コンテンツにスキップ

街裏ぴんく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
街裏まちうらぴんく
街裏ぴんく
本名 島谷 洋平(しまたに ようへい)[1]
ニックネーム 街ぴん、ぴんちゃん、ガメキン、カバ等
別名義 ぴっぴ
生年月日 (1985-02-06) 1985年2月6日(39歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府堺市[1]
血液型 B型[1]
身長 178cm[1]
言語 日本語
方言 関西弁
最終学歴 神戸学院大学
芸風 漫談
事務所 トゥインクル・コーポレーション
活動時期 2004年[2] -
配偶者 あり
公式サイト 街裏ぴんく - トゥインクル・コーポレーション
受賞歴
2019年 第7回トゥインクル1グランプリ 優勝
2022年 Be-1グランプリ2022 優勝
2023年 第8回トゥインクル1グランプリ 優勝
2024年 第22回R-1グランプリ2024 優勝
テンプレートを表示
YouTube
チャンネル
活動期間 2017年 -
ジャンル 漫談
登録者数 2.43万人
総再生回数 400万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2024年7月7日時点。
テンプレートを表示

街裏 ぴんく(まちうら ぴんく、1985年2月6日[1] - )は、トゥインクル・コーポレーションに所属する[1]日本お笑い芸人である。本名は島谷 洋平(しまたに ようへい)。R-1グランプリ2024王者[3]

経歴

[編集]

幼少期から漫談家デビュー前

[編集]

幼少期は食も細く引っ込み思案で友人も少なかった。家では1人で人形遊びをしていたという[4]。小学4年生のお楽しみ会で藤井隆のギャグを披露し一気にお笑い担当に躍り出る。高校2年で後に漫才の相方となる友人のYoung Yujiro[5] (現・ラッパー)に出会い、その友人の勧めでR&Bのクラブシンガーとして活動[6]。MCにてすでに漫談を披露していた[7]

2003年上宮太子高等学校卒業[8]

2004年神戸学院大学在学中に漫才コンビ「裏ブラウン」を結成する[9][2]。初舞台は吉本興業のオーディション[10]で、結成2年目の2005年かわら長介主宰の「魁塾」へ入塾して2期生として卒業[11]する。塾生の中で裏ブラウンだけが芸人だった。結成3年でコンビを解散[12]する。

漫談家デビュー後

[編集]

2007年[13]、「街裏ぴんく」名義で漫談芸を中心にフリーピン芸人として活動を開始[12]する。芸名はコンビ時代の「裏ブラウン」を引き継いだもの。いかつい風貌とのギャップを狙い、いかつくない色として「ピンク」を選ぶが、「裏ぴんく」はいかがわしすぎるため「街」をつけた[14]松竹芸能にスカウトされ、1年弱の間所属した[6]。退所後は吉本新喜劇の座員を目指しオーディション最終選考まで残るも落選する。島木譲二に弟子入りを志願するが叶わなかった[10]

2012年に上京[15]。浅草リトルシアターを中心に修行を積む[16]オフィス北野タイタンなどの事務所への所属を模索するも叶わず、悪役俳優事務所高倉組[17]を経て、2014年5月よりトゥインクル・コーポレーションに所属。

2017年8月、『JUNK 爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)の第2回地下芸人まつりで優勝[18]

2019年、『R-1ぐらんぷり』準決勝進出[19]

2019年6月2日からRadiotalkで「UチューダイセンSO」を始める。2020年10月11日に「ラジオ・イノシシ」、2023年10月6日に「さっきまで寝てました!」それぞれ改題した[20]

2019年10月、事務所ライブ「第7回トゥインクル1グランプリ」で優勝[21]

M-1グランプリ2021』でインタビューマン山下(元・ジャリズム)とユニット「山下ぴんく」として3回戦進出[22]

2022年2月20日に開催された『R-1グランプリ』の出場資格がない芸歴11年目以上の芸人のお笑いグランプリ『Be-1グランプリ』で優勝[23][24]する。

2024年3月9日 、この年から芸歴制限が撤廃された『R-1グランプリ』に初の決勝進出[25]。ファーストステージは471点を獲得して2位でファイナルステージ進出。ファイナルステージでは陣内智則バカリズムに連続で吉住に連続で票を取られるもその後の小籔千豊野田クリスタルハリウッドザコシショウから連続で票を取り優勝[26]

芸風

[編集]

体験談という体で奇妙な設定・ファンタジックなストーリーを語る漫談を専門とする[27]。本人曰く「地に足のついたファンタジー漫談」[28]、「架空漫談」[14]

当初はフリップ、キレ芸、実際の出来事をベースにしたぼやき漫談をおもに扱ったが、2014年に代表作の一つとなる「ホイップクリーム」が評価され、ファンタジー漫談を追求する決意をした[29]。「日常からだんだん脱線してゆくというか、気づいたらズレてしまったような世界観にゾクゾクする」と述べている[14]

2019年1月準決勝進出した『R-1グランプリ』以降「ウソ」と大きく書かれたTシャツも舞台衣装にしたが、基本はスーツに蝶ネクタイのスタイル。『R-1グランプリ2024』でも着用したピンクのスーツは事務所先輩のやついいちろうからの提案で、作る経緯を漫談「親布」で語っている。

人物

[編集]
  • 身長:178cm、体重:110kg、スリーサイズ:B129cm・W129cm・H112cm)[1]
  • 趣味は中高年観察、アホソング作り[1]。高校時代からヒップホップ観賞[30]に没頭し、バラエティ番組『フリースタイルティーチャー』(テレビ朝日)でラップバトルも披露している。
  • 特技は甘い歌声、街で絡まれない[1]
  • 嫌いなジーンズはベルボトム[1]
  • 尊敬する人は中田ダイマル・ラケット[1]
  • 売れていない時代に親交が深かったミルクボーイ駒場が「こんなネタをやってるやつが結婚しているってのがおもろいから、左手薬指に結婚指輪をしながらネタをしてはどうか」と助言してくれたものの躊躇していたが、Rー1決勝に行った時点で母が「力をもらえ」と送ってくれた亡き祖父の形見の指輪を、それ以降は右手薬指にはめてネタをするようになった。
  • 中田ダイマル・ラケット、ダウンタウンのウソネタ(ガキ使のハガキトーク)がきっかけでファンタジー漫才にハマった[31][14]
  • 全ての有名人を街中で目撃し、目撃談を話す[1]
  • 平成に起こった出来事をたまたま全て目撃している[32]
  • 木村拓哉のファン。
  • 2023年2月から使用されているAマッソの宣材写真に写り込んでいない。[33]
  • YouTubeでの漫談生配信で「亡くなった志村けんさんに再会した」のネタを披露し、自身が作り上げた虚構の世界に入り込み感極まって号泣した[34][35]
  • ネットラジオGERAスーパー3助みなみかわ 伝家の宝刀抜かせんなラジオ』[36]で実直な性格が話題となり、その後本人不在のまま『街裏ぴんく目撃情報』というコーナーが作られた。

ライブ

[編集]

漫談独演会・漫談ライブ

[編集]

漫談独演会と新作漫談会ほかについての違いは「肌で感じていってもらえれば」とradio talk(ラジオイノシシ#150)にて語っている。

  • 街裏ぴんく独演会 第一回『これを許したからには 全て許さなければ』 - 2010年2月6日 道頓堀中座くいだおれビル4階 100人劇場
  • 第弐回街裏ぴんく独演会『これを許したからには、全て許さなければ』 - 2010年9月24日 道頓堀ZAZA HOUSE
  • 第参回街裏ぴんく独演会『これを許したからには、全て許さなければ』 - 2011年6月27日 道頓堀ZAZA HOUSE
  • 『20の先に有る不確かな200000000~ショート漫談20本にお付き合いを~』- 2014年 4月1日、5月1日、6月4日、7月7日、8月10日、9月11日、10月9日、11月13日、12月21日、1月24日板橋cafe&barマーキー、12月のみ阿佐ヶ谷OIL CITY
  • 『20の先に有る不確かな200000000 premium 街裏ぴんくの労をねぎらうファンの集い ~船上からこんにちは!~』 - 2015年2月20日 集合場所ららぽーと豊洲 船着場集合
  • 第一回[注 1] 街裏ぴんく独演会『階段ぶっ壊したみたいな大嘘』 - 2015年1月16日(土) プーク人形劇場[37]
  • 街裏ぴんくの「お醤油」1〜7 - 2016年8月20日、9月17日、10月22日、11月25日、2017年2月25日、3月31日、4月30日 CHARA DE asagaya
  • 第二回 街裏ぴんく独演会『漫談』 - 2017年11月4日 座・高円寺2[38]/11月22日追加公演 劇場HOPE
  • 第三回街裏ぴんく漫談独演会『AKAGO』 - 2018年3月22日 渋谷区文化総合センター 大和田伝承ホール[39]
  • 第四回 街裏ぴんく漫談独演会 『武蔵野公会堂』- 2018年6月28日 武蔵野公会堂[40]
  • 第五回 街裏ぴんく漫談独演会 『こいつ実は』- 2018年9月21日 ムーブ町屋ムーブホール/9月24日 道頓堀ZAZA HOUSE[41]
  • 街裏ぴんく漫談独演会スペシャル 『小野寺美雨 告別式』- 2018年12月27日 牛込箪笥区民ホール[42]
  • 街裏ぴんくの新作漫談会『七三ファットマン』vol.1〜7 - 2019年4月12日、5月20日、6月24日、7月29日、8月26日、9月30日、10月28日 新宿バッシュ!!
  • 街裏ぴんくの女性専用漫談会『HARLEM』 - 2019年8月16日 新宿バッシュ!!
  • 第六回 街裏ぴんく漫談独演会 『街裏ぴんく』 - 2019年12月18日 座・高円寺2 
  • 『Rがままに』〜街裏ぴんくがショート漫談を連発する会〜 - 2020年1月20日 新宿バティオス
  • 第七回 街裏ぴんく漫談独演会 『救世主』 - 2020年9月1日 座・高円寺2[43] ( キュウ単独公演『ヒーローは遅れて飛んでくる』との遠隔ツーマン[44])
  • 街裏ぴんくの漫談ショー2020『コリズニヤッテル』- 2020年10月17日 渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール[45][46]/10月31日 サンケイホールブリーゼ[47][48]
  • 街裏ぴんくの漫談穴 『HoubeN』vol.1〜2 - 2020年11月4日[49][50]、2021年3月16日[51][52]、新宿バティオス
  • 第八回 街裏ぴんく漫談独演会『母の体から明転飛び出し、逮捕キッカケで完全暗転』 - 2020年12月27日 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール[53]
  • 街裏ぴんくの漫談ショー大阪SP『芸人』 - 2021年1月23日、サンケイホールブリーゼ[54]
  • 第九回 街裏ぴんく漫談独演会 『官能曼壇』- 2021年8月20日 渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール/9月4日 堺市立東文化会館 メインホール[55]
  • 第十回 街裏ぴんく漫談独演会『hardliquor』 - 2021年11月20日、渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール[56]
  • 第十一回 街裏ぴんく漫談独演会 『戻れ、みんな待ってる』 - 2022年2月17日、座・高円寺2[57]
  • 第十二回 街裏ぴんく漫談独演会『みそ汁おめでとう』 - 2022年5月13日、武蔵野公会堂[58]
  • 男性客限定ライブ『Danci Danci Revolution』 - 2022年10月19日、新宿バティオス[59][60]
  • 第十三回 街裏ぴんく漫談独演会『東幻京』 - 2022年11月12日、渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール[61][62]
  • 街裏ぴんく漫談独演会『べすとおぶぴんく』in OKINAWA - 2023年2月19日、沖縄Output[63][64](沖縄Output主催)
  • 第十四回 街裏ぴんく漫談独演会『六人のマーチ』 - 2023年3月18日、座・高円寺2[65]
  • 第十五回 街裏ぴんく漫談独演会『Little theateR』 - 2023年6月24日、雷5656会館 ときわホール[66]
  • 漫談×ジャズピアノ『PINK × PIANO』- 2023年7月9日、APIA40[67]
  • 第十六回 街裏ぴんく漫談独演会『体験過多、お前もか』 - 2023年9月10日、渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール/9月21日、道頓堀 ZAZA HOUSE[68]
  • 街裏ぴんく漫談独演会『べすとおぶぴんく』in 大阪 - 2023年11月11日、楽屋A(楽屋A主催)
  • 街裏ぴんくの新作漫談会「恍惚ファットボーイ」-2023年11月18日、11月19日、西新宿ナルゲキ
  • 街裏ぴんく漫談独演会『べすとおぶぴんく』in 石川 - 2024年4月20日、 北國新聞赤羽ホール[69](北國芸術振興財団主催)
  • 第十七回街裏ぴんく漫談独演会『一人』-2024年5月19日、なかのZERO 小ホール/5月25日扇町ミュージアムキューブ CUBE01

演劇

[編集]

その他ライブ

[編集]

出演

[編集]

テレビ番組

[編集]

ドラマ

[編集]

ラジオ番組

[編集]

ネット配信番組

[編集]
  • ライブ de フォーチュン・街裏ぴんくのおしゃべり桃源郷(2018年4月 -2018年6月26日、占いTV[118]
  • 静香とカンパイ〜あなたのお隣、お邪魔します(2018年9月28日、AGARUTV[119])
  • 街裏ぴんくのガンタレ生配信(2020年4月28日-2021年12月30日、Youtube
  • チャンスの時間(2021年3月10日、AbemaTV
  • 街裏ぴんくの漫談生配信(2022年1月6日-2023年6月1日、Youtube
  • スピードワゴンの月曜The NIGHT(2022年2月8日、ABEMA)
  • ひ~!ひ~!ふ~!(2022年8月24日〜、AmazonPrimeVideo)
  • 街裏ぴんくの漫談ショッピング(2022年7月13日、7月22日、8月17日、8月24日、8月31日、9月30日、10月7日、10月19日、宝島チャンネルライブ[120])
  • おかのさんといっしょ(2022年11月1日〜#15〜、AmazonPrimeVideo 「V☆パラTVプラス」チャンネル)
  • ぴんく・ゆる〜く・ミュージック(2022年12月6日〜毎週、Youtube「苦肉祭チャンネル」)

ネットラジオ

[編集]

映画

[編集]
  • 『DEATH DAYS』(短編映画、2021年12月29日24:00〜、MOSS YouTubeチャンネルで公開[124]、3月12日より渋谷シネクイント他全国順次公開[125]
  • 『裏表紙』(2023年春公開 監督:川元文太(ダブルブッキング))

オリジナルビデオ

[編集]

CM

[編集]

MV

[編集]

ディスコグラフィ

[編集]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ トゥインクル・コーポレーションに所属後初の独演会。

出典

[編集]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 街裏ぴんく - トゥインクル・コーポレーション”. トゥインクル・コーポレーション. 2017年3月6日閲覧。
  2. ^ a b 「何としてでもお笑いの世界にしがみついて稼いできてください」芸歴20年目で悲願の『R-1グランプリ』優勝した街裏ぴんくの背中を押した元お笑いファン妻の言葉(2ページ目)”. 週刊女性PRIME (2024年4月23日). 2024年4月23日閲覧。
  3. ^ 街裏ぴんく「R-1グランプリ2024」優勝”. ナタリー. 2024年5月17日閲覧。
  4. ^ 漫談で学ぶ「臨場感のあることば」―街裏ぴんく×中川真仁”. 宣伝会議 (2022年10月25日). 2023年8月29日閲覧。
  5. ^ 日刊サイゾー”. 20230301閲覧。
  6. ^ a b Sundayカミデの月曜プリマ第384回”. 月曜プリマ (2020年6月28日). 2023年8月28日閲覧。
  7. ^ 街裏ぴんく「ウソ漫談師」の「ウソなし」半生と音楽”. 日刊サイゾー (2023年6月22日). 2023年8月23日閲覧。
  8. ^ R-1グランプリ2024優勝者特番 街裏ぴんくの職業・漫談家 絶対おもろいって言わせたんねん! | 関西テレビ放送 カンテレ”. R-1グランプリ2024優勝者特番 街裏ぴんくの職業・漫談家 絶対おもろいって言わせたんねん!. 2024年6月15日閲覧。
  9. ^ カズレーザーが「日本で5本の指に入る面白さ」と絶賛 ブレーク狙う37歳ピン芸人の素顔”. ENCOUNT (2022年4月22日). 2023年8月28日閲覧。
  10. ^ a b インタビュー 「街裏ぴんく」” (2021年9月4日). 2023年8月28日閲覧。
  11. ^ インタビューwithキタイ花ん” (2010年8月6日). 2023年8月28日閲覧。
  12. ^ a b EX大衆』(2022年10月15日発行、株式会社双葉社、JAN 4910117711125)、p.104より
  13. ^ “[お笑い芸人・街裏ぴんくが突き詰めた“ウソ漫談”「誰もやってないことに魅力を感じる。今後もワクワクするような芸人人生を送りたい」 https://taishu.jp/articles/-/107465?page=1]”. 週刊大衆 (2023年3月10日). 2023年8月24日閲覧。
  14. ^ a b c d FASHIONSNAP (2024年2月9日). “見たことがない記憶で人は笑う ウソを語るファンタジー漫談師 街裏ぴんくと考える「面白い」の定義”. FASHIONSNAP [ファッションスナップ]. 2024年2月9日閲覧。
  15. ^ クセになる!? ウソ漫談家「街裏ぴんく」唯一無二の存在感のワケ”. FRAIDAY DIGITAL (2021年7月11日). 2021年7月11日閲覧。
  16. ^ 街裏ぴんく「ウソ漫談師」の「ウソなし」半生と音楽”. 日刊サイゾー (2023年6月22日). 2023年8月23日閲覧。
  17. ^ 「Be-1グランプリ」優勝の街裏ぴんく、ホラ漫談を極めて足跡残す”. スポーツ報知 (2022年3月14日). 2022年8月20日閲覧。
  18. ^ JUNK 爆笑問題「第2回地下芸人まつり~優勝は街裏ぴんく!」”. TBSラジオ (2017年8月23日). 2023年8月23日閲覧。
  19. ^ 復活ステージ・イベント概要”. R-1ぐらんぷり (2019年3月10日). 2023年8月28日閲覧。
  20. ^ a b 【Radiotalkを更新しました!】 - 街裏ぴんくTwitter、2020年10月11日、同月13日閲覧
  21. ^ 街裏ぴんく、トゥインクル1GPで優勝「ほかにもいっぱいネタあります!」”. お笑いナタリー (2019年10月29日). 2022年9月23日閲覧。
  22. ^ 山下ぴんく | コンビ情報”. M-1グランプリ 公式サイト. 2021年11月8日閲覧。
  23. ^ R1資格ない芸人が争う「Be1グランプリ」街裏ぴんく優勝「芸人続けるきっかけをいただいた」”. 日刊スポーツ (2022年2月20日). 2022年2月20日閲覧。
  24. ^ 街裏ぴんく「おじさん全員の目が綺麗でした」Be-1グランプリ優勝コメント到着”. お笑いナタリー (2022年2月24日). 2022年2月24日閲覧。
  25. ^ Inc, Natasha. “街裏ぴんく、お抹茶、真輝志、サツマカワRPG、ルシファー吉岡ら「R-1」決勝へ”. お笑いナタリー. 2024年2月13日閲覧。
  26. ^ 【R―1】芸歴20年目の39歳・街裏ぴんくが優勝、絶叫「R―1に夢はあるんですよー!!!」 - スポーツ報知”. 報知新聞社 (2024年3月9日). 2024年3月10日閲覧。
  27. ^ 自粛タイムを笑って過ごす、芸人おすすめネタ動画 第3回 [バックナンバー]街裏ぴんく編”. お笑いナタリー (2020年4月27日). 2021年7月3日閲覧。
  28. ^ 「2SEE MORE #21」ゲスト:街裏ぴんく - コラム”. Rooftop. 2019年5月27日閲覧。
  29. ^ 「スベるもウケるも全部1人がいい」話題のピン芸人・街裏ぴんくが語った“漫談”への覚悟”. 女性自身 (2023年6月23日). 2023年8月23日閲覧。
  30. ^ 売れっ子たちが認める天才芸人、街裏ぴんくの「ウソみたいな本当の話」”. 週刊プレイボーイ (2023年3月14日). 2019年5月28日閲覧。
  31. ^ “日本唯一のうそ漫談家・街裏ぴんく「ウソの世界は無限」完全妄想トーク全開”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2022年11月12日). https://www.daily.co.jp/gossip/2022/11/12/0015802794.shtml 2022年11月12日閲覧。 
  32. ^ a b 平成に起こった出来事を“たまたますべて目撃していた” 街裏ぴんくが独白するTBS Podcast『虚史平成』 7月21日(金)18時配信スタート”. TBSラジオ (2023年7月17日). 2023年8月23日閲覧。
  33. ^ AマッソマネージャーXアカウント”. 2024年4月6日閲覧。
  34. ^ (日本語) 街裏ぴんく、生配信中に漫談しながらマジ泣き!!始まりから泣くまでのノーカット版「チズニナイマチ」, https://www.youtube.com/watch?v=JX0-CZqki_Q 2022年8月19日閲覧。 
  35. ^ スベりすぎて警察沙汰、金魚を持って漫談...闇が深すぎる「地下芸人」の世界(週刊現代) @gendai_biz”. 現代ビジネス. 2022年8月19日閲覧。
  36. ^ 伝家の宝刀抜かせんなラジオ#4”. GERA (2022年2月26日). 2023年8月23日閲覧。
  37. ^ ファンタジー追求する漫談家、トゥインクル所属の街裏ぴんくが第1回独演会”. お笑いナタリー編集部 (2015年12月31日). 2023年8月23日閲覧。
  38. ^ Inc, Natasha. “街裏ぴんく、第2回独演会「漫談」座・高円寺2で開催”. お笑いナタリー. 2019年5月28日閲覧。
  39. ^ 街裏ぴんく - 「お笑いから離れた人たちをもう一度振り返らせたい」鬼才・街裏ぴんくの第3回単独ライブ開催|お笑いプラットフォーム オモプラッタ”. オモプラッタ - お笑いプラットフォーム. 2019年5月28日閲覧。
  40. ^ Inc, Natasha. “街裏ぴんく、第4回漫談独演会「武蔵野公会堂」開催”. お笑いナタリー. 2019年5月28日閲覧。
  41. ^ Inc, Natasha. “街裏ぴんく、「漫談でここまでやれんのか」と衝撃与えたい(コメントあり)”. お笑いナタリー. 2019年5月28日閲覧。
  42. ^ Inc, Natasha. “街裏ぴんく、12月に漫談独演会スペシャル「小野寺美雨 告別式」開催”. お笑いナタリー. 2019年5月28日閲覧。
  43. ^ 街裏ぴんくTwitterより、2020年9月2日閲覧
  44. ^ 第五回キュウ単独公演 『ヒーローは遅れて飛んでくる』DVDがHMVオンラインで3/15発売決定”. タイタン (2021年3月4日). 2023年8月24日閲覧。
  45. ^ 街裏ぴんくの漫談ショー、東京公演にハリウッドザコシショウ出演決定! 虹の黄昏、ゾフィーも”. お笑いナタリー. 2020年10月7日閲覧。
  46. ^ 街裏ぴんくTwitterより、2020年10月18日、同日閲覧
  47. ^ 街裏ぴんく漫談ショー大阪公演にミルクボーイとDr.ハインリッヒ追加「とんでもない日にします」”. お笑いナタリー (2020年10月18日). 2020年11月1日閲覧。
  48. ^ 街裏ぴんくTwitter、より、2020年10月31日、同日閲覧
  49. ^ 所属事務所公式Twitterより、2020年11月4日、同月5日閲覧
  50. ^ 所属事務所公式Twitterより、2020年11月4日、同月5日閲覧
  51. ^ 【3月16日(火)開催】街裏ぴんくの漫談穴 vol.2『HoubeN』”. トゥインクル・コーポレーション (2021年2月19日). 2021年3月17日閲覧。
  52. ^ 街裏ぴんくTwitter - 2021年3月17日、同日閲覧
  53. ^ 街裏ぴんく、2020年の総仕上げとなる漫談独演会「とことんシンプルに“面白さ”と向き合います」”. お笑いナタリー (2020年11月18日). 2021年1月5日閲覧。
  54. ^ 街裏ぴんくの漫談ショー大阪SP開催、ゲストに関本佳史、ツートライブ、Aマッソ”. お笑いナタリー (2021年1月1日). 2021年1月27日閲覧。
  55. ^ 【振替公演】第九回 街裏ぴんく漫談独演会『官能曼壇』エロオンリー”. 株式会社トゥインクル・コーポレーション. 2021年5月31日閲覧。
  56. ^ 街裏ぴんくが11月に独演会、「これぞ」と思わせたい”. お笑いナタリー (2021年10月23日). 2021年10月23日閲覧。
  57. ^ 105分漫談を経た街裏ぴんくが目論む2022年「芸を追求しながら入り口を作る年」【街裏ぴんく インタビュー】”. ワラパー (2022年3月25日). 2023年8月29日閲覧。
  58. ^ 【街裏ぴんく】5月13日(金)19:00〜 第十二回 街裏ぴんく漫談独演会『みそ汁おめでとう』開催決定!”. トゥインクルコーポレーション (2022年3月24日). 2022年6月9日閲覧。
  59. ^ 街裏ぴんくの男性客限定ライブ「Danci Danci Revolution」永野ら集結”. お笑いナタリー (2022年9月26日). 2022年10月23日閲覧。
  60. ^ 街裏ぴんくTwitter - 2022年10月10日、同月23日閲覧
  61. ^ Inc, Natasha. “街裏ぴんく、今年最後の漫談独演会「東幻京」開催(コメントあり)”. お笑いナタリー. 2022年10月28日閲覧。
  62. ^ トゥインクル・コーポレーション公式Twitter - 2022年11月12日、同月13日閲覧
  63. ^ 街裏ぴんくTwitter - 2023年2月20日、同月22日閲覧
  64. ^ 沖縄OutputTwitter - 2023年2月19日、同月22日閲覧
  65. ^ 第十四回 街裏ぴんく漫談独演会『六人のマーチ』”. トゥインクルコーポレーション. 2023年3月18日閲覧。
  66. ^ ウソ漫談の街裏ぴんくが修行した東京・浅草で単独ライブ”. 日刊スポーツ (2023年6月24日). 2023年8月23日閲覧。
  67. ^ 漫談家・街裏ぴんくとジャズピアニスト・清水ヒサユキが共演!漫談×ジャズピアノの新ジャンルライブ「PINK × PIANO」が7/9に開催”. ワラパー (2023年7月5日). 2023年8月23日閲覧。
  68. ^ 街裏ぴんく、独演会「体験過多、お前もか」を東京&大阪で開催”. お笑いナタリー (2023年8月14日). 2023年8月23日閲覧。
  69. ^ 街裏ぴんくさん爆笑さらう  赤羽ホールで独演会”. 北國新聞. 2024年5月2日閲覧。
  70. ^ 舞台「北斗の拳―世紀末ザコ伝説―」2017年9月舞台化決定!”. www.clie.asia. 2019年5月28日閲覧。
  71. ^ “舞台「鍵泥棒のメソッド→リブート」に少路勇介・秋元真夏・鈴木杏樹ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2023年10月6日). https://natalie.mu/stage/news/543893 2023年10月7日閲覧。 
  72. ^ 中山功太×街裏ぴんく、実力派ピン芸人同士のオールナイトイベント”. お笑いナタリー (2018年5月22日). 2023年8月28日閲覧。
  73. ^ Inc, Natasha. “さまざまな演目を展開する舞台「DISTANCE」第2弾にエレキ&街裏ぴんく”. お笑いナタリー. 2020年9月3日閲覧。
  74. ^ 有頂天、KERA & Broken Flowers、街裏ぴんくの「ミューヂック・アワー」”. 音楽ナタリー (2022年4月30日). 2023年8月25日閲覧。
  75. ^ 「オグシオに負けない!」ななまがりが人生初の漫才単独ライブ開催、新ネタも”. お笑いナタリー (2022年12月24日). 2023年1月9日閲覧。
  76. ^ ななまがり森下Twitter - 2023年1月9日、同日閲覧
  77. ^ 【4/28(金) サツマカワRPG 「ぴんサツ!」】”. ケイダッシュ (2023年3月7日). 2023年5月4日閲覧。
  78. ^ スカート×街裏ぴんくツーマンライブが実現!弾き語りと漫談で異種混合マッチ”. 音楽ナタリー編集部 (2023年3月25日). 2023年8月23日閲覧。
  79. ^ “ウソ漫談家”街裏ぴんく『タイタンライブ』鮮烈デビュー アンパンマンネタ披露「ホンマなんですよ!」”. オリコンニュース (2023年8月25日). 2023年8月25日閲覧。
  80. ^ SPOOKY PUMPKIN 2023 〜PURO ALL NIGHT HALLOWEEN PARTY〜”. サンリオピューロランド. 2023年9月20日閲覧。
  81. ^ Inc, Natasha. “「R-1」BKB、横澤夏子、あばれる君、街裏ぴんく、中山功太ら準々決勝へ”. お笑いナタリー. 2019年5月28日閲覧。
  82. ^ Inc, Natasha. “岡野陽一、粗品、せいや、スーマラ田中、モグライダー芝、近藤岳登らR-1準決勝へ”. お笑いナタリー. 2019年5月27日閲覧。
  83. ^ R-1グランプリ2024”. www.r-1gp.com. 2024年2月16日閲覧。
  84. ^ 【R-1グランプリ】涙で喜び表現!街裏ぴんくが第22代王者、過去最多5457人の頂点”. 日刊スポーツ. 2024年3月9日閲覧。
  85. ^ 『冗談騎士』|BSフジ”. www.bsfuji.tv. 2019年5月28日閲覧。
  86. ^ 『冗談手帖』|BSフジ”. www.bsfuji.tv. 2019年5月28日閲覧。
  87. ^ TBS. “オールスター後夜祭”. TBSテレビ. 2018年10月7日閲覧。
  88. ^ ウエラン井口、マユリカ、ヤーレンズ、街裏ぴんくら出演「オールスター後夜祭'24春」”. お笑いナタリー. 2024年4月6日閲覧。
  89. ^ 関西テレビ放送. “8月23日(金) | 桃色つるべ | 関西テレビ放送 カンテレ”. www.ktv.jp. 2020年1月13日閲覧。
  90. ^ お笑いナタリー (2020年1月20日). “街裏ぴんくら“アングラ芸人”「有ジェネ」でネタバトル”. お笑いナタリー. 2020年1月21日閲覧。
  91. ^ R-1グランプリ2024優勝者特番”. 関西テレビ. 2024年6月20日閲覧。
  92. ^ 街裏ぴんく @Machiura Huluの連続ドラマ「雨が降ると君は優しい」第1話で、裸の男役をやらせて頂いた時のシーンなんですけど、改めて見てもどえらいですねこいつ!
  93. ^ 孤独のグルメ配信オリジナル2~五郎、芸人まみれ”. テレビ東京. 2023年8月23日閲覧。
  94. ^ 本郷奏多&大沢一菜主演の配信ドラマ「姪のメイ 冬キャンプ編」に寺島しのぶの長男・尾上眞秀らの出演が決定”. スポーツ報知 (2024年3月7日). 2024年3月26日閲覧。
  95. ^ 「藤子・F・不二雄SF短編ドラマ」シーズン2放送、キャストに浜野謙太、渡辺大知ら”. 映画ナタリー. ナターシャ (2024年3月22日). 2024年3月22日閲覧。
  96. ^ JUNK 爆笑問題「第2回地下芸人まつり~優勝は街裏ぴんく!」”. TBSラジオ (2017年8月23日). 2023年8月23日閲覧。
  97. ^ 6年ぶりに街裏ぴんくがやって来た!”. TBSラジオ (2023年8月9日). 2023年8月25日閲覧。
  98. ^ 2017年03月25日放送”. TBSラジオ. 2020年5月23日閲覧。
  99. ^ 2017年08月11日放送”. TBSラジオ. 2020年5月23日閲覧。
  100. ^ 2017年11月24日の放送”. TBSラジオ. 2018年9月29日閲覧。
  101. ^ 2017年12月22日放送”. TBSラジオ. 2020年5月23日閲覧。
  102. ^ 2018年1月12日放送”. TBSラジオ. 2020年5月23日閲覧。
  103. ^ 2018年06月22日放送”. TBSラジオ. 2020年5月23日閲覧。
  104. ^ 2018年08月31日放送”. TBSラジオ. 2020年5月23日閲覧。
  105. ^ 2018年09月21日放送”. TBSラジオ. 2020年5月23日閲覧。
  106. ^ 2018年11月23日(金)放送”. TBSラジオ. 2020年5月23日閲覧。
  107. ^ 2019年03月01日(金)放送”. TBSラジオ. 2020年5月23日閲覧。
  108. ^ 2019年10月25日(金)放送”. TBSラジオ. 2020年5月23日閲覧。
  109. ^ MBS1179RADIO (2019-03-24), ヤングタウン日曜日(3/24), https://www.youtube.com/watch?v=li31_vkwnwQ&feature=youtu.be 2019年5月28日閲覧。 
  110. ^ 漫談界の鬼才・街裏ぴんくが大阪で “ラジオ漫談ショー”を上演”. radiko news (2021年9月7日). 2023年8月23日閲覧。
  111. ^ CC☆STATION”. FM那覇. 2023年8月23日閲覧。
  112. ^ 街裏ぴんく「10年間誰にもバレずに放送していた番組の最終回」今夜TBSラジオで”. お笑いナタリー (2022年5月15日). 2022年6月9日閲覧。
  113. ^ TBS Podcast番組のパーソナリティ発掘企画「脳盗王」 初代王者は、街裏ぴんくに決定!”. TBSラジオ (2023年5月19日). 2023年8月29日閲覧。
  114. ^ 2024年の元日は「声にスポットを当てた」声の総合バラエティーをお届け!”. エフエムナックファイブ. 2023年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月21日閲覧。
  115. ^ 街裏ぴんくさんとルシファー吉岡さんの話を盗み聞き…R-1ぐらんぷり2024ファイナリストのトーク!”. AuDee. 2024年3月13日閲覧。
  116. ^ R-1チャンピオン・街裏ぴんくがABCラジオに来襲! 『とうとうバレた?街裏ぴんくの初期メンバーなんですよ!』”. radiko. 2024年5月2日閲覧。
  117. ^ 『R-1』王者・街裏ぴんく、体調不良から復活し『ANN0』決定 前回代役務めたルシファー吉岡に感謝”. オリコンニュース. 2024年5月2日閲覧。
  118. ^ 軽快なトークをお届け! ランチタイムに耳で楽しむ占い番組『ライブ de フォーチュン』”. 占いTV NEWS (2018年5月7日). 2023年8月29日閲覧。
  119. ^ 静香とカンパイ”. 占いTV (2023年9月28日). 2023年8月29日閲覧。
  120. ^ 宝島チャンネルライブ”. 宝島社 (2022年7月13日). 2023年8月29日閲覧。
  121. ^ DJトクメイ. “街裏ぴんくの「UチューダイセンSO」”. Radiotalk. 2019年5月30日閲覧。
  122. ^ 街裏ぴんくの冠GERA特番、タイトルは「ホンマにすいません」”. お笑いナタリー (2022年10月31日). 2023年8月24日閲覧。
  123. ^ 街裏ぴんくとスカート澤部渡のGERA、全13回で特別番組”. お笑いナタリー. 2024-05-…2閲覧。
  124. ^ 【街裏ぴんく 出演情報】森田剛さん主演 短編映画『DEATH DAYS』”. トゥインクル・コーポレーション (2021年12月20日). 2021年12月22日閲覧。
  125. ^ 短編映画 『DEATH DAYS』”. 2022年3月12日閲覧。
  126. ^ おかげさまで700万ダウンロード達成! 使えば使うほどお得なファミマのアプリ!ファミペイのTVCMが放映開始 ~来店回数に応じ、特別な称号とFamiPayボーナスがもらえるスタンプ企画も実施中~”. ファミリーマート公式ウェブサイト. 2021年3月28日閲覧。
  127. ^ OSCA&サイプレス上野が参加したDr.マキダシ新曲MVに牛女や街裏ぴんく”. お笑いナタリー (2022年10月21日). 2023年8月24日閲覧。
  128. ^ 街裏ぴんくが奮闘、2代目GADOROになりたくて”. 音楽ナタリー. 2024年7月12日閲覧。
  129. ^ 「最高のウソング」街裏ぴんくが女子高生と歌って踊るデュエット曲発表”. お笑いナタリー (2020年6月15日). 2020年10月8日閲覧。
  130. ^ "ウソ漫談" でお馴染みのお笑い芸人・街裏ぴんくが、エイプリルフールに歌手デビュー!”. テイチクエンタテインメント. 2023年8月24日閲覧。
  131. ^ らりるれローテーションズ”. ビクターエンタテインメント. 2023年8月24日閲覧。

出典

[編集]

外部リンク

[編集]