古泉智浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

古泉 智浩(こいずみ ともひろ、1969年 - )は日本漫画家新潟県新潟市江南区(旧・亀田町)出身。祖父は亀田製菓の創業者の古泉栄治。

現在、新潟の情報誌『Pas magazine』で『ところでここどこ?』を連載中。

経歴[編集]

作風[編集]

「退屈な郊外」を舞台とし、童貞男子などといった、鬱屈した10代から20代のボンクラな人物たちを登場させ、その退屈から脱するための暴力や性行為などを生々しく描く。近年の作品には、「性」の存在やSF的な奇想をテーマとしたものも多い。

人物・エピソード[編集]

  • 生家はお菓子屋『古泉』。
  • 哲学者、アーティストの寺尾始は予備校時代の恩師。
  • 大学時代の「女性学」ゼミの1年後輩に、のちのドキュメンタリー映画監督の村上賢司がいた。
  • 現在は新潟在住だが、東京在住時の最後、1995年1999年下北沢の名物アパート「大内アパート」に居住していた。また、1995年11月にフリーペーパー「大内アパート月報」を初代編集長として創刊した。映像作家・丸目高広、漫画家・じぇんじぇん、特殊芸人・元気いいぞう等はアパートでの仲間。また、アパートのメンバーとバンド「ザ★フィーバーズ」を結成して、現在も音楽活動を続けている。
  • 大内アパート時代に、藤井良樹が主催していた「ライターズ・デン」に通っていた。
  • 新世紀エヴァンゲリオンファンであった。
  • モーニング娘。のイベントにたまたま行った所、モー娘オタたちのあまりのボンクラぶりに感動し、自身もモー娘オタとなる。なかでも、紺野あさ美が好きだった。だが、2007年の辻ちゃんの「できちゃった結婚」で、モー娘オタを引退宣言。
  • 銀杏BOYZのファンでもあり、通販用のTシャツの絵を頼まれるなど、交流がある。
  • 伊集院光をはじめとした、芸人のラジオ番組のファンである
  • テレビドラマ研究メルマガ「古泉智浩の週刊ドラマレビュー ピカドン」を発行していた。なお、ドラマを分析していたのは、漫画のストーリー構成術の参考にするためであったという。
  • 映画マニアでもあり、『映画秘宝』誌の企画の「年間ベスト10」にも参加している。
  • 新潟で行われている司貴志のシナリオ講座を受講。また「にいがた映画塾」にも通学しており、そこで培ったノウハウで、自主制作映画を製作している。2008年は「にいがた映画塾・実習コース」を講師として主催している。
  • 格闘技のファンである。将来は治安が悪化すると予測して護身のために空手を習っており、7級の腕前である。
  • 単行本のあとがきでは、マイナス面も含めた自分の近況と、それに基づく「人生についての考え方」を赤裸々に語っており、「古泉節」「古泉イズム」として知られている。
  • 池袋コミュニティカレッジでマンガ教室を開講中。

作品リスト[編集]

コミック[編集]

  • ミルフィユ(青林工藝舎)
  • チェリーボーイズ(青林工藝舎)
  • これが未来だぜ!(青林工藝舎)
  • 甘いおなら(自費出版)
  • ワイルドナイツ(双葉社)
  1. ISBN 978-4575942163
  2. ISBN 978-4575942170
  • 夕焼け集団リンチ 古泉智浩作品集 (ビームコミックス)
  • 悪魔を憐れむ唄 1-2 (ビームコミックス)
  • 青春と憂鬱とゾンビーー古泉智浩ゾンビ物語集(太田出版)

エッセイ[編集]

  • うちの子になりなよ (ある漫画家の里親入門) (イースト・プレス)

自主制作映画[編集]

  • 雑音★エクスプロージョン21(2003年)
  • 巨大戦闘メカ ガロハロ (2004年)  
  • ゾンビの森(2006年)
  • 夜のしずく(2007年)
  • めまい (2008年)

その他[編集]

  • エロ悲しい - アンソロジー

テレビ出演[編集]

外部リンク[編集]