半保護されたページ

FNN Live News days

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Live News > FNN Live News days
FNN Live News days
ジャンル 報道番組
製作
制作 フジテレビ(FNN)
放送
映像形式リアルタイム字幕放送
放送国・地域日本の旗 日本
公式サイト
Live News days(平日版)
出演者島田彩夏
立本信吾
安宅晃樹
放送期間2019年4月2日[注 1] -
放送時間月 - 金曜日 11:30 - 11:55
放送枠フジテレビ系列昼ニュース枠
放送分25分
Live News days(週末版)
出演者松村未央
永尾亜子
放送期間2019年4月6日 -
放送時間土・日曜日 11:50 - 12:00
放送分10分

特記事項:
出演者はいずれもフジテレビアナウンサー。
テンプレートを表示

FNN Live News days』(エフエヌエヌ ライブニュースデイズ)は、フジテレビおよびFNN系列各局において、2019年平成31年)4月2日から放送されている報道番組。新聞番組表では『[N]ニュースデイズ』とクレジットされている。

概要

2018年4月2日から放送されてきた『FNNプライムニュース デイズ』を改題リニューアルさせる形で放送開始[1]。本来は夕方の『it!』(現『イット!』)や深夜の『α[注 2]』と同様4月1日から開始予定であったが、急遽新元号特番『FNN特報 列島縦断LIVE!ようこそ新元号SP』が9:50 - 11:55[注 3]に編成されたため、翌2日からの開始に変更となった。

番組コンセプトは「世界の動きを素早くキャッチ![2]番組テーマカラーは   ピンク

またフジテレビは、ニュース番組を "Live News" としてブランドを統一しリニューアルし、当番組もその1つである。30年余り続いた「平成」という時代にひと区切りをつけ、新たな元号が発表されるこのタイミングに合わせて、視聴者の目線に立ち、時事問題から身近なニュースまで(Live=)「生き生きと」、そして時には(Live=)「生々しく」視聴者のニーズに応えるよう、親しみやすさや手触り感のあるニュースをお届けしていく。

2020年4月6日から2か月、当番組での新型コロナウイルス感染拡大対策として制作班を月・火曜担当と水~金曜担当に分かれて放送していくこととなったために、キャスターも月・火曜を斉藤舞子奥寺健、水~金曜を島田彩夏野島卓で分担して担当することになった。斉藤に関しては2年ぶりに昼のニュースに復帰することになる。

2020年5月29日週で、約2か月間続いた新型コロナ感染拡大対策による制作・出演者班分担を終了。6月1日週から、通常通りの編成に戻った[3]

2020年4月から、週末版キャスターの山中章子が当番組をはじめ、他に担当している『週刊フジテレビ批評』や『めざましどようび』、『FNNニュース』などを理由不明で長期間休んでおり、当番組・『めざましどようび』・『FNNニュース』においては竹内友佳が代役を務めていた。なお、2020年6月13日に山中の第1子妊娠が報じられた。内容として「新型コロナの影響で体調を考慮し4月から在宅勤務に切り替え、今秋出産予定でまもなく産休入り」ということだった。以後も竹内が週末版を担当し、2020年7月には番組ホームページのトップ写真が変更(島田、奥寺、野島ともに竹内を加えて撮り直し)され、竹内が正式に週末版のキャスターを担当している(FNNプライムニュースデイズ土日キャスター以来約1年半ぶりに同日昼のニュースに復帰)。

放送時間

全て日本時間(JST)で記す。

期間 平日版 平日版全国ニュース枠 週末版 週末版全国ニュース枠
2019.4.2 現在 11:30 - 11:55(25分) 11:30 - 11:47.55(17分55秒) 11:50 - 12:00(10分) 11:50 - 11:55.10(約5分10秒)

出演者

出演者全員フジテレビアナウンサー

平日版キャスター

週末版キャスター

過去の出演者

期間 女性キャスター 男性キャスター
月・火 水 - 金 月・火 木・金 土・日
2019.4.2 2019.7.28 島田彩夏 山中章子[† 1][† 2] 奥寺健[† 1] 野島卓[† 1][† 3] (不在)
2019.7.29 2020.3.27 奥寺健[† 3] 野島卓
2020.3.30 2020.4.10 斉藤舞子[† 4] 島田彩夏[† 4]
2020.4.11 2020.5.31 竹内友佳
2020.6.1 2020.9.27 島田彩夏
2020.9.28 2020.11.8 福原直英
2020.11.9 2021.2.7 松村未央 竹内友佳[† 5]
2021.2.8 2021.3.26 斉藤舞子
2021.3.29 2021.7.4 立本信吾 野島卓 安宅晃樹
2021.7.5 2021.7.11 永尾亜子
2021.7.12 現在 立本信吾

  1. ^ a b c FNNプライムニュース デイズ』から続投。
  2. ^ 産休のため降板[4]
  3. ^ a b 週末版の『Live News it!』を兼務。7月21日まで野島が、7月27日からは奥寺が担当。
  4. ^ a b 新型コロナウイルス感染症対応のため制作班を2つに分けて放送。
  5. ^ 産休のため降板[5]

代役について

休業者 代役
島田彩夏
  • 内田嶺衣奈
    2019年(08.26 - 28)
  • 堀池亮介
    2019年(08.26 - 28)〈お天気のみ[6]
  • 山中章子
    2019年(08.29・30、10.31、11.06・13)
    2020年(03.27)
  • 藤本万梨乃
    2019年(08.29・30)〈お天気のみ[7]
    2021年(08.25 - 27)
  • 斉藤舞子[8]
    2020年(08.10・11)
    2021年(04.06、08.23・24)
  • 小澤陽子
    2020年(08.12 - 14、12.04)
    2021年(03.17・22)
    2022年(01.11・12・17 - 19)
  • 梅津弥英子[9]
    2020年(11.19・20)
    2021年(06.25)
  • 新美有加
    2020年(11.23・24)
    2021年(01.27)
    2022年(01.13・14)
奥寺健
  • 生田竜聖
    2019年(07.18)
  • 安宅晃樹
    2020年(09.14・15)
野島卓
  • 生田竜聖
    2019年(10.31・11.01・07)
  • 酒主義久
    2019年(12.18)
  • 今湊敬樹
    2020年(09.23 - 25)
  • 安宅晃樹
    2021年(05.19)
立本信吾
  • 安宅晃樹
    2021年(09.20 - 22、12.27 - 29)
安宅晃樹
  • 立本信吾
    2021年(09.16・17)
山中章子
  • 新美有加
    2019年(05.19)
    2020年(02.02)
  • 上中勇樹
    2019年(08.24)
  • 永尾亜子
    2019年(08.25、09.08、10.12・13・20)
  • 藤本万梨乃
    2019年(12.28・29)
竹内友佳
  • 藤村さおり
    2020年(09.26)
  • 安宅晃樹
    2020年(09.27)
    2021年(02.07)
  • 斉藤舞子
    2020年(11.15)
松村未央
  • 新美有加
    2021年(04.17、06.19)
  • 今湊敬樹
    2021年(07.31)
永尾亜子
  • 藤本万梨乃
    2021年(10.17)
  • 斉藤舞子
    2022年(01.23)

放送内容

平日版

まずトップニュースを2名が伝えた後、その他のニュースを2名のキャスターが、ほぼ交互で伝える。この際、モニターは使わずワイプでVTRのサマリーが表示されている状態でアナウンサーが概要を話し、そのままVTR中に原稿を読み上げる。系列局制作のVTRの場合、そのまま録音済みの音声付きで流す。時折にdays FOCUSを挟みつつ、ストレートニュース形式で進められる。その他、以下のコーナー群で成り立っている。

  • days FOCUS
    前番組『FNNプライムニュース デイズ』で放送されていた「PRIME FOCUS」をリニューアルしたものであり、1つの話題や社会問題をフォーカスする。島田が正方形のモニターを利用して、プレゼンテーション形式で2分程度の解説を行う。
  • days TOPICS
    前番組『FNNプライムニュース デイズ』で放送されていた「PRIME TOPICS」をリニューアルしたもの。国内外で起こった衝撃的なニュースや重要度の高いものだけでなく、ややユニークな話題も扱う。基本的にはシリアスな情報はニュース部分で取り上げられるため、このコーナーでは放送されない。
  • 株価情報
    前番組から引き続き、「TOPICS」の後に男性アナが為替と株価の値動きのリアルタイム情報を読み上げる。飛び降りポイントが設けられている。正式なタイトルはなし。日によって割愛される場合があるほか、祝日で株式市場が休場となる場合も放送されない。
  • 天気予報
    11:53頃から関東ローカルで放送。男性キャスターが担当[注 4]

テーマ曲

期間 作曲 備考
2019年4月2日 - 現在 作曲:小島裕規 夜の『FNN Live News α』、2020年3月までは夕方の『Live News it!』も担当。
同年4月以降の福島テレビやテレビ大分など一部ネット局のローカル枠では『it!』→『イット!』の2代目・3代目のテーマ曲を使用している。

ネット局

『Live News days』ネット局(いずれもFNN系列局)
放送対象地域 放送局 系列 放送日時
月 - 金曜 土・日曜
関東広域圏 フジテレビ(CX)
【制作局】
フジテレビ系列 11:30 - 11:55 11:50 - 12:00
北海道 北海道文化放送(uhb)
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 NST新潟総合テレビ(NST)[注 5]
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB) 11:30 - 11:48 土曜 11:50 - 11:56
日曜 11:50 - 12:00
中京広域圏 東海テレビ(THK) 11:30 - 11:53[注 6] 11:50 - 12:00
近畿広域圏 関西テレビ(KTV) 11:30 - 11:55
島根県鳥取県 さんいん中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(tss)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(sts)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)

なお、フジテレビ系列・日本テレビ系列・テレビ朝日系列クロスネット局であるテレビ宮崎(UMK)は、『大下容子ワイド!スクランブル・第1部』(平日 11:45 - 12:00、内包番組『ANNニュース』のみネット)および『ANNニュース』(土曜 11:45 - 12:00・日曜 11:50 - 12:00)をネットしている関係で、本番組は非ネット。

系列局の番組名

前番組『FNN プライムニュース デイズ』の流れで一部系列局の番組表では以下のタイトルに差し替えられる。

  • NST新潟総合テレビ[注 5] - FNN・NST Live News days
  • 福井テレビ - 福井テレビ Live News days(日曜日のみ)
  • テレビ新広島 - FNN TSS Live News days(実際の番組では改題なし)
  • サガテレビ - FNN SAGATV Live News days
  • テレビ長崎 - KTN Live News days(実際の番組ではタイトルロゴが自社送り出しとなる土曜日のエンディングと日曜日のみ改題)
  • テレビ熊本 - TKU Live News days
  • テレビ大分 - FNN TOS Live News days

備考

  • ネット局では時刻表示を行っているが、番組送出ではなく各局別の送出となっており、フジテレビと一部ネット局ではお天気ループも送出している。
  • 福井テレビは、月 - 土曜日のローカル枠を別番組(『福井新聞ニュース』と天気予報)扱いで放送するため、『スピーク』 → 『プライムニュース デイズ』時代と同様、全国ネット枠終了とともに番組終了となる。
  • テレビ西日本は、日曜日のみ『FNNスピークWeekend』 → 『プライムニュース デイズ』時代と同様、系列局で唯一オープニングとエンディングの両方を自社送出の音楽(フジテレビ側のものと編集が異なる)・CGに差し替えて放送する。また、日曜日は『産経テレニュースFNN』時代からの名残でフジテレビ側のオープニングタイトルCGが月 - 土曜日とは違って全国送出とはならない。そのため、自社でフジテレビと同じCGを独自に送出する局と音楽やバックの映像はフジテレビ送出のものを使うもロゴ表示が自社出しの静止テロップや独自のアニメーションテロップとなる局に対応が分かれている。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 当初は4月1日開始予定だったが新元号発表に関する特別編成のため延期。
  2. ^ (番組編成上の)初日は改編期特番『HEY!HEY!NEO!』(1日23時 - 2日0時)が放送されたため、通常より20分繰り下げて2日(1日深夜)になってからの放送となった。
  3. ^ 通常時FNNの昼ニュースをネットしない、日本テレビテレビ朝日系列とのクロスネット局テレビ宮崎でも同時ネット。
  4. ^ 2019年8月26日 - 30日は新人アナウンサー(月 - 水は堀池亮介、木・金は藤本万梨乃)が担当
  5. ^ a b 2019年9月までは新潟総合テレビ。
  6. ^ 11:53 - 11:55に天気予報を別番組・『お天気レーダー』として放送するため。

出典

  1. ^ 三田友梨佳アナ:報道メーンキャスター初挑戦 「まさか」 フジテレビニュースの“夜の顔”にまんたんウェブ 2019年2月25日配信・閲覧
  2. ^ Live News days” (日本語). フジテレビ. 2019年4月5日閲覧。
  3. ^ FNNライブニュースデイズはInstagramを利用しています:「新型コロナウイルス感染防止対策として Live News daysのアナウンサーも 臨時にチームを分けてお伝えしてきましたが 2チーム制は今週で終了になります😊 約2ヶ月間月曜日と火曜日のdaysを支えてくださった斉藤アナ 本当にありがとうございました🙇💐💓 …」” (日本語). Instagram. 2020年5月28日閲覧。
  4. ^ フジ山中章子アナ 妊娠7カ月 まもなく産休入り”. Sponichi Annex (2020年6月14日). 2021年3月5日閲覧。
  5. ^ 竹内友佳アナ妊娠6カ月 プライムニュースは降板”. 日刊スポーツ (2021年2月17日). 2021年3月5日閲覧。
  6. ^ 奥寺(野島)・内田と共に3人で担当。
  7. ^ 野島・山中と共に3人で担当。
  8. ^ 前々身番組の『FNNスピーク』のメインキャスター担当で、現在は当番組日曜版キャスター担当。
  9. ^ 前身の『FNNプライムニュース デイズ』のメインキャスター担当。

関連項目

外部リンク

フジテレビおよびFNN系列 平日昼のFNNニュース
前番組 番組名 次番組
FNN Live News days
-
フジテレビおよびFNN系列 週末FNNニュース
FNNプライムニュース デイズ
FNN Live News days
-
フジテレビ - 金曜日11:30 - 11:55枠
FNNプライムニュース デイズ
(2018.4.2 - 2019.3.29)
FNN Live News days
(2019.4.2 - )
-
フジテレビ 日曜日11:50 - 12:00枠
FNNプライムニュース デイズ
(2018.4.7 - 2019.3.31)
FNN Live News days
(2019.4.6 - )
-
  1. ^ あっちょーさんはTwitterを使っています「CX「FNNニュース」7月24日 12:05 - 12:10」”. Twitter. 2021年8月2日閲覧。
  2. ^ あっちょーさんはTwitterを使っています「8/8は「FNN Live News days」休止、「FNNニュース」代替編成。」”. Twitter. 2021年8月2日閲覧。