キカイダー REBOOT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
人造人間キカイダー > キカイダー REBOOT
キカイダー REBOOT
監督 下山天
脚本 下山健人
原作 石ノ森章太郎
出演者 入江甚儀
佐津川愛美
高橋メアリージュン
長嶋一茂
鶴見辰吾
石橋蓮司
本田博太郎
原田龍二
伴大介
音楽 吉川清之
主題歌 ザ・コレクターズゴーゴー・キカイダー REBOOT2014
撮影 小林元
編集 下山天難波智佳子
製作会社 「キカイダー」製作委員会
配給 東映
公開 日本の旗2014年5月24日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キカイダー REBOOT』(キカイダー リブート)は、 2014年5月24日東映系で公開された日本特撮映画。キャッチコピーは「善か?悪か? この「機械(ココロ)」が壊れても、君を守る―」。

概要[編集]

2013年4月に公開された『仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z』の最後に旧キカイダーのシルエットでキカイダーの予告が公開される。

2014年1月30日に行われた、東映ラインナップ発表会で正式に制作発表[1]。1972年から1973年に放映された特撮テレビドラマ『人造人間キカイダー』を原典とし、原作者・石ノ森章太郎が残した普遍的ストーリーに21世紀における現代的テーマ性と最新のデジタル特撮(VFX)技術を与えてリメイク(この作品ではリブートと呼ぶ)し、新たなるヒーロー映画を創造すると標榜している。

東映は仮面ライダーをはじめとして過去の人気特撮作品を数多くリブートしているが、『キカイダー』自体を実写で製作するのはテレビシリーズ以来約41年ぶり[注 1]となる(1995年に作られたスピンオフ作品・『人造人間ハカイダー』はハカイダーを除いて別設定・別キャラクターで作られており、キカイダーは出ない)。今回の映画化はKADOKAWA井上伸一郎の強い後押しにより実現したものであるが、脚本脱稿に約2年を要するなど、時間をかけた制作体制となっている[2]

主演のジロー役には、本作が初主演作となる若手俳優の入江甚儀を起用。その他の配役には、東映ほか特撮作品に出演経験のある俳優が数多く起用されている。さらにテレビシリーズ版『キカイダー』でジローを演じた伴大介が物語のキーマンとなる心理学者・前野究治郎役で出演した。続編を匂わせるエンディングになっている。

2014年度HIHOはくさいアワード5位に選出された[3]

2014年10月10日、ハワイ最大のシネコンチェーンConsolidated TheatresのWard Stadium with TITAN XC(17スクリーンのハワイ最大のシネコン)にて封切られ、週末興収で1位を獲得。当初1週間のみの上映の予定のところが、10月17日から高級住宅地・カハラ地区のKahara Theatreでの上映続行が決定されるなど、本作は現地では大好評であった[4][5]

ストーリー[編集]

西暦2014年、ロボット工学が発達した未来の日本。ヒトには過酷な諸問題をロボットに行わせる事を主眼とした国家事業「ARKプロジェクト」が進行していた。

プロジェクトが最終局面をむかえようとしていた折、リーダーの一人である光明寺博士が事故で命を落とす。事故に重大な疑義を感じていた娘・ミツコだったが、やがて彼女と博士の幼い息子・マサルがナゾの存在によって襲撃。追われる身となった二人が窮地に陥った時、青年・ジローが追撃者の前に立ちはだかった。追撃者が強大な力を見せピンチになったジローは秘められた力を解き放つ。彼こそ光明寺博士が娘と息子を守るために二人の元に送った人造人間(アンドロイド)・キカイダーだったのだ。

ミツコとマサルを守る旅の中で、ジローはマサルの身体に博士の遺した研究成果が眠っている事を知り、キカイダーとなって追手を退けていく。そんなジローにミツコは彼が人間ではないと知りつつも好意を抱いていく。一方ジローはキカイダーのボディに埋め込まれた不安定な良心回路が導く“善と悪”と、積み重ねられていく自身の経験がもたらす感情じみた仮想推論との二律背反に悩み苦しむ。「ほんとうの正義とは、悪とは何か?」だが、そんなジローの心をよそに追撃者は益々強さを増し、遂に最強の存在・ハカイダーが迫り来る。

果たして、キカイダーはミツコとマサルを守り抜けるのか。そして追撃者を差し向けている真の敵とは、一体誰なのだろうか。

登場キャラクター[編集]

アンドロイド/サイボーグ[編集]

ジロー / キカイダー
主人公。光明寺博士が造った人造人間。ジローは人間態の名称だが、本作ではこちらの名称で呼ばれることが多い。
外見は普通の青年そのものだが作られてから日が浅く、「心」が未熟。
好きな音楽はYMO。好きなお笑い芸人はザ・ドリフターズ[6]。 決め台詞は「ここからは、機械的に行こうか」。
スペックや内部構造などの詳細はキカイダーを参照。
ハカイダー
キカイダーを倒すためだけに作られた改造人間。基本設計はキカイダーと同様だが、ギルバート神崎の脳髄が移植されている。「良心回路」の対極的コアユニット「戦闘回路」を搭載し、思考と行動の全てをキカイダー破壊のためだけに使うようにプログラムされている[7]
スペックや内部構造などの詳細はハカイダーを参照。
マリ
ミツコ・マサルを追う女性型アンドロイド(ガイノイド)。ハカイダー同様に良心回路は未搭載。ひたすら命令を実行するためのマシーンとしてジローと戦う。

キカイダー関係者[編集]

光明寺信彦(こうみょうじ のぶひこ)
「ARKプロジェクト」の主任研究者だった壮年男性。恩師である前野の発案からロボットに人と同じ「心」を持たせることで平和のために尽くしてくれる存在になれると信じ、「良心回路」を開発した。物語の序盤で事故死したとされているが、終盤で脳髄が保存されているシーンがある。
長年研究に没頭し家族とは疎遠になっていたため、ミツコやマサルは彼への良い思い出が殆どない。
光明寺ミツコ(こうみょうじ みつこ)
光明寺博士の娘(女子大生)。弟であるマサルを連れて逃避行をする。仕事の虫だった父親に愛情を感じていなかったため、当初は博士が造ったジローをも嫌気し突き放した態度で接していた。次第に彼の繊細な「心」を知り、寄り添ってやりたいと思うようになる。
光明寺マサル(こうみょうじ まさる)
光明寺博士の息子。まだ幼いため、激変する状況に翻弄されてしまうことが多い。
服部半平(はっとり はんぺい)
自称・ネットジャーナリストの男性。兼・ルポライター兼・ケータイ小説家(要するに何でも屋)。光明寺博士の事故死を取材するうちに博士の遺児たちに出会い、事件の全貌を知ろうと奔走する。
本田宗五郎(ほんだ そうごろう)
半平の知り合いである初老の男。アキバの雑居ビルでジャンク紛いのメカを売る店を構えている。半平が取材の一環で持ち込んだメカの破片を調べたり、ジローのメンテナンスをしたりする。
前野究治郎(まえの きゅうじろう)
ジローが逃避行の途中で出会った心理学者。実は光明寺博士の恩師であり、「良心回路」をロボットに取り付ける事を進言した人物。「心」乱れるジローにアドバイスを与える。
名前は「前の旧ジロー」のもじり[8]

ARKプロジェクト関係者[編集]

ギルバート 神崎(ぎるばーと かんざき)
「ARKプロジェクト」現チーフ科学者。光明寺博士の生前は補佐役だったが、ロボットに「心」が必要と説く博士の思想と相容れず衝突していた。プロジェクトのトップである椿谷に軽く扱われていると感じ、自分を認めさせるため「行動」を開始する。
原作のプロフェッサー・ギルと同じ役割を担っている。
椿谷(つばきたに)
日本国国防相(国防大臣)にして「ARKプロジェクト」事実上のトップ。現在のチーフである神崎の作るモノよりも、亡き光明寺博士のアンドロイドが優れていると評価しているため、博士の息子・マサルの中に眠る「光明寺ファイル」を欲する。
田部慎之介(たべ しんのすけ)
日本国総理大臣。国策として「ARKプロジェクト」を立ち上げたが計画の遂行は椿谷に一任している。椿谷が影で暴走じみた活動をしていることに懸念を抱いている。

用語[編集]

ARKプロジェクト(アークプロジェクト)
この世界において日本国が得意とするロボット開発を更に促進するため、田部総理が立ち上げた国家事業。本来の最終目標は優れたロボットを大量に作り、揺るぎない基幹産業にすることであった。
プロジェクトリーダーであった光明寺博士の事故死により、補佐役だった神崎がリーダーにスライド就任してからはトップである椿谷が納得する成果をあげられず、状況は滞っている。
良心回路
キカイダー/ジローに搭載された、人間における「感情」と「心」を再現するためのコアユニット。未完成の状況で光明寺博士が死亡したため、現在はリアルタイムで取得した外界のデータを分析・判断し、その事象が単純な「善」か「悪」かを導き出すことが出来る程度。複雑な状況に際しては善悪の判断を下せないことも多く、ジローは「悩む」ことになる。
キカイダーの二つのボディカラー「青」は善の心、「赤」は悪の心が「ナノ結晶ディスプレイ」に投影されたものであり、仮に完全なる「良心」を手に入れる事が出来れば、全身は青に統一されると言われている。ただし、逆に良心回路をオフにしたときは「赤」と「青」のままである。
光明寺ファイル
光明寺博士が携わったARKプロジェクトの研究データ。キカイダーのアーキテクチャーなど、このデータが無いと再現不可能なロボットがあると椿谷は考えている。

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

※ キカイダーの繊細な演技が求められる一部シーンでは、ジロー役の入江がスーツを着て演技している[10]

スタッフ[編集]

  • 原作:石ノ森章太郎
  • エグセクティブプロデューサー:井上伸一郎白倉伸一郎
  • 製作:安田猛、有川俊、平城隆司、和田修治、小野口征、木下直哉、前山寛邦
  • スーパーバイザー:小野寺章(石森プロ)
  • プロデュース:嵐智史、小川泰明、佐々木基
  • 脚本:下山健人
  • 音楽:吉川清之
  • 音楽制作:東映音楽出版、日本コロムビア
  • キャラクターリファインデザイン:村枝賢一
  • アクション監督:田渕景也
  • VFXスーパーバイザー:美濃一彦(ツークン研究所)
  • 撮影:小林元
  • 照明:堀直之
  • 美術:岡村匡一
  • 装飾:肥沼和男
  • 録音:豊田真一
  • 整音:小林喬
  • 音響効果:中村佳央
  • 編集:下山天、難波智佳子
  • 助監督:高橋浩、倉橋龍介、越知靖、安河内瑠美
  • スクリプター:深沢美穂
  • 制作担当:曽根晋
  • ラインプロデューサー:林周治
  • キャスティングプロデューサー:福岡康裕
  • アクションコーディネーター:江澤大樹
  • ワイヤースタントコーディネーター:雲雀大樹
  • 制作管理:角田朝雄
  • ダークロボットデザイン:田嶋秀樹(石森プロ)
  • 配給統括:村松秀信
  • 予告編:下山天
  • 技術監修:古田貴之
  • 制作プロダクション:東映東京撮影所
  • 製作統括:木次谷良助
  • 配給:東映
  • 製作:「キカイダー」製作委員会(KADOKAWA、東映、テレビ朝日アサツー ディ・ケイバンダイ木下グループ、日本コロムビア)
  • 監督:下山天

主題歌[編集]

ゴーゴー・キカイダー REBOOT2014」
作詞 - 石森章太郎 / 作曲・編曲 - 渡辺宙明 / 歌・編曲 - ザ・コレクターズ[12]

Blu-ray / DVD[編集]

2014年12月12日発売。発売・販売元はKADOKAWA 角川書店

  • キカイダー REBOOT 通常版(DVD1枚組)
  • キカイダー REBOOT スペシャル・エディション(2枚組)
    • ディスク1:本編ディスク
      • 音声特典
        • スタッフコメンタリー
    • ディスク2:特典ディスク(Blu-ray版はBlu-ray、DVD版はDVDで収録)
      • ザ・メイキング・オブ キカイダー REBOOT
      • 未公開シーン集
      • 舞台挨拶集
      • レコーディング風景
      • 全面協力! 千葉工業大学未来ロボット技術研究センター(fuRo)
      • W伸一郎対談
      • 特報・劇場予告編・TVスポット集
    • 初回限定特典
      • フルカラー解説書(36P)
      • フルカラー豪華資料集(52P)
      • ポストカード(2枚)
      • 新ビジュアル特製アウターケース

関連作品[編集]

仮面ライダー鎧武/ガイム
初上映時にテレビ朝日系で放送していた仮面ライダーシリーズ作品。同じ石ノ森作品つながりという事から、第30話(2014年5月18日放送)にジロー/キカイダーがゲスト出演。
このエピソードは本映画の数日前の出来事として描かれ、ハカイダーも登場する[13]
ジオラマ小説『S.I.C. HERO SAGA KIKAIDER REBIRTH 電気羊の夢を見るか?』
先の作品同様、『鎧武』との共演作品。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ キカイダー自体は2011年公開の東映映画『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』にテレビシリーズ版が登場している。また、実写以外では2000年には石ノ森の漫画版をテレビアニメ化した『人造人間キカイダー THE ANIMATION』など、別作家による漫画・小説が作られている。

出典[編集]

  1. ^ 日本とトルコの合作!エルトゥールル号遭難事件が映画化-東映ラインナップ発表 シネマトゥデイ 2014年1月30日
  2. ^ 『人造人間キカイダー』実写リメイクで5月公開「キカイダーは東映の源流」マイナビニュース>ホビー>特撮 2014年1月30日
  3. ^ 「シネマトゥデイ 2014年一番ガッカリしたトホホ映画はコレ!映画秘宝はくさいアワード決定!」 (シネマトゥデイ 2015年1月21日)
  4. ^ 「『キカイダー REBOOT』ハワイでの驚異的な観客動員で異例の上映延長!ファンから熱い続編希望の声!!」(PRTIMES 株式会社KADOKAWAのプレスリリース 2014年10月15日)
  5. ^ 「『キカイダーREBOOT』なぜハワイで人気? 驚異的動員数で上映延長と続編の声」(マイナビニュース 2014年10月16日)
  6. ^ ちなみに1972年当時の『人造人間キカイダー』は、ドリフターズ主演の『8時だョ!全員集合』の裏番組であった。
  7. ^ 公式サイト>キャラクター>各パーツ解説文、2014年5月11日閲覧。
  8. ^ 前野を演じた伴は、TV版キカイダーでキカイダー/ジローを演じている。
  9. ^ 公式サイト>特別対談>「REBOOTの確かな手応え」白倉伸一郎の発言より、2014年5月16日閲覧。
  10. ^ 公式サイト>PRODUCTION NOTE>「イリエダー」誕生、2014年5月16日閲覧。
  11. ^ パンフレットより
  12. ^ 2014年5月公開映画「キカイダー REBOOT」のヒーローソングをリメイク決定!日本コロムビア、2014年5月11日閲覧。
  13. ^ 公式サイト>ニュース>「キカイダー」40年ぶりのテレビ出演、2014年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]