銀杏BOYZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
銀杏BOYZ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル 青春パンク
パンク・ロック
ノイズロック(現在)
職業 ロックバンド
活動期間 2003年 -
レーベル 初恋妄℃学園 (2005年 - )
公式サイト 銀杏BOYZ オフィシャルサイト
メンバー 峯田和伸ボーカルギター
旧メンバー チン中村(ギター)
安孫子真哉(ベース
村井守(ドラムス

銀杏BOYZ(ぎんなんボーイズ)[1]は、日本パンク・ロックバンド。なお「銀杏ボーイズ」と表記されることもある。

前身のバンドGOING STEADYの時に設立したインディーズレーベル初恋妄℃学園』に所属し活動している。

来歴[編集]

2003年1月、GOING STEADY解散後、峯田和伸が新たに結成した。当初は峯田のソロ名義で、エレファントカシマシの企画盤『花男』にボーカルのみで参加など活動していたが、元GOING STEADYのベースの安孫子真哉とドラムの村井守を誘い、チン中村をギターに迎え4人編成で活動を開始。

2003年~2004年

コンスタントにライブ活動し、間にレコーディングを行う。2年弱続いたレコーディングも全工程を終え、2005年1月15日、『DOOR』『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』を2枚同時発売。オリコンアルバムチャート6位と7位にランクインする。

2005年

2月から全国ツアー「銀杏BOYZ 世界ツアー 2005」を開始。最初のライヴ中に峯田が肋骨を骨折し数公演が延期、6月には右足を骨折し再度数公演が延期になるも、9月10日Zepp Sendaiをファイナルにし全日程を終了(ただ、実質的なツアーファイナルの9月23日の日比谷野外大音楽堂の公演にて、治りかけていた右足を骨折)。その間の8月7日に出演した「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」で、峯田和伸がライブ中全裸になり、書類送検された。
11月、下北沢の再開発計画を考えるプロジェクト「S.O.S.(The Sound of Shimokitazawa)」に峯田が弾き語りで出演し、その後、チン中村とブログで募集した女性4人と共に"敏感少年隊"を結成した。下北沢の再開発については下北沢#下北沢駅周辺地区街づくりを参照。

2007年

7月、ボーカルの峯田が台湾でのライブの際(台湾台北市7月28日夜)、舞台の上で下半身を見せ、警察当局の取り調べを受けた。29日付の台湾紙、聯合報によると、峯田は故意ではなかったと説明したが、警察当局は刑法の風紀妨害罪に触れるとしている。なお、2007年8月3日に川崎クラブチッタで行われたライブイベント、SET YOU FREEのMCで峯田は「警察に通報したのは新聞記者」と言っている。[要出典]
11月30日、TBSの報道番組『筑紫哲也 NEWS23』内の金曜深夜便というコーナーに生出演し、『』を生演奏。テレビ番組への出演はGOING STEADY時代に一度あったが演奏はしておらず、生放送は今回が初となる。ボーカルの峯田の演奏中の格好は短パン一丁。番組MC陣が囲むテーブルの上に乗りながら熱唱しているところで番組は終了した。
12月 - 2008年1月、「せんそうはんたいツアー」を7公演(6公演+追加1公演)行う。

2011年

6 - 7月、東日本大震災の被害にあった地域を中心に「銀杏BOYZ 2011 スメルズ・ライク・ア・ヴァージン・ツアー」を4公演行う(6/27 水戸 LIGHT HOUSE、6/30 club SONIC いわき、7/4 仙台 CLUB JUNK BOX、7/7 盛岡 CLUB CHANGE WAVE)。単独ライブは現時点で、7/7(木)の盛岡が最後となっている。

2013年

11月に、9年ぶりとなるアルバムを2枚同時にリリースすること、安孫子真哉とチン中村の脱退告知がなされる。また、12月には村井守の脱退が予告された。

2014年

1月15日、アルバム『光のなかに立っていてね』、ライブリミックスアルバム『BEACH』が発売される(告知などでは、ニューアルバムを2nd Albumとしているところがある。理由は前作2枚が、共に1st Albumだとしていたため)。

2016年

12月18日、写真展「ファーストアルバム」~銀杏BOYZ川島小鳥池袋パルコ峯田和伸×川島小鳥トークイベントにて、シングル集カセットテープのみで発売する事を発表。

メンバー[編集]

峯田和伸(みねた かずのぶ)
1977年12月10日 - 、A型
ボーカルギター山形県東村山郡山辺町出身。東京情報大学経営情報学部経営学科卒。
GOING STEADYでデビュー。俳優としても活動。

元メンバー[編集]

村井守(むらい まもる)
1978年1月15日 - 、O型
ドラム山形県山形市出身。峯田とは高校の同級生。阿佐ヶ谷美術専門学校卒業。
GOING STEADYでデビュー。
中島みゆきとは従姉(村井の父と中島の母が姉弟)関係にある。
2013年12月22日、Ustream生放送にて脱退を発表。2014年1月15日付けで脱退する。
離脱後は、制作会社に就職し現在は、AP(アシスタントプロデューサー)。
安孫子真哉(あびこ しんや)
1978年9月17日 - 、B型
ベース山形県寒河江市出身。東京国際大学中退。
愛称は「あびちゃん」。
GOING STEADYでデビュー。
BOYS NOW角張渉と共にSTIFFEEN RECORDSというレーベルを設立、運営している。
2013年11月15日、公式HPにて脱退を正式発表(2013年の春、離脱)。
チン中村(ちん なかむら)
本名:中村 章宏、1978年11月22日 - 、O型
ギター埼玉県所沢市出身。明治大学卒業。
BOYS NOW、 Derangementsというバンドも並行して活動中。峯田と素人女性とのユニット、敏感少年隊でも活動。鉄道マニア。2007年11月交際中の女性が妊娠していることが発覚。2008年5月15日に結婚。
2013年11月15日、公式HPにて脱退を正式発表(2012年の夏、離脱)。
離脱後は芸名を「中村明珍(みょうちん)」と改め、僧侶修行を経て山口県周防大島に家族そろって移住。野菜農家「中村農園」を主宰している[2]

サポートメンバー[編集]

2015年8月30日、大阪・泉大津フェニックスで開催されたRUSH BALL 2015以降はサポートメンバーを迎えてライブを行っている。

藤原寛

ベース担当。元andymori、現ALのメンバー。

後藤大樹

ドラム担当。元andymori、現ALのメンバー。

菊地椋介

ギター担当。さよなら、また今度ねのメンバー。

2015年8月30日、大阪・泉大津フェニックスで開催されたRUSH BALL 2015に参加。

山本幹宗

ギター担当。The Cigavettesのメンバー。

岡山健二

ドラム担当。元andymori、現classicsのメンバー。

加藤綾太

ギター担当。ポニーテールスクライム、2のメンバー。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2005年1月15日 君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命 SKOOL-005 オリコン最高6位、登場回数19回
2nd 2005年1月15日 DOOR SKOOL-006 オリコン最高7位、登場回数19回
2010年7月28日 SEX CITY 〜セックスしたい〜 SKOOL-025 銀杏BOYZと壊れたバイブレーターズ 名義 - 舞台『裏切りの街』サウンドトラック
3rd 2014年1月15日 光のなかに立っていてね SKOOL-021 オリコン最高2位、登場回数8回
ライブリミックス 2014年1月15日 BEACH SKOOL-022 オリコン最高4位、登場回数6回

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
2007年4月11日 僕たちは世界を変えることができない SKOOL-014 峯田和伸とシックスナインズ 名義
1st 2007年8月22日 あいどんわなだい SKOOL-015 オリコン最高6位、登場回数10回
2nd 2007年11月21日 SKOOL-016 オリコン最高7位、登場回数9回
3rd 2008年11月19日 17才 SKOOL-019 オリコン最高7位、登場回数9回
4th 2009年12月2日 ボーイズ・オン・ザ・ラン SKOOL-020 オリコン最高9位、登場回数8回
5th 2010年5月7日 ピンクローター SKOOL-024 通販販売のみ
6th 2016年4月13日 生きたい SKOOL-034 オリコン最高20位、登場回数5回
2016年10月26日 PRVA-3012
7th 2017年7月26日 エンジェルベイビー SKOOL-040
8th 2017年8月30日 SKOOL-041

アナログレコード[編集]

発売日 タイトル 規格品番
アルバム(12-inch 2xLP) 2007年2月 君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命 SKOOL-012
アルバム(12-inch 2xLP) 2007年2月 DOOR SKOOL-013
シングル(12-inch) 2008年7月15日 あいどんわなだい SKOOL-017
シングル(12-inch) 2008年7月15日 SKOOL-018
アルバム(12-inch 2xLP) 2014年7月25日 光のなかに立っていてね SKOOL-026
アルバム(12-inch 2xLP) 2014年7月25日 BEACH SKOOL-027
シングル(12-inch) 2016年6月22日(初回盤)
2016年12月7日(通常盤)
生きたい SKOOL-035

カセットテープ[編集]

発売日 タイトル 規格品番
アルバム 2015年12月10日(初回盤)
2016年2月17日(通常盤)
光のなかに立っていてね SKOOL-028
アルバム 2015年12月10日(初回盤)
2016年2月17日(通常盤)
BEACH SKOOL-029
シングル集 2017年2月15日(初回盤)
2017年3月22日(通常盤)
ラストラーダ SKOOL-037

トリビュートアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
2016年12月7日 きれいなひとりぼっちたち UPCH-2105

その他参加楽曲[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
2003年3月19日 エレファントカシマシカヴァーアルバム「花男 BFCA-83510 悲しみの果て
2009年06月26日 DJやついいちろうDJやついいちろう 1 VICL-63348 BABY BABY
2010年12月1日 ロマンチスト〜THE STALIN・遠藤ミチロウTribute Album〜 BVCL-148 JUST LIKE A BOY

DVD/Blu-ray[編集]

発売日 タイトル 規格品番 解説
収録曲
1st 2007年4月11日 僕たちは世界を変えることができない SKOOL-008 編集/手塚一紀と銀杏BOYZ
発売に先駆けて3月24日から4月6日まで東京、吉祥寺バウスシアターにて先行上映され、京都みなみ会館(4月10日)、広島横川シネマ!!(4月12日)にて追加上映された。
オリコン最高2位、登場回数8回
2nd 2016年3月16日 愛地獄 SKOOL-030031(DVD)
SKOOL-032033(Blu-ray)
DISC2

メンバー4人での最後のライブになってしまった2011年7月「スメルズ・ライク・ア・ヴァージン・ツアー」最終日盛岡公演をノーカット収録。

2015年9月20日 at club SONIC iwaki
  1. 17才
  2. 人間
  3. 生きたい
  4. 新訳 銀河鉄道の夜
  5. BABY BABY
2011年7月7日 at 盛岡CLUB CHANGE WAVE
  1. まだ見ぬ明日に
  2. 若者たち
  3. 駆け抜けて性春
  4. 17才
  5. 十七歳 (・・・cutie girls don't love me and punk.)
  6. 日本発狂
  7. SKOOL KILL
  8. べろちゅー
  9. 漂流教室
  10. 新訳 銀河鉄道の夜
  11. I DON'T WANNA DIE FOREVER
  12. もしも君が泣くならば
  13. BABY BABY
  14. ぽあだむ
  15. ボーイズ・オン・ザ・ラン
  16. 僕たちは世界を変えることができない
  17. 夢で逢えたら
2015年 at 中野セントラルパーク
  1. イラマテオ

書籍[編集]

  • GING NANG SHOCK! ギンナン・ショック 上 〜「目覚めよ」と叫ぶ声あり〜(2007年4月26日
  • GING NANG SHOCK! ギンナン・ショック 下 〜21世紀にっぽん青春大冒険記〜(2007年4月26日)
  • 銀杏BOYZ写真集『純血』(2015年01月15日)
  • 「愛地獄」パンフレット(2016年04月13日)
  • 川島小鳥 ファーストアルバム(2016年12月07日)
  • 銀杏BOYZぴあ(2016年12月07日)

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
木本健太と峯田和伸 ぽあだむ
タナダユキ 17才
手コキ塚一紀 & 峯田ポリス vs PTA SKOOL KILL」「援助交際
峯田和伸と木本健太 ボーイズ・オン・ザ・ラン」「
峯田和伸と手塚一紀 あいどんわなだい

タイアップ[編集]

タイトル タイアップ先
ピンクローター dTVドラマ『裏切りの街』主題歌[3]

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

  • 2004年12月10日〜2005年01月15日 - せんそうはんたいツアー
  • 2005年01月23日 - 不登校生徒集会 イン 渋谷公会堂
  • 2005年02月22日〜09月10日 - 世界ツアー 2005
  • 02月22日 - ニセ東京革命
  • 02月24日 - ぐんま土一揆
  • 02月27日 - ひらがな表記、2番目らしいよ
  • 02月28日 - ネバネバタウン
  • 03月08日 - 砂丘で秘め事
  • 03月10日 - 瀬戸内海リトルスターウォーズ エピソード7
  • 04月11日 - 君の育てた温州みかんを抱いて
  • 04月13日 - 最大風速観測しすぎ
  • 04月15日 - 鹿とおれ、どっちが大切なんだよ
  • 04月18日 - 旧清水市の住民感情逆撫でGIG」
  • 05月01日 - ぐんやまじゃないよ、こおりやまだよ
  • 05月03日 - さくらんぼ男、つまみ食い女大集合
  • 05月05日 - 佐渡トキ保護センターでおれを保護してくれ
  • 05月08日 - 平均気温マイナス50℃くらいでしょう、どうせ
  • 05月09日 - 流氷食べ放題GIG
  • 05月11日 - 時計台型の腕時計をしたあの娘
  • 05月13日 - 五稜郭の憂鬱
  • 05月15日 - りんご、りんご、りんご、五輪、アテネ、超気持ちいい
  • 05月17日 - 北東北センチメンタル奇行
  • 05月19日 - もう、このツアーあきた
  • 05月21日 - おれ、さっきうるさかた?
  • 05月29日 - 恋の蜃気楼・君が霞んで見える
  • 05月31日 - 東尋坊で初デート
  • 06月01日 - 百万石分の愛をあげよう
  • 06月03日 - PS.信州そば、おいしかったよ
  • 06月05日 - 私たちのほしいもの、それは海
  • 06月02日 - ネバネバタウン
  • 07月17日 - 南のはてで、北大路欣也を見た
  • 08月15日 - 瀬戸大橋巨泉
  • 08月31日 - 道頓堀暴走テクニカルファウル
  • 09月04日 - それでもやっぱり味噌が好き
  • 09月06日 - 銀杏BOYZ vs 淫乱GIRLS開戦前夜
  • 09月10日 - Final
  • 2005年10月23日 - 高円寺にて爆烈ストーカー作戦 BANG!
  • 2007年12月10日〜2008年01月21日 - 銀杏BOYZ せんそうはんたいツアー
  • 2008年03月29日 - イノマー&ミネタpresents 『童貞たちのクリスマスイブ2007』
  • 2008年07月06日 - 銀杏BOYZは神様を恨む
  • 2011年06月27日〜07月07日 - 銀杏BOYZ 2011「スメルズ・ライク・ア・ヴァージン・ツアー」
    w/内郷げんこつ会 / WILD FANCYS / PASSING TRUTH DRIVE
  • 2016年01月23日・01月25日 - 銀杏BOYZ / KING BROTHERS「となりのバンドマンツアー 2016」
  • 2016年06月22日〜08月03日 - 銀杏BOYZ 「世界平和祈願ツアー 2016」
  • 2016年08月17日 - 特別公演「東京の銀杏好きの集まり」

出演イベント[編集]

  • 2003年08月01日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2003
  • 2003年08月23日 - 小岩井ロックフェスティバル
  • 2003年09月27日 - SET YOU FREE TOUR 2003
  • 2004年07月23日 - ダイノジロックフェスティバル
  • 2004年08月07日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2004
  • 2004年08月27日 - SET YOU FREE SUMMER FESTA 2004
  • 2004年09月23日 - SET YOU FREE TOUR 2004
  • 2004年10月11日 - サンボマスター「男どアホウサンボマスター VS 銀杏BOYZ」
  • 2005年04月29日 - ARABAKI ROCK FEST.04292005
  • 2005年08月07日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005
  • 2005年08月20日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 in EZO
  • 2005年08月23日 - VINTAGE ROCK presents VINTAGE 2005
  • 2005年08月26日 - SET YOU FREE SUMMER FESTA 2005
  • 2005年08月28日 - MONSTER baSH 2005
  • 2005年12月16日 - マキシマム ザ ホルモン VS 2マンツアー巌流島~勝ちとか負けとか関係ないやん、だって友達やん!~VS銀杏BOYZ
  • 2006年04月30日 - ARABAKI ROCK FEST.06
  • 2007年02月02日 - DIENOJI ROCK FESTIVAL VOLUME 2
  • 2007年03月17日 - AP BANG! 東京環境会議 vol.1 TOKYO CREATORS MEETING
  • 2007年07月22日 - SETSTOCK'07
  • 2007年08月25日 - MONSTER baSH 2007
  • 2007年09月02日 - RUSH BALL 2007
  • 2007年09月17日 - 仙台一偶
  • 2007年10月19日 - SCHOOL OF LOCK! LIVE TOUR YOUNG FLAG 07
  • 2007年11月21日 - SPARTA LOCALS企画「平成ロマン vol.1」
  • 2008年02月11日 - 夢のような時間 ~DRF3 AFTER PARTY IN KAWASAKI CLUB CITTA' with 銀杏BOYZ/SION/ダイノジ~
  • 2008年04月26日 - ARABAKI ROCK FEST.08
  • 2008年06月13日 - ガガガSP ツアー2008「声に出すと赤っ恥」
  • 2008年06月22日 - Hot Stuff 30th Anniversary『BLACK AND BLUE』
  • 2008年08月16日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO
  • 2008年08月30日 - RUSH BALL 2008
  • 2008年12月13日 - club SONIC iwaki 7th Anniversary event「ギフト2」
  • 2009年02月10日 - 「少年メリケンサック」公開直前 栗田かんなのバレンタインナイト
  • 2009年09月25日 - ガガガSP「長田大行進曲」
  • 2010年09月25日 - ガガガSP「長田大行進曲」
  • 2014年08月20日 - UKFC on the Road 2014
  • 2014年12月26日 - ATF 15th 大感謝祭!フォーエヴァーヤング!! ~豊洲で5PM編~
  • 2015年05月03日 - VIVA LA ROCK 2015
  • 2015年05月05日 - ガガガSP 全国行脚ツアー2015 「ガガガを聴いたらコンニチワ!!」
  • 2015年06月21日 - YATSUI FESTIVAL! 2015
  • 2015年08月15日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO
  • 2015年08月30日 - RUSH BALL 2015
  • 2015年09月20日 - club SONIC iwaki Anniversary「ギフト2015」vol.2
  • 2015年09月27日 - TOWER RECORDS presents Bowline 2015 curated by クリープハイプ & TOWER RECORDS
  • 2015年10月02日 - サンボマスター "3×ボ=15 ANNIVERSARY サンボマスターとキミ TOUR 2015"
  • 2016年01月18日 - 音楽と人 LIVE 2016 Northern Soul NIGHT
  • 2016年04月30日 - ARABAKI ROCK FEST.16
  • 2016年05月07日 - こんがりおんがく祭
  • 2016年05月29日 - VIVA LA ROCK 2016
  • 2016年08月27日 - RUSH BALL 2016
  • 2016年09月03日 - BAYCAMP 2016
  • 2016年09月10日 - 寺フェス'16 in 山形県朝日町若宮寺
  • 2016年09月24日 - 男どアホウ サンボマスター 2016
  • 2016年10月15日 - SET YOU FREE SUMMER FESTA 2016
  • 2016年10月30日 - BOROFESTA 2016
  • 2016年11月27日 - club SONIC iwaki 15周年企画 vol.07「ぼくは君を探しに来たんだ」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「銀杏BOYS」は誤記。
  2. ^ 新天地に暮らす 中国地方の移住者 元人気ロックバンドメンバーの農業・中村明珍さん=山口県周防大島町(中国新聞ヒロシマ平和メディアセンター 2015年8月12日 12月13日閲覧)
  3. ^ 銀杏BOYZ「ピンクローター」がドラマ版「裏切りの街」主題歌に”. 音楽ナタリー (2016年1月25日). 2016年1月25日閲覧。

外部リンク[編集]