川合俊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かわい しゅんいち
川合 俊一
川合 俊一
川合 俊一
プロフィール
生年月日 1963年2月3日
現年齢 53歳
出身地 日本の旗 日本 新潟県
血液型 A
瞳の色 濃褐色
毛髪の色 黒髪
公称サイズ(2008年9月時点)
身長 / 体重 195 cm / 100 kg
BMI 26.3
スリーサイズ 105 - 89 - 105 cm
股下 / 身長比 104 cm / 53.3 %
靴のサイズ 28.5 cm
活動
デビュー 1992年
ジャンル タレントキャスター
モデル: テンプレート - カテゴリ
川合 俊一
Shunichi Kawai
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1963年2月3日(53歳)
出身地 新潟県糸魚川市
ラテン文字 Shunichi Kawai
身長 195cm
体重 100kg
血液型 A型
テンプレートを表示

川合 俊一(かわい しゅんいち、1963年2月3日 - )は、日本の元プロビーチバレー選手、元インドア全日本男子代表主将(ポジションはセンタープレーヤー)。

現職は、日本ビーチバレーボール連盟会長、日本バレーボール協会強化事業本部付顧問[1][2]、NPO法人日本バレーボール・オリンピアンの会理事[3]トヨタ自動車ビーチバレーボール部ゼネラルマネージャー[4]ケイブロス代表取締役社長、タレントバレーボール解説者

新潟県西頸城郡青海町(現:糸魚川市)出身[5]8歳から東京都大田区本羽田で育つ[要出典]明治大学付属中野高等学校日本体育大学体育学部体育学科卒業[6]

身長195cm、体重100kg血液型はA型。妻は女優の中野みゆき湘南ベルマーレビーチバレーチームヘッドコーチの川合庶は実弟。

来歴[編集]

父親の勧めで「背がデカくなりそうだから、デカくなるスポーツやろう」と思い、最初はバスケを検討したが、入学した大田区立出雲中学校はバレーボールが強かったので、バレー部に入部したという[7]

1981年明大中野高等学校を卒業して日本体育大学に進学。同期には田中直樹もいた。バレーボール部コーチに、川合と同じくセンタープレーヤーだった元全日本の森田淳悟が就任した年でもあった。

1983年、翌年のロサンゼルス・オリンピック出場をかけたアジア選手権決勝(対中国[8])に、2セットを先取され後がない状況で途中出場。「一人時間差攻撃」や、当時珍しかった斜めに跳んで空中で相手のブロックを交わす「流れ攻撃」[11]などで[12]、逆転勝利に貢献した[13]

1985年日本体育大学を卒業し、富士フイルムに入社。同社の熊田康則日本鋼管井上謙(3人とも同学年)と共に「バレーボール界のビッグ3」と言われ[14]、日本男子バレーボール界をリードしていった。この年の神戸ユニバーシアード(8 - 9月)では、7大会ぶりの金メダル獲得に貢献した。秋には同じく斎藤勝監督のもと、ワールドカップにも出場した。

1989年、当時監督の南将之の依頼で全日本の主将に就任。前年のソウルオリンピックで引退するつもりだったが、それまでバレー人生でキャプテンを一度もやったことがなかったこともあり、翻意したという[15]

1990年3月、富士フイルムを退社し、インドアバレーボールから引退。プロビーチバレーボール選手として世界各地のツアーに参戦する(1987年には第1回ビーチバレージャパンで前述の熊田とのペアで優勝していた)[6][16]。スポーツキャスターとして、1992年から7年間、日本テレビ独占!!スポーツ情報』のキャスターを担当した。

1994年パリ・コレクションに出演[6]

1997年9月女優中野みゆきと結婚[要出典]

2007年4月1日付で、日本ビーチバレー連盟会長に就任。

タレント活動の他に湘南ベルマーレスポーツクラブ・ビーチバレーチーム代表を務めている。

2010年11月、日本でのジオパークに指定された、出身地新潟県糸魚川市のジオパーク大使に任命された[5]

2013年、奄美大島の観光大使に任命された。

2015年6月から放送の東海テレビ制作のテレビドラマ『明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン〜』でテレビドラマ初出演を果たす[17]。同年7月よりトヨタ自動車ビーチバレーボール部ゼネラルマネージャーに就任[4]

人物[編集]

全日本では眞鍋政義らも、試合前に川合に髪型のセットを頼んだことがあったという[18]

警戒心・防犯意識が強く、寝室にスタンガン、3段警棒、木刀、手錠を備えている[19]。また、幼少時に停電が多かった教訓から、自宅の各所に複数の懐中電灯を常備している[20]

エピソード[編集]

バレーボール関連

  • 川合がバレーボール選手からタレントになったのは、引退後に大学の後輩である瀬戸山正二アメリカを旅しながら今後のことを考えていた時に、ロサンゼルスビーチバレーに出会ったのがきっかけである。帰国後、「面白いから日本で流行らせたい。ならばテレビに出た方が手っ取り早い」と思い、つながりのあるテレビ局に声を掛けた。それからタレント活動を始めていく上で、バラエティー番組からスポーツキャスターなど仕事の幅が広がり、そして今日に至るという。また、引退後は会社(富士フイルム)に残って仕事をすることも出来たのだが、自分自身にサラリーマンは向いていないこと、机一つとっても自分のサイズに合わないなどの理由もあったという。
  • 川合が代表を務める湘南ベルマーレスポーツクラブ・ビーチバレーチームでは、テレビでのキャラクターからは想像できないぐらいの「鬼コーチ」ぶりを発揮している。川合が練習に来るという情報を聞くと、怖くてさっさと帰ってしまう選手も存在する。
  • バレー中継の解説者を1997年から行っており、当初は手厳しい言葉が多く、特にアジア対決(韓国・中国)においては「負けただけでは許されない」という言葉も飛んでいた。しかし現在、批判は皆無になっており、逆に善戦した試合は褒め称える場面が多くなった。
  • バレーボール選手時代を知らない若年層からは、最初からタレント・司会者として認知されることが多いが、それについて川合は「それはそれで嬉しい」と語った。
  • D&M社の「KS761」「KS861」など、「川合俊一プロデュース」モデルのバレーボール用の肘・膝サポーターが販売されている。

  交友関係

その他

  • 実家はトンカツ屋を経営している。
  • 高校生の進路情報サイトで、母校の明大中野高校の生徒と対談する企画があり、後輩に当たる男子バレー部の生徒に「高校生の時の夢は何でしたか?」と聞かれた際に、「その時はファッションにすごく興味を持っていたのでバレーボール選手をやりながら、ブティックをやれたらいいなと思っていた」と答えている。(2004年、日本ドリコム運営のサイトにて)
  • 結婚して間もないころ、夫婦で「ESSE」(扶桑社刊)の表紙を飾ったことがある。
  • 学生時代の得意科目は数学であり、問題を解く早さには自信があったという。問題文を読んで出題の意図をつかみ、公式など盛り込むべきポイントをどこで使うかなどシミュレーションしたうえで解くという、論理的思考が後にバレーボールの試合で生きてきたとのことである。

球歴・受賞歴[編集]

  • 所属チーム履歴
大田区立出雲中学校[21]明治大学付属中野高等学校日本体育大学富士フイルム→プロビーチバレーボール

メディア[編集]

レギュラー

セミレギュラー・ゲスト

ほか多数


テレビドラマ

CM

その他の活動[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 事業本部部員・委員会委員名簿 日本バレーボール協会
  2. ^ フジテレビ バレーボールワールドカップ2011 レジェンドインタビュー第三回
  3. ^ 会員情報一覧 NPO法人日本バレーボール・オリンピアンの会
  4. ^ a b “トヨタ自動車、ビーチバレーボール部を設立 社内の一体感向上と、地域振興や情報発信に積極的に取り組み” (プレスリリース), トヨタ自動車株式会社, (2015年7月22日), http://newsroom.toyota.co.jp/en/detail/8767840 
  5. ^ a b 川合さんが大使に ジオパークをPR, 2010年11月27日 10時07分 上越タイムス
  6. ^ a b c 川合俊一 ホシノドリームズプロジェクト
  7. ^ SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。 第140回 ゲスト: 川合俊一×大林素子 - BS朝日 12月21日(土)
  8. ^ この試合で下した中国も、その後出場権を得て、結果的にはロサンゼルス・オリンピックに出場した。
  9. ^ gooテレビ番組スタジオパークからこんにちは」2016年11月11日放送
  10. ^ TVでた蔵スタジオパークからこんにちは」2016年11月11日放送
  11. ^ この技は他国も真似をし始めたが、膝を痛めやすいために衰退したという[9][10]
  12. ^ TVでた蔵 フジテレビ|土曜プレミアム「有名人ギャップ大賞」|2016/01/30(土)放送
  13. ^ “ここ一番”に強いチームづくり 著名人が語る - NTT西日本 公共・文教・大企業のお客さま
  14. ^ スポーツナビ “モテ男”川合、ガイチら、男子バレーのイケメンを紹介
  15. ^ バレーボールワールドカップ2011 - フジテレビ
  16. ^ 川合庶, 日本のビーチバレーが今後進む道, 2009.03.13 11:17 AM
  17. ^ 川合俊一、ドラマ初出演で東山紀之に演技相談”. ORICON (2015年5月27日). 2015年5月27日閲覧。
  18. ^ 2015/08/02(日)放送 | TVでた蔵ボクらの時代』 2015年8月2日放送
  19. ^ livedoor ニュース誰だって波瀾爆笑』 2009年11月8日放送
  20. ^ フジテレビ芸能人こだわり王講座 イケタク』 2010年7月20日放送
  21. ^ プロフィール 川合 俊一 - K.bros

関連項目[編集]

外部リンク[編集]