋の手伝いをしながら、福島民友福島民報のマンガ欄や『アサヒグラフ』の漫画学校などに投稿する[2]

1955年10月に再び上京。加藤芳郎の世話で「漫画集団」に参加[3]する。1959年、文藝春秋社の『漫画読本』に掲載した「動物記」で文藝春秋漫画賞の候補となる。同年、『漫画サンデー』にて「ゆるふん太平記」を連載する。以後、雑誌、新聞の連載漫画や挿絵や一コマ漫画で多数活躍する。1967年、「かばぁ・ガール」で再び文藝春秋漫画賞で候補となる。

ナンセンスな笑いの漫画を得意とし、主人公に動物を擬人化した動物漫画が多い。日本漫画家協会、漫画集団[2]に所属し、日本漫画家協会の名誉会員である。

この他、テレビ番組『スターどっきり㊙報告』で、オープニングにレポーターが内容を紹介する際のボードのイラストも担当していた。

主な作品[編集]

漫画[編集]

  • イッポン男子(コダマプレス、1966年)

新聞掲載作品[編集]

テレビ番組[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日外アソシエーツ編集部 『漫画家アニメ作家人名事典』、1997年ISBN 4816914234
  2. ^ a b 清水勲 『「漫画少年」と赤本マンガ―戦後マンガの誕生』、1989年ISBN 4887081472 
  3. ^ ややまひろし 『福島の20世紀』、1998年ISBN 4944155085 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]