マツコ・デラックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マツコ・デラックス
ペンネーム マツコ・デラックス
誕生 1972年10月26日(42歳)
日本の旗 日本千葉県千葉市花見川区
職業 タレント
コラムニスト
エッセイスト
女装家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2002年7月 -
ジャンル コラム
エッセイ
代表作 「週刊女装リターンズ」
処女作 『アタシがマツコ・デラックス!』
公式サイト 所属事務所によるプロフィール
所属事務所 ナチュラルエイト
テンプレートを表示

マツコ・デラックス男性1972年10月26日[1] - )は、日本コラムニストエッセイスト女装タレント司会者千葉県千葉市花見川区出身。所属事務所ナチュラルエイト

来歴[編集]

文筆活動[編集]

1972年10月26日、千葉県千葉市花見川区生まれ。[要出典]芸能界進出以前における経歴については、まとまった記載はないが、美容師見習い、ゲイ雑誌「Badi」の記者・編集者などをしていた[2]。ゲイ雑誌の編集者を辞めた後は一時期実家で引きこもり生活を送っていた。文筆活動を薦めることで、そんな状況を救ったのは中村うさぎだった[3]

2000年[4]から180×3のスリーサイズ・体重140kgの巨体に女装するというスタイルでの活動を行い、そのキャラクター性を生かしたタレント活動を開始する。また文筆業でも「マツコ・デラックス」の筆名でコラムニストとして幾つかの雑誌で連載を持つ。 新聞およびニュースサイトの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「マツコDX」と表記されることがある[5]2002年ソニー・マガジンズ社から『アタシがマツコ・デラックス』を発表、以後も定期的にエッセイ集などを執筆している。

タレント活動[編集]

テレビ番組初出演は、フジテレビワンナイR&R』の前身番組『エブナイ』だった。2005年TOKYO MXの情報番組『5時に夢中!』のコメンテーターを務め、2015年現在も月曜日に出演し継続中である。本人にとって代表的な番組であり、最も長期レギュラー、初レギュラーでもある。2007年1月放送の日本テレビジェネジャン・未成年の"生"と"性"スペシャル』にはパネラーとして出演している。

2009年、フジテレビで自身初の冠番組マツコの部屋』が開始。それまでマネジメントも自分でこなしていたが、友人であるミッツ・マングローブの伯父である徳光和夫に「事務所に入った方がいい」との助言を受け、芸能事務所・ナチュラルエイトに所属した[6]

2011年ラジオでも文化放送で冠番組『井筒とマツコ 禁断のラジオ』が開始。以降、『マツコ&有吉の怒り新党』、『月曜から夜ふかし』、『アウト×デラックス』などマツコの自由かつ毒舌混じりな発言を大いに活かしている番組が続々始まる。 2012年4月、日本テレビ『三毛猫ホームズの推理』で連続ドラマ初出演。

政治的発言・活動[編集]

エピソード[編集]

書籍[編集]

単著[編集]

共著[編集]


連載雑誌[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

2015年2月現在。

情報・バラエティ番組[編集]

過去の出演

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

映像作品[編集]

DVD
  • マツコの部屋 アンタがいるから素直に笑えないのよ 編 (2011年2月16日、ポニーキャニオン
  • マツコの部屋 アタシ、誰のために生きてるの? 編 (2011年3月16日、ポニーキャニオン)
  • マツコの知らない世界 -極めすぎた男たち 篇- (2013年8月30日、ポニーキャニオン)
  • マツコの知らない世界 -極めすぎた女たち 篇- (2013年8月30日、ポニーキャニオン)

商品[編集]

受賞歴[編集]

カテゴリ 結果
2010年 Tokyo SuperStar Awards ブレイクスルー賞[23] 受賞

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ TOKYO MX * 5時に夢中! - 出演者プロフィール マツコ・デラックス” (日本語). TOKYO MX (2009年3月30日). 2015年3月10日閲覧。
  2. ^ マツコ・デラックス 「奥付」『週刊女装リターンズ主婦と生活社東京都中央区京橋2005年5月27日、240ページ。ISBN 978-4-391-13081-22010年9月10日閲覧。「美容師→ゲイ雑誌編集→肉体を使わない肉体労働者→ゲイ雑誌編集と経て、現在はコラムニスト。」
  3. ^ “マツコ 引きこもり時代に同級生の「幸せランキング」作る”. NEWSポストセブン. (2013年10月7日). http://www.news-postseven.com/archives/20131017_216983.html 
  4. ^ マツコ・デラックス 「第3章 言う私、そして、生きて行く私」『週刊女装リターンズ主婦と生活社東京都中央区京橋2005年5月27日、199頁。ISBN 978-4-391-13081-22010年9月10日閲覧。
  5. ^ CoccoとマツコDX「QJ」2万字対談、ECDはサブカル鬱を語る” (日本語). ナタリー (2010年8月4日). 2010年9月10日閲覧。
  6. ^ “【エンタがビタミン♪】マツコ・デラックスが沸騰寸前!“天敵”女子アナとバトル。ミッツ・マングローブも参戦。”. メディアプロダクツジャパン. (2010年7月22日). http://japan.techinsight.jp/2010/07/matsuko_0721.html 
  7. ^ 「マツコ・デラックスの『流行人 百面相スケッチ』」『EX大衆』2012年10月より
  8. ^ スポーツ報知 2012年10月8日
  9. ^ 週刊女性 2012年10月2日号
  10. ^ マツコ・デラックスさんのコメント〜尾辻かな子「Try&Win!」上映 (YouTube)
  11. ^ “石原都知事に「あの発言は狂ってる!」 マツコ、青少年条例で激怒”. J-CASTニュース. (2010年12月14日). http://www.j-cast.com/2010/12/14083475.html 2011年2月9日閲覧。 
  12. ^ “マツコ・デラックスが楽天市場での鯨肉販売禁止に「楽天はそういう会社」「そこが日本のネットショップ最大勢力なのは不幸」とコメント”. ライブドア. Livedoorニュース. (2014年4月8日). http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20140407/CK2014040702000079.html 2014年4月8日閲覧。 
  13. ^ 『週刊文春』2011年6月30日号
  14. ^ アサヒ芸能』2008年12月22日発売号 インタビュー記事
  15. ^ “女装系の超巨大新星マツコ・デラックス”. All About. (2009年12月14日). http://allabout.co.jp/entertainment/varietyshow/closeup/CU20091214A/ 
  16. ^ 伏見憲明魅惑のブス』。ISBN 978-4-326-65232-7
  17. ^ マツコ激似の宝富士に共演オファー!師匠も絶賛「マツコ富士に改名しようか」 スポーツ報知、2011年8月17日
  18. ^ 宝富士vsマツコ激似の2人 初顔合わせ日刊スポーツ 2012年4月18日記事
  19. ^ [1]ハートネットTV』多様な“性”と生きている 第4回 「マツコ・デラックス “生きる”を語る」
  20. ^ [2]マツコ&有吉の怒り新党の番組概要ページ - gooテレビ番組
  21. ^ 2月22日、3月1日はマツコ・デラックスがゲスト!「ハロプロ緊急会議」開催。”. ニッポン放送 (2015年2月5日). 2015年2月23日閲覧。
  22. ^ a b マツコ危機一発DX|商品情報|黒ひげ危機一発|タカラトミー”. タカラトミー. 2011年5月30日閲覧。
  23. ^ “Googleやマツコデラックスなど、6個人・団体がTSSA受賞”. ゲイライフジャパン. (2010年12月5日). http://www.gaylife.co.jp/?p=1244 

外部リンク[編集]