陳内将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
じんない しょう
陳内 将
生年月日 (1988-01-16) 1988年1月16日(32歳)
出生地 日本の旗 日本熊本県上天草市(旧・天草郡姫戸町[1]
身長 178 cm[2]
血液型 O型[3]
職業 俳優タレント
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 2007年 -
事務所 ワタナベエンターテインメント
公式サイト プロフィール
主な作品
テレビドラマ
スイッチガール!!
特命戦隊ゴーバスターズ
映画
メサイア
特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!
ガチバン NEW GENERATION
舞台
ミュージカル 忍たま乱太郎
ミュージカル テニスの王子様2ndシーズン
テンプレートを表示

陳内 将(じんない しょう、1988年1月16日 - )は、日本俳優タレント。男性俳優集団D2およびD-BOYSのメンバー。

熊本県上天草市(旧・天草郡姫戸町)出身[2][4][リンク切れ]ワタナベエンターテインメント所属。

略歴[編集]

福岡の大学へ進学後すぐに、ワタナベエンターテイメントカレッジのテレビ/映画俳優コース[5]に入学するために上京[6]。在学中の2008年、D-BOYSの舞台『ラストゲーム〜最後の早慶戦〜』にアンサンブル出演[7]

2009年からワタナベエンターテインメントに所属[7][8]、同年にD2の結成メンバーとなる。

2012年放送の『特命戦隊ゴーバスターズ』にて、悪役・エンター役でレギュラー出演[9]。当初はヒーロー役でオーディションを受けていたが、「醸し出しているものが他の方とは全く違った」と評され悪役での出演が決まった[10]

2013年10月、D2がD-BOYSに加入しD-BOYSメンバーとなる。

2015年、ガチバン NEW GENERATIONにて映画初主演。

2016年、方南ぐみ企画公演『片想い』にて舞台初主演。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

Webドラマ[編集]

  • 恋愛は必然である〜ドラマで分かる!新感覚恋愛法則〜 第5話「結婚を切り出せない女」(2014年、Bee TV)

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

  • D-BOYS STAGE vol.2「ラストゲーム〜最後の早慶戦〜」(2008年6月)
  • D-BOYS STAGE vol.3「鴉〜KARASU〜 04 / 10」(2009年4月/10月)
  • D-BOYS STAGE 2010 trial-1「NOW LOADING」(2010年4月 - 5月) - 真島 役
  • ミュージカル 忍たま乱太郎 再演(2010年6月) - 善法寺伊作 役
  • 優しい6つの夜のために(2010年10月)
  • タンブリング(2010年9月 - 10月) - 森 役
  • ミュージカル テニスの王子様2ndシーズン(2011年 - 2014年) - 柳沢慎也 役
  • D-BOYS STAGE 10th「淋しいマグネット」 Blues (2012年4月 - 5月) - シオン 役
  • Dステ 12th「TRUMP」(2013年1月 - 2月) - ティーチャークラウス / アレン・ストラウフ 役
  • Dステ 14th「十二夜」(2013年10月 - 11月)
  • 怪談・にせ皿屋敷(2014年6月、こどもの城・青山劇場) - 岩田鉄太郎 役
  • ロボ・ロボ(2014年8月 - 9月、サンシャイン劇場) - アナライザーT1 役
  • Dステ 15th「駆けぬける風のように」(2014年10月 - 11月) - 沖田総司 役
  • 悪(2015年1月 - 2月) - 由良翔英 役
  • 演劇集団キャラメルボックス クロノス・ジョウンターの伝説「パスファインダー」(2015年2月 - 3月) - 笠岡秋路 役
  • 龍が如く(2015年4月) - 郷田龍司
  • 東海道四谷怪談(2015年6月) - お袖 役
  • TRUMP(2015年11月 - 12月) - ティーチャークラウス / アレン・ストラウフ 役
  • 方南ぐみ企画公演「片想い」(2016年2月) - 主演・三井戸高広 役
  • 演劇集団キャラメルボックス「また逢おうと竜馬は言った」(2016年5月 - 6月) - 主演・岡本 役(Black) / 土方歳三 役(White)
  • 不機嫌なモノノケ庵(2016年9月) - 芦屋花繪 / 安倍晴齋 役 ※ 役替わり [18]
  • 露出狂(2016年9月 - 10月) - 白峰 役(チーム露) / 佐反町 役(チーム出)
  • ミュージカル「黒執事」〜NOAH ’S ARK CIRCUS〜(2016年11月 - 12月) - ソーマ・アスマン・カダール 役
  • 紅き谷のサクラ〜幕末幻想伝 新選組零番隊〜(2017年1月) - 鏡止水 役[19]
  • ドラえもん のび太とアニマル惑星(2017年3月 - 4月) - スネ夫 役
  • 遠い夏のゴッホ(2017年7月)
  • 劇団た組。第15回目公演 シアタートラム版「壁蝨」(2017年9月 - 10月)
  • シス・カンパニー 近松心中物語(2018年1月 - 2月)
  • Take Me Out 2018(2018年3月 - 5月) - マルティネス 役
  • MANKAI STAGE『A3!』〜SPRING & SUMMER 2018〜(2018年6月 - 7月・10月 - 11月)- 皇 天馬役[20]
  • 戦刻ナイトブラッド(2018年8月)‐直江兼続 役[21]
  • 朗読劇「予告犯」(2018年9月) - カンサイ 役
  • 暁のヨナ〜緋色の宿命編〜(2018年11月) - スウォン 役[22]
  • ミュージカル封神演義-目覚めの刻-(2019年1月)- 黄天化 役[23]
  • 文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌(2019年2月 - 3月)- 織田作之助 役[24]
  • TRUMPシリーズ『COCOON 月の翳り星ひとつ』「星ひとつ」編 (2019年5月- 6月) -[25]
  • 紅葉鬼(2019年6月 - 7月)- 西條高人 / 経若 役[26]
  • MANKAI STAGE『A3!』~SUMMER 2019~(2019年8月 - 9月)- 皇天馬 役
  • 暁のヨナ~烽火の祈り編~(2019年11月、EXシアター六本木) - スウォン 役
  • MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~(2020年1月 - 3月)- 皇天馬 役
  • リーディングドラマ『シスター』(2020年4月 - 5月)※公演中止
  • 時間制作プロデュース『どうせ、死んでいく』(2020年6月)※公演中止
  • 東映ムビ×ステ 舞台『死神遣いの事件帖~鎮魂侠曲~』(2020年7月 - 8月)- 百目鬼 役
  • MANKAI STAGE 『A3!』Four Seasons LIVE 2020 (2020年9月)- 皇天馬 役

イベント[編集]

  • 今月の宮下雄也vol.29(2017年8月)
  • 夜ふかしの会ライブ「堤幸彦+夜ふかしの会+おどろくべきゲストによる狂乱の120分」(2017年8月)
  • 歴タメLive ~歴史好きのエンターテイナー大集合!~ 第3弾(2018年9月)
  • 歴タメLive ~歴史好きのエンターテイナー大集合!~ 第4弾(2019年3月)

ゲーム[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

ミュージックビデオ[編集]

作品[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “☆中河内さん♪”. 陳内将 BLOG. (2010年8月5日). オリジナルの2013年6月18日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130618054944/http://blog.watanabepro.co.jp/jinnaisyo/archives/2010/08/post_406.html 2014年8月30日閲覧。 
  2. ^ a b “陳内将”. ワタナベエンターテインメント. http://www.watanabepro.co.jp/mypage/10000036/ 2014年8月30日閲覧。 
  3. ^ “陳内将のプロフィール - オリコン芸能人事典”. ORICON STYLE. http://www.oricon.co.jp/prof/514507/profile/ 2014年8月30日閲覧。 
  4. ^ [1]
  5. ^ 卒業生紹介”. ワタナベエンターテイメントカレッジ. 2009年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月25日閲覧。
  6. ^ 陳内将 (2012年1月16日). “年を重ねるということ”. 陳内将 BLOG. ワタナベエンターテイメント. 2013年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月25日閲覧。
  7. ^ a b 横澤由香 (2013年1月25日). “「舞台×男子」 第四回 陳内将さん”. omoshii. アンファン. 2018年6月25日閲覧。
  8. ^ 陳内将 (2009年3月25日). “はじめましてのご挨拶m(__)m”. 陳内将 BLOG. ワタナベエンターテイメント. 2013年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月30日閲覧。
  9. ^ 若松豪. “特命戦隊ゴーバスターズ「Misson1 特命戦隊、集結せよ!」 > 「豪バスターズのGB日記」”. 東映. 2018年6月25日閲覧。
  10. ^ 若松豪. “特命戦隊ゴーバスターズ「Misson4 特命と決意」 > 「豪バスターズのGB日記」”. 東映. 2018年6月25日閲覧。
  11. ^ “映画『HiGH&LOW THE WORST』の前日談描くドラマ放送決定 鬼邪高校全日制メンバー新写真も”. リアルサウンド 映画部 (リアルサウンド). (2019年6月5日). https://realsound.jp/movie/2019/06/post-370595_1.html 2019年11月30日閲覧。 
  12. ^ 『CODE1515』|BSフジ”. www.bsfuji.tv. 2020年3月29日閲覧。
  13. ^ “刑事たちの秘密が交錯…新TVドラマで荒木宏文・陳内将・前山剛久・中尾暢樹が共演”. ステージナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年6月13日). https://natalie.mu/stage/news/383090 2020年8月30日閲覧。 
  14. ^ ハイパーホビー』2013年1月号、徳間書店[要ページ番号]
  15. ^ “『HiGH&LOW』 × 『WORST』“男の熱いバトル”コラボ実現 交差世界でバトル”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2019年2月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2129889/ 2019年11月29日閲覧。 
  16. ^ 教科書にないッ!5 (2019)”. シネマトゥデイ (2019年7月27日). 2019年8月24日閲覧。
  17. ^ 教科書にないッ!6 (2019)”. シネマトゥデイ (2019年7月28日). 2019年8月24日閲覧。
  18. ^ “「不機嫌なモノノケ庵」舞台化!原嶋元久ら4名が芦屋花繪と安倍晴齋演じる”. コミックナタリー. (2016年6月30日). http://natalie.mu/comic/news/192744 2016年6月30日閲覧。 
  19. ^ “幕末に生きた人斬りの宿命描く、根本正勝×玉城裕規「紅き谷のサクラ」開幕”. ステージナタリー. (2017年1月13日). http://natalie.mu/stage/news/216666 2017年1月13日閲覧。 
  20. ^ MANKAI STAGE『A3!』~SPRING & SUMMER 2018~”. 2018年2月15日閲覧。
  21. ^ 舞台版『戦刻ナイトブラッド』公式アカウントによる2018年3月24日のツイート2018年3月27日閲覧。
  22. ^ 生駒里奈×矢部昌暉W主演「暁のヨナ~緋色の宿命編~」全キャストビジュアル解禁”. TVLIFE (2018年9月28日). 2018年10月3日閲覧。
  23. ^ 「ミュージカル封神演義-目覚めの刻-」太公望役に橋本祥平 - 安里勇哉、輝山立、陳内将ら出演”. FASHION PRESS (2018年11月1日). 2018年11月2日閲覧。
  24. ^ ゲーム「文豪とアルケミスト」舞台化!主人公・太宰治は平野良”. ステージナタリー (2018年11月1日). 2018年11月2日閲覧。
  25. ^ CAST/STAFF” (日本語). TRUMPシリーズ最新作『COCOON 月の翳り星ひとつ』. 2019年5月13日閲覧。
  26. ^ 舞台「紅葉鬼」西條高人役は陳内将、綾木千広役に菊池修司”. ステージナタリー. 2019年3月26日閲覧。
  27. ^ 出演者”. カタリダス〜MAKE IT GREAT〜. TBS. 2018年6月25日閲覧。

外部リンク[編集]