ちあき哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ちあき 哲也
出生名 小林 千明(こばやし ちあき)
別名 千明 哲也(ちあき てつや)
生誕 1948年6月11日
出身地 日本の旗 日本
神奈川県藤沢市
死没 (2015-05-10) 2015年5月10日(66歳没)
学歴 関東学院大学 卒業
ジャンル J-POP
歌謡曲
ニューミュージック
ロック
職業 作詞家
活動期間 1972年 - 2015年
共同作業者 矢沢永吉
五十嵐浩晃
すぎもとまさと

ちあき 哲也 (ちあき てつや、本名:小林 千明(こばやし ちあき)[1]1948年6月11日[2] - 2015年5月10日[3])は、神奈川県[4]藤沢市出身の作詞家。別名:千明 哲也(ちあき てつや)。

略歴[編集]

関東学院大学卒業後、浜口庫之助に師事[2]。作品を認められ、作詞家デビュー。在学中に「女の旅路」(歌:いとのりかずこ)を作ったことはあったが[5]、1972年(昭和47年)の「黄色い麦わら帽子」(歌:松崎しげる)がデビュー作[6]

2007年に『吾亦紅』(歌:すぎもとまさと)で日本レコード大賞作詞賞を受賞[4]。2008年に第16回スポニチ文化芸術大賞優秀賞を受賞[2]

2013年7月17日 ちあき哲也・杉本眞人コンビ作品集CD『すぎもとまさと Meets ちあき哲也』発売。

胆管がんで闘病していたが、2015年5月10日に東京都内の病院で死去[7][8]。66歳没。生涯独身であった。

同年、第57回日本レコード大賞・特別功労賞が贈られた[9]

主な楽曲[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

わ行[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “ちあき哲也氏が死去 作詞家”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年5月21日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H9S_R20C15A5CZ8000/ 2015年6月6日閲覧。 
  2. ^ a b c “作詞家ちあき哲也氏死去 飛んでイスタンブール、吾亦紅など名曲残し”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年5月22日). オリジナル2015年5月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150530010534/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/05/22/kiji/K20150522010392010.html 2015年6月6日閲覧。 
  3. ^ “「仮面舞踏会」ちあき哲也さん死去”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2015年5月22日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/05/22/0008047546.shtml 2015年6月6日閲覧。 
  4. ^ a b 作詞家のちあき哲也さん死去”. NHK「かぶん」ブログ. 日本放送協会 (2015年5月21日). 2015年6月6日閲覧。
  5. ^ “ちあき哲也氏死去 とことん異端児を貫いた生涯”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年5月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/05/22/kiji/K20150522010394050.html 2015年6月6日閲覧。 
  6. ^ “作詞家ちあき哲也さん死去「ペガサスの朝」など多数”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年5月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1480089.html 2015年6月6日閲覧。 
  7. ^ 作詞家のちあき哲也さん死去 「飛んでイスタンブール」 朝日新聞 2015年5月21日閲覧
  8. ^ “「飛んでイスタンブール」「仮面舞踏会」の作詞家、ちあき哲也氏が死去、66歳”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2015年5月21日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150521/ent1505210006-n1.html 2015年6月6日閲覧。 
  9. ^ 『レコ大』司会、2年連続で安住アナ&仲間由紀恵 クマムシに特別賞”. ORICON STYLE (2015年11月20日). 2015年11月20日閲覧。

参考文献[編集]