ピン芸人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ピン芸人(ピンげいにん)はグループコンビを組まずに一人で活動するお笑い芸人のことである。漫談家や一人コントを演じるコメディアンなども含まれる。ただし、もともとグループやコンビを結成することが少ない落語家[1]講談師や、色物でも奇術師などはこの範疇には含まないことが多い。

概要[編集]

日本におけるお笑い芸人は、最初から一人で活動を始めることは少なく、コンビやグループを組んでいたものの、相方やメンバーが芸能活動を止めたり、俳優になるなどでお笑い芸人ではなくなったりしたため、ピン芸人になったというパターンが多い。

中には、コンビグループでありながらピンでの活動が中心となっている者や、R-1ぐらんぷりの大会中のみピンとして活躍する芸人もいる。

語源[編集]

博徒用語ではサイコロの1の目を「ピン」と呼ぶ為、ここから派生したものである。芸人の社会的地位が低く、(興行師を含めて)博徒と関わりが深かった時代の名残といえる。

ピン芸人のネタの芸風[編集]

グループであればボケとツッコミの担当を分担することができるが、ピン芸人が単独でネタを演じるときはそれができない。そのため以下のような方策がとられる。

  • 日常生活メディアなどに存在する矛盾を指摘する。漫談でよく使われる手法。
  • 日常生活でよくある出来事を述べるいわゆるあるあるネタ。あるあるネタを言うだけ、もしくはそれに対して突っ込むことで聴き手の共感を得る。派生としてボヤキ・自虐ネタがあり、貧乏・不運な出来事などを織り交ぜて共感と笑いを得る。
  • ボケるのみでツッコミは行わない(ボケっぱなし、投げっぱなし)。ネタよりも、ボケた際に起こる微妙な間や空気そのものを笑いに繋げる。現代においてポピュラーな一人コントの形式。
  • 役者として、一人で複数役を演じることによってボケもツッコミも行う(いわゆる一人芝居)。
  • 自作のイラストフリップなどを用いる。紙芝居の形態をとるものを含め、めくり芸と呼ばれる。アイデアが何よりも勝負のジャンルであるが、話術や画才も求められるケースが多い。陣内智則の一人コントは舞台装置を用い、エキストラ(本人の場合もあれば、町で偶然スカウトした外国人の場合もある)に演じさせたり、CGで制作した映像や音声に対してツッコミを入れるという独特なスタイルであり、このタイプの発展形といえる。
  • 物まね形態模写。声や喋り方、歌声などの真似に限らず、そこから独自の笑いのスタイルに発展させる。

ピン芸人一覧[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ピン芸人コトバンク

関連項目[編集]