もち吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社 もち吉
MOCHIKICHI.CO.LTD.
南大沢店 (東京都八王子市)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
822-8585
福岡県直方市下境2400番地
設立 1983年(昭和58年)3月
業種 食料品
法人番号 3290801014357
事業内容 米菓の製造・販売
代表者 代表取締役社長 森田長吉
資本金 1億円
売上高 137億7千万円(平成17年2月末現在)
従業員数 1,464名
外部リンク http://www.mochikichi.co.jp/
特記事項:住所表記は正式なもの(当該項参照)
テンプレートを表示

株式会社 もち吉(-きち)は、福岡県直方市下境2400番地に本社を置く米菓の製造・販売を行っている食品会社である。全国各地(沖縄地方を除く)に直営店舗を有するほか、通信販売により販売を行っている。

沿革[編集]

主な製品[編集]

  • 煎餅 - 餅のおまつり、満天黒豆、餅のささやき、えん餅、ぬれ味千、希林あげ、ふくよか餅、豆乃餅、のり乃餅、御海苔巻、てのひら日記、浜の海苔づくし、こりゃいける
  • - はつがげんまい
  • - こがねもち、玉もっち、サラダ一番(終売)
  • 海苔 - 有明海苔
  • ミネラルウォーター(一部店舗のみ)

グループ会社・関連会社[編集]

  • 株式会社 森田あられ(製造部門)
  • 森田製菓 有限会社(不動産管理部門)
  • 株式会社 もち吉エージェンシー (広告代理業)
  • 株式会社 えくぼ屋 (デパート・小売店米菓販売)

その他[編集]

  • もち吉の製造部門である「森田あられ」は、かつては「えくぼのモリタ」のブランド名により、西日本を中心に小売店向けの販売を行っていた。その中の一つ「サラダ一番」(サラダ油で仕上げた煎餅。塩味と醤油味の2種類で、通常サイズの『L判』とミニサイズの『ミニ判』が存在した[1])は看板商品となり、CMには“欽ちゃん”こと萩本欽一が出演していた。なお「サラダ一番」は、もち吉店舗でL判のみ復刻販売された。
  • 本社工場そばの福岡県道22号田川直方バイパス沿いには、直方本店「餅のおまつり本舗」の他、豆腐販売所や製造工程見学場、せんべいのアウトレット店舗等の関連施設による店舗群「もちだんご村」がある。過去にはせんべいの詰め放題店舗(せんべいバイキング)も存在した。
  • 公式サイト等を始めとする本社の住所表記は「福岡県直方市下境2400番地 字餅米 もちだんご村 餅乃神社前」としている。字餅米もちだんご村餅乃神社前の部分は、販売戦略のために考案された(会社に問い合わせての回答)もので、正式な住所ではない。なお字餅米という地名は実際にあった。[2]「餅乃神社」ももち吉が建立した神社で、上述のもちだんご村内にある。
  • 大相撲本場所で使用される「力水」は、もち吉が1992年の3月場所から無償で提供している[3]

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「ミニ判」の類似商品に三幸製菓新潟県)の『ミニサラダ』が存在する。
  2. ^ もち吉 地域密着 餅乃神社
  3. ^ 相撲愛で湧く力水(日刊スポーツ)

外部リンク[編集]