渡辺淳 (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
わたなべ じゅん
渡辺 淳
本名 同じ
別名義 渡邊淳
生年月日 (1982-06-21) 1982年6月21日(37歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県宝塚市
身長 176 cm
血液型 A型
ジャンル アクション俳優
アクション監督
活動期間 2000年代 -
配偶者 あり
主な作品
仮面ライダー響鬼(仮面ライダー轟鬼)
獣拳戦隊ゲキレンジャー(ゲキチョッパー)
仮面ライダーゼロワン(アクション監督)
ほか
テンプレートを表示

渡辺 淳(わたなべ じゅん、1982年6月21日[1] - )は、日本スーツアクター俳優アクション監督

兵庫県出身[1]。所属事務所ジャパンアクションエンタープライズ

人物[編集]

ジャパンアクションエンタープライズ32期生[1]。中学生時代にブルース・リージャッキー・チェンの映画を見てアクションの道を志し、高校時代に俳優をやっていた友人を通じてJAEの存在を知り、入門した[1]。同期には永徳がいる[1]

主に仮面ライダーシリーズスーパー戦隊シリーズスーツアクターとして活躍している[1]。2002年に『仮面ライダー龍騎』へ補助として参加し、2003年の『仮面ライダー555』で怪人役のスーツアクターを担当した[1]。2004年以前は敵キャラを演じていたが、2005年の『仮面ライダー響鬼』の仮面ライダー轟鬼役で初めてヒーロー役を演じ、敵幹部役も多く担当[1]。2012年の『仮面ライダーウィザード』で仮面ライダービーストを演じて以降は2号ライダーを演じる事が多くなった。スーパー戦隊シリーズには2007年から参加するようになった[1]

3児(男児2人・女児1人)の父親である。[要出典]次男は『仮面ライダー電王』(出演当時2ヶ月)や『仮面ライダービルド』に出演した。

「スーツの映える馬脚」と評されるマッシブな太腿が特徴である。[要出典]

2010年代に入るとスーツアクターとしての活動の傍らアクション演出にも関わるようになり、2019年の『仮面ライダーゼロワン』では、初めて特撮テレビドラマのアクション監督を務める[2][3]

出演[編集]

テレビドラマ(出演)[編集]

特撮テレビドラマ(出演)[編集]

テレビスペシャル(出演)[編集]

バラエティ(出演)[編集]

映画(出演)[編集]

Vシネマ(出演)[編集]

ネットムービー(出演)[編集]

舞台(出演)[編集]

  • KOKAMI@network vol.9『僕たちの好きだった革命』(2007年2月28日 - 3月11日、シアターアプル 他)

CM(出演)[編集]

  • P&G「ボールド」選手役

PV(出演)[編集]

ゲーム(出演)[編集]

イベント(出演)[編集]

  • JAE SEED「Christmas Party」(2010年)
  • メガホビEXPO「等身大ポスター発売記念:トークLIVE」(2010年)ゲスト
  • 第三回聖地!大泉まつり「トークショー」(2010年)MC・ゲスト
  • JAE NAKED LIVE「がんばろう 日本!」(2011年)
  • JAE "春"プレミアムイベント ~Jump Up!~(2016年)

スタッフ[編集]

テレビドラマ(スタッフ)[編集]

特撮テレビドラマ(スタッフ)[編集]

  • 仮面ライダードライブ(2014年 - 2015年) - アクション監督補[要出典]
  • 仮面ライダービルド(2017年 - 2018年) - アクション監督補
  • 仮面ライダーゼロワン(2019年 - ) - アクション監督[2][3]

映画(スタッフ)[編集]

  • 仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX(2011年) - アクションコーディネーター補[注釈 5]
  • 仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!(2012年) - アクションコーディネーター補[注釈 5]
  • 仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム(2012年) - アクションコーディネーター補
  • 平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER(2018年) - アクション監督補
  • 劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(2019年) - アクション監督[注釈 6][21]

オリジナルビデオ(スタッフ)[編集]

  • 仮面ライダーW RETURNS(2011年) - アクションコーディネーター補
    • 仮面ライダーアクセル
    • 仮面ライダーエターナル
  • てれびくん超バトルDVD 仮面ライダープライムローグ(2018年) - アクション監督
  • ROGUE(2018年) - アクション監督[注釈 7]
  • ビルド NEW WORLD(2019年) - アクション監督
    • 仮面ライダークローズ[4]
    • 仮面ライダーグリス[26]

Web配信ドラマ(スタッフ)[編集]

舞台(スタッフ)[編集]

  • LIVE ACT BLAZBLUE(2014年3月6日 - 9日、銀河劇場)殺陣

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c 「渡邊淳」名義での出演。
  2. ^ カブト共闘時。
  3. ^ 第18話までは「渡邊淳」名義での出演。
  4. ^ 『ゴースト』テレビシリーズでは渡辺がスペクター、永徳がネクロムを演じていたが、本作品のブレイブとスペクターの共闘シーンでは渡辺が前者、永徳が後者を、スナイプとネクロムの共闘シーンでは永徳が前者、渡辺が後者を演じている[18]
  5. ^ a b 永徳と共同で担当。
  6. ^ 宮崎剛と共同で担当。
  7. ^ 第二章のみ。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 仮面俳優列伝 2014, pp. 123-131, 「第3章 平成世代が立つ仮面闘争の最前線 11 渡辺淳(東映ヒーローMAX vol.36掲載)」
  2. ^ a b スタッフ|仮面ライダーゼロワン|テレビ朝日”. www.tv-asahi.co.jp. 2019年7月17日閲覧。
  3. ^ a b GeminiJun621のツイート(1151421291661946881)
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 公式プロフィールより。
  5. ^ 宇宙船vol.142、宇宙船[要ページ番号]
  6. ^ a b 杉田篤彦「ディテール・オブ・ヒーローズ 特別編 第24回」『宇宙船』vol.143、ホビージャパン、2013年12月28日、 12 - 29頁、 ISBN 978-4-7986-0727-6
  7. ^ a b 鎧武公式完全読本 2014, pp. 86-87, 「GAIM SUIT-ACTOR'S TALK 02 永徳×渡辺淳×佐藤太輔」
  8. ^ 宇宙船147 2014, p. 26.
  9. ^ 宇宙船 vol.150 2015, p. 64, 「仮面ライダーゴースト」
  10. ^ HobbyJAPAN569 2016, p. 260, 「宇宙船H.S.S.」
  11. ^ a b 宇宙船155 2016, pp. 34-35, 「仮面ライダーエグゼイド」
  12. ^ HobbyJAPAN581 2017, p. 245, 「宇宙船H.S.S.」
  13. ^ HobbyJAPAN586 2018, p. 246, 「宇宙船H.S.S.」
  14. ^ 「Zyuohger Suits-Actor Cross Talk 01 浅井宏輔×中田裕士」『動物戦隊ジュウオウジャー公式完全読本 野生解放』ホビージャパン、2017年6月24日、32-35頁。ISBN 978-4-7986-1472-4
  15. ^ 東映HM60 2019, pp. 1111, 「東映ヒーロー仮面俳優列伝 PREMIUM 高岩成二」
  16. ^ a b パンフレット 2015, 「INTERVIEW 竹内涼真×稲葉友」
  17. ^ 映画パンフレットより『長澤奈央インタビュー』より。
  18. ^ a b c d ゴースト読本 2016, pp. 73-77, 取材・構成 鳥本真也「KAMEN RIDER GHOST ACTION WORLD 『仮面ライダーゴースト』のアクション世界 宮崎剛×高岩成二×渡辺淳×永徳」
  19. ^ パンフレット 2018, 「仮面ライダービルド インタビュー 勝利の法則、笑顔の未来 赤楚衛二×武田航平×水上剣星」.
  20. ^ jumpeishiokawaのツイート(1076789132628643840)
  21. ^ a b c アクション・スタントならJAE 株式会社ジャパンアクションエンタープライズ”. 2019年7月15日閲覧。
  22. ^ HobbyJAPAN575 2017, p. 229, 「宇宙船H.S.S.」
  23. ^ 宇宙船153 2016, pp. 46-47, 「ドライブサーガ 仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート」
  24. ^ 「MAIN STAFF INTERVIEW_05 荒川史絵」『烈車戦隊トッキュウジャー公式完全読本』ホビージャパン、2015年6月20日、pp.77。ISBN 978-4-7986-1031-3
  25. ^ 宇宙船150 2015, p. 97, 「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」竹本昇監督インタビュー
  26. ^ GeminiJun621のツイート(1146397812931747840)
  27. ^ GeminiJun621のツイート(1112309259776086016)
  28. ^ GeminiJun621のツイート(1122677349567172608)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]