海老一染之助・染太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

海老一染之助・染太郎(えびいちそめのすけ・そめたろう)は、実の兄弟による伝統演芸「太神楽(だいかぐら)」の曲芸師コンビ。父親は落語家三遊亭圓駒。 かつては落語協会に所属していた 「お染ブラザーズ」の愛称で「おめでとうございま〜す」と言いながら和傘の上で毬を回す芸が有名で、正月のテレビ番組には欠かせない出演者だったが、兄の染太郎が2002年に亡くなり、その後は弟の染之助がピンで活動している。

メンバー[編集]

海老一 染之助(えびいち そめのすけ)
本名:村井 正親(むらい まさちか(1934-10-01) 1934年10月1日(82歳) - )、
弟。東京都新宿区出身。メインの曲芸担当。
テレビ東京の村井正信キャスターは息子。現在糖尿病と闘っており、それをテーマにしたコラムを書いている。
日本舞踊では花柳錦蔵を名乗る。
海老一 染太郎(えびいち そめたろう)
本名:村井 正秀(むらい まさひで1932年2月1日 - 2002年2月2日)、
兄。東京都新宿区出身。盛り立て役。2002年2月2日、胃癌のため死去、誕生日を迎えた翌日のことであった。享年71(満70歳没)。
ナンシー関によると、マネージメントは染太郎が担当していたという。また、染太郎は英語も達者であったとのこと。

略歴[編集]

エピソード[編集]

  • 染之助が芸を見せ、染太郎が話術で楽しませるというスタイルが定着していたが、染太郎が芸を見せることも稀にあった。
  • 芸風が芸風であったために、通夜・葬儀に来てほしくないタレントNo.1に選ばれたことがある。しかし、2人の恩人にあたる人物が他界した時には、故人の妻の頼みもあり芸を披露した。
  • 海原千里・万里千里が妹、万里が姉)、海原やすよ・ともこ(やすよが妹、ともこが姉)らと同じように、弟である染之助の名前が先に来ている。やすよ・ともこは妹の方が先に弟子入りしたためであるが、染之助・染太郎については情報がないため不明。
  • 春風亭小朝に一時期芸を教えていたことがあり、「あいつが出てくるだけでお正月と思える、明るいオーラがある」などと称えていた。
  • 「ミスターお正月 お正月と言ったら誰?」というアンケートで、1位をとったことがある。
  • 染之助は滅多に怒らない人物で「ヨイショの染さん」と呼ばれていたが、後輩芸人が兄・染太郎に対し無礼な態度をとったときは、本気で激怒した。しかし、言った本人は冗談のつもりであったため、怒られた時はおろおろしていた(芸人仲間の連載より)。
  • スターどっきり(秘)報告」でやくざの宴会に呼ばれて芸をし、やくざが絡んで怖がらせたところでドッキリというシナリオだったが、弟・染之助が絡まれて兄・染太郎が突如激怒し、やくざ役を怒鳴りつけた。予想外の展開に、ネタばらし役の芸人も怯えながら登場する羽目となった。
  • 舞台での兄弟の掛け合いは見事なものだったが、実生活では兄弟仲が悪く、楽屋で喧嘩になることもあったという(本人コラムより)。ひとつには2人の芸の役割による確執もあるとされている。
  • 染太郎逝去の際、染之助は葬儀会場に居並ぶ報道陣の前で号泣しながら「日本国中、世界の皆さまのお幸せを心から祈念して、まいります。『おめでとうございまーす!』」と絶叫した。
  • 染太郎逝去直後は、染之助は笑点の番組上で林家木久蔵(現・木久扇)とのコンビで掛け合いを見せた。

主な台詞[編集]

  • おめでとうございまーす!!
  • 「ありがとうございまーす!!」
  • 「いつもより余計に(または、多く)回しております!!」
  • 「喜んでやっております」
  • 「弟は肉体労働、兄は頭脳労働、これでギャラは同じなの」
  • 「オープン・ザ・傘」
  • 傘で枡を回して「これを見た人、今後ますますご発展」
  • 「土瓶を回して落とすと損をします、これがほんとの土瓶損クルーソー」
  • 「土瓶の蓋を取るとき、身が落ちることもあります、身も蓋もない」
  • 「胸がドビンドビン」

出演[編集]

テレビ番組[編集]

パチンコ[編集]

  • 「CRおめでとうございまーす」(2004年1月、ニューギン)

映画[編集]

ゲーム[編集]

CM[編集]

外部リンク[編集]