日清食品ホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日清食品ホールディングス株式会社
Nissin Foods Holdings Co., Ltd.
Nissin FH Logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2897
略称 日清食品HD、日清食HD、日清HD、nissin
本社所在地 532-8524
本店・大阪本社:大阪市淀川区西中島4-1-1
大阪本社
〒160-8524
東京本社:東京都新宿区新宿6-28-1
日清食品ホールディングス株式会社新宿六丁目東京本社ビルRIMG0076.JPG
本店所在地 532-8524
大阪府大阪市淀川区西中島4-1-1
設立 1948年9月4日
業種 食料品
法人番号 7120001057574
事業内容 日清食品グループ全体の経営戦略の策定・推進、グループ経営の監査、その他経営管理など
代表者 代表取締役社長・CEO 安藤宏基
代表取締役副社長・COO 中川晋  
資本金 251億22百万円
(2015年3月31日現在)
売上高 連結4,315億75百万円
(2015年3月期)
経常利益 連結329億80百万円(2015年3月期)
純利益 連結185億05百万円(2015年3月期)
総資産 連結5,127億43百万円
(2015年3月31日現在)
従業員数 連結8,767名(2015年3月31日現在)
決算期 毎年3月31日
主要株主 公益財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団 6.72%
三菱商事株式会社 6.64%
ステート ストリート バンク アンド トラスト カンパニー 5.05%
伊藤忠商事株式会社 4.59%
株式会社安藤インターナショナル 3.35%
株式会社みずほ銀行 2.87%
株式会社三菱東京UFJ銀行 2.23%
小野薬品工業株式会社 2.09%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 1.86%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 1.76%
(2015年3月31日現在)
主要子会社 日清食品株式会社
明星食品株式会社
ほか(参照
関係する人物 安藤百福(創業者)
外部リンク http://www.nissin.com/
テンプレートを表示

日清食品ホールディングス株式会社(にっしんしょくひんホールディングス、Nissin Foods Holdings Co., Ltd.)は大阪府大阪市淀川区東京都新宿区に本社を置く企業で、日清食品を中心とする食品グループの持株会社である。

日清食品グループの理念は「EARTH FOOD CREATOR」(「食」の可能性を追求し、社会や地球に貢献する)、また同グループのビジョンは「UNITE FOOD POWERS」(「食」の持つ力を結集する)となっている。

なお、グループ全体におけるスローガンとして「もっと「食」を動かそう。」も制定されている。

社名の由来[編集]

らかに豊かな味をつくる」という創業者・安藤百福の言葉を由来とし、日清戦争(ほか日本中国清朝にかかわることを意味する単語)との関係は無い[1]

同じ日清の冠でも、食品メーカーの日清製粉日清オイリオ日清製菓病院等の給食会社の日清医療食品、繊維メーカーの日清紡績との資本関係もない。

沿革[編集]

  • 1948年(昭和23年)9月4日 - 大阪府泉大津市に「中交総社」設立。
  • 1949年(昭和24年)9月 - 「サンシー殖産」に商号変更し、本社を大阪市北区に移転。
  • 1958年(昭和33年)
    • 8月25日 - インスタントラーメン「チキンラーメン」発売
    • 12月 - 「日清食品」(初代)に商号変更。本社を大阪市東区(現・中央区)に移転。
  • 1959年(昭和34年)12月 - 初代ロゴマーク制定(略称「NSS」を2本の下線と円で囲ったもの)。高槻市に工場完成、同時に本社を移転。
  • 1963年(昭和38年)10月 - 東京大阪証券取引所第2部に上場
  • 1968年(昭和43年)2月 - 袋入りラーメン「出前一丁」を発売。
  • 1971年(昭和46年)9月 - 2代目ロゴマーク制定(赤と青の円に「N」を基調としたロゴ)。「カップヌードル」を発売。
  • 1972年(昭和47年)8月 - 東京・大阪・名古屋各証券取引所第1部に指定替え。
  • 1973年(昭和48年)6月 - 本社を大阪市北区に移転。
  • 1976年(昭和51年)5月 - 焼きそば「UFO」を発売。8月にはうどん・そば「どん兵衛」を発売。
  • 1977年(昭和52年)4月 - 本社を現在地の大阪市淀川区に移転。
  • 1983年(昭和58年)
    • 8月 - 3代目ロゴマーク制定(赤い半円に「nISSIn」と入れたもの)。このロゴマークは「リップマーク」と呼ばれ、人の食べているや、食器をイメージしたことに加え、地球の半分に見立て、「「食」が生命・地球を支える」を表現したものでもある[注 1]
    •  日清食品と安藤百福の私財を投じて協同で「安藤スポーツ・食文化振興財団」(通称・安藤百福財団、安藤財団)を設立。
  • 1988年(昭和63年)3月 - 東京支社を「東京本社」に改称。
  • 1990年(平成2年)7月 - 乳酸飲料会社のヨーク本社(現:日清ヨーク)に資本参加。
  • 1991年(平成3年)2月 - コーンフレークのシスコーンで知られる菓子会社のシスコ(現:日清シスコ)に資本参加。
  • 1995年(平成7年)2月1日 - 陸上競技部創設。
  • 1998年(平成10年)4月21日 - 日清食品公式サイトを公開。
  • 1999年(平成11年)11月 - 大阪府池田市に「インスタントラーメン発明記念館」を開館。
  • 2003年(平成15年) - ロゴマークのアルファベット綴りが「nISSIn」(小文字形体)から「NISSIN」(大文字形体)に小変更。
  • 2006年(平成18年)11月 - 明星食品と合弁会社を設立、事実上の経営統合。12月15日、友好的TOB成功で日清食品の明星食品株式の所有割合が86.32%(議決権割合は90.43%)になり、明星が子会社へ。12月21日将来的には株式交換により完全子会社化することを決定。
  • 2007年(平成19年)
    • 1月 - 安藤百福創業者会長が逝去、享年96。
    • 3月 - 株式交換により明星食品を完全子会社化。
  • 2008年(平成20年)
    • 2月6日 - 前年11月22日に合意していた日本たばこ産業(JT)からの加ト吉株式49%譲受と、冷凍食品事業の加ト吉への統合を撤回すると発表。[注 2]
    • 3月 - 本社機能を東京に集約、同時に登記上の本社については、今後検討する(なお今後も入社式や株主総会等、重要行事は「発祥の地」大阪で行う)と発表。
    • 7月 - 本社機能を東京本社に移転。ただし、近畿圏営業統括部門等、一部機能が大阪に残る。
    • 9月 - 創業60周年(日清食品に商号変更してからは50周年となる)
    • 10月1日 - 社名を「日清食品ホールディングス株式会社」(本社・東京、登記上本店・大阪)に変更し純粋持株会社へ移行、即席麺事業を「日清食品株式会社」(2代目)、チルド食品事業を「日清食品チルド株式会社」、冷凍食品事業を「日清食品冷凍株式会社」、業務サポート部門を「日清食品ビジネスサポート株式会社」にそれぞれ新設・承継。前述の本社機能集約とあわせ、これにより、経営中枢機能が創業地の大阪から東京へ移行した。
    • 創立50周年を記念し、次の50年に向けて100のことを実行する「百福士プロジェクト」始動。
  • 2010年(平成22年)
  • 2011年(平成23年)9月17日 - 神奈川県横浜市中区横浜みなとみらい21地区に「安藤百福発明記念館(カップヌードルミュージアム)」を開館。
  • 2012年(平成24年)1月1日 - 陸上競技部が第56回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)で2度目の優勝。
  • 2013年(平成25年)8月 - 「カップヌードルミュージアム」来館者200万人を達成。
  • 2014年(平成26年)3月 - 東京都八王子市戸吹町に新たな研究拠点として「日清食品グループ the WAVE」(「グローバルイノベーション研究センター」「グローバル食品安全研究所」の2拠点)が完成、稼働開始。
  • 2017年(平成29年)9月15日 - 「インスタントラーメン発明記念館」の名称を「カップヌードルミュージアム 大阪池田」に改称。同時に、「安藤百福発明記念館」の通称も「カップヌードルミュージアム 横浜」とする。
  • 2058年 - 日清食品グループ創立100周年。「百福士プロジェクト」完了予定。

グループ[編集]

日清食品グループ[編集]

日清食品関東工場(茨城県取手市)
  • 日清食品ホールディングス株式会社
常温食品事業
低温食品事業
菓子事業
  • 日清シスコ株式会社(本社:大阪府堺市堺区)- スナック、シリアル菓子などの製造販売
  • ぼんち株式会社(本社:大阪市淀川区) - ぼんち揚で有名の米菓、スナック菓子などの製造販売
飲料事業

機能子会社、その他事業子会社[編集]

関連会社各社については日清食品グループについてを参照。

過去のグループ企業[編集]

日本国外への展開[編集]

インドインドネシアタイオランダアメリカブラジル現地工場。また、味の素と提携しており、インドネシアやタイに合弁会社をすでに設立している。 また、販売国も多国に亘る。

研究所[編集]

日清食品グループの技術・開発・研究拠点として、2014年(平成26年)3月、「グローバルイノベーション研究センター」と「グローバル食品安全研究所」の2拠点からなる「日清食品グループ the WAVE」が東京都八王子市戸吹町に完成した。「最も進んだフードテクノロジーの波を起こし、その力強い波動を絶え間なく世界中に発信していく」事をミッションに、創業者精神のもと、技術開発と食の安全の研究を進めている[3]。設計は古谷誠章早稲田大学教授)が担当し、竹中工務店が工事を請け負った。the WAVEは2014年度グッドデザイン賞を受賞している[4]

スポーツ協賛事業[編集]

日清食品グループ陸上競技部[編集]

日清食品グループ陸上競技部(東京本社付のためチーム所在地は東京都新宿区)は、1995年(平成7年)2月1日、日清食品(当時)の陸上競技部として創設。諏訪利成アテネオリンピック男子マラソン6位入賞)、実井謙二郎アトランタオリンピック男子マラソン日本代表)をはじめ、徳本一善ジュリアス・ギタヒ大島健太ら中長距離の有力ランナーを揃え、創設以来全日本実業団対抗駅伝大会(ニューイヤー駅伝)の常連チームとなっている(2016年(平成28年)まで21年連続21回、東日本地区代表として出場している)。

2010年(平成22年)の第54回全日本実業団対抗駅伝大会において4時間50分7秒のタイムを記録し、出場15回目にして悲願の初優勝を果たした(1区:座間紅祢→2区:ガトゥニ・ゲディオン→3区:佐藤悠基(区間賞)→4区:北村聡→5区:保科光作→6区:徳本一善→7区:小野裕幸(区間賞))。2012年(平成24年)の第56回大会でも、2年ぶり2回目の優勝を果たした(1区:若松儀裕(区間賞)→2区:ガトゥニ・ゲディオン→3区:保科光作→4区:佐藤悠基(区間賞・区間新)→5区:高瀬無量(区間賞)→6区:座間紅祢→7区:安西秀幸)。

チームスタッフ[編集]

総監督
監督
監督補佐
コーチ

所属している選手[編集]

主将
メンバー
過去に所属していた選手[編集]

など

その他スポーツ選手との所属・スポンサード契約[編集]

個人[編集]

団体[編集]

いずれもスポンサー契約。

過去

スポーツイベント協賛[編集]

百福士(ひゃくふくし)プロジェクト[編集]

日清食品グループ創立50周年を迎えた2008年(平成20年)(本社設立の年でもある)、次の50年に向けて立ち上げた社会・環境活動プロジェクトが「百福士ひゃくふくしプロジェクト[1]。これは、創業者・安藤百福が社会活動に熱心だったこともあり、それにちなんだものであり、百福の遺志を次いで今後50年間に合計100の社会貢献活動を行っていくものである。百福士プロジェクトのテーマは「創造」「食」「地球」「健康」「子供たち」の5つが軸となっている。

ちなみに百福士ひゃくふくしとは、江戸時代から外交使節団の代表を「正使」、その下で働く人を「副使」と呼んだ故事に習って、安藤百福の志を次ぐ日清食品グループ社員を指す[6]

主な活動内容[編集]

  • アフリカ事業化自立支援・Oishiiプロジェクト
  • 自然体験活動指導者養成事業・“あやしいオヤジを、正しいオヤジに変える!”プロジェクト
  • チキンラーメン・カン(防災・備蓄用長期保存缶)プロジェクト
  • お湯と生きるプロジェクト「インスタントラーメンのお湯でもSTOP温暖化」
  • 社員大ボランティア支援プログラム
  • 走食系チルドレン育成プロジェクト
  • 児童、厨房に入るべし!プロジェクト(食育事業)
  • 東北の未来プロジェクト(東日本大震災復興支援事業)
  • チキンラーメン&カップヌードル保存缶プロジェクト
  • 全日本育麺 (イクメン)メニューコンテスト

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ カップヌードル」と同じく、大高猛によるデザイン。
  2. ^ 旧・日清食品は2007年(平成19年)11月22日日本たばこ産業(JT)とともに加ト吉(現:テーブルマーク)を共同買収し、2008年(平成20年)4月に冷凍食品部門を加ト吉に移して統合すると発表したが、2008年(平成20年)2月にJT子会社の不祥事(冷凍ギョーザ中毒事件)による業績の修正を受けて冷凍食品部門の統合は見送られた。その後10月の持株会社制移行により、冷凍食品部門は「日清食品冷凍株式会社」として再出発した。

出典[編集]

外部リンク[編集]