アンジェラ芽衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あんじぇら めい
アンジェラ 芽衣
プロフィール
生年月日 1997年4月29日
現年齢 24歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県
血液型 O型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 172 cm / 44 kg
BMI 14.9
スリーサイズ 92 - 58 - 90 cm
活動
デビュー 2016年
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
ファッションショー
水着
他の活動 女優
事務所 01familia
モデル: テンプレート - カテゴリ

アンジェラ 芽衣(アンジェラ めい、欧文表記:Angela Mei、1997年4月29日 - )は、日本モデル[1]タレント女優

埼玉県出身。父親が日本人で、母親がフィリピン人のハーフである[2]01familia所属。

人物・来歴[編集]

  • 芸能界に入るまではポートレートモデルとして活動していた。2014年には「関東一可愛い女子高生ミスコンGP」でグランプリを獲得したこともある[3]。活動期間中に「童貞を殺すセーター[4]を着て知名度上昇。
  • 2017年に"リア・ディゾンの再来"、または"黒船再来"というキャッチコピーでグラビアデビュー[5]。8月には日本テレビ今夜くらべてみました」において、広瀬すずが注目する美女としてアンジェラが紹介され注目を浴びた。2018年にはモデルデビューも果たしている。ただし、米国出身のディゾンとは異なり、アンジェラは埼玉県生まれの埼玉県育ちであり、「海外から来日してムーブメントを巻き起こした人物」という意味での"黒船"には該当しない[2][6]
  • 現在の所属事務所は01familiaである。これはTwitterでアンジェラのことを知った川崎あや(グラビアアイドル・レースクイーン)が自身のマネージャーに存在を教えたことがきっかけで、その後知人のカメラマンを通じて川崎と同じ01familiaの所属モデルとなった[7]
  • アニメ・ゲーム好きであり[8]私生活では完全なインドア派だという一方で、写真を撮られることは好きで「池袋ハロウィンコスプレフェスティバル」等にコスプレで参加するなどしており、趣味を通じての友人も多い。また、自身のInstagramアカウントにもコスプレ写真をアップロードしている[7][6][9]
  • ランウェイに挑戦するにあたっては意図的にグラビアアイドルとしての活動をセーブし、ウォーキングレッスンなどに取り組んでいた。また、2018年時点のインタビューでは、グラビアアイドルとしてデビュー後にファッションモデルに進出しているため自身はいわゆるモグラ女子とは違うと認識しつつも、モデルとして自信を持てるまで成長して、新しいタイプのモグラ女子を目指したいと語っている[9]
  • 2018年10月22日、富山のさかな応援ガールに就任[10]
  • 2018年11月発売、集英社「ヤングジャンプ増刊号ヤングジャンプGOLD」では同じゼロイチファミリア所属の6名(川崎あや、アンジェラ芽衣、十味青山ひかる黒木ひかり、月野もも[11])で「YJ DREAM GiRLS」を結成し掲載[12]
  • 小学生のときの遠足で男子生徒から、鼻水のついた手で握手をされて以来、極度の潔癖症[13]。公衆トイレは除菌スプレーをしてからでないと座れない[13]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

ファッションショー[編集]

雑誌[編集]

2017年
2018年

ムック本[編集]

  • ガールズゲーマー Party(2019年9月12日、白夜書房ISBN 978-4-86494-250-8 - 表紙、巻頭グラビア

ウェブテレビ[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 仮面ライダーサーベラへの変身は2021年3月7日放送回から。

出典[編集]

  1. ^ アンジェラ芽衣の“笑顔の魅力”に接近「ギャップを楽しんで」 『チャンピオン』初表紙”. ORICON NEWS (2021年3月25日). 2021年3月25日閲覧。
  2. ^ a b ““リア・ディゾンの再来”アンジェラ芽衣、モデル本格挑戦へ 努力と決意打ち明ける「7キロくらい太ってしまって…」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年4月1日). https://mdpr.jp/news/detail/1756471 2020年4月5日閲覧。 
  3. ^ ““関東一可愛い”女子高生、ハーフで長身、くりっとした瞳…グランプリ受賞後を直撃”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年12月21日). https://mdpr.jp/gal/detail/1455315 2021年3月27日閲覧。 
  4. ^ ““リア・ディゾンの再来”アンジェラ芽衣×「童貞を殺すセーター」が凄まじい威力!限界露出に挑戦”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年9月4日). https://mdpr.jp/news/detail/1711919 2020年4月5日閲覧。 
  5. ^ a b “黒船・再来”アンジェラ芽衣、最新グラビアでランジェリー姿を披露”. ORICON NEWS (2018年7月19日). 2020年4月5日閲覧。
  6. ^ a b “黒船再来”と呼ばれた美女 実は「埼玉県生まれの埼玉育ちです」”. BuzzFeed Japan (2017年9月16日). 2020年4月5日閲覧。
  7. ^ a b “<アンジェラ芽衣プロフィール>リア・ディゾン超えの“黒船再来”!「週プレ」表紙で話題、正体は関東一かわいい女子高生?”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年6月26日). https://mdpr.jp/news/detail/1696358 2020年4月5日閲覧。 
  8. ^ “アンジェラ芽衣、ゲーム本表紙モデルに 80年代ファッションをキュートに着こなし”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2144508/full/ 2021年1月2日閲覧。 
  9. ^ a b “身長172cm「黒船の再来」アンジェラ芽衣、東京ガールズコレクションのランウェイに登場 グラビア発でモデルとの“二刀流”極める”. Deview-デビュー (oricon ME). (2018年3月31日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2108706&set_cookie=2 2020年4月5日閲覧。 
  10. ^ “10頭身モデル・アンジェラ芽衣 富山のさかな応援ガール就任「埼玉県民だし大丈夫かな」”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2018年10月22日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1164148/ 2020年4月5日閲覧。 
  11. ^ 月野もも”. 株式会社 01familia. 2020年4月5日閲覧。
  12. ^ 増刊ヤングジャンプGOLD Vol.4”. 週刊ヤングジャンプ公式サイト. 集英社. 2020年4月5日閲覧。
  13. ^ a b 徳間書店「アサヒ芸能」2019年12月5日号61頁
  14. ^ a b 仮面ライダーセイバー:“10頭身モデル”アンジェラ芽衣が出演 クールビューティーな謎の使者に 地上波ドラマ初出演で「全身全霊」”. まんたんウェブ (2020年10月24日). 2020年10月24日閲覧。
  15. ^ a b アンジェラ芽衣:「仮面ライダーセイバー」 “煙の剣士”仮面ライダーサーベラ役の10頭身美女 ベールに包まれてきた素顔は?”. まんたんウェブ (2021年2月28日). 2021年2月28日閲覧。
  16. ^ TGR 〜season 2018-2019〜ついに始動!初の練習会を実施!”. girlswalker (2018年4月27日). 2020年4月5日閲覧。
  17. ^ 週刊プレイボーイ 2017年7月10日号”. fujisan.co.jp. 2020年4月5日閲覧。
  18. ^ 週刊プレイボーイ 2017年8月28日号”. fujisan.co.jp. 2020年4月5日閲覧。
  19. ^ 週刊プレイボーイ 2017年9月18日号”. fujisan.co.jp. 2020年4月5日閲覧。
  20. ^ 週刊ヤングジャンプ 2017年10月19日号 No.45”. fujisan.co.jp. 2020年4月5日閲覧。
  21. ^ アンジェラ芽衣:話題の“絶世美女”が「スピリッツ」に 黒船再来!”. MANTAN WEB (2017年12月25日). 2020年4月5日閲覧。
  22. ^ アンジェラ芽衣:話題の“女神”が「ヤングガンガン」に 水着姿も”. MANTAN WEB (2018年4月20日). 2020年4月5日閲覧。
  23. ^ アンジェラ芽衣&桃月なしこ、初コラボ実現 “グラビア界の新星”豪華共演”. ORICON NEWS (2018年10月30日). 2020年4月5日閲覧。
  24. ^ 川崎あや:“10頭身”アンジェラ芽衣、“平成最後の奇跡の原石”十味と「ヤンジャン」表紙に”. MANTANWEB (2018年11月29日). 2020年4月5日閲覧。
  25. ^ AbemaPrime - 企画 - “徴用工判決”日韓関係悪化の修復プランは? 外務副大臣に直撃! (18/10/31)”. AbemaTV. 2018年11月30日閲覧。[リンク切れ]
  26. ^ DCD_GANBARIDEの2021年3月20日のツイート2021年3月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]