月刊アフタヌーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
月刊アフタヌーン
Afternoon seinen manga magazine.png
愛称・略称 アフタヌーン
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 青年
刊行頻度 月刊(毎月25日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 680
出版社 講談社
編集部名 月刊アフタヌーン編集部
発行人 五十嵐隆夫
編集長 宍倉立哉
雑誌名コード 387
刊行期間 1986年1月25日(1986年2月号) -
発行部数 87,000部(2012年7月 - 9月日本雑誌協会調べ)
レーベル アフタヌーンKC
姉妹誌 モーニング
ウェブサイト 月刊アフタヌーン

月刊アフタヌーン』(げっかんアフタヌーン)は、講談社から発行されている月刊漫画雑誌

概要[編集]

発売日は毎月25日。創刊は1986年。兄弟誌の『モーニング』の二軍のような存在としてスタートした。漫画家の育成のため、創刊時より四季賞を主催する。

看板作家であった藤島康介以外はほとんど無名の新人作家の作品を掲載したため、次第に質より量という誌面構成が強調された。1992年には1000ページを突破し、1997年のリニューアル号まで常時1000ページ台を維持、それまで最厚だった『月刊コロコロコミック』を上回る誌面の厚さを誇っていた。その際に岩明均による『寄生獣』がヒットし看板漫画の一つになる。

2003年からは海洋堂タイアップしたフィギュアやオリジナルDVDソフトなどの豪華付録を付ける路線も模索した。2004年頃から講談社の他誌で掲載されていた作品をそっくり移転させるなど、購買層拡大に向けさまざまな実験的な試みを行っている。

歴史[編集]

  • 1986年 - 創刊(1987年2月号)。当時は中綴じの薄い雑誌であった。
  • 1988年 - 『ああっ女神さまっ』連載開始(11月号-2014年6月号)。
  • 1989年 - 『寄生獣』連載開始(1990年1月号-1995年2月号)。
  • 1991年 - 平綴じとなる(1992年2月号)。まだ500ページに満たない時点で誌上にて「1000ページ越え」することを宣言。
  • 1992年 - 1000ページ突破(1993年2月号)。以後4年半の間1000ページを維持する。
  • 1994年 - 雑誌ロゴが筆文字に(8月号)。四季賞が現在の体制(ページ数無制限、うえやまとちら4人の審査員持ち回り)となる(9月号)。
  • 1996年 - 創刊10周年を記念し『大合作』を制作(1997年2月号掲載)。
  • 1997年 - 雑誌デザインをリニューアル(10月号)。ページ数も以後800-900ページ台になる。
  • 1999年 - 『アフタヌーンシーズン増刊』を発刊(2002年休刊、全14号)。
  • 2001年 - メディアミックス作品の掲載が始まる(『アベノ橋魔法☆商店街』9月号-2003年4月号)。
  • 2003年 - 付録がつき始める。第1回「アフタヌーンKCまつり」(作家サイン会などの書店フェア)開催、以後毎年の恒例となる。
  • 2005年 - 過去の四季賞入賞作品48本を収録した『アフタヌーン四季賞CHRONICLE』を制作(受注生産)。
  • 2006年 - それまで本誌に掲載されていた四季賞入賞作品が付録冊子(「アフタヌーン四季賞PORTABLE」)に収録されるようになる(4月号)。創刊20周年を記念し、作家64名の色紙イラストを収録した小冊子(2007年2月号)や永井豪の描きおろし短編6本を収録した小冊子「豪ちゃんマガジン」(2007年3月号)が付録としてつけられた。
  • 2007年 - リニューアル後初めて1000ページを突破(8月号)以後1000ページを維持。
  • 2008年 - 『good!アフタヌーン』を隔月刊で発刊。
  • 2012年 - 『good!アフタヌーン』月刊化。
  • 2013年 - 11月25日発売の2014年1月号よりAmazonにて電子Kindle版を同時配信。
  • 2014年 - 10月25日発売予定だった12月号が付録の不具合を理由として10月31日へ発売延期(付録は付かない)[1]。この号のみ、『別冊フレンド』(2014年11月号)増刊として扱われる。

掲載作品一覧[編集]

太字は連載中の作品を示す(2015年4月25日現在)

1980年代 -[編集]

1987年-

  • 幸福大通り(内山まもる/水谷龍二)2月号 ※『モーニング』より移籍
  • Let it be!(たかもちげん)2月号-11号 ※『モーニングマグナム増刊』より移籍
  • 失礼しまっす!(ヒロナカヤスシ/金山吉龍)2月号-4月号 ※『モーニングマグナム増刊』より移籍
  • 田舎刑事(湯浅ひとし)2月号-1989年5月号 ※『モーニングマグナム増刊』より移籍
  • 冒険!ヴィクトリア号!!(田中政志)2月号-11月号 ※『モーニングオープン増刊』より移籍
  • ASUMI(三浦みつる)2月号-12月号 ※『モーニングマグナム増刊』より移籍
  • 開運セールスマン杉山等くん(倉田よしみ)3月号-7月号 ※『モーニングマグナム増刊』より移籍
  • なって頂戴大物に!(畠山耕太郎)2月号-1988年5月号 ※『モーニングマグナム増刊』より移籍
  • カンタリス(三山のぼる)2月号-7月号 ※『モーニングマグナム増刊』より移籍
  • どろくれもん(村尾ただよし)2月号-6月号 ※『モーニングマグナム増刊』より移籍
  • あの娘はインディアン・ペッパー!(工藤信介)2月号-4月号 ※『モーニングマグナム増刊』より移籍
  • マハラジャ日和(ユズキカズ)2月号-1988年5月号
  • リリックス(森雅之)2月号-1989年5月号
  • イシュメル=地球氷解事紀=(谷口ジロー) 3月号-1988年1月号 ※『モーニング』へ移籍
  • 僕はムコ養子(夢野一子)5月号-1993年8月号
  • LET IT ROLL(上條淳士)5月号-9月号
  • 戦湯地帯(岩本義行)6月号-9月号
  • TAXIドライバー(遊人/原案・梁石日)7月号-1988年4月号
  • 兎〜うさぎ〜(高口里純)8月号-1988年8月号
  • ぶたいぬ(さだやす圭)9月号-1988年4月号 ※『モーニングマグナム増刊』より移籍
  • これから(倉田よしみ)10月号-1988年1月号
  • おっ! 奥田くんだいじょうぶ(中田博雄)11月号-1989年1月号
  • Poco Poco(獅子刀夕凪)12月号-1988年5月号

1988年-

1989年-

  • 空を斬る(三田紀房)1月号-6月号
  • SWEET DREAMS(山田玲司)2月号-7月号
  • 車輪(どんいさな)3月号-11月号
  • 無限館よ永遠に(前川つかさ)4月号-1990年1月号
  • タックルBEAT(土田世紀)6月号-1990年1月号
  • キャプテンアリス(岩尾奈美恵)6月号-1990年10月号
  • 考える侍(山田芳裕)6月号-1990年6月号
  • 天下御免なさい!(末田雄一郎)6月号-7月号
  • 抱きしめてよ秀次郎(畠山耕太郎)7月号-11月号
  • FLASH(田中政志)7月号-1990年10月号
  • スエダ大学(末田雄一郎)8月号-1990年2月号
  • ひよこさんチーム!(うごのみか)8月号-1990年4月号
  • 8月の光(新井英樹)9月号-1990年7月号
  • LIZA(かきざき和美)12月号-1991年4月号

1990年代 -[編集]

1990年-

  • 寄生獣岩明均)1月号-1995年2月号 ※『モーニングオープン増刊』より移籍
  • Spirit of Wonder鶴田謙二)1月号-1995年1月号 ※『モーニング』より移籍、シリーズ連載
  • MONSTERLAND(F.ANDERSONJr.)1月号-4月号
  • 我が家のささえ(田中誠)2月号-1993年9月号
  • Pika☆Pika☆(中野きゆ美)2月号-10月号
  • フレックスタイム(中山昌亮)2月号-8月号 ※1990年2月号のみ作品名「ランチタイム」。
  • OLサンダー(電光石火轟)3月号-1991年2月号
  • コンパイラ麻宮騎亜)5月号-1992年10月号
  • GAIN (GONTA)5月号-7月号
  • サ・ッ・ポ・ロ・関・節・キ・ッ・ズ(光国福洋)7月号-1991年3月号
  • HEAVEN(GONTA)8月号-1992年3月号
  • 侍大冒険(田中政志)11月号-1991年5月号
  • パニックキッス(岩尾奈美恵)12月号-1991年7月号

1991年-

  • GUN SMITH CATS園田健一)2月号-1997年6月号
  • のぼるくんたち(いがらしみきお)3月号-1993年9月号
  • 虚構体質(南哲秋)3月号-11月号
  • 龍子(かきざき和美)6月号-12月号
  • モダンストーリー(未浩)6月号-11月号
  • 知的ボクサー(田口雅之)8月号-1992年1月号 ※作品名の「的」は○の中に的。
  • 夜の筋肉(藤嵜ヒトシ)8月号-12月号

1992年 -

  • 深く美しきアジア(鄭問)2月号-1994年8月号
  • ディスコミュニケーション植芝理一)2月号-2000年11月号
  • パラダイスレディー(かきざき和美)2月号-1993年1月号
  • SINGLE ACTION ARMY(ヒロモト森一)2月号-1993年1月号
  • 眉白町(椎名品夫)2月号-9月号
  • ドクトル・ノンベ中原とほる)2月号-1993年12月号 ※『モーニング』より移籍、シリーズ連載
  • ブルーミント・ホテル(小田浩志)3月号-1994年1月号 ※1992年7月号までのタイトルは「見知らぬ不思議」。
  • 地獄の家(GONTA) 4月号-1994年5月号
  • 人生の方程式(デニス・イー/外藤冲也) 4月号-1993年1月号
  • ヘルマドンナ(原口清志)5月号-12月号 ※『モーニングパーティ増刊』より移籍
  • ワッハマンあさりよしとお)5月号-1999年4月号 ※『モーニングパーティ増刊』より移籍
  • よしえサン須賀原洋行)5月号-2000年7月号 ※『モーニングパーティ増刊』より移籍
  • なにわ慕情(岡直裕)5月号-1994年2月号 ※『モーニングパーティ増刊』より移籍
  • スズキ(安井雄一)5月号-2003年3月号 ※『モーニングパーティ増刊』より移籍
  • BiO-MANGA(梅緒安土)5月号-1993年2月号
  • 岸和田博士の科学的愛情トニーたけざき)6月号-1998年8月号 ※『モーニングパーティ増刊』より移籍
  • バイキッズ!神塚ときお)6月号-1993年4月号 ※『モーニングパーティ増刊』より移籍
  • チャイニーズエンゼルカンパニー(たかもちげん)6月号-11月号
  • 嗚呼!祐天寺家(亜月裕)7月号-1993年7月号 ※『モーニングパーティ増刊』より移籍、その後『モーニング』へ移籍
  • ウィングハーフ(岩尾奈美恵)8月号-1993年9月号
  • コアラのアラコ(重久享子)9月号-1993年1月号
  • 天水(花輪和一)10月号-1994年11月号
  • プギ・ポンマリ(ノモトユウ)10月号-1997年8月号
  • デカさん(ハセキョウゾウ)10月号-1993年4月号
  • アセンブラ0X麻宮騎亜)12月号-1995年8月号
  • カニロボの気持ち(アンソニー・ゼアハット)12月号-1993年8月号
  • 土を喰らう(向中野義雄)12月号-1993年10月号

1993年-

  • れっどまん(柴田芳樹)1月号-7月号
  • 拡散(小田ひで次)1月号-1998年3月号 ※シリーズ連載
  • 弁慶(ヒロモト森一)2月号-7月号
  • ツヨシもっとしっかりしなさい永松潔)2月号-1994年11月号
  • 鍍乱綺羅威挫婀(トランキライザア)(澤田賢二)2月号-1994年6月号
  • スモールマンビッグマウス(楠岡大悟)2月号-7月号 ※シリーズ連載(3回)
  • Kabelシリーズ(ベネイト)2月号-1996年4月号 ※シリーズ連載
  • H.I.L.D.ジェレミィ(菊池賢二)2月号-1996年3月号 ※シリーズ連載
  • 午後3時の魔法(垣野内成美)3月号-1999年3月号 ※シリーズ連載
  • PO+GO(モレノ)3月号-1994年6月号 ※シリーズ連載
  • 酒場ミモザとだともこ)4月号-1996年11月号
  • ガリア日記(井上宣)4月号-10月号
  • 神の腕(ブロカル・レモイ)6月号-1994年3月号
  • 妖精事件(高河ゆん)6月号-1999年9月号
  • ラブマシンガンズ (ハセキョウゾウ)6月号-9月号
  • あっかんべェ一休坂口尚)7月号-1996年1月号
  • パーティジョ〜ク(宮本涼子)7月号-1997年9月号
  • ぼくはおとうと(小原愼司)8月号-1994年9月号 ※シリーズ連載
  • 無限の住人沙村広明)8月号-2013年2月号
  • 空になる青(秋山晟)8月号-1996年6月 ※シリーズ連載(4回)
  • ラ・ムッシュ(ルイス)8月号-1994年2月号
  • 高密度タコ漫画(栗川アキコ)8月号-1996年7月号
  • ドミネーター(トニー・ルーク/アラン・グラント)9月号-1994年7月号
  • ラウドの怪人(イワフチヤスナリ)9月号-1994年4月号
  • BOX(田中流星)9月号-1996年9月号 ※シリーズ連載
  • いろけ食堂(林一徳)9月号-1995年9月号
  • ぐるぐる(森田福助)9月号-1997年3月号
  • 小さな巨人(バロン吉元)10月号-1995年4月号
  • ブルーガーデン(あびゅうきょ)10月号-1994年7月号
  • JUNK(戸井十月/土光てつみ)11月号-1994年7月号
  • セラフィック・フェザー(森本洋/武田俊也/うたたねひろゆき)11月号-2008年8月号

1994年-

1995年-

  • いんちき(成人功)2月号-1999年3月号
  • ドラゴン・ウォー(エスピノ)3月号-10月号
  • ブルー・ワールド星野之宣)4月号-1997年10月号
  • 網吉劇場(亀谷一本)4月号-1996年3月号 ※シリーズ連載
  • カームブレイカー(岩瀬昌嗣)5月号-1998年8月号
  • Ω(オメガ)(松森正/井上敏樹)6月号-1997年9月号
  • 龍吟鳳鳴(李載學)7月号-1996年8月号
  • M-Stage(MON-MON)7月号-12月号
  • アジアでごはん(トオジョオミホ)8月号-1996年11月号
  • スカタン野郎(北道正幸)9月号-1997年4月号
  • 二軍(ファーム)昆虫記(森徒利)10月号-1999年5月号
  • THE FISHBONE(大山玲)12月号-1997年8月号

1996年-

1997年-

1998年-

1999年-

2000年代 -[編集]

2000年-

2001年-

2002年-

2003年-

2004年-

2005年-

2006年-

2007年-

2008年-

2009年-

2010年代 -[編集]

2010年-

2011年-

2012年-

2013年-

2014年-

2015年-

2016年-

漫画賞受賞作品[編集]

他メディア展開した作品[編集]

映画[編集]

TVアニメ[編集]

OVA[編集]

ドラマCD[編集]

ラジオドラマ[編集]

小説[編集]

メディアミックス作品[編集]

発行部数[編集]

  • 2004年(2003年9月 - 2004年8月) 144,583部[3]
  • 2005年(2004年9月 - 2005年8月) 133,834部[3]
  • 2006年(2005年9月 - 2006年8月) 127,417部[3]
  • 2007年(2006年9月 - 2007年8月) 119,666部[3]
  • 2008年(2007年10月 - 2008年9月) 115,000部[3]
発行部数(2008年4月以降)(社団法人日本雑誌協会
1〜3月 4〜6月 7〜9月 10〜12月
2008年 114,000 部 114,334 部 117,667 部
2009年 112,667 部 106,334 部 105,000 部 105,000 部
2010年 104,334 部 102,000 部 100,000 部 100,000 部
2011年 98,000 部 95,000 部 91,667 部 91,667 部
2012年 90,000 部 89,000 部 87,000 部 87,000 部
2013年 87,000 部 85,000 部 84,500 部 83,367 部

アフタヌーンKC[編集]

アフタヌーンKCは『月刊アフタヌーン』に掲載された作品を主に収録する漫画単行本レーベル1987年5月18日創刊、新刊は毎月23日頃発売。

『幸福大通り』(水谷龍二、内山まもる)、『Let it be!』(たかもちげん)が最初に発行された。

コード番号は、アフタヌーンKC○○という形で表記され、背表紙上部や奥付などに載せられる。創刊時にKC1で始まるタイプとKC1001から始まるタイプの二種類が用意され、それぞれが発行順番で1,2,3…、1001,1002,1003…というように割り振られている。

関連レーベル[編集]

ワイドKCアフタヌーン
汎用レーベルワイドKCのアフタヌーン版。A5判の単行本。
アフタヌーンKCDX
汎用レーベルKCDXのアフタヌーン版。特装単行本。

アフタヌーンKCまつり[編集]

KCまつりに参加している各書店で、サイン会やプレゼントが行われる。

  • 開催期間:2010年1月22 - 2010年3月末

Webラジオ[編集]

KCまつりに関連して、「アフタヌーンKCまつり」公式サイト上でWebラジオが配信された。全6回。

概要
  • タイトル:井上喜久子のアフタヌーンラジオ
  • 配信期間:2010年1月18日 - 2010年3月25日
  • 番組冒頭にはラジオドラマ+静止画(コミックスからの抜粋)による「コラボムービー」を配信する。
パーソナリティ
ゲスト

脚注[編集]

  1. ^ 【『月刊アフタヌーン』12月号発売延期についてのお詫びとお知らせ】 - アフタヌーン公式サイト - モアイ
  2. ^ a b 弐瓶勉「シドニアの騎士」完結!TVアニメ化もされたロボットSF”. コミックナタリー (2015年9月25日). 2015年9月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e 社団法人日本雑誌協会JMPAマガジンデータによる該当期間中に発売された雑誌1号当たりの平均印刷部数。

参考文献[編集]

  • アフタヌーン大辞典(月刊アフタヌーン2012年3月号付録)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]