呪報2405 ワタシが死ぬ理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
呪報2405 ワタシが死ぬ理由
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜日25:00 - 25:30(30分)
放送期間 2012年7月12日 - 9月27日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 関西テレビ
演出 瑠東東一郎
高山浩児
竹本聡志
大畑拓也
加藤俊介
脚本 田中江里夏
ますもとたくや
三谷昌登
やまだともカズ
出演者 高橋愛
エンディング 赤い公園「のぞき穴」
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

呪報2405 ワタシが死ぬ理由』(じゅほう2405 わたしがしぬわけ)は、2012年7月12日から9月27日までヨルパチーノ ドラマNEXT木曜25:00 - 25:30〈JSTでは翌日金曜日1:00 - 1:30〉)枠で放送された日本のテレビドラマ関西テレビの制作で関西地方(関西ローカル)で放送された。全12話。

ナビゲーターは高橋愛。毎回、主演者が変わる1話完結のホラーオムニバスストーリー。

あらすじ[編集]

「はじめまして、新しく前任に変わりまして新しく『NEWS FACT』のニュースキャスターになりました沢渡夏花です」と冒頭の挨拶で始まり、人が死亡する悲しく恐ろしい事件のニュース原稿を読み上げていくが、次の瞬間、画面が歪み、謎の裏ニュース『彼女が死んだ本当の理由』が流れ始める。

登場人物[編集]

ナビゲーター[編集]

  • 沢渡 夏花(NEWS FACTニュースキャスター) - 高橋愛

第一話[編集]

悠木萌の同級生・登川里美は小学校在学中に学校のプールで溺れて死亡する。当時、彼女は悲惨ないじめに遭っていた。

第二話[編集]

東美咲の大学の友人・須藤有香は聖ルルド女子寮の自室で自殺を遂げる。死ぬ直前に「鏡の向こう側」というチャットを利用し、ハンドルネーム「mirare」と会話していた。

  • 東 美咲(聖ルルド女子大学2年生) - 高田里穂
  • 須藤 有香(美咲の友人) - 大倉梓
  • 中山 理緒(美咲の友人) - 今西彩

第三 - 四話[編集]

ペルソナ社が開発・販売しているデジタルカメラREシリーズで撮影した後、画面に黒い影のようなものが写り込むと消費者から大量のクレームが殺到する。

デジタルカメラREシリーズを企画した岩崎奈保が非業の自殺を遂げてから怪奇現象が起こるようになる。

第五話[編集]

デビューして間もないが熱狂的なファンがついてきたアイドル・野沢まどかは自分とうり二つの人間が見えるようになり、そのことで苦しみ、仕事に支障を来すようになる。

第六話[編集]

インターネット廃墟探訪の動画をアップデートする目的で山本晃は知り合いの渡辺瑞穂とその友達の岩崎唯をリポーター役に指名して、立入禁止区域に指定されている城成警察署跡地に足を踏み入れる。

  • 岩崎 唯(瑞穂の友達) - 入矢麻衣
  • 渡辺 瑞穂(山本の知り合い) - 赤松悠実
  • 山本 晃(廃墟探訪動画投稿者) - 諏訪雅(ヨーロッパ企画)
  • 戸川 正昭(城成警察署巡査長) - 白井哲也

第七 - 八話[編集]

「清介の枯れ井戸」という場所に行くと強い力が貰えるという噂を宮本さゆりが女子友達3人に話して、その話題で盛り上がり、パワースポットへ行くことになる。

パワースポットがある大久保邸の屋敷に行くと一緒に「かくれんぼ」して遊ぼうと女の子が誘ってきた。白い紙ひこうきを飛ばしてメッセージを伝えてくる。

第九話[編集]

由梨絵とかおりは一緒に暮らしていた老朽化が進んでいるマンションから新しい場所へ引っ越しを考えていた矢先にエレベーターに閉じ込められ、恐怖な出来事に巻き込まれていく。

第十話[編集]

菜帆が見知らぬ人の交通事故現場に花を手向けてから、怪奇現象で死亡する人たちが克明に収録してある「黒色のDVD」が送り主不明で突然、自宅に送られてくる。

そのDVDは「NEWS FACT」で報じられていたニュースとリンクしていたが、結末が明らかに異なる収録内容だった。

第十一 - 最終話[編集]

春花は友達と夏期講習を名目にして、姉が暮らす東京へ遊びに来る。だが、上京する道中で春花は現実に起きているかのような奇妙で鮮明な夢を見てしまい、不安にかられる。

そして、姉・夏花の命に危険が迫っていることを夢の中で感じ、テレビ局に乗り込み姉を探すのだが誰かに導かれるように使用されていないスタジオにたどり着いてしまう。

  • 沢渡 春花(夏花の妹) - 須藤茉麻Berryz工房
  • 神山 鏡子(兎我田村婦女暴行事件被害者) - 寺下怜見
  • 神山 雄一(鏡子の父親・会社役員) - 藤本幸広
  • 戸田 洋介(兎我田村の雑木林で死亡した男性) - 田中之尚
  • 未散(春花の友達) - 澤田祐衣(第11話)
  • 木村 由加里(NEWS FACT新ニュースキャスター) - 高橋真理恵(最終話 / 関西テレビアナウンサー)

スタッフ[編集]

  • 脚本 - 田中江里夏、ますもとたくや、三谷昌登
  • シリーズ構成 / 脚本 - やまだともカズ
  • 音楽 - 松原憲(SUPA LOVE)
  • 演出 - 高山浩児、竹本聡志(メディアプルポ)
  • 演出 / 演出補 - 大畑拓也(東通企画) / 瑠東東一郎(メディアプルポ)
  • 演出 / 助監督 - 加藤俊介(メディアプルポ)
  • 助監督 - 諸正義彦、髙野有里、堀江拓真、児玉優平
  • 音響効果 - 萩原隆之
  • タイトル - 川角論志、兵頭和也、小川萌
  • CGタイトル - 北昌規
  • ロゴデザイン - 登川直
  • 特殊メイク - 仲谷進、西村美希、布野慶一、森継
  • 特殊撮影 - 森本一範
  • アクション - 小林雅子(倉田プロモーション)、マット奥井
  • プロデューサー - 野村亙、谷口俊哉 / 若松雅也、神山明子(メディアプルポ)
  • AP - 武市暢 / 角田忍(メディアプルポ)
  • 協力 - 東通企画
  • 制作協力 - メディアプルポ
  • 制作著作 - 関西テレビ

主題歌[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出
第1話 2012年7月12日 溺れて亡くなった同級生の死の真相… 田中江里夏 瑠東東一郎
第2話 2012年7月19日 死んだ友達が遺した恐怖のパソコン… 高山浩児
第3話 2012年7月26日 デジタルカメラの裏に潜む女の怨念、嫉妬 ますもとたくや 竹本聡志
第4話 2012年8月02日 嫉妬に狂った奈保の霊が襲い掛かる
第5話 2012年8月09日 アイドル引退の真相 三谷昌登 大畑拓也
第6話 2012年8月16日 “立ち入り禁止の心霊スポット”で亡霊が襲い掛かる 田中江里夏 加藤俊介
第7話 2012年8月23日 死の“かくれんぼ”が今、始まる… やまだともカズ 瑠東東一郎
第8話 2012年8月30日 少女との“かくれんぼ”に1人、また1人と犠牲者が…
第9話 2012年9月06日 密室のエレベーターで2人を襲う血塗れ女の恐怖 ますもとたくや 竹本聡志
第10話 2012年9月13日 婚約者に殺された女性に届いた謎のDVD… 田中江里夏 大畑拓也
第11話 2012年9月20日 姉・夏花を守る為…妹の春香が“恐怖”に巻き込まれる 高山浩児
最終話 2012年9月27日 “ニュースは真実を伝えない”…。夏花を恨む霊の呪縛

第8話は「FIFA U-20女子ワールドカップJAPAN2012準々決勝 日本×韓国」中継のため25:35 - 26:05の放送。

出典[編集]

関西テレビ ヨルパチーノ ドラマNEXT
前番組 番組名 次番組
神話戦士ギガゼウス
(2012.4.5 - 2012.6.28)
呪報2405 ワタシが死ぬ理由
(2012.7.12 - 2012.9.27)

劇場版[編集]

呪報2405 ワタシが死ぬ理由
劇場版
監督 瑠東東一郎
脚本 田中江里夏
原案 やまだともカズ
製作 野田利昌
田中総一郎
貝津幸典
出演者 増田有華
音楽 松原憲
主題歌 赤い公園「ひつじ屋さん」
撮影 日浅宏一
編集 岩佐周吾
製作会社 メディアプルポ
配給 日本出版販売
公開 日本の旗 2013年12月21日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

呪報2405 ワタシが死ぬ理由 劇場版』(じゅほう2405 わたしがしぬわけ げきじょうばん)は、2013年12月21日に公開されたテレビドラマの劇場版。監督は瑠東東一郎。主演は増田有華

キャスト[編集]

スタッフ(劇場版)[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]