永徳 (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
えいとく
永徳
本名 大岩 永徳
(おおいわ ひさのり)
別名義 大岩 永徳
生年月日 (1978-01-16) 1978年1月16日(40歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県八千代市
身長 178cm
血液型 O型
ジャンル アクション俳優
活動期間 2002年 -
活動内容 俳優スーツアクタースタントマン
配偶者 あり
主な作品
仮面ライダーディケイド[1]
仮面ライダーW[1]

永徳(えいとく、1978年1月16日 - )は日本俳優千葉県八千代市出身。ジャパンアクションエンタープライズ所属[1]

本名および旧芸名は大岩 永徳おおいわ ひさのり[2][3][4]

略歴・人物[編集]

ジャパンアクションエンタープライズ32期生[3][5]

2002年、後楽園ゆうえんち(現・東京ドームシティアトラクションズ)スカイシアター『忍風戦隊ハリケンジャーショー』の怪人テッコツメーバ役で俳優デビュー[3][5][6]。翌年の『爆竜戦隊アバレンジャーショー』で腰を痛めて降板するまで約1年間出演した[6]。これと並行してテレビシリーズで先輩アクターのサポートも務め、戦闘員なども担当した[6]

2004年、『仮面ライダー剣』のピーコックアンデッド役および『特捜戦隊デカレンジャー』のデカブレイク役で本格的にスーツアクターとしての活動を始め[3][5][6]、その後は主に特撮番組のスーツアクターとして活躍している。仮面ライダーシリーズでは、2番手以降の仮面ライダーを演じることが多い[3][7]

2012年8月23日、舞台『TIGER & BUNNY THE LIVE』のリハーサル中のトラブルで足を負傷。当初はスーツを着用するアクションシーンだけに代役を立てて素顔では足を隠して座ったまま演じていたが[8]、精密検査の結果ドクターストップが出たため、29日からは完全に降板[9]。以降はリハビリを行い、翌年3月下旬に復帰した。

エピソード[編集]

JAEのメンバーの中ではスタートが遅く、2年以内にヒーロー役を演じられなければJAEを辞めようと考えていた[6]。デカブレイク役を打診された際は、技術不足を理由に一度断ったが、JAEから再び依頼され自身がヒーロー役に向いているかどうか見極めるためこれを引き受けた[6]。デカブレイクは後輩キャラであったため、一番経験の浅い自身と背負っているものが近かったと述べている[6]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

特撮[編集]

映画[編集]

CM[編集]

バラエティ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ネットムービー[編集]

舞台[編集]

  • JAEプロデュース公演 KAMIKAZE(2001年、東京グローブ座)[10]
  • 忍風戦隊ハリケンジャーショー(2002年 - 2003年、後楽園ゆうえんちスカイシアター)テッコツメーバ[10]、兵隊[10]
  • 爆竜戦隊アバレンジャーショー(2003年、東京ドームシティスカイシアター)アバレブラック[10]
  • JAE Presents「白鎧亜 -HAKUGAIA-」(2010年、品川プリンスステラボール)ゲスト[49](日替わり出演「天と地」及び、トーク)
  • TIGER & BUNNY THE LIVE(2012年、Zepp Diver City(TOKYO))キース・グッドマン役
  • 劇団ヘロヘロQカムパニー 第28回公演「リザードマン ~Bitter Pain Dolls~」(2013年、全労済ホール / スペース・ゼロ)

PV[編集]

ゲーム[編集]

イベント[編集]

  • MASKED RIDER LIVE&SHOW 〜十年祭〜(2009年、国際フォーラム)ゲスト[10]
  • JAEスペシャルイベント 俺たち参上!!(2009年、東京ドームシティシアターGロッソ)メインキャスト[10]
  • JAEスペシャルイベント 俺たち参上!! VS ?!!(2010年、渋谷C.C.Lemonホール)[55]メインキャスト[49]
  • メガホビEXPO「等身大ポスター発売記念:トークLIVE」(2010年、秋葉原UDX)メインゲスト[49]
  • 第三回聖地!大泉まつり「トークショー」(2010年、東映撮影所)メインゲスト[49]
  • JAE NAKED LIVE「がんばろう 日本!」(2011年)[56]
  • JAE SEED HORROR SHOW in Puroland(2011年)[57]
  • JAE "春"プレミアムイベント ~Jump Up!~(2016年)

雑誌[編集]

アニメーション[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『ゴースト』テレビシリーズでは渡辺がスペクター、永徳がネクロムを演じていたが、本作品のブレイブとスペクターの共闘シーンでは渡辺が前者、永徳が後者を、スナイプとネクロムの共闘シーンでは永徳が前者、渡辺が後者を演じている[23]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f タレント紹介|東京|株式会社ジャパンアクションエンタープライズ”. 2011年4月28日閲覧。
  2. ^ a b c アプティくんの部屋|CMギャラリー>新ポイントサービス 暮らスマイル「怪獣篇」こぼれ話”. オリコ. 2011年3月28日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ a b c d e 仮面俳優列伝 2014, pp. 113-122, 「第3章 平成世代が立つ仮面闘争の最前線 10 永徳」
  4. ^ スーパー戦隊21st 2017, p. 13.
  5. ^ a b c 「永徳」『JAE NAKED HERO』 太田出版2010年3月8日、76-92頁。ISBN 978-4-7783-1210-7
  6. ^ a b c d e f g h i j スーパー戦隊21st 2017, p. 32, 「スーパー戦隊制作の裏舞台 永徳」
  7. ^ a b c 鎧武公式完全読本 2014, pp. 86-87, 「GAIM SUIT-ACTOR'S TALK 02 永徳×渡辺淳×佐藤太輔」
  8. ^ T&B THE LIVE 公式ツイッター(2012年8月23日 - 3:55)
  9. ^ T&B THE LIVE 公式ツイッター(2012年8月28日 - 6:00)
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq 「LIST OF WORKS 永徳」『JAE NAKED HERO』 太田出版2010年3月8日、93頁。ISBN 978-4-7783-1210-7
  11. ^ 仮面ライダーカブト(東映公式)”. 2011年2月6日閲覧。
  12. ^ 仮面ライダー電王(東映公式)”. 2011年2月6日閲覧。
  13. ^ a b c 『仮面ライダーキバ特写写真集【キバの刻印】』、株式会社ホビージャパン、2009年。
  14. ^ a b c 仮面ライダーオーズ/OOO 第5話 「追いかけっこと巣とセレブ 」|東映[テレビ]”. 2011年3月26日閲覧。
  15. ^ 『仮面ライダーオーズ/OOOキャラクターブック Count the medals!』。
  16. ^ 「宇宙船」Vol.135、ホビージャパン。
  17. ^ 『DETAIL OF HEROES 仮面ライダーウィザード特写写真集 STYLE』より。
  18. ^ テレビ・仮面ライダー鎧武公式サイト・「新番組『仮面ライダー鎧武』は、いよいよ10月6日スタート!」”. 東映. 2013年9月23日閲覧。「出演情報」記事内より。
  19. ^ 鎧武公式完全読本 2014, p. 55, 「ARMORED RIDER COLLECTION_11 仮面ライダーナックル/ザック Interview with 松田岳」.
  20. ^ 仮面ライダー鎧武/ガイム 第32話『最強の力!極アームズ!』”. 東映 (2014年6月1日). 2014年10月9日閲覧。
  21. ^ 『仮面ライダードライブ』キャラクターブック VOL.2 TOMODACHI p.058
  22. ^ 宇宙船151 2015, p. 33, 「仮面ライダーゴースト」
  23. ^ a b c d e f ゴースト読本 2016, pp. 73-77, 取材・構成 鳥本真也「KAMEN RIDER GHOST ACTION WORLD 『仮面ライダーゴースト』のアクション世界 宮崎剛×高岩成二×渡辺淳×永徳」
  24. ^ HobbyJAPAN569 2016, p. 260, 「宇宙船H.S.S.」
  25. ^ 宇宙船155 2016, pp. 34-35, 「仮面ライダーエグゼイド」
  26. ^ HobbyJAPAN583 2018, p. 252, 「宇宙船H.S.S.」
  27. ^ 宇宙船159 2017, pp. 30-31, 「仮面ライダービルド」
  28. ^ スーパー戦隊21st 2017, pp. 13、32.
  29. ^ 海賊戦隊ゴーカイジャー 第1話 宇宙海賊現る|東映[テレビ]”. 2011年2月6日閲覧。
  30. ^ 『EPISODE YELLOW』映画パンフより。
  31. ^ 『EPISODE RED』映画パンフより。
  32. ^ a b 『仮面ライダーW公式読本 W』 グライドメディア、2010年ISBN 978-4-8130-8079-4
  33. ^ a b c 田﨑竜太(監督). 仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE コレクターズパック (Blu-ray Disc). BSTD03354 
  34. ^ 同映画パンフレットより。2011年4月1日検証。
  35. ^ 映画パンフレットより。2011年8月6日検証。
  36. ^ 『東映ヒーローMAX』vol.39、辰巳出版。
  37. ^ 映画パンフレットより。2011年12月10日検証。
  38. ^ 映画パンフレットより。2012年4月23日検証。
  39. ^ 映画パンフレットより。2012年8月4日検証。
  40. ^ HOBBY JAPAN』8月号、ホビージャパン、2013年6月、 220頁。
  41. ^ 宇宙船』Vol.141 2013年夏号、ホビージャパン、2013年7月、 15頁。
  42. ^ 映画パンフレットより。
  43. ^ 映画パンフレットより。
  44. ^ 映画パンフレットより。
  45. ^ ぴあ 2015, pp. 92-95, 「及川光博as仮面ライダー3号」.
  46. ^ パンフレット 2017, 「INTERVIEW 赤楚衛二」.
  47. ^ パンフレット 2018, 「仮面ライダービルド インタビュー 勝利の法則、笑顔の未来 赤楚衛二×武田航平×水上剣星」.
  48. ^ アプティくんの部屋|CMギャラリー>新ポイントサービス 暮らスマイル「怪獣篇」こぼれ話
  49. ^ a b c d e 公式プロフィールより
  50. ^ エンドクレジットより
  51. ^ 「鎧武外伝 仮面ライダーデューク/仮面ライダーナックル」、『宇宙船』VOL.150(2015 autumn)、ホビージャパン2015年10月1日、 pp.68-69、 ISBN 978-4-7986-1099-3
  52. ^ 「KAMEN RIDER DRIVE CAST INTERVIEW_03 木ノ本嶺浩」、『東映ヒーローMAX』VOLUME 53(2016 WINTER)、辰巳出版2016年3月10日、 57頁、 ISBN 978-4-7778-1651-4、 雑誌コード:66117-07。
  53. ^ 超全集 2015, p. 107, 「仮面ライダードライブ スタッフ・キャストリスト」
  54. ^ J-MEN 限界Revolution - Sony Music Shop
  55. ^ 出演情報”. 2011年12月18日閲覧。
  56. ^ JAE staff blog”. 2011年12月18日閲覧。
  57. ^ JAE staff blog”. 2011年12月18日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]