漫画集団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

漫画集団(まんがしゅうだん)は、日本の漫画家の団体。

アメリカのナンセンス漫画の影響を受けたいわゆる「大人漫画」を描く漫画家が中心の団体だった[1]。新聞や一流雑誌を舞台とした、漫画集団メンバーを中心とする大人漫画の流れは、1960年代に少年漫画劇画などのストーリー漫画が漫画人気の中心になるまでは、漫画の本流とされていた[2][3]

この項目では前身の新漫画派集団(しんまんがはしゅうだん)および、昭和中期までのその他の漫画家団体についても記述する。

沿革[編集]

前史[編集]

日本の漫画界は、個人的な繋がりによる任意のグループを結成し、そのグループを通じて仕事を請け負うことが一般的だった。昭和初期における主なグループには、「日本漫画会」(北澤楽天岡本一平池部鈞水島爾保布田中比佐良宮尾しげを前川千帆ら)、「漫画連盟」(麻生豊宍戸左行下川凹天小野佐世男ら)のほか、村山知義柳瀬正夢須山計一らいわゆる「プロレタリア漫画」のグループ、田河水泡松本かつぢら児童漫画のグループがあった[4]

主要な出版メディアはこれら既存の漫画団体によって独占されている状態であり、また、若手はチャンスが巡ってくるのを長く待つほかなく、そのうえ新奇な作風のものを発表する機会に恵まれなかった。岡本一平の門下をへて、ナンセンス漫画を志向し始めていた杉浦幸雄近藤日出造1932年のある日、どちらともなく「明治大正時代から描いている先輩漫画家に対抗して[5]」「一味徒党を結成しよう[4]」と思いついた。ふたりに近かった数人でまず意思を統一し、その後『月刊マンガ・マン』への寄稿を通じて知己を得ていた横山隆一のグループに提案を持ちかけ、賛成を得た[6]

新漫画派集団[編集]

1932年6月、杉浦幸雄邸において、近藤、横山のほか、「当時無名だった若い漫画家たち[5]」20人が集い、「新漫画派集団」の名で結成した[7]。当初は「漫画集団」という名になる予定だったが、杉浦が「野獣派などと同じように主義主張を持つグループとして」「派という文字を入れろ」と強く主張し、改められた[6]

団体を作って、その団体全体の意志として「作品を売り込むなどということは、それまでは考えられもしない古今未曽有なこと[4]」だったこともあり、「新漫画派集団」は業界に驚きを歓迎を持って受け入れられ、彼らの多くは『アサヒグラフ』の漫画欄「漫画グラフ」を舞台に、知名度と人気を獲得していった[4]

発足当初は都心に事務所を構え[5]、原則すべての団員が共同の事務所に出勤し、マネージャーを雇って仕事を請け負う、という制作プロダクションの形式をとった[6][8]。各漫画家の収入の10%[8](のち、15%[9])を新漫画派集団の収入とすることで、事務所の運営や団員の生活のための費用を捻出した[6]。各漫画家の原稿料の均一化や値上げを版元と交渉する、といった役割も担った[6]

「新漫画派集団」の成功以降、楽天系列の漫画家による「三光漫画スタジオ」(松下井知夫井崎一夫根本進ら)、漫画連盟系の門下生による「新鋭漫画グループ」(秋好馨村山しげる杉柾夫南義郎ら)などの類似の若手グループが複数結成された[8]

戦中・戦後[編集]

戦時経済体制において雑誌や新聞が統合され、発表の場がなくなることを危惧した「三光」と「新鋭」が新漫画派に合同を持ちかけた[10]ことをきっかけに、乱立していた漫画家団体は「新日本漫画家協会」、ベテランたちを含めた「日本漫画奉公会」などに順次統合されたものの、一部のメンバーの反発もあり、すぐに有名無実化した[11]。大戦末期は、かつての新漫画派を中心とした若手は「大東亜漫画研究所」および「報道漫画研究会」(1943年5月)を名乗り、海軍報道部および陸軍報道部の仕事を受注した[11]

第二次世界大戦後の1945年10月、旧・大東亜漫画研究所のメンバーが集まり、塩田英二郎邸で開かれた総会で「漫画集団」と名を改めて再発足した[7][12]。多くの印刷メディア関係者が消息不明になったり、公職追放に遭ったりして、旧来の漫画界が人材難になる中、漫画集団の漫画家たちは新進の雑誌や新聞を舞台に、漫画界の主流派になっていく[13]

戦前にあったような合同プロダクションの機能は、1950年代には失われ、やがて合同の事務所を借りるのをやめ、代表幹事の自宅ないし個人事務所を連絡先とした[14]

1964年、日本漫画界の職能団体として「日本漫画家協会」が発足した。これ以降漫画家の生活保障や著作権管理といった社会的な問題の対処は協会に移り、「漫画集団」は協会内の親睦グループとしての性格を強めていった。1960年代以降、手塚治虫(1964年[15])、赤塚不二夫(1970年[15])、石森章太郎藤子不二雄上村一夫ちばてつやら、主に少年漫画や劇画などのストーリー漫画で活動する漫画家たちが、相次いで参加した[16]

1982年時点の会員数は99人[7][16]

活動[編集]

親睦旅行[17]や、忘年会[7][18]などで漫画家同士の親睦を深めるかたわら、サイン会や展覧会[19]などを主催した。

1954年12月に文藝春秋から創刊された漫画雑誌漫画讀本』に全面協力[20]1959年に創刊された『漫画サンデー』(実業之日本社)も、当初は漫画集団のメンバーが執筆の中心を担っていた[21]

漫画集団と「漫画社」の関わりについて[編集]

漫画社」は、1917年1月に創刊された雑誌『漫画』の発行母体[22]をへて、1941年5月に「新日本漫画家協会」の機関誌となっていた『漫画』の経営が行き詰まった際、菅生定祥によって設立された合資会社をルーツとし、1967年に近藤日出造の主宰誌として『漫画』が復刊した際、同じ菅生によって出版社として再度設立された[11]が、この復刊期『漫画』で大きな負債が生じた[23]ため、すぐに政府や業界団体向けの広報パンフレットの制作を請け負う代理店に鞍替えした。

漫画社は一時休眠をはさんで1972年[24][23]に、近藤、横山隆一、杉浦幸雄、鈴木義司富永一朗といった漫画集団のメンバーを取締役とする株式会社となった[23]1974年以降[23]、「漫画社」は電気事業連合会から年間150万円の看板料を受け取り、漫画集団に原発PRの漫画カット等の仕事を請け負わせていたとされ、この姿勢を雑誌『COMIC BOX』などに批判されている[25][26]

会員[編集]

[16]

関連書籍[編集]

  • 漫画集団(編)『漫画集団漫画集』 グラフィック社、1972年
  • 漫画集団(編・著)『漫画昭和史 漫画集団の50年』 河出書房新社、1982年

出典[編集]

  1. ^ 尾崎秀樹、宗武朝子『雑誌の時代 その興亡のドラマ』主婦の友社、1979年、p.96
  2. ^ 夏目房之介『マンガは今どうなっておるのか?』メディアセレクト、2005年、pp.28-29
  3. ^ 石子順造『戦後マンガ史ノート』紀伊國屋書店、1980年、pp.72-74
  4. ^ a b c d 峯島正行『近藤日出造の世界』 青蛙房、1984年 pp.122-144
  5. ^ a b c 漫画集団(編・著)『漫画昭和史 漫画集団の50年』 河出書房新社、1982年 p.7
  6. ^ a b c d e 寺光忠男『正伝・昭和漫画 ナンセンスの系譜』毎日新聞社、1990年 pp.10-20「新漫画派集団の誕生」
  7. ^ a b c d 『漫画昭和史』p.1 横山隆一「はじめに」
  8. ^ a b c 『近藤日出造の世界』pp.167-170
  9. ^ 『近藤日出造の世界』p.184
  10. ^ 『漫画集団漫画集』p.18 松下井知夫「戦時大同団結」
  11. ^ a b c 『近藤日出造の世界』pp.195-225
  12. ^ 『近藤日出造の世界』p.230
  13. ^ 寺光『正伝・昭和漫画 ナンセンスの系譜』 pp.34-52「焼け跡から」
  14. ^ 『近藤日出造の世界』p.271
  15. ^ a b 『漫画集団漫画集』pp.26-30 永井保「漫画集団小史年表」
  16. ^ a b c 『漫画昭和史』pp.288-289
  17. ^ 柴山達雄、小林準治『虫プロてんやわんや 誰も知らない手塚治虫』創樹社美術出版、2009年、p.127
  18. ^ 『KAWADE夢ムック 総特集赤塚不二夫』河出書房新社、2008年、p.254
  19. ^ 高知市文化プラザかるぽーと開館記念事業 漫画集団70周年記念 漫画集団展 まんがのシャワー 高知市文化プラザかるぽーと公式サイト内 2002年
  20. ^ 清水勲『漫画の歴史』岩波新書、1991年、p.187
  21. ^ 夏目房之介、呉智英『夏目&呉の復活! 大人まんが』実業之日本社、2002年、p.18
  22. ^ 木本至『雑誌で読む戦後史』 新潮社、1985年 pp.136-139「漫画」
  23. ^ a b c d 『近藤日出造の世界』pp.352-368
  24. ^ コミックボックス編『図説 危険な話』 ふゅーじょんぷろだくと、1989年 p.48「マンガ家を原発推進CMにかつぎ出す『漫画社』の正体」
  25. ^ COMIC BOX』1990年1月号 pp.38-39 高瀬毅「まんが家に聞く 原発についてのさまざまな思い」
  26. ^ 長谷邦夫『漫画に愛を叫んだ男たち』清流出版、2004年、p.277