甲斐まり恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かい まりえ
甲斐 まり恵
プロフィール
出身地 日本の旗 日本
熊本県阿蘇郡一の宮町(現・阿蘇市
生年月日 (1980-06-13) 1980年6月13日(36歳)
血液型 A型
最終学歴 舞台芸術学院
所属事務所 MIYAZU ROOM(2016.9 - )
オスカープロモーション(2011.10 - 2016.8)
Staff-run(2009.8 - 2011.9)
セント・フォース( - 2009.7)
活動期間 2005年 - 現在
ジャンル 情報バラエティ番組
テレビドラマ映画舞台
出演番組・活動
過去 やじうまプラス

甲斐 まり恵(かい まりえ、1980年6月13日 - )は、日本女優熊本県阿蘇郡一の宮町(現・阿蘇市)出身。MIYAZU ROOM所属。身長161cm。スリーサイズB83・W61・H90。

来歴[編集]

生い立ちからデビューまで[編集]

熊本県阿蘇郡一の宮町宮地[1]に生まれる。小学3年生から7年間、阿蘇少年少女合唱団に在籍[1]一の宮町立一の宮中学校(現:阿蘇市立一の宮中学校)では吹奏楽部、玉名女子高等学校では吹奏楽部(クラリネット担当[2])に加え、声楽バレエのレッスンに通った[1]舞台芸術学院ミュージカル部本科卒業。

子供の頃から宝塚歌劇団のファンで、毎年博多の公演を見に行っていた。中学生の時に涼風真世が出演する『珈琲カルナバル』を見て衝撃を受け、宝塚を志す。しかし、入団試験は高校の部活動が忙しく、十分な試験対策が出来なかった為、最終選考で落選した[2]

活動[編集]

2005年デビュー。2006年4月から2009年春まで『やじうまプラス』(テレビ朝日)のお天気キャスターを担当した。その他レポーターなどを経験した後、2009年の「やじプラ」卒業とともに本格的に女優の活動を開始する。

所属事務所は、セントフォース、Staff-run(旧社名:J&J・スタッフ・アップグループ)、オスカープロモーションを経て、現在はMIYAZU ROOM。

人物[編集]

趣味映画音楽鑑賞(ジャズクラシックなど)、ウォーキング一人旅。特技は日本舞踊ピアノクラリネット三味線演奏、書道である[1]

学生時代は徒競走が得意で、短距離では学校で1、2位を争っており、常にリレーの選手に選ばれていた。また、小学校4年生から6年生まで自主的に水泳大会に出場していた。一方で球技が苦手だった[2]

書道は8段の実力で初等科師範の資格を取得している。

出演[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

ラジオ[編集]

コマーシャル[編集]

舞台[編集]

  • 地球ゴージャスVol.7ミュージカル『クラウディア』
  • 『恋風の街』テアトル銀座
  • 『風ながるる』
    • 東京公演(2012年9月26日 - 9月30日、SPACE107)
    • 大阪公演(2012年10月6日 - 10月8日、大阪市立芸術創造館
    • 熊本公演(2012年10月11日 - 10月13日、熊本市男女共同参画センターはあもにい)
  • 丸美屋食品ミュージカル『アニー』(2014年4月26日 - 5月11日、青山劇場) - リリー 役

PV[編集]

雑誌[編集]

動画配信[編集]

  • 革命ステーション5+25(2009年7月6日〜8月9日、LISMO Video) - 江藤陽子 役

リリース作品[編集]

写真集[編集]

カレンダー[編集]

  • 甲斐まり恵カレンダー2010

DVD[編集]

  1. Ma cherie(2010年2月20日、イーネットフロンティア
  2. Color (2010年7月23日、イーネット・フロンティア)
  3. Gemini(2011年6月24日、竹書房

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d ひと」、『広報あそ』第67巻、阿蘇市役所、2010年8月、 pp.22。
  2. ^ a b c “コラム:甲斐まり恵インタビュー”. SPICE. http://spice.ehokenstore.com/column/kai01.html 2010年8月7日閲覧。 

外部リンク[編集]

先代:
伊藤里絵
やじうまプラスお天気キャスター
2006年 - 2009年
次代:
加藤真輝子