銀杏BOYZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
銀杏BOYZ
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル メロディック・ハードコア
ノイズロック(現在)
職業 ロックバンド
活動期間 2003年 -
レーベル 初恋妄℃学園
公式サイト 銀杏BOYZ オフィシャルサイト
メンバー
峯田和伸ボーカルギター
旧メンバー
チン中村(ギター)
安孫子真哉(ベース
村井守(ドラムス

銀杏BOYZ(ぎんなんボーイズ)[1]は、日本ロックバンド。なお「銀杏ボーイズ」と表記されることもある。

前身のバンドGOING STEADYの時に設立したインディーズレーベル初恋妄℃学園』に所属し活動している。

来歴[編集]

2003年1月、GOING STEADY解散後、峯田和伸が新たに結成した。当初は峯田のソロ名義で、エレファントカシマシの企画盤『花男』にボーカルのみで参加など活動していたが、元GOING STEADYのベースの安孫子真哉とドラムの村井守を誘い、チン中村をギターに迎え4人編成で活動を開始。

2003年、2004年とコンスタントにライブ活動をし、その間にレコーディングを行う。そして、2年弱続いたレコーディングも全工程を終え、2005年1月15日、『DOOR』『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』を2枚同時発売。オリコンアルバムチャート6位と7位にランクインする。

2005年2月から全国ツアー「銀杏BOYZ 世界ツアー 2005」を開始。最初のライヴ中に峯田が肋骨を骨折し数公演が延期、6月には右足を骨折し再度数公演が延期になるも、9月10日Zepp Sendaiをファイナルにし全日程を終了(ただ、実質的なツアーファイナルの9月23日の日比谷野外大音楽堂の公演にて、治りかけていた右足を骨折)。その間の8月7日に出演した「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」で、峯田がライブ中全裸になり、書類送検された。

2005年11月、下北沢の再開発計画を考えるプロジェクト「S.O.S.(The Sound of Shimokitazawa)」に峯田が弾き語りで出演し、その後、チン中村とブログで募集した女性4人と共に"敏感少年隊"を結成した。 下北沢の再開発については下北沢#下北沢駅周辺地区街づくりを参照。

2007年7月、ボーカルの峯田が台湾でのライブの際(台湾台北市7月28日夜)、舞台の上で下半身を見せ、警察当局の取り調べを受けた。29日付の台湾紙、聯合報によると、峯田は故意ではなかったと説明したが、警察当局は刑法の風紀妨害罪に触れるとしている。なお、2007年8月3日に川崎クラブチッタで行われたライブイベント、SET YOU FREEのMCで峯田は「警察に通報したのは新聞記者」と言っている。[要出典]

2007年11月30日、TBSの報道番組『筑紫哲也 NEWS23』内の金曜深夜便というコーナーに生出演し、『』を生演奏。テレビ番組への出演はGOING STEADY時代に一度あったが演奏はしておらず、生放送は今回が初となる。ボーカルの峯田の演奏中の格好は短パン一丁。番組MC陣が囲むテーブルの上に乗りながら熱唱して いるところで番組は終了した。

2007年12月~2008年1月、「せんそうはんたいツアー」を7公演(6公演+追加1公演)行う。

2011年6~7月、東日本大震災の被害にあった地域を中心に「銀杏BOYZ 2011 スメルズ・ライク・ア・ヴァージン・ツアー」を4公演行う(6/27 水戸 LIGHT HOUSE、6/30 club SONIC いわき、7/4 仙台 CLUB JUNK BOX、7/7 盛岡 CLUB CHANGE WAVE)。単独ライブは現時点で、7/7(木)の盛岡が最後となっている。

2013年11月に、9年ぶりとなるアルバムを2枚同時にリリースすること、安孫子真哉とチン中村の脱退告知がなされる。また、12月には村井守の脱退が予告された。

2014年1月15日、アルバム『光のなかに立っていてね』、ライブリミックスアルバム『BEACH』が発売される(告知などでは、ニューアルバムを2nd Albumとしているところがある。理由は前作2枚が、共に1st Albumだとしていたため)。

メンバー[編集]

峯田和伸(みねた かずのぶ)
1977年12月10日 - 、A型
ボーカルギター山形県東村山郡山辺町出身。東京情報大学経営情報学部経営学科卒。
GOING STEADYでデビュー。俳優としても活動。

元メンバー[編集]

村井守(むらい まもる)
1978年1月15日 - 、O型
ドラム山形県山形市出身。峯田とは高校の同級生。阿佐ヶ谷美術専門学校卒業。
GOING STEADYでデビュー。
中島みゆきとは従姉(村井の父と中島の母が姉弟)関係にある。
2013年12月22日、Ustream生放送にて脱退を発表。2014年1月15日付けで脱退する。
安孫子真哉(あびこ しんや)
1978年9月17日 - 、B型
ベース山形県寒河江市出身。東京国際大学中退。
愛称は「あびちゃん」。
GOING STEADYでデビュー。
BOYS NOW角張渉と共にSTIFFEEN RECORDSというレーベルを設立、運営している。
2013年11月15日、公式HPにて脱退を正式発表(2013年の春、離脱)。
チン中村(ちん なかむら)
本名:中村 章宏、1978年11月22日 - 、O型
ギター埼玉県所沢市出身。明治大学卒業。
BOYS NOW、 Derangementsというバンドも並行して活動中。峯田と素人女性とのユニット、敏感少年隊でも活動。鉄道マニア。2007年11月交際中の女性が妊娠していることが発覚。2008年5月15日に結婚。
2013年11月15日、公式HPにて脱退を正式発表(2012年の夏、離脱)。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

シングル[編集]

アナログレコード[編集]

  • 君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命(2007年2月, SKOOL-012)
  • DOOR(2007年2月, SKOOL-013)
  • あいどんわなだい (2008年7月15日, SKOOL-017)
  • 光(2008年7月15日, SKOOL-018)

その他参加楽曲[編集]

  • エレファントカシマシカヴァーアルバム「花男」 (2003年3月19日, BFCA-83510)/「悲しみの果て」
  • ロマンチスト ~THE STALIN/遠藤ミチロウTribute Album~ (2010年12月1日, BVCL-148) /「JUST LIKE A BOY」 

DVD[編集]

『僕たちは世界を変えることができない』
2007年4月11日、SKOOL-008
編集/手塚一紀と銀杏BOYZ
発売に先駆けて3月24日から4月6日まで東京、吉祥寺バウスシアターにて先行上映され、京都みなみ会館(4月10日)、広島横川シネマ!!(4月12日)にて追加上映された。

書籍[編集]

  • GING NANG SHOCK! ギンナン・ショック 上 〜「目覚めよ」と叫ぶ声あり〜(2007年4月26日
  • GING NANG SHOCK! ギンナン・ショック 下 〜21世紀にっぽん青春大冒険記〜(2007年4月26日)

脚注[編集]

  1. ^ 「銀杏BOYS」は誤記。

外部リンク[編集]