米菓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
米菓
米菓(豆入り)
海苔煎餅
煎餅の生産ライン

米菓(べいか)とは、から作った菓子煎餅をはじめ、おかきあられなど、日本人に古くから親しみのあるものが多く、主にもち米うるち米で作られる。

米菓は、新潟県を中心に全国で広く生産されており、主に焼いて作られているが、揚げて作られるものもあるなど多様性がある。

原料とする米の種類が、もち米であるものを「あられ(おかき)」、うるち米であるものを「煎餅」といい、大きく2つに分けられる。

「あられ」は「おかき」の小さいもので、製造方法に大きな違いはない。

なお、煎餅には小麦粉そば粉など米以外を原料とするものもあり、例えば瓦せんべい南部煎餅炭酸せんべいなどがある。

主な米菓[編集]

米菓を製造する会社[編集]

新潟県内[編集]

その他の地域[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [新潟]米菓製造(株)みながわ製菓”. 株式会社東京商工リサーチ (2016年9月8日). 2016年9月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]