マルシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まるしあ
マルシア
本名 西家一枝マルシア
生年月日 (1969-02-14) 1969年2月14日(53歳)
出生地 ブラジルの旗 ブラジル
血液型 A型
職業 歌手タレント
配偶者 大鶴義丹1994年 - 2004年
テンプレートを表示

マルシア1969年2月14日 - )は、日本歌手女優タレント

本名は、大鶴 一枝 マルシア(おおつる かずえ マルシア、Marcia Kazue Otsuru)[1](旧姓:西家)。ワタナベエンターテインメント所属。

来歴・人物[編集]

出生[編集]

ブラジルサンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス出身の日系三世。祖父、西家佐登里は日本の静岡県富士市出身でブラジルへ移住し、祖母たか(静岡県沼津市出身)とともに、柿、ポンカンなどの果樹園を経営していた。二世である父・西家千秋と母・芳子の長女として生まれる。マルシアのファーストネームの一枝は、祖母が好きだった美空ひばりの本名である加藤和枝にちなんで名づけられたものである[1]

父、千秋は高校中退後に始めた事業に一度失敗した後に、祖父の佐登里が果樹園を手放してつくった資金の援助を受けて、肉屋の経営を始め成功した。母親は静岡県の出身[2]

歌謡曲歌手としての日本デビュー[編集]

1985年、ブラジルで開かれたTBSの『TBS歌謡選手権』で準優勝。翌年、同じくブラジルで開かれたテレビ東京の『外国人歌謡大賞』で優勝、ブラジル代表となり決勝大会進出のため初来日。このとき審査員をつとめていた作曲家猪俣公章の目に留まり、猪俣がブラジルへ足を運んでスカウトさて翌年、祖父の佐登里と共に来日し、猪俣公章の内弟子となる。そこには坂本冬美がいて、日本語の分からないマルシアと和歌山弁しか話せない坂本で寝食を共にした。マルシアにとって坂本は姉弟子で、東京でできたお互い初めての友達だった。マルシアは内弟子時代に耐え切れず一度だけ逃げ出したことがあり、その家出先が坂本の家だった。[3]

厳しい修業を乗り越え、1989年1月、「ふりむけばヨコハマ」でデビュー。同期デビューの歌手には中山忍星野由妃島崎和歌子千葉美加川越美和細川直美里中茶美香田晋尾鷲義人など。特に同年の新人賞レースでは、田村英里子との凄まじい激戦が繰り広げられた。『第31回日本レコード大賞』や『FNS歌謡祭』では最優秀新人賞を獲得するなど、数多くの新人賞を受賞する。

だが、マルシアがブラジルに凱旋帰国公演をする直前に、実父の千秋は心不全で急死。父はとうとう日本の土を踏むことは出来なかった。

女優・タレント業進出[編集]

後に、テレビドラマバラエティー番組などにも出演、女優・タレントとしても幅広く活躍。

1994年毎日放送のテレビドラマ「オレたちのオーレ!」で共演したことがきっかけで俳優の大鶴義丹と結婚。一女をもうけたが、2004年に離婚。離婚後も娘のために大鶴姓を名乗っている[1]

2001年、ブロードウェイミュージカル『ジキル&ハイド』に出演。初のミュージカル挑戦となったが、第56回文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞を受賞した。

2003年に日本国籍に帰化する。

2015年、日伯両国が外交関係樹立120周年を迎えるにあたり、サッカー元日本代表監督のジーコとともに親善大使に任命された。委嘱期間は同年2月12日から12月31日まで。

家族[編集]

一世

二世

三世

  • 西家一枝マルシア

作品[編集]

シングル[編集]

  1. ふりむけばヨコハマ (1989.1.21)
    作詞:たきのえいじ/作曲:猪俣公章/編曲:竜崎孝路
    (c/w やがて離愁)
  2. 抱きしめて (1990.2.14)
    作詞:蘭香/作曲:猪俣公章/編曲:竜崎孝路
    (c/w 夢色しのび逢い)
  3. 待ちわびて哀愁 (1991.1.21)
    作詞:たきのえいじ/作曲:猪俣公章/編曲:竜崎孝路
    (c/w ラスト・ヒロイン)
  4. 愛を置き去りに (1991.8.21)
    作詞:伊藤薫/作曲:三木たかし/編曲:若草恵
    (c/w 愛情物語)
  5. あなたの愛につつまれて (1992.2.21)
    作詞:伊藤薫/作曲:三木たかし/編曲:若草恵
    (c/w 急がないで)
  6. あきらめてバイバイ (1992.9.21)
    作詞:伊藤薫/作曲:猪俣公章/編曲:藤原いくろう
    (c/w あなたに帰りたい)
  7. 陽だまり (1993.3.21)
    作詞:高村圭/作曲:山崎一稔/編曲:竜崎孝路
    (c/w 雪どけ)
  8. 灼熱…サウダージ (1994.6.21)
    作詞:ちあき哲也/作曲:松岡直也/編曲:松岡直也
    (c/w 熱風エリア)
  9. 紅い蓮〜Chove Chuva〜 (1994.11.21)
    作詞:ちあき哲也/作曲:松岡直也/編曲:松岡直也
    (c/w 逆光線)
  10. しあわせになれる (1995.9.1)
    作詞:秋元康/作曲:井上大輔/編曲:岩崎文紀
    (c/w 二番目)
  11. ずっと許してる (1996.3.20)
    作詞:秋元康/作曲:井上大輔/編曲:岩崎文紀
    (c/w 何をすればいいの)
  12. 心の結婚 (1996.9.21)
    作詞:内田春菊/作曲:井上大輔/編曲:田代修二池谷明広
    (c/w いつもあなたを想ってる)
  13. Just A Woman〜あなたへ〜  (1998.10.21)
    作詞:吉元由美/作曲:尾上一平/編曲:岩田雅之
    (c/w 元気になる方法)
  14. Yours〜時のいたずら〜 (2008.10.22)
    作詞:ちあき哲也/作曲:すぎもとまさと/編曲:若草恵
    (c/w カッコウ・ホテル)
  15. エデンの雨 (2009.10.21)
    作詞:ちあき哲也/作曲:すぎもとまさと/編曲:若草恵
    (c/w 舞姫になれない)

参加作品[編集]

  1. 大阪の女 (2016.9.7)
    トリビュートアルバム『ザ・ピーナッツ トリビュート・ソングス』に収録)、森口博子とデュエット[4]

出演[編集]

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビバラエティ[編集]

1st Stage 私を育てた歌謡曲~ブラジルから日本へ~(2019年5月4日)
2nd Stage ~ミュージカルからスタンダードナンバーまで~(2019年6月9日)

ほか多数

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1990年(平成2年)/第41回 ふりむけばヨコハマ 17/29 橋幸夫 オリンピア劇場より中継(ブラジル)
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

ラジオ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c マルシア 離婚後も「大鶴」姓と告白”. デイリースポーツ (2015年10月22日). 2015年10月22日閲覧。
  2. ^ 『あの日あの時母の顔―私の母語り』 小学館 1996年 173頁
  3. ^ https://fuyumi3.web.fc2.com/marcia.html スタジオパークからこんにちは
  4. ^ “相田翔子&森高千里 ピーナッツを歌う 女性歌手12組がデュエット”. ORICON STYLE. (2016年8月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2076648/full/ 2016年8月12日閲覧。 
  5. ^ 城田優、蘭寿とむ、大原櫻子らが昆虫世界の住人に 地球ゴージャス新作『The Love Bugs』ビジュアルが到着”. シアターガイド (2015年8月3日). 2015年8月4日閲覧。
  6. ^ “白井晃が問題作「マハゴニー市の興亡」に挑む、山本耕史やマルシアら出演”. ステージナタリー. (2016年4月27日). http://natalie.mu/stage/news/185209 2016年4月27日閲覧。 
  7. ^ “「アニー」大人キャスト発表 マルシア「怖がられてしまいました」”. スポニチアネックス. (2016年12月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/09/kiji/K20161209013876590.html 2016年12月9日閲覧。 
  8. ^ 「リトル・マーメイド」フィルムコンサートに高畑充希、KREVA、ジャンポケ斉藤慎二”. ステージナタリー (2017年10月10日). 2018年3月13日閲覧。
  9. ^ “河原雅彦×椎名桔平「オリエント急行殺人事件」松井玲奈ら全キャスト発表”. ステージナタリー (ナターシャ). (2020年10月2日)

外部リンク[編集]