おおば比呂司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おおば 比呂司
生誕 1921年12月17日
北海道札幌市
死没 (1988-08-18) 1988年8月18日(66歳没)
東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1958年 - 1988年
ジャンル 風刺漫画
テンプレートを表示

おおば比呂司(おおば ひろし、1921年12月17日 - 1988年8月18日)は、日本漫画家デザイナー北海道札幌市出身。本名は、大場博司[1]

人物[編集]

幼き頃から絵画・イラストの才能を発揮。印刷屋の画工などを経て[2]1942年12月、徴兵で陸軍入隊(航空隊勤務)となる。この時の貴重な体験が、後の飛行機デッサン創作に活かされる事となる。

終戦後、除隊して北海道新聞社に入社し、図案課で挿絵を担当した[3]。勤務のかたわら漫画、図案を描く[4]

1958年に独立して東京に移り[5]、漫画家としての活動を開始。漫画雑誌などに原稿を執筆し、その独創的で温かみのある絵画タッチで人気を博し、卓抜したアイディアと早描きぶりから「輪転機」といわれるほどの実力を誇った。

永らく道庁広報誌『ほっかいどう』の表紙ほかのイラスト[6]を手掛けており、読売新聞報知新聞(現:スポーツ報知)などにもイラストを掲載していたこともある。 石ノ森章太郎は著書『マンガ家入門』(1965年)の中で、日本で最も絵の上手いカートゥーン作家の一人として、おおばの名前を挙げている。

1982年からオランダに移住。1983年現地で水彩画の個展を開いた[7]1986年4月に帰国[8]。1987年4月からは麗沢大学でマンガ文化論の講義も受け持った。

1988年8月18日、66歳で急逝した。札幌市資料館に「おおば比呂司記念室」が併設されており、作品や再現されたアトリエを見学できる[9]。記念室を管理・運営するNPO法人「Fit北海道会議」は、アイヌの少年を主人公とした未発表絵本『セクッペの下駄』といった遺作の刊行も手掛けている[10]

長男に画家・旅行作家の大場伸之がいる。1989年、長男の編集による豪華画集『おおば比呂司の世界』が刊行され、1990年には自宅に記念館が開館した[11]

商業デザイン[編集]

おおば本人がテレビコマーシャルにも出演した[14][13]
同社(スジャータブランド)のカレンダーのイラストも手掛ける。

出演番組[編集]

その他・関連項目[編集]

旧・日本陸軍航空隊OBであるおおばは、1964年航空自衛隊第2航空団配属の機体に搭乗し操縦。航空自衛隊機を操縦した初の民間人となる[21][22]
定山渓温泉西4丁目の定山渓二見公園に所在する「かっぱ大王像」のデザインは、おおば比呂司によるもの(1969年[23]
1965年(昭和40年)に始まったかっぱ祭りの主体となるものをと、おおば比呂司のアイディアとデザインにより作成された。[24]
  • おおば没後の1990年6月頃、「おおば比呂司記念館」が東京都練馬区に所在していた記録が残っている[25][26]

著書[編集]

  • アラビアンナイト名作ものがたり 石黒修, たかし・よいち 文,おおば比呂司 絵 学習研究社 1964 (母と子の世界名作絵物語全集 ; 第10巻)
  • 漫画で学ぶ一流セールスマンへの道 重野倉雄 文,おおば比呂司 絵,日本ソノサービスセンター産業教育研究所 編 日本ソノサービスセンター 1967
  • ヨーロッパ漫画旅行 : キャビアとビフテキと おおば比呂司, 久里洋二 著 大光社 1967
  • にっぽんのヒコー記 おおば比呂司 著 朝日新聞社 1971
  • 飛行機ひこうき おおば比呂司 著 主婦と生活社 1971 (世界ののりもの)
  • 味のある旅 おおば比呂司 著 東京堂出版 1973 のち『味のある旅 : 味覚道中記』旺文社文庫
  • 地球はまあるい : スケッチのある旅 画・文: おおば比呂司 東京堂出版 1974
  • 割ばしの旅 おおば比呂司 著 東京堂出版 1976
  • サルと井戸の月 おおば比呂司 文・絵 佼成出版社 1977 (アンゴラえほん4~5歳)
  • 私の航空博物館 : コントレール(飛行雲)を追って おおば比呂司 画・文 東京堂出版 1980
  • 津軽海峡・ゆきつもどりつ おおば比呂司 著 山と渓谷社 1980 (たまにひとりでシリーズ)
  • サケの旅 おおば比呂司 文・絵 フレーベル館 1980 (フレーベル館のかんさつシリーズ) のち新版
  • さるとおじぞうさま 稗田宰子 文,おおば比呂司 絵 フレーベル館 1981 (キンダーメルヘン傑作選)
  • 鮭よ、もどってこい : 鮭の産卵場をつくった人・青砥武平次 近藤弘 作,おおば比呂司 絵 岩崎書店 1982 (絵本ノンフィクション)
  • おおば比呂司のまぁ、聞いてください : わが中年学ノート おおば比呂司 著 PHP研究所 1982
  • おおば比呂司の味覚停車 おおば比呂司 著 東京堂出版 1982
  • 翼の画集 おおば比呂司 著 講談社 1982
  • ヴァン・ゴッホの蜃気楼 : 絵筆の旅 おおば比呂司 著 講談社 1984
  • オランダからの色エンピツ おおば比呂司 著 旺文社 1984 (旺文社文庫)
  • アルルのゴッホ : 絵筆の旅 おおば比呂司 著 講談社 1985
  • 運河の色も七色八色 : 和蘭生活ノート おおば比呂司 著 旺文社 1985 (旺文社文庫)
  • 風に吹かれてヨーロッパ おおば比呂司 著 講談社 1986
  • 寅さんの「ゴルフのコツ」 : 初心者のためのゴルフイラスト読本 中村寅吉 著,おおば比呂司 イラスト,矢作正治 構成 広済堂出版 1987 (アサヒゴルフライブラリー)
  • 味のある旅ヨーロッパ おおば比呂司 著 東京堂出版 1988
  • 遠い空から : メルヘンの旅 画集 おおば比呂司 著 講談社 1988
  • パンケーキのおはなし 岸田衿子 作,おおば比呂司 絵 ひかりのくに 2002 (ひかりのくに傑作絵本集 ; 16)
  • 清酒力士とおおば比呂司のイラスト集 おおば比呂司 [画]、釜屋 編 [釜屋] 2014

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  3. ^ 「札幌出身の漫画家おおばさん/没後30年 未発表絵本出版へ/アイヌ民族の男の子ら生き生き]『北海道新聞』朝刊2018年1月3日(第3社会面)
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  6. ^ a b 原画の一部は、札幌市資料館おおば比呂司記念室収蔵
  7. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  8. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  9. ^ おおば比呂司記念室札幌市資料館ホームページ(2018年1月18日閲覧)
  10. ^ 「札幌出身の漫画家おおばさん/没後30年 未発表絵本出版へ/アイヌ民族の男の子ら生き生き]『北海道新聞』朝刊2018年1月3日(第3社会面)
  11. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  12. ^ おおば比呂司先生との出会い - 南部せんべい乃巌手屋。「先生との出会いは昭和55年の頃」の記述。
  13. ^ a b ホテイフーズ 世界初の「やきとり缶詰」誕生秘話 - ホテイフーズ。1970年発売開始時からおおばのデザインを使用。
  14. ^ NTTコムウエア. “ニッポン・ロングセラー考 やきとり缶詰”. 2014年11月14日閲覧。
  15. ^ おたべとは - 京都銘菓「おたべ」。おたべ発売以降はすべておおば比呂司さんのイラストを使用。おたべは、1966年びわ湖温泉紅葉パラダイス」にて発売開始。(出典 : おたべの歴史 紅葉パラダイスで発売 - 京都銘菓「おたべ」。「おたべちゃん」)
  16. ^ 銘菓 - 中浦食品株式会社。同ページに、「1979年、意匠デザインを漫画家おおば比呂司先生に依頼」の記述あり。
  17. ^ めいらくグループ、「キャラクタースジャータ号」新たに4台導入 稼働地域を拡大 2015.12.21 - 日本食糧新聞
  18. ^ 沼袋親交会 - 中野区商店会ナビ 中野区商店会連合会
  19. ^ INTERVIEW 佐竹力総氏 ACEROSS 2008年6月号 - 立命館大学経営学部校友会。資料によると、イエロープレーンの展開は1975年(昭和50年)。なお、現在ファミレスチェーン「イエロープレーン」は存在しない。設立2年後、社内内紛により美濃吉の関与がなくなった後の店名ブランドの消息は不明。1978年(昭和53年)設立した「ジョイみのきち」(現在、和食NOWジョイ)は、佐竹氏側についたイエロープレーンの元スタッフの助力により佐竹氏が始めた店舗ブランドであり、法人格としての「イエロープレーン」との関係は一切ない。
  20. ^ 読売新聞、2013年8月13日、10面「時代の証言者 京料理 佐竹力総 9」。記事は、現在 株式会社美濃吉ホームページ上での閲覧が可能となっている。当該する資料ページ写真には、大場が描いたキャラクター写真がある。(出典 : メディア掲載情報 2013/09/09 読売新聞「時代の証言者」)
  21. ^ おおば比呂司 - F-104に搭乗した際の写真。
  22. ^ おおば比呂司 年譜- F-104に搭乗した際の写真。
  23. ^ 札幌の野外彫刻所有者一覧>南区/定山渓 - 札幌散策
  24. ^ 南区の紹介>碑(いしぶみ)を訪ねて>定山渓地区>かっぱ大王像 札幌市南区公式
  25. ^ おおば比呂司記念館(東京練馬区) 温かい風合いの恵那石が、おおばさんをしのばせる外観。屋根は緑色の銅版 1990/08/31掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞
  26. ^ おおば比呂司記念館(東京練馬区) 両開きのドアを開けておおばさんが現れそうな気がする展示室 1990/08/31掲載 - フォト北海道 道新写真データベース 北海道新聞

外部リンク[編集]