奥野壮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おくの そう
奥野 壮
生年月日 (2000-08-21) 2000年8月21日(21歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府寝屋川市[1]
身長 170 cm[2][注釈 1]
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画CM舞台
活動期間 2018年 -
事務所 オスカープロモーション
公式サイト オスカープロモーション 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
仮面ライダージオウ
超速パラヒーロー ガンディーン
恋に無駄口
映画
劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer
『灰色の壁 -大宮ノトーリアス-』
受賞
第30回『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト
「フォトジェニック」賞
「明色美顔ボーイ」
テンプレートを表示

奥野 壮(おくの そう、2000年8月21日[3] - )は、日本俳優

大阪府寝屋川市出身[1]オスカープロモーション所属[3]。同事務所の男劇団 青山表参道Xのメンバー[2]

略歴[編集]

2017年11月、第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストにて「フォトジェニック」賞、「明色美顔ボーイ」賞をダブル受賞する[4]

2018年からはオスカープロモーションに所属し、同年7月に同事務所の男劇団 青山表参道Xのメンバーになる[2]。同年9月からは特撮テレビドラマ『仮面ライダージオウ』にて主演の常磐ソウゴ / 仮面ライダージオウ役で俳優としてデビューする[5]

人物[編集]

『仮面ライダージオウ』関連[編集]

  • バレエで鍛えられた体幹が、体の動かし方や受け身のとり方などに活きているという[7]
  • 常磐ソウゴは楽観的な部分が自身と似ており、コミュニケーション能力の高さは自身と似ていないと述べている[7]
  • 番外編であるWeb配信ドラマ『仮面ライダージオウ 補完計画』では、自身とソウゴの中間ぐらいになっているという[7]
  • 東映プロデューサーの白倉伸一郎は、ソウゴの「王としての素質」を体現する若者を見つけることは難しいと考えていたが、普通の18歳とは異なる視点で世の中を見ている奥野の「非日常感」がこれに相応しく、運命的な出会いであったと述べている[8]。また、白倉と同じく東映プロデューサーの武部直美オジンオズボーン篠宮暁によるインタビューに答えたところによれば、ソウゴを演じるに際して高校は退学した模様[9]

出演[編集]

※役名の太字は主演作品。

テレビドラマ[編集]

Web配信ドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ゲーム[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • 六人の嘘つきな大学生(2022年1月17日 - 1月28日、NHK FM[43]

その他[編集]

  • 仮面ライダージオウ DXグランドジオウライドウォッチ(2019年6月、玩具) - 常磐ソウゴ 役
  • 仮面ライダージオウ DXミラーワールドウォッチセット(2019年7月、玩具) - 常磐ソウゴ 役
  • 仮面ライダージオウ DXオーマジオウドライバー(2020年1月、玩具) - 常磐ソウゴ 役
  • 仮面ライダージオウ DXメモリアルライドウォッチセット(2020年1月、玩具) - 常磐ソウゴ 役
  • 奥野壮のおもレポ(2020年3月19日 - 、アソビフル)
  • マーダーミステリーシアター『演技の代償』(2021年2月20日)

ディスコグラフィ[編集]

キャラクターソング[編集]

発売日 商品名 楽曲 備考
2019年5月1日 平成仮面ライダー20作記念ベスト 常磐ソウゴ(奥野壮 「ジオウ 時の王者」 テレビドラマ『仮面ライダージオウ』挿入歌

書籍[編集]

写真集[編集]

  • So far(2019年9月20日、主婦と生活社ISBN 978-4-391-15396-5

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ オスカープロモーションの公式プロフィールでは168cmとなっている[3]
  2. ^ 2021年3月26日からWOWOWオンデマンドでも配信。
  3. ^ a b 井上正大とダブル主演[23]
  4. ^ 2021年11月22日から12月27日まで地上波放送。
  5. ^ 声の出演。公開当時キャストは未発表であったことからクレジット表記は「????」となっている。
  6. ^ 犬飼貴丈とダブル主演。
  7. ^ 高橋文哉とダブル主演。

出典[編集]

  1. ^ a b 平成30年12月号 「仮面ライダー故郷に帰る」 仮面ライダージオウ主演 奥野壮さん(男劇団 青山表参道X)”. 寝屋川市ホームページ. 2021年5月17日閲覧。
  2. ^ a b c 男劇団 青山表参道X > 奥野壮 Profile”. オスカープロモーション. 2020年2月6日閲覧。
  3. ^ a b c オスカープロモーション > 奥野壮 Profile
  4. ^ “<速報>ジュノン・スーパーボーイ、グランプリ決定 綱啓永さんが過去最高1万7293人の頂点に”. モデルプレス (株式会社ネットネイティブ). https://mdpr.jp/news/detail/1730399 2018年8月26日閲覧。 
  5. ^ a b キャスト”. 仮面ライダージオウ. テレビ朝日. 2018年8月21日閲覧。
  6. ^ “平成最後の仮面ライダーはジュノンボーイ出身の奥野壮 バレエで鍛えた「体幹」が武器”. オリコンニュース (オリコン株式会社). (2018年8月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2117095/full/ 2018年8月26日閲覧。 
  7. ^ a b c 宇宙船162 2018, pp. 36–37, 「[インタビュー]奥野壮」
  8. ^ 宇宙船162 2018, pp. 40–41, 「[インタビュー]白倉伸一郎」.
  9. ^ “平成最後の仮面ライダーはジュノンボーイ出身の奥野壮 バレエで鍛えた「体幹」が武器”. シネマズPLUS (株式会社クラップス). (2018年12月23日). https://cinema.ne.jp/recommend/shinomiya2018122308/3/ 2018年12月23日閲覧。 
  10. ^ 「ピーナッツバターサンドウィッチ」婚活イケメンに奥野壮、佐藤流司、忍成修吾ら”. コミックナタリー (2020年3月14日). 2020年3月14日閲覧。
  11. ^ 小芝風花の主演ドラマ「書類を男にしただけで」に竜星涼、水沢エレナ、奥野壮ら”. 映画ナタリー (2020年9月25日). 2020年9月25日閲覧。
  12. ^ 里々佳、安井順平、武井壮、奥野壮ら、瀧本美織主演ドラマ『であすす』にゲスト出演”. Real Sound映画部 (2021年3月18日). 2021年3月18日閲覧。
  13. ^ “NHK:特撮ヒーロードラマ制作 主演は“ジオウ”奥野壮 ヒロインに“トクサツガガガ””. 株式会社MANTAN. (2021年3月25日). https://mantan-web.jp/article/20210325dog00m200031000c.html 2021年3月25日閲覧。 
  14. ^ 吉野北人、主演ドラマで“うどんダンス”披露 『トーキョー製麺所』OP主題歌が決定”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年8月19日). 2021年8月20日閲覧。
  15. ^ @okuno_so、2021年8月24日のツイート2021年8月24日閲覧。
  16. ^ 平手友梨奈、新人女性騎手役でNHKドラマ初主演「馬に対する想いを強く持って向き合う」”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年8月24日). 2021年8月24日閲覧。
  17. ^ 高杉真宙、浜野謙太ら『おいハンサム!!』追加キャスト発表!メインビジュアルも解禁!”. フジテレビュー!!. 株式会社フジテレビジョン (2021年12月1日). 2021年12月1日閲覧。
  18. ^ “奥野壮『科捜研の女』で救助犬の訓練士役 命を救うヒーローに殺人疑惑”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年3月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2227286/full/ 2022年3月10日閲覧。 
  19. ^ "奥野壮『恋に無駄口』ドラマ化主演 水沢林太郎&小西詠斗&藤岡真威人と不器用&イケメン青春物語". ORICON NEWS. oricon ME. 13 March 2022. 2022年3月13日閲覧
  20. ^ 奥野壮 [@okuno_so] (2022年3月13日). "4月ドラマ『恋に無駄口』仁科悠里を演じさせていただきます。〈以下略〉" (ツイート). Twitterより2022年3月13日閲覧
  21. ^ “「仮面ライダージオウ」スピンオフ、須賀貴匡×井上敏樹「RIDER TIME 龍騎」配信”. 映画ナタリー. (2019年1月23日). https://natalie.mu/eiga/news/317046 2019年1月23日閲覧。 
  22. ^ a b スピンオフ「仮面ライダージオウVSディケイド」「ディケイドVSジオウ」配信”. 映画ナタリー (2020年12月20日). 2020年12月20日閲覧。
  23. ^ 【告知】RIDER TIME 再び!TELASAとTTFCの共同企画第3弾は「仮面ライダージオウ」 と「仮面ライダーディケイド」ダブルメイン! - YouTube
  24. ^ 結木滉星、稲葉友、奥野壮、磯村勇斗、瀬戸利樹が専業主夫を演じる「主夫メゾン」配信”. 映画ナタリー (2021年2月7日). 2021年2月8日閲覧。
  25. ^ 『悪魔とラブソング』奥野壮・小野花梨・山之内すず・吉田志織が“ワケあり”高校生に”. クランクイン! (2021年3月31日). 2021年3月31日閲覧。
  26. ^ 鈴木仁主演のBLドラマ「ギヴン」に八木アリサ、奥野壮、小野寺晃良、稲葉友が出演”. 映画ナタリー (2021年6月11日). 2021年6月11日閲覧。
  27. ^ “新人俳優・上坂樹里、ショートドラマ主演に抜てき かわいくなりたい殺し屋に、ターゲット役は奥野壮”. ORICON NEWS. (2022年5月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2233786/full/ 2022年5月6日閲覧。 
  28. ^ 映画出演キャスト情報解禁!!|ニュース|仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER”. テレビ朝日 (2018年10月1日). 2018年10月14日閲覧。
  29. ^ 劇場版「ジオウ」にDA PUMP、「リュウソウジャー」に佐野史郎と北原里英が出演”. 映画ナタリー. 2019年5月22日閲覧。
  30. ^ 映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』令和元年12月21日公開決定!”. 電撃オンライン. 2019年9月29日閲覧。
  31. ^ 「スーパーヒーロー戦記」レジェンド奥野壮、高橋文哉、鈴木勝吾、水石亜飛夢が出演”. 映画ナタリー (2021年7月4日). 2021年7月4日閲覧。
  32. ^ “吉野北人主演で「私がモテてどうすんだ」映画化!神尾楓珠、伊藤あさひ、奥野壮ら共演”. 映画ナタリー. (2020年1月10日). https://natalie.mu/eiga/news/362483 2020年1月10日閲覧。 
  33. ^ “ポルノグラファー劇場版に初の女性キャラ、松本若菜や奥野壮、小林涼子、前野朋哉出演”. 映画ナタリー. (2020年10月21日). https://natalie.mu/eiga/news/401405 2020年10月21日閲覧。 
  34. ^ 奥野壮が暴走族の総長演じた「灰色の壁」来年2月に公開、妻役は紺野彩夏”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年11月24日). 2021年11月24日閲覧。
  35. ^ “奥田壮、麻薬と酒に逃げ破滅していく主人公の弟 萬田久子、道ならぬ恋に理解示す小料理屋の女将 映画「鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽」”. 東京中日スポーツ (中日新聞東京本社). (2022年3月6日). https://www.chunichi.co.jp/article/429457?rct=entertainment 2022年3月6日閲覧。 
  36. ^ “ミュージカル「るろうに剣心 京都編」主演の小池徹平が続投、比古清十郎役は加藤和樹”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年1月25日). https://natalie.mu/stage/news/462958 2022年1月25日閲覧。 
  37. ^ RIDERgameinfoのツイート(1039024182640533504)
  38. ^ “堀田茜出演!意思を曲げない彼女を演じる。でもブーツは… ABC-MART『NUOVO ストレッチブーツ』新TV-CM” (プレスリリース), 株式会社 エービーシー・マート, (2019年10月31日), https://www.dreamnews.jp/press/0000203503/ 2021年7月10日閲覧。 
  39. ^ 奥野壮 [@okuno_so_] (2022年5月19日). "SoftBank ワイヤレスイヤホン『Heart Buds』のショートムービー〈以下略〉" (ツイート). Twitterより2022年5月19日閲覧
  40. ^ 「仮面ライダージオウ」最終回後描くVシネ「ゲイツ、マジェスティ」戸谷公人も参加”. 映画ナタリー (2019年8月25日). 2019年8月25日閲覧。
  41. ^ ボイス紹介”. 仮面ライダー ブットバソウル公式サイト. バンダイナムコエンターテインメント. 2018年9月5日閲覧。
  42. ^ RIDERgameinfoのツイート(1223078985715683329)
  43. ^ 六人の嘘つきな大学生(全10回)”. NHKオーディオドラマ公式サイト. 日本放送協会 (2022年1月8日). 2022年1月8日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]