島崎和歌子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しまざき わかこ
島崎 和歌子
Yosakoi Performers at Kochi Yosakoi Matsuri 2008 53.jpg
高知よさこい祭りのパレードに参加中の島崎和歌子。
プロフィール
愛称 和歌ちゃん
ワッコさん
和歌子
和歌姉
姉さん
生年月日 1973年3月2日
現年齢 45歳
出身地 日本の旗 日本 高知県南国市
血液型 O
毛髪の色 茶色
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 156 cm / kg
靴のサイズ 23.5 cm
活動
デビュー 1989年5月5日
ジャンル アイドル歌謡曲J-POP
他の活動 歌手、女優
事務所 ゴールデンミュージックプロモーション
モデル: テンプレート - カテゴリ

島崎 和歌子(しまざき わかこ、1973年3月2日 - )は、日本歌手、タレント女優司会者。90年代アイドル。血液型O型。所属芸能事務所は、ゴールデンミュージックプロモーション愛称は、「和歌ちゃん」「ワッコさん」「和歌子」「和歌姉」「姉さん」本名は「しまき わかこ」と読む[1]

高知県南国市出身。明治大学付属中野高校定時制中退。

略歴[編集]

1973年、高知県南国市で生まれた。名前は父親が酒井和歌子にちなんで名付けた。生家は裏が山で、窓を開ければカブトムシが侵入し、知人宅を訪ねれば道中にイノシシが出没するという自然豊かな環境にあった[2]。幼い頃は極めて人見知りが強く、来客があると泣き出す子供だったという[3]。幼稚園では同じ園に通う竹馬の上手な男児に恋愛感情を抱くが、自分も竹馬の技術を習得して男児の歓心を買うまでの積極性はなく、特に進展はなかった[3]。南国市立岡豊小学校入学後は近所の男児と遊ぶようになり[3]、夏には川へ行き半裸で水泳に興じる[2]など、快活な少女に成長した。後に同小学校が100周年を迎えた際には、卒業生として記念行事に出席、トークショーを行い、恩師やかつての級友と再会している[4][5]

南国市立北陵中学校では卓球部に所属[6]、レギュラーとして県大会にも出場した[7]。このころ卓球部の先輩から電話で交際を申し込まれるが、周囲は中学生の男女交際など論外という土地柄であり、両親に長時間説諭される[8]。自身もこうした価値観に影響され、「彼氏とキスした」と話す級友には「ふしだらで、許せない」と、嫌悪感を抱いていた。またバレンタインデーには相手がおらず、女生徒同士でチョコレートの交換会を行っていた[9]。1987年夏、大過なく過ぎていく人生に疑問を抱き、「何か思い出に残る大きなアクシデントが欲しい」と思い立って[8][11]ロッテ CMアイドルはキミだ!」に応募。中山美穂50/50を歌い、グランプリは相川恵里に奪われたものの準優勝、芸能事務所ゴールデンミュージックプロモーション社長の市村義文にスカウトされる。父親は猛反対したが[12]、これを押し切って芸能界入りを決めた。

1989年、同年1月、フジテレビ系列で放送されたテレビドラマ『こまらせないで!』で女優デビュー。主演の荻野目洋子を虐める気が強い高校生役を演じる。同年5月5日ポリドールから「弱っちゃうんだ」でアイドル歌手デビュー。同期歌手デビューに田村英里子深津絵里中山忍星野由妃マルシア千葉美加川越美和などがいる。同年7月には、小沢なつきの降板により打ち切りとなった『魔法少女ちゅうかなぱいぱい!』の後番組として急遽制作が決定した『魔法少女ちゅうかないぱねま!』のヒロインに抜擢され、幼年層の支持を得た。また、デビュー2年目の1990年には東宝映画『スキ!』で映画初出演にして主演に抜擢される。本放送終了後22年後の2012年5月14日の『世界まる見え!テレビ特捜部』にゲスト出演した際にいぱねまの変身ポーズを披露した。上京当初は高層ビルの高さと数の多さ、テレビのチャンネルの多さに驚かされ、休日にはテレビばかり見ていたという[8]。一方で高知で島崎が出演する番組が放送されておらず、郷里での認知は充分ではなかった。高知ばかりではなく、業界全般の状況が「アイドル冬の時代」と呼ばれるほど悪化しており、アイドルとして活動する場は徐々に減少しつつあった。

1991年、『オールスター感謝祭』および『クイズ!当たって25%』の司会を務め(後述)、以降はアイドルから、徐々にバラエティーにシフトしていった。1997年の『わいわいティータイム』では肥満気味であることを認め、番組の企画としてダイエットに挑戦するなど[13][14]、仕事の内容も以前とは変質していった。歌手活動も続けており、1991年3月には平成3年3月3日午後3時33分の「3並び開演」となった東京公演など、6箇所を巡る全国ツアー「みんなに会いたい! WAKAKO SUN SUN」を開催した[15]。1993年、20歳を迎えて発売したシングル『HのあとにはI(愛)がある』では臍を露出した衣装で挑発的なタイトルの曲を歌い[16]、1994年発表のアルバム『ブルージィ・バケーション』では一転して大人びた雰囲気でまとめるなど[17]、従来のイメージの転換を図ったが、このアルバムを最後にいったん歌手活動に区切りをつけ、企画物を除いて楽曲を発表することはなくなった。歌手活動の中断はプロダクション社長の判断によるもので、本人も売り上げ不振を認め同意したという[18]

2001年バウハウスより写真集『wakako』を発売(宮澤正明撮影)、セミヌードを披露。写真集発売にちなんでデビュー以来初となる握手会を実施した[19]。写真集は『オールスター感謝祭』で参加賞として提供されたが、出演者からの評判は悪かった。

2003年にはクラブDJのトシユキゴトウ (Toshiyuki Goto) とクラブで抱擁や接吻を繰り返していた、と『週刊女性』で報じられた[20][21]。この件については、接吻は酔いの中で挨拶のような意図で行ったものとし、交際を否定した[22]。事件は活動分野が類似し、長く未婚を続けていた磯野貴理子が結婚を発表した直後であったことから注目を集めた。

現在では、お笑いタレント、特に出川哲朗上島竜兵ダチョウ倶楽部)をはじめとしたリアクション芸人と仕事をすることが多い。

2008年にはデビュー20周年を記念してベストアルバム『島崎和歌子 20th anniversary BOX』を発売、サンシャインシティ噴水広場で開催された20周年記念イベントではデビュー曲『弱っちゃうんだ』を17年ぶりに披露した[23]。2009年には自らが主演するドラマ『オーバー30』の主題歌『Happy Life 〜明日に向かって〜』を発売、島崎和歌子名義では16年ぶりとなる楽曲となった[24]。この曲のレコーディングにあたりボイストレーニングに通い[25]、過去の楽曲における地声に近い歌声とは全く異なる歌声を披露した。C/W世界で一番熱い夏」(プリンセス・プリンセスカバー曲)でも稀に見るハイトーンボイスを誇示した。『オーバー30』では専業主婦役を演じる一方で実生活では独身であることに注目が集まったが「焦りはない」と明言した[26]

2011年以降は、美容に関係した活動が増加している。『週刊女性』で美容関係の連載を持つほか[27]、2012年には美容書『美人』を発売、記念イベントではマツコ・デラックスが「無駄にキレイ」と評した[28]

人物・エピソード[編集]

  • 好物は豚足で、3時のおやつとして日常的に食べている。本人曰く「コリコリした食感がいいのよねぇ」とのこと。子供の頃、豚足がなく、チョコレートがおやつであったりするとがっかりしていた[29]。豚足でコラーゲンを多量に摂取していることから、年齢は女子高生並の美肌であるという。
  • デビュー前、特に中学生時代はスレンダーかつ美少女であったといわれる[29]
  • 小・中学生時期は大人しく、むしろ人見知りをする性格で、担任の先生が心配するくらいであった。
  • 実家は兼業農家で、母親が喫茶店経営。「田舎にありがちな、お客さんが農作業帰りの常連さんばかり」な喫茶店であり、都会のおしゃれなカフェのウェイトレスに憧れていた[29]
  • 大の酒豪で、20代の頃は毎日のように飲んでいた(ただ、30代後半になった頃には飲むのは週一回程度となったという)。飲み仲間には大久保佳代子バービーいとうあさこら女芸人も多い。しかし酒癖は悪く、朝になっても飲み続ける、飲む相手を帰さないなど、数々の芸能人が被害に遭っている(出川哲朗は、自分の股間をつかまれたとも話している)。ダチョウ倶楽部上島竜兵は酒の席で泥酔した島崎に腹を噛まれ、その時に付いた傷が1年間癒えることはなかった。このようなエピソードから「ミニアッコ」また「アッコさん(和田アキ子)」ならぬ「ワッコさん」と命名された[30][31]
  • 20代後半まで処女説がながれていた。本人もネタとして話していたことがあった[8]
  • キュリー夫人エマニエル夫人を混同していたことがあった[8]
  • 布袋寅泰のファンであると公言していた[32]
  • 出演した映画『ふたり』の主題歌「草の想い」は、主演であった石田ひかり中島朋子、そして大林宣彦が歌ったもの以外に、劇中で島崎が歌っている。これは、現在までどのアルバムにも入っていない。
  • 3人兄弟の長女で、妹と弟がいる。
  • 2005年7月から地元である高知県の観光特使をつとめている。
  • 2012年10月にジュニア野菜ソムリエを取得した。
  • 趣味は料理、読書、作詞、ビーズアクセサリー、ガーデニング(ハーブ栽培)、カラオケ、散歩、ゴルフ。

オールスター感謝祭[編集]

始まりはアイドルとして売り出し中の1990年から1991年に放送されていたTBSテレビ深夜バラエティ番組『青春!島田学校』にレギュラー出演したことであり、これがTBS初レギュラー、島田紳助との初対面及び共演であった。後に『オールスター感謝祭』の初代プロデューサーとなる加藤嘉一[33]が担当していたこともあり、18歳ながらその進行力が評価され、加藤や紳助の意向により1991年秋から『オールスター感謝祭』とレギュラー版である『クイズ!当たって25%』に紳助と共に司会に大抜擢されることとなった。

『25%』は半年で終了したが、1992年以降も『感謝祭』は毎年春・秋の改編期の特別番組として放送されており、紳助が2011年8月に芸能界を引退し降板するまで20年に渡りコンビを組んだ。

長時間の司会を担当するのは初めてであり、当初は問題の読み上げが中心のアシスタント色が強かったが、現在では事実上の進行役を兼ねている。字幕上でも紳助および後任の今田耕司[34]とともに「総合司会」との肩書きが付けられている[35]

過去に和歌子が司会者席から退席したのは4回(1999年3月27日・2014年3月29日・2014年10月4日・2015年4月4日)のみである。

Risky[編集]

1999年春の『感謝祭』において、番組16回目記念と称して紳助の発案、主導の元(紳助本人が番組内で発言)本人には何の意思確認や承諾もなしに、『24時間テレビ』の「サライ」に倣い、主題歌CD制作を放送中に50000枚完成させるという企画が強行された。番組進行中に突然紳助から「お前です!」と騙され[36]、わけも解らぬままエイベックスへと向かい、番組終了前にジャケット撮影やレコーディングを全て行った。制作にかかった4時間28分はギネスブックにも載った。また、放送の翌日から約1か月間のスケジュールがRiskyに関するイベントで埋められていた。その中のひとつで、CD購入者全員に本人の携帯電話番号が書かれたコースターがプレゼントされるという、前代未聞の企画が行なわれた。翌日からは公私を問わずひっきりなしに電話がかかり、仕事にならなかった(本人談)。この携帯番号がいつまで有効であったかは本人およびCD購入者にも全く知らされていなかった。本放送終了後の1999年6月に「感謝祭」の再編集版が再放送され、最後の30分間でRisky企画を追跡するコーナーが放送された。

翌1999年秋の『感謝祭』の冒頭で、紳助と本人が「CDは5万枚少々売れたものの、多くは事務所が買い取った」と思われる発言をしている。

歌手名の由来は、作詞担当の秋元康曰く「この企画自体あまりにもリスキーだから」とのことで、キーパッドによるアンケートで即決した。因みにもう1つの候補は「Thanksgiving Day」(感謝祭)であった。

出演[編集]

現在のレギュラー番組[編集]

過去のレギュラー番組[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

ビデオ[編集]

CM[編集]

映画[編集]

  • スキ!(1990年、東宝)主演 - 双葉 役[48]
  • 乙女物語 あぶないシックスティーン(1991年) - 有沢千芽 役
  • ふたり(1991年) - 中西敬子 役
  • 超少女REIKO(1991年、東宝) - 内田由美 役
  • あぶない刑事リターンズ(1996年、東映) - 佐伯真理 役
  • 理由(2004年) - 占有屋の若い女 役 ※キネマ旬報ベストテン第6位
  • TWILIGHT FILE VI「Quarter」(2009年、ミライ) - 佐伯美夜 役

劇場アニメ[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 弱っちゃうんだ(1989年5月5日)
  2. 元気がソレを許さない(1989年7月7日)
    • 元気がソレを許さない - 作詞:売野雅勇/作曲:都志見隆/編曲:京田誠一
    • 好きなのに - 作詞・作曲:奥野敦子/編曲:京田誠一
    ※表題曲の「元気がソレを許さない」はフジテレビ特撮テレビドラマ『魔法少女ちゅうかないぱねま!』の挿入歌として使用された。
  3. 恋のピー・カ・ブー(1989年10月10日)
    • 恋のピー・カ・ブー - 作詞:売野雅勇/作曲:都志見隆/編曲:西平彰
    • 女の子にさよなら - 作詞・作曲:奥野敦子/編曲:西平彰
    ※表題曲の「恋のピー・カ・ブー」はフジテレビ系特撮テレビドラマ『魔法少女ちゅうかないぱねま!』の挿入歌として使用された。
  4. 南南西(1990年3月21日)
    ※表題曲の「南南西」は高田みづえ秋川淳子のカバー、カップリングの「赤道直下型の誘惑」は渡辺桂子のカバー。
  5. J・Jがいた夏(1990年8月29日)
    • J・Jがいた夏 - 作詞:阿久悠/作曲:井上大輔/編曲:山中紀昌
    • 知らない誰かに愛されている - 作詞:阿久悠/作曲:井上大輔/編曲:山中紀昌
  6. My Darling あんちくしょう(1991年2月25日)
    • My Darling あんちくしょう - 作詞:阿久悠/作曲:井上大輔/編曲:山中紀昌
    • ちょっとアハハ - 作詞:阿久悠/作曲:井上大輔/編曲:山中紀昌
  7. ドリーム・ストライカー(1991年10月25日)
    • ドリーム・ストライカー - 作詞:田口俊/作曲:杉真理/編曲:京田誠一
    • 異邦人〜ストラニエーロ〜 - 作詞:田口俊/作曲:杉真理/編曲:京田誠一
    ※表題曲の「ドリーム・ストライカー」はテレビ東京系テレビアニメ『燃えろ!トップストライカー』のOP曲、カップリングの「異邦人〜ストラニエーロ〜」も同じく燃えろ!トップストライカーのED曲として使用された。
  8. 何かいい事きっとある(1993年3月3日)
    ※表題曲の「何かいい事きっとある」はアニメ映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』のED曲として使用された。
  9. HのあとにはI(愛)がある(1993年10月25日) ※島崎和歌子名義では1990年代最後のシングル
    • HのあとにはI(愛)がある - 作詞:下地亜記子/作曲:井上大輔/編曲:杉山卓夫
    • ちぎれそうなラプソディ - 作詞・作曲:伊藤薫/編曲:山中紀昌
  10. My life is…(1999年4月21日) ※Risky名義
    ※表題曲の「My life is…」はTBS系バラエティ番組『オールスター感謝祭』のED曲として使用されている。
  11. 仮初小学校(2005年11月9日) ※島崎さんと大竹くん名義
    バンド乙三の両A面シングル『あっちむいてほい/仮初小学校』に収録された楽曲[50]
  12. Happy Life〜明日に向かって〜(2009年1月28日)
    ※表題曲の「Happy Life〜明日に向かって〜」は島崎主演のTBS系昼ドラオーバー30』のOP曲として使用された。カップリングはプリンセス プリンセスの「世界でいちばん熱い夏」のカバー。島崎和歌子名義としては15年ぶりのシングルとなった。

アルバム[編集]

  • マシュマロ・キッス(1989年11月21日)
  • ブルージィ・バケーション(1994年9月24日)

その他[編集]

  • アフリカのクリスマス - ポリドールが企画したクリスマスをテーマにしたオムニバスアルバム『White Album'90』(1990年11月10日)の7曲目。平沢進with島崎和歌子名義。
  • 島崎和歌子 20th anniversary BOX - 2008年発売。仮初小学校までの全楽曲を収録した2枚組CD+DVD映像を納めたコレクターズボックス。

著書[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「弱っちゃうんだ。ケーキの誘惑に負けそうで! 島崎和歌子」、『近代映画』第45巻第7号、近代映画社、1989年5月、 126-127頁、 ISSN 0023-1460
  2. ^ a b 「HOPE 夏になると川でパンツいっちょになって泳いでいた少女がデビュー。高知仕込みの笑顔が魅力の16歳! 島崎和歌子」、『週刊明星』第32巻第21号、集英社、1989年6月1日、 32頁。
  3. ^ a b c 「ピースサインはカニのせい!? おもしろ生い立ちエピソード 島崎和歌子」、『近代映画』第45巻第8号、近代映画社、1989年6月、 122-123頁、 ISSN 0023-1460
  4. ^ 橋本宣彦「無限の未来願って 南国市 岡豊小に100年記念碑 あす祭り」『高知新聞』2010年(平成22年)11月20日付朝刊26面。
  5. ^ 橋本宣彦「岡豊小(南国市)100周年記念祭 ライブ、トークで盛況 600人祝う」『高知新聞』2010年(平成22年)11月23日付朝刊25面。
  6. ^ 「母ちゃん、カツオの肌でただいま! 島崎和歌子 ふるさと高知発・お国自慢エクスプレス」、『明星』第39巻第10号、集英社、1990年10月、 138-139頁。
  7. ^ 「島崎和歌子●野球 クリーンヒットの秘密は魔法パワー!?」、『近代映画』第45巻第9号、近代映画社、1989年7月、 86-87頁。
  8. ^ a b c d e 「中尾彬のウンチク付き突っ込み美女対談 第37回 島崎和歌子 「私、ずっとキュリー夫人とエマニエル夫人を混同していたの、キャハハ」」、『週刊ポスト』第33巻第46号、小学館、2001年11月9日
  9. ^ 「Remember St.Valentine's Day 私のバレンタインデーの思い出♡ 島崎和歌子 いつも女の子同士でチョコの交換会。みんな、あげる相手がいなかったのネ。」、『近代映画』第46巻第5号、近代映画社、1990年3月
  10. ^ 湯浅明「『いい湯だな』ザ・ドリフターズ」『産経新聞』1999年4月10日付東京夕刊。
  11. ^ 応募の経緯については「友達と冗談で受けた」[10]「オーディションの景品のラジカセが欲しかった」「百恵ちゃんみたいになりたかった」など、さまざまな記述がある。
  12. ^ 「18歳アイドルにビックな予感 HEADED FOR STARDOM 司会・女優・歌手とマルチに活躍する島崎和歌子に熱視線!」、『週刊宝石』第11巻第44号、光文社、1991年11月21日、 27-29頁。
  13. ^ 「減量宣言して一喜一憂」『読売新聞』1997年(平成9年)8月31日付東京本社日曜版5面。
  14. ^ 「島崎和歌子 ダイエットに苦戦 TBS「わいわいティータイム」 視聴者も一緒に挑戦 最後の審判今月19日 成功すればハワイ旅行」『読売新聞』1997年(平成9年)9月9日付東京本社夕刊9面。
  15. ^ 「平成3年3月3日午後3時33分開演 島崎和歌子きょうから全国ライブ」『日刊スポーツ』平成3年(1991年)3月3日付22面。
  16. ^ 「ドラえもん歌手 へそ出しルック」『日刊スポーツ』平成5年(1993年)10月30日付23面。
  17. ^ 「島崎イメージかえニューアルバム」『日刊スポーツ』平成6年(1994年)10月31日付26面。
  18. ^ 宮藤官九郎「スッポン官太の美女美女インタビュー 90 宮藤官九郎のビガパン! 「芸能界、しゃべるか抱かれるかの世界なのよ!!」の巻」、『週刊プレイボーイ』第38巻第31号、集英社、2003年8月19日、 80-82頁。
  19. ^ a b 「「SEXY和歌子」にドキドキ 初の写真集発売」『日刊スポーツ』平成14年(2002年)1月11日付26面。
  20. ^ 「芸能界一モテないタレント!? 島崎和歌子30のマジ♡ラブ「ディープキス」撮った! カリスマDJ36 西麻布・11月1日 独占激写&初熱愛スクープ! 私生活では、ちゃんといたんだ!」、『週刊女性』第47巻第45号、2003年11月25日、 30-31頁。
  21. ^ 「島崎和歌子♥♥ DJのToshiyuki Goto 「週刊女性」報じる」『日刊スポーツ』2003年(平成15年)11月11日付24面。
  22. ^ 「ディープキス 酔ってたから? 島崎和歌子 週刊誌報道で釈明 DJとの交際否定」『日刊スポーツ』2003年(平成15年)11月13日付25面。
  23. ^ 島崎和歌子、デビュー20周年で現役アイドル宣言
  24. ^ 島崎和歌子、昼ドラ主演&主題歌担当
  25. ^ 島崎和歌子 インタビュー
  26. ^ 独女を代表して!?島崎和歌子さんに「独女の本音」を聞いてきました【独女通信】 Archived 2013年2月17日, at the Wayback Machine.
  27. ^ 「マツコ・デラックスも大絶賛! 島崎和歌子が15㌢くびれた! 10㌔9㌔やせた! 足回しダイエット」、『壮快』第39巻第7号、マキノ出版、2012年7月、 103-105頁。
  28. ^ 島崎和歌子、マツコから「無駄にキレイ」と大絶賛!
  29. ^ a b c 週刊現代 2008年7月12日 43〜45ページ『大特集 地方分権の時代に(第3弾)わが故郷を語る・あなたのふるさとは輝いていますか 高知・島崎和歌子(タレント)』
  30. ^ 週刊現代 2005年5月21日号 44〜45ページ『人物ワイド「春のから騒ぎ」・島崎和歌子「恐怖の姉御酒」』より。
  31. ^ 【エンタがビタミン♪】“ミニアッコ”と恐れられる女。島崎和歌子の酒癖に芸人らが被害。”. Techinsight (2012年3月19日). 2015年3月5日閲覧。
  32. ^ 「原色美女図鑑 島崎和歌子」、『週刊文春』第43巻第49号、2001年12月27日
  33. ^ 2018年3月現在、TBSテックス代表取締役社長。
  34. ^ 2012年春以降の後任。2011年秋は今田・ロンブー田村淳東野幸治が交替で担当した。
  35. ^ 字幕上に「総合司会」との肩書きが付けられたのは2008年秋からであり、2008年春までは名前のみが出るだけとなっていた。
  36. ^ 持っていた台本には「織田無道が歌う」と書いてあって、本人以外のスタッフなどは打ち合わせやリハーサルは“島崎の前では”それに合わせていた。
  37. ^ 『毎日新聞』1992年5月25日付東京本社朝刊25面。
  38. ^ 『高知新聞』1996年7月16日付夕刊5面。
  39. ^ 『スポーツ報知』2008年4月15日付25面。
  40. ^ 「島崎和歌子が娘役 水戸黄門」『読売新聞』2003年(平成15年)10月31日付東京本社夕刊15面。
  41. ^ 『沖縄タイムズ』2005年11月25日付32面。
  42. ^ 佐々木達也「試写室 能をヒントに犯人探し 不倫調査員片山由美 京都・着付け教室美人妻殺人事件」『朝日新聞』2006年(平成18年)8月2日付東京本社朝刊32面。
  43. ^ 「私と司馬さん 島崎和歌子さん タレント 出たいと言って故郷に錦飾った」、『週刊朝日』第115巻第21号、2010年5月21日、 93頁。
  44. ^ 本当にあった女の人生ドラマ”. フジテレビ. 2016年11月18日閲覧。
  45. ^ 『東京新聞』2000年1月23日付朝刊12面。
  46. ^ 『読売新聞』2010年12月13日付東京本社夕刊13面。
  47. ^ 『スポーツ報知』1999年5月29日付24面。
  48. ^ 「夢追う青年を好演 大江千里 正月映画「スキ!」撮影大詰め ライブ感覚生きた演技 渡辺孝好監督と息ぴったり」『読売新聞』1990年(平成2年)10月4日付東京本社夕刊9面。
  49. ^ “「ポッピンQ」島崎和歌子と小野大輔がゲスト出演、ヒロインの両親役で土佐弁披露”. 映画ナタリー. (2016年10月18日). http://natalie.mu/eiga/news/205765 2016年10月18日閲覧。 
  50. ^ 2006年2月に「笑っていいとも!」の『テレフォンショッキング』出演時に『去年久しぶりにインディーズ(ベルウッドキングレコードの傘下)でCD出したんです』と披露。

外部リンク[編集]