中尾暢樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかお まさき
中尾 暢樹
生年月日 (1996-11-27) 1996年11月27日(23歳)
出生地 日本の旗 日本埼玉県
身長 175 cm[1]
血液型 AB型[2]
職業 俳優タレント
ジャンル テレビドラマ舞台
活動期間 2014年 -
事務所 ワタナベエンターテインメント
公式サイト プロフィール
主な作品
テレビドラマ
動物戦隊ジュウオウジャー
あなたの番です
映画
劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック
一礼して、キス
チア男子!!
テンプレートを表示

中尾 暢樹(なかお まさき、1996年11月27日 - )[1][3]は、日本俳優タレント。俳優集団D-BOYSの最年少メンバーである。

埼玉県出身[1][3]ワタナベエンターテインメント所属。

略歴

高校1年生のときにワタナベエンターテイメントスクールに入所[4][5]。その16期卒業生である[6]。スクール在学中にD-BOYSの舞台・Dステの学生スタッフを体験したことを機に、2013年に開催された「D-BOYSオーディション10th」に参加[7]。ファイナリストに選出され、当時新設されたワタナベエンターテインメントの系列事務所DIVE’所属となる。

2014年より、ネルケプランニング制作舞台より派生したアイドルユニット・CHaCK-UPのメンバーとして活動[8][注釈 1]。2015年には阿久津愼太郎プロデュースの企画アイドルユニット・妖〜AYAKASHI〜のメンバーとしても活動した[10][注釈 2]。2015年10月、DIVE'からワタナベエンターテインメントへ移籍[12]。2016年1月よりD-BOYSのメンバーとなる[7]

2016年2月から放送の『動物戦隊ジュウオウジャー』にて、主演・風切大和 / ジュウオウイーグル / ジュウオウゴリラ / ジュウオウホエール役を務める[3][5]。同作がテレビドラマ初出演でかつ初主演を務め、本格的な俳優デビュー作品となる[6][3][13]

人物・エピソード

芸能界を目指したきっかけは、メンズ雑誌に掲載されていた俳優の募集記事を見たからであったが、明確な志望動機はなく中尾自身は「なんとなく」であったと述べている[5]。その後、養成所で同世代の俳優志望者が全力でレッスンを行っている姿を目の当たりにし、自身も真剣に頑張ることを決意したという[5]

動物戦隊ジュウオウジャー』では、共演の寺島進から座長としてしっかりするよう叱咤激励され、主役としての自覚を持てたと述べている[3][5]。また、寺島は中尾が考えすぎなところがあったため、反射神経良くするようアドバイスしたことを述懐している[14]

『ジュウオウジャー』では、厳しいことで知られるカメラマンの松村文雄からはあまり怒られることはなく、レッドっぽい昭和顔であると言われ気に入られていたという[5]。ジュウオウイーグルのスーツアクターを務めた浅井宏輔も、中尾のことを正統派レッドと評している[15]。メイン監督の貴行は、中尾について舞台のクセを修正したが、それは中尾のカンが良く演技ができるがゆえの要求であったと述べている[16]

出演

テレビドラマ

映画

ネットドラマ

バラエティ

オリジナルビデオ

舞台

  • プレゼント◆5(2014年) - 火星人☆マル 役[注釈 4]
  • CHaCK-UP(2014年 - ) - 火星人☆マル / 火山武 役
  • コミックジャック(2014年) - 火星人☆マル 役[注釈 4]
  • こどものおもちゃ(2015年) - 火星人☆マル 役 [注釈 4]
  • リーディングシアター「ダークアリス」(2019年5月29日、サンシャイン劇場)[26]
  • Reading♥Stage「百合と薔薇」(2019年6月11日、品川プリンスホテル クラブeX)[27]

CM

ゲーム

  • 動物戦隊ジュウオウジャー バトルキューブパズル(2016年) - ジュウオウイーグル / ジュウオウゴリラ / ジュウオウホエール 役[28]

書籍

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 2015年12月上演の舞台『CHaCK-UP-Episode.0―』より、CHaCK-UPに中尾は不在[9]
  2. ^ 2015年12月で活動を終了[11]
  3. ^ ドラマでは森乱丸で表記。
  4. ^ a b c 「CHaCK-UP」メンバーとしての出演。

出典

  1. ^ a b c 中尾暢樹”. ワタナベエンターテインメント. 2016年9月12日閲覧。
  2. ^ キャラクター|動物戦隊ジュウオウジャー|テレビ朝日
  3. ^ a b c d e ジュウオウジャー公式完全読本 2017, pp. 4-7, 「Zyuohger Main Cast Interview 01 中尾暢樹」
  4. ^ D★DAYS Vol.96”. Deview-デビュー (2016年2月). 2016年8月30日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 「SPECIAL INTERVIEW VOL.16 中尾暢樹」『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 Vol.16 動物戦隊ジュウオウジャー』講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2017年6月24日、16-17頁。ISBN 978-4-06-509527-0
  6. ^ a b 【WES】第16期卒業生・中尾暢樹くんがスーパー戦隊シリーズ「動物戦隊ジュウオウジャー」出演決定!”. ワタナベエデュケーショングループ (2015年12月26日). 2016年1月17日閲覧。
  7. ^ a b 俳優集団D-BOYS”. 中尾暢樹オフィシャルブログ (2016年1月15日). 2016年1月17日閲覧。
  8. ^ “惑星系アイドルグループCHaCK-UPの正体が明らかに!”. 東京ウォーカー. (2014年8月26日). http://news.walkerplus.com/article/49465/ 2016年1月17日閲覧。 
  9. ^ 『CHaCK-UP―Episode.0―』”. ネルケプランニング. 2016年1月17日閲覧。
  10. ^ “「妖〜AYAKASHI〜」楡木“歌えない、踊れない、しゃべれない”の殻破る!谷井からは「腹が立った」”. NEWS LOUNGE. (2015年6月29日). http://newslounge.net/archives/174112 2016年1月17日閲覧。 
  11. ^ 妖〜AYAKASHI〜 公式サイト” (2015年12月). 2016年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月30日閲覧。
  12. ^ 遅くなりました。ご報告があります!”. 中尾暢樹オフィシャルブログ (2015年10月18日). 2016年1月17日閲覧。
  13. ^ “忍者の次は3つの姿持つ「動物戦隊ジュウオウジャー」!レッドに中尾暢樹”. 映画ナタリー. (2015年12月26日). http://natalie.mu/eiga/news/170659 2016年1月17日閲覧。 
  14. ^ ジュウオウジャー公式完全読本 2017, pp. 30-31, 「Zyuohger Main Cast Interview 08 寺島進
  15. ^ ジュウオウジャー公式完全読本 2017, pp. 32-35, 「Zyuohger Suit-Actor Cross Talk 01 浅井宏輔×中田裕士
  16. ^ ジュウオウジャー公式完全読本 2017, pp. 61-63, 「Zyuohger Director Interview 01 貴行
  17. ^ “「はんなりギロリの頼子さん」AKB48横山由依、中尾暢樹で実写ドラマ化”. コミックナタリー. (2018年2月27日). https://natalie.mu/comic/news/271255 2018年2月27日閲覧。 
  18. ^ “泉里香:実写版「文学処女」に美女役で出演 「ラストアイドル」出身の古賀哉子は初ドラマ”. MANTANWEB. (2018年8月15日). https://mantan-web.jp/article/20180814dog00m200049000c.html 2018年8月15日閲覧。 
  19. ^ “シリーズ初、歴代スーパー戦隊の選抜メンバーによるドリームチーム結成”. ORICON NEWS. (2018年12月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2125995/full/ 2018年12月21日閲覧。 
  20. ^ “石田拓実「カカフカカ」TVドラマ化!森川葵&中尾暢樹が“添い寝カンケイ”に”. 映画ナタリー. (2019年3月24日). https://natalie.mu/comic/news/325151 
  21. ^ “三浦透子×古川琴音×中尾暢樹が奇妙な共同生活、山中瑶子によるドラマ放送”. 映画ナタリー. (2019年9月11日). https://natalie.mu/eiga/news/347000 2019年9月12日閲覧。 
  22. ^ “加賀やっこ「一礼して、キス」映画化!池田エライザ、中尾暢樹が演じる弓道ラブ - コミックナタリー”. (2017年3月13日). http://natalie.mu/comic/news/224287 2017年4月4日閲覧。 
  23. ^ “横浜流星と中尾暢樹がチア男子に、朝井リョウの小説を映画化”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). https://natalie.mu/eiga/news/298944 2018年9月10日閲覧。 
  24. ^ 『シグナル100』全キャスト解禁! 超特報映像も!” (日本語). 東映オフィシャルサイト (2019年9月30日). 2019年11月4日閲覧。
  25. ^ “高橋ひかる、ドラマ初主演決定 中尾暢樹らと「パフェちっく!」実写化”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年3月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1753213 2018年3月16日閲覧。 
  26. ^ リーディングシアター「ダークアリス」” (日本語). リーディングシアター「ダークアリス」. 2019年6月15日閲覧。
  27. ^ “同性同士の恋”描く、堤幸彦×川尻恵太「百合と薔薇」に崎山つばさら”. ステージナタリー. 2019年5月28日閲覧。
  28. ^ 動物戦隊ジュウオウジャー バトルキューブパズル バンダイナムコエンターテインメント公式サイト

参考文献

外部リンク