萩野崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はぎの たかし
萩野 崇
生年月日 (1973-05-27) 1973年5月27日(45歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 182 cm
血液型 B型
職業 俳優声優
活動期間 1991年 -
活動内容 1991年:俳優デビュー
1996年:『超光戦士シャンゼリオン
2002年:『仮面ライダー龍騎
配偶者 独身(結婚歴あり)
主な作品
映画劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL
テレビドラマ
超光戦士シャンゼリオン』『仮面ライダー龍騎

萩野 崇(はぎの たかし、1973年5月27日 - )は、日本俳優声優である。東京都出身で、長良プロダクションに所属していたが、2018年からフリーで活動している。

身長182cm、体重63kg、血液型B型。ニックネームはハギハギー。『仮面ライダー龍騎』の共演者からはアニキという愛称で呼ばれていた。

来歴[編集]

1991年に俳優デビューする。1996年に『超光戦士シャンゼリオン』の主人公の私立探偵、涼村暁 / シャンゼリオン役で主演を務め、2002年には『仮面ライダー龍騎』のメインキャラクターの1人で凶悪殺人犯、浅倉威 / 仮面ライダー王蛇役を演じ、正義と悪のヒーローの両方を演じた俳優の1人となった。

2004年声優活動開始、シルバーアクセサリーブランドWild Strawberryとのコラボモデルアクセサリーを発売してアクセサリー制作に携わり、同社サイトのモデルとして出演した際に『仮面ライダー龍騎』で着用していた蛇革のジャケットを再び着用した[1][2]

2007年10月から2008年3月まで、『おもいッきりイイ!!テレビ』内のコーナー『美肌泉隊SPAレンジャー』にレギュラー出演した。

『龍騎』の公式イベントで京都の大宮東映に移動した際、ファンからの変身ポーズのリクエストに答え、王蛇とは別に『超光戦士シャンゼリオン』の変身台詞の「燦然!」を言いつつ同キャラの変身ポーズを行うという、自身繋がりのネタを披露した。『龍騎』劇中での王蛇の動きは漫画作品である『北斗の拳』に登場するカイオウをイメージしていた。「北斗宗家北斗琉拳)の手の動きが好きなんで、それを意識して常に力みのないキャラをやろうって思って」とのこと[3]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 狂犬MAD DOG(1994年7月、OV)
  • 最後の馬券師2(1994年10月、OV)
  • SEGA シャンゼリオン プロモーションビデオ(1996年6月)
  • 湘南爆走族2(1998年2月、OV)
  • 首領への道1 - 4(1998年5月、OV)
  • ワル外伝(1998年8月、OV)
  • 日本極道史「誇り高き戦い」(1999年11月、OV)
  • 日本極道史「龍神三兄弟」(2000年1月21日)
  • 必殺!亜空間(2000年6月、OV)
  • 七人のスロッター(2000年7月、OV)
  • メイク・アップ〜モデルの女(2000年10月、OV)
  • ワル序章(2004年、OV)
  • Takashi Hagino in Venezia(2004年、イメージDVD)
  • イヴォルバー -EVOLVER-(2004年6月、OV)

Webドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

CM[編集]

  • SEGA「超光戦士シャンゼリオン スーパー装備」(1996年)
  • ロッテ「もぎたてスウィーティー」(1996年)
  • 大東建託「いい部屋が呼んでいる」篇(2004年)
  • グリコ「ジャイアントコーン(がっつりいっちゃう篇)」(2007年)

その他[編集]

  • COMPLETE SELECTION MODIFICATION V BUCKLE(2018年12月、玩具) - 浅倉威 / 仮面ライダー王蛇 役

書箱[編集]

  • 仮面ライダー龍騎公式アルバム NAKEDSEVEN(2002年7月、角川書店
  • 俳優・萩野崇(2003年4月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ワイルドストロベリー Wild Strawberry スチルギャラリー
  2. ^ 松村清秀プロデュース シルバーアクセサリー ワイルドストロベリー Wild Strawberry/商品一覧ページ
  3. ^ 宮島和弘編「特集・仮面ライダー龍騎 RYUUKI’S CAST INTERVIEW SPECIAL 萩野崇」 『東映ヒーローMAX 2002 Vol.3』辰巳出版〈タツミムック〉、2002年12月10日、ISBN 4-88641-829-5、11頁。
  4. ^ 三宅乱丈「ペット」植田圭輔主演で舞台化、共演に桑野晃輔・谷佳樹・萩野崇”. ステージナタリー. 2018年10月11日閲覧。
  5. ^ 電撃PlayStation』Vol.594、KADOKAWA、2015年7月9日

外部リンク[編集]