仮面ライダーG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仮面ライダーG
放送期間 2009年1月31日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 田村直己(テレビ朝日)
原作 石ノ森章太郎
脚本 米村正二
監修 小野寺章(石森プロ、スーパーバイザー)
奥田創史(テレビ朝日、スーパーバイザー)
プロデューサー 梶淳・大江達樹(テレビ朝日)
白倉伸一郎武部直美・和佐野健一(東映)
出演者 稲垣吾郎釈由美子上地雄輔
ナレーター 永井一郎
音声 ステレオ音声

特記事項:
テレビ朝日開局50周年記念番組『50時間テレビ』第2夜の
SmaSTATION!! Presents SMAPがんばりますっ!!』内で放映
テンプレートを表示

仮面ライダーG』(かめんライダージー)は、2009年平成21年)1月31日に放映された特撮テレビドラマ作品、及び作中で主人公が変身するヒーローの名称である。

テレビ朝日開局50周年記念番組『50時間テレビ』第2夜の『SmaSTATION!! Presents SMAPがんばりますっ!!』内で放映された。

パロディではなく、石森プロと「平成仮面ライダーシリーズ」(以降、「平成シリーズ」)スタッフの全面協力によって製作された、東映・石森プロ公認のオリジナル仮面ライダーである。

概要[編集]

SmaSTATION!!Presents SMAP☆がんばりますっ!!』の企画「SMAPチャレンジ」の1つとして、SMAP稲垣吾郎は「幼少時の憧れであった仮面ライダーになってみたい」という旨を発案。これを了承した番組側に、本家の原作元である石森プロと平成シリーズの制作スタッフが全面協力して制作されたのが本作である。

尺こそ本家1話分に満たない短編であるが、村上幸平唐橋充松田賢二といったこれまでの平成シリーズの出演俳優[注 1]が起用されている。また、平成シリーズに無い「悪の組織に改造されてしまった主人公が、仮面ライダーとなって悪と戦う」展開や、「無人の採石場を戦闘の舞台にして、CGではなく火薬による大爆発を起こす」特撮といった、昭和仮面ライダーシリーズ(以降、「昭和シリーズ」)の定番要素も盛り込まれている。

本作も他の平成シリーズと同様に、これまでの作品との世界観のつながりは明らかにされていないが、物語終盤で『仮面ライダーディケイド』の主人公・ディケイドがGを応援する形でクウガからキバまでの9人と共に登場している。

作中の劇伴には『仮面ライダー555』や『仮面ライダーカブト』用の楽曲が、登場怪人には『仮面ライダーカブト』の成長態ワーム[注 2]が、G専用バイクには『仮面ライダー THE NEXT』版ハリケーンが流用されている。

生放送番組の1コーナーとしての扱いだったため、画面左上には映像を見るSMAPメンバーの顔が映っていたほか、音声にはスタジオ出演者の驚きやツッコミの声が被っていたが、大真面目な本編は稲垣ら他のメンバーと共に観ていた木村拓哉に、嫉妬の声を上げさせることとなった[注 3]

本作は「平成期に作られた作品」という意味では平成シリーズに含まれうる立場にあるが、公式ではシリーズ第9作は『キバ』、第10作は『ディケイド』、第11作は『W』とされており、「第○作」というカウントには入っていない[注 4]

2009年11月14日放送の『SmaSTATION!! SMAP☆がんばりますっ!!リクエストスペシャル』では、冒頭に稲垣へのインタビューを追加して右上の番組タイトルテロップ以外は何も被らない本編を用いた再放送が行われた。また、同年3月9日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系列)では、「BISTRO SMAP」のコーナーに水嶋ヒロ(『カブト』主演)と佐藤健(『電王』主演)がゲスト出演したことから、本作の映像が一部放送された[注 5]

2016年現在、本作の映像ソフト化はされておらず、仮面ライダーシリーズの関連書籍[注 6]でも紹介されていないことが多い。

あらすじ[編集]

西暦2009年。世界各国で勃発するテロに対し、日本政府が創設した対テロ組織のシェードは、その選りすぐられた精鋭たちにより、相応な成果を挙げていた。しかし、それは人間を洗脳・改造して兵器化するという、非人道的な行為があってのものであった。やがてその事実は明るみとなり、シェードは解体され、創始者の徳川清山も逮捕される。

その後、開局50周年を迎えたテレビ朝日の本社ビルは、社員も一般客も和気藹々とした雰囲気に包まれていた。しかし、突如その1階フロアへ武装した一団が乗り込んでくる。各所で銃を構える一団の姿に人々は番組ロケかと笑い合っていたが、彼らは駆け付けた守衛たちに対し、平然と発砲する。弾丸は実弾だったのだ。客たちが悲鳴を上げる中、武装集団は生放送中のテレビ番組のスタジオにも乱入していく。生放送のゲストとして訪れていたシェフの日向恵理を人質に取ったメンバーの1人であるNo.5が、日本政府への「服役中の徳川清山を釈放せよ」という要求メッセージを読み上げる。

その姿を見た恵理は、No.5の正体が3年前に失踪した恋人の吾郎であると知り、スタジオに持ってきたワインを一口飲むよう頼み込む。訝しげにワインを口にした吾郎は、自分がシェードに拉致され、洗脳されたうえに改造人間にされてしまったことを思い出す。すべての記憶を取り戻した吾郎は恵理を守るため、そしてシェードの残党を倒すため、仮面ライダーGに変身して戦いに臨む。

登場人物[編集]

吾郎(ごろう) / 仮面ライダーG
シェードの一員として、テレビ朝日へのテロ事件に参加した青年。元はソムリエだったが、物語開始時の3年前にシェードに拉致され、洗脳と改造を施されたことで、改造人間となってしまった。組織内では「No.5(ナンバー・ファイブ)」と呼称される。
本来は温和な性格で、悪に対しては毅然とした態度で戦いを挑む、勇敢な青年であった。物語冒頭ではシェードの一員として日本政府への犯行声明を読み上げるが、惠理の呼びかけとスタジオに置いてあった彼女の大事なワイン[注 7]を一口飲んだことがきっかけとなり、拉致以前の記憶を取り戻す。その後は惠理を守るべく、シェードとの戦いへ身を投じることとなった。
非常に優れた身体能力の持ち主。生身でも他のシェード隊員を軽々と倒し、銃器をそつなく扱いこなすうえ、高所から叩き落とされても平然と着地できる。変身前には、ワインに関する薀蓄を述べながら戦う。
ファミリーネームは明かされておらず、作中でも「吾郎」としか呼ばれていない。
日向 惠理(ひなた えり)
吾郎の恋人であるシェフ。3年前に自分の前から姿を消した吾郎のことを、今でも想い続けていた。生放送のテレビ番組に出演中、シェードのテロ事件に巻き込まれ、大道の人質にされてしまう。
織田 大道(おだ だいどう) / フィロキセラワーム
部下を率いてテレビ朝日を強襲したシェードのグループリーダー格の青年。倒れた守衛にも容赦なく銃弾を撃ち込む残忍な性格に加え、叫ぶような口調で話し、野球にちなんだ単語を言う癖がある[注 8]
徳川 清山(とくがわ せいざん)
シェードの創始者。右目に眼帯を着けている不気味な風貌。隊員への洗脳や人体改造実験を行っていたことが発覚し、現在は刑に服する身となっている。裏切り者には、処刑を意味する青いバラを送る。作中の描写から、清山自身も改造人間であることが示唆されている。
10人の仮面ライダーたち
『クウガ』から『ディケイド』までの平成仮面ライダーシリーズに登場した10人の主役仮面ライダーたち[注 9]。フィロキセラワームに苦戦するGの前へ光の壁の中から現れ、Gを激励して本作の世界の行く末を託す。

仮面ライダーG[編集]

吾郎が、両腕で空中にアルファベットの「G」を描く変身ポーズと共に、「今、僕のヴィンテージが芳醇の時を迎える……変身!」の掛け声で自分専用のワインボトルをベルトのバックルに装着し、変身した姿。「仮面ライダーG」の名は、物語終盤で激励に現れたディケイドたち10人の仮面ライダーから贈られた称号。テレビ作品では『BLACK RX』以来となる、「改造人間」の主役ライダーである。

基本色の黒と赤で構成された全身のうち、眼の周囲と胸には大きな「G」を配置。耳には「O」が配置されており、左側から見ると眼の周囲と合わせて「GO」と読める。なお、マスク部分も含めたヘルメットは、『THE FIRST』や『THE NEXT』に登場した仮面ライダーたちと同様に脱着が可能。

必殺技は、ジャンプして横回転しながらキックを撃ち込む「スワリング・ライダーキック[注 10]」。技の名前はG自身が叫んでおり、倒した敵の爆風の中に「G」の文字が浮かび上がる。

専用ツール[編集]

いずれも正式名称については劇中で語られていない。

変身ベルト
ウィング型コルクスクリューを模したバックルを持つ変身ベルト。後述のワインボトルをバックルに装着することで吾郎を仮面ライダーGへ変身させるほか、さらにバックルの左側のパーツを押し込むことでスワリング・ライダーキックの発動に必要なパワーソースを全身へ充填させる。
ワインボトル
専用のラベル「GORO」が貼られた特殊なワインボトル。中身には何かしらのパワーソースが入っているらしく、仮面ライダーGへの変身やスワリング・ライダーキックの発動に使われている。なお、製造年は「1973」[注 11]
胸部の「G」の形状をしたプロテクターから取り出す専用武器。ソムリエナイフを模した剣先とコルクスクリューを模した柄の間にあるグリップに、プロテクターと同様の「G」を配したデザインとなっている。
Gのバイク
テレビ朝日の社屋前に停めてあった、仮面ライダーG専用のバイク。大道と惠理が乗ったヘリコプターを追跡した際、激しいバイクアクションのほか、昭和シリーズで見られたような跳躍しての体当たり攻撃も行われた。
車輌自体は『THE NEXT』版ハリケーンの流用につき、詳細は風見志郎#『THE NEXT』のハリケーンを参照。

怪人[編集]

本作の怪人には、全て『仮面ライダーカブト』のワームが流用されているが、特に「ワーム」と呼称されるわけではなく原典である『カブト』とは設定が異なっている。『カブト』のワームは地球外生命体という設定だが、本作の怪人はあくまでシェードの改造人間であり、シェード隊員が人間の姿から変身する。

本作が初出である怪人フィロキセラワーム以外に、『カブト』からの流用でアキャリナワーム、サブストワーム、ブラキペルマワーム ビリディス、コキリアワームが登場。列挙した順にダニザリガニクモカタツムリの特性を持つ。本作では怪人の個別名は呼ばれていないため、便宜上『カブト』での同一体の呼称を表記。

フィロキセラワーム[編集]

織田大道の変身後の姿。作中では「フィロキセラ」とのみ呼ばれている。『仮面ライダーディケイド』に先駆けて本作が初出となる怪人であり、ワインの原材料であるブドウの害虫「ブドウネアブラムシ」(別名:フィロキセラ)がモチーフとなっている。

銃器などの通常兵器がまるで通用しない強固な表皮に覆われた身体で、両腕の刃と頭部の触手を自在に操りながら攻撃する。会話の際には、胸のドクロ模様に人間態の顔が現れる。

なお、『週刊 仮面ライダーオフィシャルパーフェクトファイル』第15号(デアゴスティーニ・ジャパン刊)では2ページにわたって図解されているが、後述する『ディケイド』の登場するものが紹介されているのみであり、本作のフィロキセラについては特に触れられていない[1]

『仮面ライダーディケイド』に登場するフィロキセラワーム
声:望月健一 / 人間態:川岡大次郎
第16話・第17話・第31話に登場。
ソウジに擬態し、弟切ソウという名でZECTに所属。仮面ライダーザビーの資格者として活躍する。

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ それぞれ順に、『555』の草加雅人(仮面ライダーカイザ)役、『555』の海堂直也(スネークオルフェノク)役、『響鬼』のザンキ(仮面ライダー斬鬼)及び『キバ』の次狼(ガルル)役。また、唐橋は『カブト』では一部キャラクターデザイナーとしても関わっていた。
  2. ^ フィロキセラワームのみ、『ディケイド』からの先行登場。
  3. ^ 木村が自身を酷使して担当した『全力坂』は時間の都合上、ゴール地点以外の映像を削除したりワイプで2つ(途中から4つ)同時に映すなどの編集が行われていたほか、制作費も違っていたため。
  4. ^ ただし、『ネット版 仮面ライダーディケイド』の第16話はGのスーツアクターを務めた渡辺淳に焦点を当てた構成であるため、本作について触れられている。
  5. ^ なお、この時に稲垣が「カブトが(平成ライダーの)7代目、電王が8代目、Gが9代目」と誤った発言をしている。本作公開は第10作『ディケイド』の初回放映直後なので、ナンバリングするとしても10代目もしくは11代目にあたる。
  6. ^ 『週刊 仮面ライダーオフィシャルパーフェクトファイル』(デアゴスティーニ・ジャパン刊)など。
  7. ^ 失踪前の吾郎が一番好んだワインでもある。
  8. ^ 演ずる上地は横浜高校野球部出身。
  9. ^ クウガ マイティフォーム、アギト グランドフォーム、龍騎、ファイズ、ブレイド、響鬼、カブト ライダーフォーム、電王 ソードフォーム、キバ キバフォーム、ディケイドの10人。
  10. ^ 「スワリング」とは、ワインのテイスティングの際に、香りを立たせるために軽くグラスを回す行為。
  11. ^ 吾郎役の稲垣吾郎が誕生した年でもある。

出典[編集]

  1. ^ 最新号・バックナンバー(第15号) - デアゴスティーニ・ジャパン
  2. ^ G→ディケイド|村井良大オフィシャルブログ 渋いお茶でも飲んでいってください Powered by アメブロ
  3. ^ a b c 仮面ライダーディケイド 第3話 超絶|東映[テレビ]
  4. ^ 「LIST OF WORKS 高岩成二」『JAE NAKED HERO』 太田出版2010年3月8日、141頁。ISBN 978-4-7783-1210-7
  5. ^ 「LIST OF WORKS 岡元次郎」『JAE NAKED HERO』 太田出版2010年3月8日、35頁。ISBN 978-4-7783-1210-7
  6. ^ 伊藤教人”. 劇団BRATS Official Web Site. 2011年5月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]