日東あられ新社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社日東あられ新社
New Nitto Arare Co.,Ltd.
種類 株式会社
略称 日東あられ
本社所在地 日本の旗 日本
503-2416 
岐阜県揖斐郡池田町萩原31
設立 1994年4月15日
業種 食料品
事業内容 米菓の製造販売
代表者 代表取締役社長 堀内潔
資本金 3億円
従業員数 138名
主要株主 サンヨー食品
特記事項:2011年11月30日解散、2012年1月11日特別清算開始決定。
テンプレートを表示

株式会社日東あられ新社(にっとうあられしんしゃ)は、岐阜県揖斐郡池田町にかつて存在したあられ、おかき、おせんべいの専門メーカーである。

概略[編集]

旧・日東あられ[編集]

1948年に創業した(旧)日東あられは日東食品工業が前身である。日東あられの社名の由来は明らかにしていない。

亀田製菓などと並んで、日本のあられ、おかき、おせんべいのトップブランドとして知られ、民謡歌手金沢明子蝋燭を前に民謡を歌うCMで知名度を高めた。かつては、数々のテレビ番組のスポンサーを数多く務めたこともあり、在京キー5局在阪準キー5局在名民放5局を中心にスポットCM展開していた。

北海道東海3県など、地域限定の土産菓子を持たない会社である。

1991年2月に創業者・岡崎敬治が亡くなった後、粉飾決算が明らかになり、同年5月23日に、628億円もの負債を抱え、名古屋地方裁判所会社更生法の適用を申請し、倒産した。なお、粉飾決算については、1993年3月11日に、元社長と元取締役経理本部長に対して、商法違反(違法配当)と証券取引法違反(有価証券報告書虚偽記載)で執行猶予付き有罪判決が言い渡されている。会社は、会社更生手続中のため不起訴となった[1]

日東あられ新社[編集]

サンヨー食品の支援を仰ぎ、1994年4月に株式会社日東あられ新社を設立。旧・日東あられから営業権および商標権を承継して、会社を再建する。

2011年4月現在の社長は元日東あられ新社常務取締役の堀内潔、前社長は、サンヨー食品相談役(前社長)の井田毅である。 一時、同業種で中堅の越後製菓と業務提携し、「ふんわり名人」などの製造委託を受けていたが、後に業務提携を解消した。

2007年3月期から2011年3月期まで5期連続の営業赤字となり、黒字転換の見込みが立たなかったことから、2011年4月18日の臨時取締役会で自主廃業が決議された。経営不振のため、サンヨー食品からの借入金が30数億円に膨んでいたことが主な理由[2]。4月19日に従業員への説明を行い、最後の受注品の出荷を終える2~3ヶ月後に会社清算される予定だったが、本社をサンヨー食品内に移転させたうえで、2011年11月30日の臨時株主総会で同日付での解散を決議、2012年1月11日付で東京地方裁判所から特別清算の開始決定を受けた。報道によると、負債総額は約30億円。[3]なお、「サラダセブン」「ひなあられ」など一部の商品は、同業の越後製菓 に引き継がれており、現在も販売されている。[4]。なお工場跡地は非上場会社であるイノアックコーポレーション傘下のイノアック住環境が2014年8月に取得し、2015年4月より稼動を予定している。

主要製品[編集]

かつての提供番組[編集]

関連項目[編集]

  • 越後製菓 - 米菓事業などを譲渡。米菓メーカーが盛んに多い新潟県における米菓・包装餅の中堅メーカー。
  • キィポーション - 旧・日東あられ時代の取引先であった乾燥剤メーカーのキムラを事業継承したもの。
  • 名古屋証券取引所東京証券取引所 - 上場計画をもくろんでいた。
  • 伊藤忠商事 - 帳合先・代理店。
  • 寸田製菓 - 当社の自主廃業後、岐阜県内最大手の米菓メーカーの座を譲った。
  • 竹新製菓 - 当社の自主廃業後、東海3県最大手の米菓メーカーの座を譲った。
  • トミダヤ - かつて本社の置いていた岐阜県池田町の池田店などにおいて、特に愛知県名古屋市などのスーパーでも、現在、越後製菓が製造している「味千両」や「サラダセブン」などが販売され、日東あられ時代の面影が残る。
  • 岩塚製菓 - 米菓業界におけるベルマーク運動の参加は26年ぶりの協賛企業。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]