亀田製菓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
亀田製菓株式会社
Kameda Seika Company, Limited
KAMEDA SEIKA logo.svg
Kameda Seika HQ.jpg
本社入り口
種類 株式会社
市場情報
略称 亀田
本社所在地 日本の旗 日本
950-0198
新潟県新潟市江南区亀田工業団地3-1-1
設立 1957年8月26日
(創業:1946年(昭和21年)9月)
業種 食料品
法人番号 4110001006378 ウィキデータを編集
事業内容 菓子の製造販売
代表者 田中通泰代表取締役会長CEO
佐藤勇(代表取締役社長COO
資本金 19億4,613万円
発行済株式総数 2231万8650株
売上高 連結:1,038億800万円
単体:771億9,400万円
営業利益 連結:58億1,300万円
単体:41億8,300万円
経常利益 連結:69億900万円
単体:42億8,300万円
純利益 連結:44億6,300万円
単体:25億1,000万円
純資産 連結:539億200万円
単体:370億8,800万円
総資産 連結:828億2,500万円
単体:649億1,900万円
従業員数 連結:3,379名
単体:1,474名
決算期 3月31日
主要株主 株式会社ケイエイ 9.96%
KAMEDA共栄会 9.36%
株式会社第四銀行 4.92%
主要子会社 新潟輸送(株)
(株)エヌ・エイ・エス[注釈 1]
(株)日新製菓
亀田トランスポート(株)
アジカル(株)
とよす(株)
SMTC Co.,LTD
TH FOODS.INC.
KAMEDA USA.INC.
青島亀田製菓有限公司
天津亀田製菓有限公司
関係する人物 古泉栄治(創業者)
外部リンク www.kamedaseika.co.jp
特記事項:財務データは第63期(2020年3月期)有価証券報告書[1]および2020年3月期決算短信[2]より。
テンプレートを表示

亀田製菓株式会社(かめだせいか)は、日本新潟県新潟市江南区に本社を置き、主にせんべいあられなどの米菓、菓子を製造する企業。日本最大の米菓メーカーである。

概要[編集]

1946年に、中蒲原郡亀田町の農民が共同で出資し亀田郷農民組合を結成し、元町地内(現元町工場および関連各社所在地)に委託加工所を開き、水飴の製造を開始した。組合は1950年に法人組織に改組され、亀田町農産加工農業協同組合に改称、製造品目も水飴から米菓に転換した。1961年に、あられ「サラダホープ」を発売すると記録的な売り上げを達成し、大手メーカーとしての礎を築く。1970年代に大規模な設備投資を行い製造体制を強化。1975年度は総売上165億1,900万円を記録し、米菓売上額日本一となった。2012年に海外への販路拡大のため韓国の食品メーカー「農心」と業務提携[3]したが、農心は異物混入などの衛生問題をたびたび起こしていたことから、広報ブログが炎上する騒動も発生した[4]。現在に至るまで米菓・スナック菓子を主力商品としているが、今後国内の少子化によって米菓需要が頭打ちになることを想定し、商品群の多角化や海外展開にも重点を置いており、菓子以外にも米飯や乳製品、健康食品の製造も手掛けている。

新潟県内で「亀田」を読む際、新潟市江南区亀田地区を指す場合は後ろにアクセントを置いて「かめだ」と読まれるが、亀田製菓を指す場合は頭にアクセントを置いて「めだ」と読まれる。

沿革[編集]

  • 1946年昭和21年) - 亀田郷農民組合が結成され水飴の製造を開始。
  • 1950年(昭和25年) - 亀田郷農民組合が法人化され、亀田町農産加工農業協同組合を設立。製造品目を米菓に転換。
  • 1957年(昭和32年) - 亀田町農産加工農業協同組合を母体として亀田製菓株式会社が設立され、本格的な米菓メーカーとしてスタートを切る。
  • 1961年(昭和36年) - あられ「サラダホープ」の製造を開始。
  • 1965年(昭和40年)
    • 量産化に対応すべく運行式乾燥機を導入。
    • パッケージイメージの統一を目指して「亀田製菓」のロゴを赤い六角形で囲った亀甲マークが制定。
  • 1966年(昭和41年) - 「ピーナッツ入り柿の種」発売。
  • 1967年(昭和42年) - 「サラダうす焼」発売。
  • 1969年(昭和44年) - 広告・宣伝がスタート。「亀田のあられ・おせんべい」のキャッチフレーズを採用。
  • 1971年(昭和46年)
  • 1972年(昭和47年) - 元町の本社が新築され、オンラインシステムを他社に先駆けて整備した。
  • 1976年(昭和51年)
    • 白根市(現新潟市南区)に白根工場を開設。
    • 「ハッピーターン」発売。
  • 1977年(昭和52年) - 「梅の香巻」発売。
  • 1984年(昭和59年) - 新潟県内の米菓メーカーとしてはじめて新潟証券取引所に株式を上場。
  • 1986年(昭和61年) - 年間売上額が500億円に到達。
  • 1987年(昭和62年)
    • 会社設立30周年。
    • 老朽化し手狭となった本社工場に代わり、亀田町大字早通地内で造成が進められていた亀田工業団地内に亀田工場を開設。
  • 1990年平成2年) - 本社機能を亀田工場内に移す。
  • 2000年(平成12年) - 新潟証券取引所が東京証券取引所と合併したのに伴い、東証第二部に上場。
  • 2008年(平成20年) - 春に対米輸出の強化を図るためアメリカカリフォルニア州に現地法人「KAMEDA USA」を発足。
  • 2012年(平成24年)
    • 4月6日 - 東証第一部に昇格。
    • 韓国の食品メーカー「農心」と業務提携。
  • 2013年(平成25年) - アルファ米等を製造する尾西食品株式会社を買収し、グループ会社とする。
  • 2017年(平成29年)
    • タイの連結子会社であるるTHAI KAMEDA CO., LTD.で棚卸資産を過大計上したとして、不適切会計を開示[5]
    • 会社設立60周年
    • インド・Daawat KAMEDA (India) Private Limitedを設立

主力商品[編集]

現在販売中の商品数は、200種類以上であるが、主力の8商品で売り上げの約50%を占める[6]

2020年ごろより、各商品のパッケージには英語表記が追加されている。

主力8商品
  • 亀田の柿の種 - 現在商品の個包装には「こばなしのたね」が印刷されている[7]。それ以前は平本勝彦作のキャラクター「けなげ組」が印刷されていた[7]
  • ハッピーターン
  • 海苔ピーパック
  • まがりせんべい
  • 手塩屋
  • うす焼
  • おばあちゃんのぽたぽた焼
  • つまみ種
その他の商品
  • あられ春秋
  • 粋なマヨネーズあられ
  • カレーせん
  • こつぶっこ
  • サラダホープ
  • ソフト
  • 白い風船
  • Sakuri - 2008年2月発売。

広報活動[編集]

オフィシャルスポンサー[編集]

CM[編集]

※人名は出演者。丸括弧( )内の年月日表記は、CMもしくはキャンペーンの展開されている期間。
現在
  • 商品CMモデル(2013年9月27日 - 2019年下半期現在)[8]
  • 商品CMキャラクター「有村架純開発部長」 - 亀田製菓の若手社員5名と共に新しい味の「亀田の柿の種」を開発する「有村架純 開発部長プロジェクト」の部長役で2014年9月末に起用される[9][10]。2017年11月には肩書が本部長に変わる[10]。(2014年10月 - 2019年下半期現在)
  • 企業CMキャラクター「ママツコ」 - 一消費者として忌憚なく意見する、子連れの主婦「ママツコ」の役。(2019年9月1日 - 同年下半期現在)[11][12][13]
  • ハッピーターン - 「#変わっターン #変わってなかっターン キャンペーン」(2019年9月2日 - 30日)[11][12][14]
  • 亀田の柿の種(いわゆる柿ピー) - 「私、亀田を変えたいの。キャンペーン『当たり前を疑え! 国民投票』」[注釈 2](2019年10月1日 - 11月27日)[12][15][16]
過去

提供番組[編集]

現在は無し。ライバル企業である越後製菓などとの共同提供も今は行われていない。

過去
基本的にスポットCM中心である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 中古車ディーラー。旧ユーノスロード新潟。
  2. ^ キャンペーンの背景については「柿の種#亀田の配合比率」が詳しい。

出典[編集]

  1. ^ 第63期有価証券報告書 (PDF) (亀田製菓株式会社)2020年7月2日閲覧。
  2. ^ 2020年3月期決算短信 (PDF) (亀田製菓株式会社)2020年7月2日閲覧。
  3. ^ 亀田製菓、韓国食品大手と提携 商品開発や技術供与 - 日本経済新聞、2012年4月26日
  4. ^ 亀田製菓の柿の種 Amazonのレビューに酷評殺到の理由とは? NEWSポストセブン 2012.05.12 07:00 [1]
  5. ^ [2] (PDF) 独立調査委員会の調査報告書受領に関するお知らせ (亀田製菓株式会社)2020年11月10日閲覧。
  6. ^ TBS系『がっちりマンデー!!』2010年11月7日放送分
  7. ^ a b けなげ組”. 公式ウェブサイト. 亀田製菓. 2019年10月3日閲覧。
  8. ^ 亀田製菓/「あまちゃん」若き日の春子演じた有村架純を「柿の種」イメージキャラクターに」『流通ニュース』株式会社流通ニュース、2013年9月27日。2019年10月3日閲覧。
  9. ^ 有村架純がぴっちぴっちのスーツ姿の部長に! 柿の種 新味決定プロジェクト」『週刊アスキー』、角川アスキー総合研究所、2014年9月29日、2019年10月3日閲覧。
  10. ^ a b 井上咲太「有村架純開発“本”部長 昇進記念! 「亀田の柿の種 ソースマヨ味」期間限定で販売」『東京ウォーカー(全国版)』KADOKAWA、2017年11月13日。2019年10月3日閲覧。
  11. ^ a b 亀田製菓 (2019年9月2日). “「ハッピーターン」が4年ぶりにリニューアル! 繊細過ぎる味の変化を、TVCMにてマツコデラックスさんがジャッジ!”. 公式ウェブサイト. 株式会社 PR TIMES. 2019年10月3日閲覧。
  12. ^ a b c 亀田製菓 (2019年9月26日). “亀田の柿の種の「柿の種」と「ピーナッツ」6:4の比率に物申す!? 私、亀田を変えたいの。キャンペーン「当たり前を疑え! 国民投票」開始のお知らせ”. 公式ウェブサイト. 株式会社 PR TIMES. 2019年10月3日閲覧。
  13. ^ 亀田の柿の種 私、亀田を変えたいの。キャンペーン 当たり前を疑え! 国民投票”. 公式ウェブサイト. 亀田製菓 (2019年10月1日). 2019年10月3日閲覧。
  14. ^ ハッピーターン リニューアル! 変わってないわよ 私は変わってないと思うんだけど、亀田が変わったって言うのよ。”. 公式ウェブサイト. 亀田製菓 (2019年9月2日). 2019年10月3日閲覧。
  15. ^ 亀田製菓、柿の種とピーナツ 比率を「国民投票」」『日本経済新聞日本経済新聞社、2019年9月30日。2019年10月3日閲覧。
  16. ^ 「亀田の柿の種」 消費者の投票結果で配合比率見直しへ」『毎日新聞毎日新聞社、2019年10月1日。2019年10月3日閲覧。

外部リンク[編集]