第58回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第58回日本レコード大賞
New National Theatre, Tokyo 2010.jpg
会場として使われる新国立劇場
ジャンル 特別番組 / 音楽番組
放送時間 金曜18:30 - 22:00
放送期間 2016年12月30日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 樋江井彰敏(OAサブ)
柴田猛司(ライブ演出)
服部英司(総合演出)
プロデューサー 大木真太郎、時松隆吉
落合芳行(制作プロデューサー)
出演者 安住紳一郎(TBSアナウンサー)
天海祐希
ほか
ナレーター ジョン・カビラ
音声 ステレオ放送
字幕 リアルタイム字幕放送
データ放送 データ放送
外部リンク 第58回輝く!日本レコード大賞

特記事項:
テレビ中継は一部地域を除いて17:30 - 18:30に『序章』も別途放送。
テンプレートを表示

第58回日本レコード大賞(だい58かいにほんレコードたいしょう)は、2016年(平成28年)12月30日に、新国立劇場にて発表音楽会が開催された58回目の『日本レコード大賞』である[1][2]

発表音楽会の模様はTBSテレビTBSラジオをキーステーションに全国で放送された。

ノミネート及び各賞の発表は11月18日に主催者から執り行われた。

概要[編集]

第58回日本レコード大賞は、西野カナが歌唱した「あなたの好きなところ」に決定した。西野は初の受賞で、平成生まれのソロ歌手としても初の受賞、また女性ソロアーティストの受賞は第47回倖田來未以来11年振り、女性アーティストの受賞も第54回AKB48以来4年振りとなった[3]。因みにオリコン年間シングルチャートでトップ50どころか、1971年から100位に拡大されて以降トップ100にも入らなかった楽曲がレコード大賞を受賞したのは史上初である。

なお、最優秀新人賞がiKONに決定した際に、プレゼンターを務めた総合司会の天海祐希が「ニコンレコード大賞」と発言するハプニングがあった。

レコード大賞3連覇を目指していた三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEは対象期間内にシングル未発表のため、今年度の優秀作品賞に選出されなかった[4]。また、例年は賞とは関係ない特別ゲストが数組入るが、今回に関しては1組もなかった。ただしキャロライン・ケネディ駐日アメリカ合衆国大使(当時[注 1])が客席から観覧し、インタビューに応じる模様が放送された。

第2部(19:00 - 22:00)の平均視聴率は昨年の第57回を1.5ポイント上回る14.5%となり、2年ぶりに時間帯首位を奪還した(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[5]

放送時間[編集]

テレビ放送 
ラジオ放送

司会[編集]

総合司会[編集]

進行アナウンサー[編集]

ラジオ中継司会[編集]

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀新人賞[編集]

優秀作品賞(大賞ノミネート作品)[編集]

新人賞(最優秀新人賞ノミネート)[編集]

最優秀アルバム賞[編集]

優秀アルバム賞[編集]

企画賞[編集]

特別賞[編集]

特別話題賞[編集]

特別栄誉賞[編集]

功労賞[編集]

特別功労賞[編集]

日本作曲家協会奨励賞[編集]

作曲賞[編集]

作詞賞[編集]

編曲賞[編集]

TV中継主なスタッフ[編集]

  • ナレーター:ジョン・カビラ
  • <新国立劇場>
    • TM・照明:近藤明人
    • TP:高岡崇靖、原田幸治
    • TD:中野啓、寺尾昭彦
    • カメラ:小笠原朋樹
    • カムリモート:野坂和恵
    • テクノクレーン:坂野昇
    • VE:伊深拓也
    • 照明:原昇
    • 音声:森和哉、相馬敦
  • 美術プロデューサー:山口智広
  • 美術デザイナー:中村嘉邦
  • 美術制作:与田滋
  • CGプロデューサー:木村健二
  • CGデザイナー:森須裕紀
  • <OAサブ>
    • TD:齋藤哲也
    • VE:高橋康弘
    • 音声:藤井勝彦
    • VTRD:清宮嘉浩、前島隆昭、有田直美、鵤晴美
    • 演出:樋江井彰敏
  • 技術協力:東通TBSテックスMBSOBSRBCRCCティエルシーエヌ・エス・ティーTAMCOアックス、テクト、ラ・ルーチェNEXIONJ-crewPRG、RISING、MTplanning、三穂電機、TwitterJapan
  • 資料協力:CANシステム、USENレコチョク
  • 協力:新国立劇場運営財団
  • 構成:伊藤正宏中野俊成/小泉泰成、安念高志
  • 編成:岸田大輔、中島啓介
  • 宣伝:塩川篤史
  • Web/Twitter:松尾智和
  • 公開:廣中信行、松元裕二、齋藤絵里子、橋本祐太
  • TK:長谷川道子
  • MC担当:高宮望、安永洋平、岩本啓助、加藤亜季子
  • アナブース:深谷俊介
  • AP:鹿渡弘之、神田祐子、佐藤誠子/原田康弘
  • 舞台監督:藤田亘/植木修一
  • ライブ演出:柴田猛司
  • 総合演出:服部英司
  • プロデューサー:大木真太郎、時松隆吉
  • 制作プロデューサー:落合芳行
  • 制作著作:TBS

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 翌月となる2017年1月に離任している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g “『第58回レコード大賞』候補10作品決定 宇多田、AKB48、桐谷健太ら”. ORICON STYLE. オリコン. (2016年11月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2081631/full/ 2016年11月18日閲覧。 
  2. ^ a b “日本レコード大賞の各賞受賞者が決定…特別話題賞に「PPAP」”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2016年11月18日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161117-OHT1T50163.html 2016年11月18日閲覧。 
  3. ^ a b “西野カナ初の日本レコード大賞、女性ソロ11年ぶり”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2016年12月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1758974.html 2016年12月31日閲覧。 
  4. ^ 三代目JSB、レコ大V3ならず 候補作選出なし日刊スポーツ 2016年11月18日
  5. ^ “「レコ大」前年上回る14・5% 「アメトーーク!」SPなどに勝利”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社. (2017年1月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/02/kiji/20170102s00041000019000c.html 2017年1月2日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m “レコ大に宇多田、いきもの、AAAらノミネート!ピコ太郎とRADIO FISHも各賞受賞”. 音楽ナタリー. (2016年11月18日). http://natalie.mu/music/news/209809 2016年11月18日閲覧。 
  7. ^ “山崎育三郎、カバーアルバム「1936」で日本レコード大賞企画賞を受賞”. ステージナタリー. (2016年11月18日). http://natalie.mu/stage/news/209819 2016年11月18日閲覧。 
  8. ^ “第58回「日本レコード大賞」ピコ太郎が特別話題賞、RADIO FISHが企画賞に”. お笑いナタリー. (2016年11月18日). http://natalie.mu/owarai/news/209817 2016年11月18日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]