飛鳥凛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あすか りん
飛鳥 凛
生年月日 (1991-03-28) 1991年3月28日(32歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府
身長 166 cm[1]
血液型 A型[1]
職業 女優タレント
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2006年 -
事務所 アガペー
公式サイト [1]
主な作品
テレビドラマ
仮面ライダーW
映画
口裂け女2
ひぐらしのなく頃に』シリーズ
制服サバイガール』シリーズ
ホワイトリリー
殺人鬼を飼う女
テンプレートを表示

飛鳥 凛(あすか りん、1991年3月28日[1][2] - )は、日本女優タレントである。大阪府出身[1][2]アガペー所属。

人物・略歴[編集]

2006年、芸能事務所スターダストプロモーションのオーディションに合格し芸能界入り。

2007年、映画『天使がくれたもの』でデビュー。

2008年、ホラー映画『口裂け女2』で初主演を果たす。

2009年、桐山漣と菅田将暉が主演を務めた特撮ドラマ『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)に出演し、ブレーク。同作の役名義でCDデビューも果たす。

2017年2月には日活ロマンポルノ45周年を記念した「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」のうちの1作『ホワイトリリー』(中田秀夫監督)で主演を務める。その後も、ヌードもおさめた1st写真集『凛』を発売した。

2019年4月に公開が始まった、映画『殺人鬼を飼う女』で主演を務める。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ネットムービー[編集]

WEBドラマ[編集]

  • ケータイ恋愛ドラマ 100シーンの恋 Vol.2 作品NO.2 愛しのピュアピンク〜ヒーロー編〜(2008年6月、i-mode / EZweb / Yahoo!ケータイ) - 泉 役
  • PANTENE シンデレラプロジェクト さくらいろ(2012年3月17日、Facebook) - 由里 役
  • img「ありのまま生きろ。今[9]」(2021年5月19日 - 25日、ZAIKO) - 桐山カナ 役

舞台[編集]

  • 彩遊記(2007年11月7日 - 11日、シアターVアカサカ) - 玉兎公主 役
  • 11のささやかな嘘(2011年7月15日 - 18日、銀座みゆき館劇場) - 三橋恵理乃 役
  • BIOHAZARD THE STAGE(2015年10月 - 11月、EX THEATER ROPPONGI) - レベッカ・チェンバース
  • 銀岩塩vol.1『ジアースアートネオライン 神聖創造物』 〜その老人は 誰よりも 若かった〜(2015年12月30日 - 2016年1月3日、本多劇場[10]
  • サイコメ;ステージ(2016年3月2日 - 6日、新宿村Live) - 氷河煉子 役
  • 舞台版 実は私は(2016年5月11日 - 15日、新宿村LIVE) - 白神葉子[11]
  • 舞台 サイレントメビウス(2017年3月29日 - 4月2日、新宿シアターサンモール) - キディ・フェニル[12]
  • パーマネント野ばら(2017年6月14日~18日、浅草九劇) - ともちゃん 役
  • 鳥獣奇谭(2017年7月29日~30日) - 主演
  • オッドエンタテインメント「まじかるすいーと プリズム・ナナ ザ・スターリーステージ」(2017年9月13日 - 18日、サンシャイン劇場) - 浅木蘭 役
  • 心は孤独なアトム(2018年1月24日~28日、シアターグリーン BIG TREE THEATER)
  • 怪奇幻想歌劇「笑う吸血鬼」(2018年4月19日 - 22日、全労済ホール/スペース・ゼロ) - 宮脇留奈 役
  • tetsutaro produceVol.4「クジラの歌」(2018年8月22日~9月2日、Geki地下Liberty)
  • グッド・バイ(2018年6月21日~7月1日、ザ・ポケット)
  • 伊賀の花嫁 その三『ズルい女』編(2019年2月2日~11日、三越劇場)
  • みんなのうた(2019年4月10日~14日、劇場MOMO)
  • バクステ!!(2019年6月5日~16日、浅草九劇)
  • 舞台「HERO」~2019 夏~(2019年7月31日 - 8月4日、ヒューリックホール東京
  • かつて我々(2019年11月21日~12月1日、魚屋さんじゅうまる 三軒茶屋店)
  • Avenue X theater vol.1『バレンタイン・ブルー 〜Xアベニューに吹く風は素敵なメロディを連れてくる〜』(2020年2月18日 - 25日、博品館劇場)

ラジオ[編集]

CM[編集]

PV[編集]

書誌[編集]

作品[編集]

音楽[編集]

  • 覚めない夢(2008年、配信限定、映画『口裂け女2』主題歌)
  • Dream Wave(2013年発売の『スタダ 3Bjunior ラスト大全集』に収録。2008年頃に持ち歌として披露していたが、当時は音源化されていなかった。)

DVD[編集]

  • and friend(2010年9月21日発売)

デジタル写真+ムービー作品集[編集]

  • side A/side B(2011年10月5日発売、中村功撮影、ファンプラス・GザテレビジョンPLUS配信)

写真集[編集]

  • 凛(2017年2月7日、講談社、撮影:アミタマリ)ISBN 978-4062204859
  • 飛鳥凛 ノクティルカ~夜光虫~ 週刊ポストデジタル写真集(2019年7月29日、小学館 、撮影:橋本雅司)

園咲若菜名義[編集]

2009年の『仮面ライダーW』では人気タレントを演じており、実際に園咲若菜の名前での活動も行われている。

  • ネットラジオ「園咲若菜のヒーリングプリンセス」 - フリートーク部分の内容は飛鳥に任されており、本人も「素の自分で行っている」と答えている。
  • 音楽「Naturally」(2010年1月27日、エイベックス・エンタテインメント)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日時表記は暦日表記で記載しており、提出された出典内容や公式サイトで表示されている内容とは異なる箇所が一部にある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 飛鳥 凛|アーティスト”. エイベックス・マネジメント. 2015年12月6日閲覧。
  2. ^ a b 公式読本 2010, pp. 56–57, 「W CAST TALK_06 飛鳥凛」
  3. ^ PIECE ~記憶の欠片~”. allcinema. 2021年12月22日閲覧。
  4. ^ “中田秀夫の初ロマンポルノ作品に「仮面ライダーW」飛鳥凛が主演”. 映画ナタリー. (2016年8月13日). https://natalie.mu/eiga/news/198054 2016年8月17日閲覧。 
  5. ^ 飛鳥凛、現在公開中「のみとり侍」の豪華オフショットが話題!!”. avex management web (2018年5月30日). 2021年12月22日閲覧。
  6. ^ 殺人鬼を飼う女”. allcinema. 2021年12月22日閲覧。
  7. ^ a b “仮面ライダーセイバー:続編「深罪の三重奏」に「W」の“若菜”飛鳥凛 “賢人”青木瞭と結婚控える恋人役に”. MANTANWEB. (2021年9月19日). https://mantan-web.jp/article/20210919dog00m200004000c.html 2022年12月18日閲覧。 
  8. ^ 「仮面ライダーセイバー」正統続編にレギュラーキャスト集結、木村了や飛鳥凛も出演”. 映画ナタリー (2021年9月19日). 2021年9月19日閲覧。
  9. ^ img「ありのままに生きろ。今」生配信にHKT48の神志那結衣・根岸拓哉ら ステージナタリー 2021年5月10日
  10. ^ GIN GAN EN » 銀岩塩vol.1
  11. ^ キャスト / スタッフ”. 舞台版 実は私は 公式サイト. 2017年11月2日閲覧。
  12. ^ CAST&STAFF”. 舞台 サイレントメビウス. オッドエンタテインメント. 2017年11月2日閲覧。

参考文献 [編集]

  • 『仮面ライダーW公式読本 "W"』グライドメディア〈グライドメディアムック79〉、2010年9月11日。ISBN 978-4-8130-8079-4 

外部リンク[編集]