福岡恋愛白書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福岡恋愛白書』(ふくおかれんあいはくしょ)は、KBCテレビ2006年から年1回制作・放送しているローカルドラマ特番である。

番組タイトルと放送日時[編集]

  • パート1『福岡恋愛白書 〜3つの恋のエピソード〜2006年2月10日 23:15 - 24:10
  • パート2『福岡恋愛白書2 〜ふたつの Love Story〜2007年2月9日 23:15 - 24:10
  • パート3『福岡恋愛白書3 〜ふたつの Love Story〜2008年2月8日 23:15 - 24:12
  • パート4『福岡恋愛白書4 〜ふたつの Love Story〜2009年2月13日 23:15 - 24:12
  • パート5『福岡恋愛白書5 〜ふたつの Love Story〜2010年2月13日 24:45 - 25:42
  • パート6『福岡恋愛白書6 〜ふたつの Love Story〜2011年2月12日 24:30 - 25:42
  • パート7『福岡恋愛白書7 〜ふたつの Love Story〜2012年3月24日 24:30 - 26:00
  • パート8『福岡恋愛白書8 メグとアイくん 〜誰にでも忘れられない人はいるはず・・・〜2013年3月22日 23:15 - 24:15
  • パート9『福岡恋愛白書9 〜月と太陽を見上げて〜2014年3月21日 23:15 - 24:15
  • パート10『福岡恋愛白書10 〜十回目の鈴が鳴るとき〜2015年3月27日 23:15 - 24:15
  • パート11『福岡恋愛白書11 〜キミと見る景色〜2016年3月25日 24:15 - 25:15
  • パート12『福岡恋愛白書12 〜センセイとワタシ〜2017年3月24日 24:15 - 25:15
パート7までは、共に通常この時間に放送される朝日放送制作の『探偵!ナイトスクープ』を差し替える形で放送された。
パート8から放送日時を金曜23:15枠(通常はテレビ朝日制作の『金曜ナイトドラマ』が放送されている枠)に変更し、放送時間も1時間に短縮・繰り上げした上で作品を1本化した。
番組放送10周年特別企画としてパート10の放送前に過去9作品が2015年1月9日深夜より1パートずつほぼ毎週再放送。1月30日2月27日は放送休止(テレビ朝日制作の『朝まで生テレビ!』放送による番組編成のため)。

概要[編集]

エリア内の視聴者から恋愛にまつわるエピソードを募り、その中からパート1では3つ、パート2〜パート7では2つ、パート8以降では1つを選定。ドラマ化したものを、パート1〜パート7はオムニバス形式、パート8からは一話完結形式で放送する。

パート1からパート4までは映画『1リットルの涙』の監督を務めた岡村力(番組では「オカムラチカラ」と表記、以降もこれに従う)が脚本・監督を手掛けた(ただし、パート2『Happy Birthday』については出演者の一人である西山繭子が脚本を手掛けた)。

パート5では福岡出身の映画監督、川野浩司(代表作『LOVE MY LIFE』、『ほしのふるまち』)が監督を(『イガちゃん』では脚本も)務めた。『32歳の同窓会』の脚本を務めた杉山夕も福岡出身である。

出演者は東京・全国区で活躍する俳優をメインで起用した他、地元で活躍するローカルタレント(主に同局の番組出演者)やKBCのアナウンサー、さらに福岡出身やゆかりのある有名人も脇役で登場した。福岡ソフトバンクホークスの選手も出演しており、パート3では馬原孝浩投手(2015年に現役引退)が、パート5では田上秀則捕手(2013年に現役引退)が出演している。パート6以降ではAKB48のメンバーが出演しており、パート6では篠田麻里子糸島市出身、2013年に卒業)が主演、パート7では指原莉乃大分県出身、現在はHKT48)が主演、パート8では柏木由紀鹿児島県出身)が友情出演、パート9では小嶋陽菜埼玉県出身)が特別出演、パート10では矢吹奈子東京都出身)、ライバルグループ乃木坂46深川麻衣静岡県出身、2016年6月卒業)、他にパート11では川島海荷(埼玉県出身)、浅香航大神奈川県出身)が出演している。指原のAKB48 32ndシングル選抜総選挙1位センター獲得を記念して、2013年6月21日にパート7が再放送された。EPG番組表での番組タイトルは『ウィークエンドスペシャル 祝・初センターGET! HKT48・指原莉乃主演 福岡恋愛白書7(再)』。

パート3はテレビ放送終了後から2008年3月25日までKBCテレビ公式サイトで動画配信が行われた。

パート6〜9はテレビ放送終了後にDVD化、KBCオンデマンドで有料配信されている。

作品タイトルと主なキャスト[編集]

  • 出演者の肩書き、所属グループは制作、放送当時のもの。

パート1[編集]

パート2[編集]

  • #01『Happy Birthday
    • 橘 美紀 - 秋田真琴
    • 朝倉 祐二 - 松下幸司
    • 屋台のお客 - 西山繭子(この作品の脚本を担当、これが初の脚本作品となった)
    • 花屋店長の娘 - 徳永えり
    • 屋台の大将 - 西田たかのり(パート1に続き出演)
    • 矢野 竜太 - 信川竜太(福岡で活躍するローカルタレント)
    • 花屋店長 - 富田薫(KBCアナウンサー)
  • #02『Rain

パート3[編集]

パート4[編集]

  • #01『3つの約束
    • 富田 圭子 - 松下萌子
    • 鷲尾 孝 - 金子昇
    • 香織 - 藤原里奈(『るり色の砂時計』ナビゲーター)
    • ガソリンスタンド店長 - 西田たかのり(パート1から連続出演)
    • 茂彦 - 中島つぐまさ(『アサデス。KBC』リポーター)
  • #02『恋はバックドロップ

パート5[編集]

パート6[編集]

パート7[編集]

パート8[編集]

  • メグとアイくん
    • 秋吉 樹 - 小澤亮太
    • 古賀 恵 - ICONIQ
    • 井上 紗枝・ナレーション - 柏木由紀(AKB48、友情出演)
    • 北島 武史 - 遠藤要
    • 古賀 今日子 - 岡まゆみ
    • 田中 紀夫 - 西田たかのり
    • 通行人・男 - 長岡大雅(KBCアナウンサー)
    • おばあちゃん - 馬島桂子
    • 女将 - 松山けい子
    • 通行人・女役&オープニング - 森岡悠
    • 同級生・A - 中村公美
    • 同級生・B - 橋口由衣
    • 産婦人科の医者 - 上田裕子
    • 樹の元職場店長 - 坪内晋司
    • 樹の元職場同僚 - 荒瀬皓平
    • オープニング - 久保優二、清原真登、秋山由季奈、奈緒

パート9[編集]

  • 月と太陽を見上げて
    • 樋口 麻衣 - 原幹恵
    • 矢野 卓也 - 八神蓮
    • 近藤 亜紀 - 小嶋陽菜(AKB48、特別出演)
    • 山下 亮介 - 栗山航
    • 樋口 葵 - 田島芽瑠(HKT48)
    • 弁当屋の店員 - 長岡大雅(KBCアナウンサー)
    • 樋口 杏子 - 大庭泰代
    • 平野 和隆 - 山下晶
    • 緒方 秀雄 - 田中冨士夫
    • おばあさん - 植木冨美子
    • 迷い犬の飼い主 - 伊藤夏海
    • カップル・男 - 松田将希
    • カップル・女 - 高橋京子
    • オープニング - 廣川奈々聖、SO、永田萌、相葉優也、宮崎友香子、坂本拓也

パート10[編集]

  • 十回目の鈴が鳴るとき
    • 中村 美憂 - 足立梨花
    • 今井 結弦 - 渡部秀
    • 木崎 若菜 - 深川麻衣乃木坂46[1]
    • 中学生の美憂 - 池戸優音
    • 中学生の結弦 - 武田勝斗
    • 中学生の若菜 - 矢吹奈子(HKT48)
    • 野々村 香織 - 杉ありさ
    • デザイン事務所の先輩 - 内村麻美(『アサデス。』リポーター)
    • 通りすがりのカップル・男 - 赤塚亮太朗(『ドォーモ』リポーター)
    • 居酒屋の客 - 小雪(『ドォーモ』リポーター)、清原愛子(『ドォーモ』リポーター)
    • 就活生 - 坂井汐梨(『アサデス。』芸能アシスタント)、坂本麻子(『アサデス。』お天気アシスタント)
    • デザイン事務所の上司 - 宮木秀明
    • 航空会社の面接官 - 今村裕二
    • デザイン事務所のスタッフ - 本山功康
    • カップル・女 - 白鳥さゆり
    • 結弦の父親 - 荻原純
    • 結弦の男子同級生 - 樽見滉一
    • 若菜の女子同級生 - 長元流生、平みさき
    • 中学生のカップル・男 - 久保川友佑
    • 中学生のカップル・女 - 益満美沙紀

パート11[編集]

パート12[編集]

主題歌[編集]

ともにエンドロールとCMでオンエア

スタッフ[編集]

パート1,2,3,4

パート5

  • 脚本:杉山夕(32歳の同窓会)、川野浩司(イガちゃん)
  • 監督:川野浩司
  • ゼネラルプロデューサー:久永昌隆(九州朝日放送)
  • 制作協力:レック、ナイス・デー、VB
  • 企画協力:博報堂DYメディアパートナーズ
  • 制作著作:九州朝日放送

パート6,7

  • 脚本:芝﨑弘記(パート6『つり革の距離』、パート7『初恋の詩』)、村上桃子(パート6『花火の架け橋』、パート7『キミの笑顔にふれたくて』)
  • 監督:芝﨑弘記
  • ゼネラルプロデューサー:佐伯拓史(九州朝日放送)
  • 企画協力:博報堂DYメディアパートナーズ
  • 制作著作:九州朝日放送

パート8

  • 脚本:村上桃子
  • 監督:芝﨑弘記
  • 企画・プロデュース:河相大輔(九州朝日放送)、湯田敏史(九州朝日放送)、森永隆史(九州朝日放送)
  • 企画:吉羽亮太(博報堂DYメディアパートナーズ)、鈴木伸明(博報堂DYメディアパートナーズ)、飯森慎太郎(博報堂DYメディアパートナーズ)
  • プロデューサー:古川純大(九州朝日放送)
  • ゼネラルプロデューサー:佐伯拓史(九州朝日放送)
  • 企画協力:博報堂DYメディアパートナーズ
  • 制作著作:九州朝日放送

パート9

  • 監督:芝﨑弘記(ホリックス)
  • 脚本:阿相クミコエム・エーフィールド
  • 音楽:Rita-iota
  • 企画・プロデュース:湯田敏史、諌山建太郎、河相大輔(九州朝日放送)
  • 企画:木村環、朝夷康晴(博報堂DYメディアパートナーズ)
  • プロデューサー:岩城一平
  • ゼネラルプロデューサー:臼井賢一郎(九州朝日放送)
  • アソシエイトプロデューサー:平田晋(九州朝日放送)
  • 企画協力:博報堂DYメディアパートナーズ
  • 制作著作:九州朝日放送

パート10

  • 監督:芝﨑弘記(ホリックス)
  • 脚本:池田奈津子
  • 音楽:Rita-iota
  • 企画・プロデュース:湯田敏史(九州朝日放送)、諌山建太郎(九州朝日放送)
  • 企画:網野信之(博報堂DYメディアパートナーズ)、武田和之(博報堂DYメディアパートナーズ)
  • プロデューサー:岩城一平
  • ゼネラルプロデューサー:臼井賢一郎(九州朝日放送)
  • アソシエイトプロデューサー:平田晋(九州朝日放送)、河相大輔(九州朝日放送)
  • 企画協力:博報堂DYメディアパートナーズ
  • 制作著作:九州朝日放送

パート11

  • 監督:御法川修
  • 脚本:池田奈津子
  • 音楽:YOSHIZUMI
  • 企画・プロデュース:平田晋(九州朝日放送)、古川純大(九州朝日放送)
  • プロデューサー:岩城一平、宮田幸太郎、近藤あゆみ
  • ゼネラルプロデューサー:臼井賢一郎(九州朝日放送)
  • 企画協力:博報堂DYメディアパートナーズ
  • 制作著作:九州朝日放送

タイアップ[編集]

2007年放送のパート2では、セイコーエプソンカネボウ化粧品日産自動車タイアップ。作品の劇中にタイアップ企業の製品(カラリオ・ミーテスティモマーチ)が登場した他、事前に放送された宣伝CMでもコラボレーションが行われた。

2008年放送のパート3では、日産自動車とは引き続きタイアップし、新たに花王ソフィーナソフトバンクモバイル江崎グリコが加わった。劇中にはこれらの企業の製品が登場し、CMではマーチ(マーチのCMで登場した「花さかマーチ」も登場)、FINE-FIT、ホワイトプランディアカカオとのコラボレーションが行われた。

2010年放送のパート5では、引き続き日産自動車、花王ソフィーナに加え、アサヒビールハーゲンダッツとタイアップ。劇中にはルークス(日産)、すらっと(アサヒビール)、木苺のミルフィーユ(ハーゲンダッツ)といった製品が登場した。

2012年放送のパート7以降は『オフィシャルパートナードラマ もうひとつの福岡恋愛白書』とタイトルを付け全4話、1話完結のスピンオフ作品として制作された。こちらにはドラマ本編の主演キャストとは別の役者が出演。なお、2015年放送のスピンオフには杉ありさがドラマ本編の野々村香織役で出演。番組公式サイトではスピンオフ作品の予告編と本編が期間限定で配信されている。スピンオフ作品の詳細については次項を参照。

スピンオフ作品のタイトル、タイアップ企業、キャスト[編集]

オフィシャルパートナードラマ もうひとつの福岡恋愛白書

  • 出演者の肩書き、所属グループは制作、放送当時のもの。

2012年[編集]

2013年[編集]

  • 第一話『福岡の女はやっぱりかわいかね〜』 with PHILIPS
  • 第二話『福岡の女は気さくやね〜』 with スシロー
  • 第三話『福岡の女は恋に悩みよると』 with Ameba
  • 最終話『福岡の女はしたたかばい』 with メルセデス・ベンツ

2014年[編集]

  • 第一話『福岡の女は大胆やね』 with PHILIPS
  • 第二話『福岡の女は謎やね』 with BIG ECHO・LIVE DAM
  • 第三話『福岡の女は健康第一ったい』 with KAGOME
  • 最終話『福岡の女には見とれてしまうと』 with メルセデス・ベンツ

2015年[編集]

  • 第一話『福岡の男はグイグイこんとね!』 with 吉野家
  • 第二話『小倉の女をナメたらいけんちゃ』 with メルセデス・ベンツ
  • 第三話『小倉の女は刺激的がいいっちゃ』 with PHILIPS
  • 最終話『小倉の女は恋にとろけまくりちゃ』 with ハーゲンダッツ
    • 野々村 香織 - 杉ありさ
    • 網野 陽斗 - 岩永達也

2016年[編集]

  • 第一話『天使とデート』 with Yahoo!ニュース
  • 第二話『天使のくれた時間』 with メルセデス・ベンツ
  • 第三話『天使の贈り物』 with 牛角
  • 最終話『天使と悪魔』 with SUPER SPORTS XEBIO

2017年[編集]

  • 第一話『女は押しに弱い?』 with ハーゲンダッツ
  • 第二話『デートは先の先を読め!』 with メルセデス・ベンツ
  • 第三話『ある日、失恋は突然に』 with ユニ・チャーム
  • 最終話『こんにちは、新しい恋!』 with 丸亀製麺

ネット局[編集]

テレビ朝日系列局や関東地方の独立局等で、数ヵ月〜1年遅れで放送されている。

パート1[編集]

パート2[編集]

パート3[編集]

パート4[編集]

パート5[編集]

パート6[編集]

パート7[編集]

パート8[編集]

パート9[編集]

パート10[編集]

パート11[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 深川麻衣 (2015年3月27日). “番組のお知らせ * 6 95歩”. 乃木坂46 深川麻衣 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2015年3月27日閲覧。

外部リンク[編集]