あべこうじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あべこうじ
本名 阿部公二
生年月日 (1975-02-19) 1975年2月19日(42歳)
出身地 神奈川県横浜市
血液型 O型
身長 178cm
方言 共通語
コンビ名 あべさく
相方 佐久間一行
芸風 漫談
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1997年 -
現在の代表番組 夢はここから生放送 ハッピィ
過去の代表番組 あべこうじのポッドキャスト番長
少女B
ハッピーMusic
他の活動 俳優作詞家
配偶者  一般人女性(2000年 - 2007年)
高橋愛(2014年 -)
公式サイト 公式ブログ
受賞歴
2010年 R-1ぐらんぷり優勝

あべ こうじ1975年2月19日 - )は、日本お笑いタレント漫談家俳優作詞家である。本名、阿部 公二(読み同じ)。妻は元モーニング娘。でタレントの高橋愛

神奈川県横浜市南区出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。身長178cm、体重76kg。

2010年R-1ぐらんぷり王者。

略歴[編集]

  • 神奈川県立商工高等学校(神奈川商工)卒業。高校の2年先輩に石井正則アリtoキリギリス)がいる。
  • 1997年ウルトラマンティガ第18話「ゴルザの逆襲」でテレビデビュー。
  • 1998年渋谷公園通り劇場の渋谷新人計画で「カンヴァス」というコンビでデビューするが、2001年に解散。同年にピン芸人として再デビュー。
  • レギュラー番組として『少女B』に出演していた。他にも『エンタの神様』、『Click!』に出演している。また、東京新宿の劇場ルミネtheよしもとにも出演中。
  • 2000年に一般人女性と結婚して、一女を儲ける(『ヨシモト∞』にて)が、2007年3月離婚2008年1月2日放送のMBSジャイケルマクソン』にて本人が告白)。
  • 「あべさく」としての活動もあり、佐久間一行とは休みの日でも会うほどの仲の良さで評判である。なお、佐久間はあべが優勝した翌年の2011年大会にて悲願のR-1優勝を果たしている。
  • 芸人になる前にはさまざまが職業経験があり、俳優の仕事をしていたこともあるため、演技やナレーションの評価も高い。映画『机のなかみ』では主役の家庭教師・馬場元役に抜擢されている。
  • 3月26日に放送された「あべこうじのポッドキャスト番長」にダンカンがゲストに登場し、ダンカンはあべの師匠および大先輩であるとわかった。
  • アップダウンの竹森に顔が似ており、よく間違われる。しかも苗字が相方の阿部と同じなので「ひとりアップダウン」と自称する。
  • 2007年11月26日「2周年特番 無料放送だ! 全員集合?!」総合MC、2008年1月1日(火)ヨシモト∞火曜2部MC:チュートリアル(一身上の都合上により休演)MC代行を行い、2008年2月1日付でサブ・レギュラー昇進。隔週金曜日1部担当を行う事になった。
  • 「2009年R-1制覇できなかったら今後、R-1には参戦しない」と公言していたが、また来年も出たいとよしもとオンラインの番組内で発言していた。そしてついに2010年のR-1ぐらんぷりで、6度目の決勝進出を果たし、念願の優勝を成し遂げた。優勝が決まった瞬間に彼が号泣したことは話題になった。彼が人一倍芸にかける思いが強いからではないかともいわれている。また、優勝と同時にR-1卒業も表明した。
    • 上述のようにR-1ぐらんぷりには果敢に挑戦していたが、その一方で「お笑い第五世代」にあたる殆どの芸人が出場したネタ番組「爆笑オンエアバトル」には1度も出場経験が無かった(一方で仲の良い佐久間一行は同番組で常連組として長きに渡って出場しており、この点に関しては非常に対照的であった)。
  • 楽しんごに好かれている。
  • 2012年に福岡HKT48のメンバーが出演していたラジオ番組『HKT48のベイビィ〜★ラジオ(仮)』にゲスト出演した際に、相談を受けたチームH所属(当時)の村重杏奈R-1ぐらんぷり2013出場を決意させた[1]
  • 2013年12月21日、元モーニング娘。高橋愛と2014年2月14日に再婚することが発表された[2]
  • 2014年2月14日、高橋と正式に入籍し、神奈川県横浜市の横浜マリンタワーにてツーショットで記者会見を行った。
  • 同年6月2日、米国ハワイで高橋との結婚式を行った。

芸風[編集]

  • ピン芸人の芸風といえば最近は一人コントが多くなっているが、珍しく漫談を主な芸風としている。
  • 漫談では、日常生活で起こるトラブルの対処法をテーマとしたネタを得意とする。尚、『エンタの神様』ではその部分だけに着目した普段の漫談スタイルとは異なる「こんな時どうする?」というネタを披露していた。また、『爆笑レッドカーペット』では時間の制約上「アベえもん」「イタリアン」「早くない!?」などのショートネタを披露している。
  • 漫談トークで「ウザい」と言われたり自ら言うことがある。例としてネタの序盤のつかみで何か鬱陶しい一言を言った後(例:「とりあえず皆で温泉に行こ!」など)に「今ので半分位の人気づいちゃったんじゃないかな〜。そう、若干(あべこうじ)ウザいの!(笑)」と言うなど。
  • 「へこむわ〜、とか言ってるそばから、即行元気ー!」というギャグを持ち、ネタやトーク中に盛り込むことがある。また、五木ひろしのモノマネが得意で、披露する事が多々ある。
  • 最近は、「どーも、A・B・E・K・O・J・I あべこうじです、よろしくおねがいしま〜す」と言ってネタを始める。
  • ネタを締める時は「H・A・P・P・Yライフ、あ! ハッピーライフを送ってちょうだい」と言う。

受賞歴[編集]

出演[編集]

番組[編集]

コラボカーペットで永井佑一郎と共演(2010年2月27日)。
佐久間との「あべさく」として。4月 - 9月は「泥芸人」MCバトルとしてガリットチュウと交代に担当

ほか多数

映画[編集]

ドラマ[編集]

舞台[編集]

店内放送[編集]

作詞提供[編集]

  • ナンダーMAX
    • さぁーいこー(2009年度枠内の1月度のMTKより)

PV監督[編集]

  • ゆず「地下街」(1997年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]